ADMIN TITLE LIST
今週末は八月半ば。パリ人のほとんどはどこかで夏休み中。街は観光旅行客だらけだ。
ワンコご主人も、プログラマ君も出かけてるので、静かな週末をダイナと過ごす。
プログラマ君はちょくちょくメッセージを送ってくる。ワンコご主人はまたしても音信不通。笑
音信不通なのにインスタグラムに写真はアップしてくる。自分でも親ですらオレの事分からないんだっていうくらいの変人なので、もう十分その変っぷりが分かったぼくは、もうどーんと大らかにしていてあげる事にした。とりあえず彼は自分の人生を楽しんでいるのだ。楽しんでいるのにぐずぐずいうのはもってのほか。温かい目で見守ってあげるのがなんだか彼にとって必要なんではないかと思えてきたんだよね。すごく自分勝手で、自分優先だけど、人ってそれでいいんじゃないかって思う。もちろん、人を思いやるというのは大事だけれど、そればっかりしていては、自分の人生本末転倒である。幸せの形は人ぞれぞれ、自分がこういうのが幸せだと思っても、他の人にはそうではないというのを尊重しあってこその幸せというのが成り立つ。
そんなこんなで、プログラマ君とは先週末映画に行ったり、彼の家にご招待して夕食をもてなしてくれたりと、とっても普通な恋人みたいな週末をすごしましたとさ。今週末は友達の田舎の家に行くとの事だったので、出発前の日の夜なんて、うちに泊まりに来ない?とか行ってくるし…。いやー、一二週間に一度会おうって事だし、その次の週末一緒に旅行行くし、ぼくやる事あるし行かないよと断ったら、週末出かける前に会えたらいいなって思ったんだけどって言われて、なんつーか、考えちゃうぼくである…。
そしてここにきて、ワンコご主人の思考回路がすごくクリアにわかってきたのもある。実はぼく的にはお泊りはいやなんだよね。お泊まりしちゃうとその次の日も一緒っていう公式が成り立つ。けど、できれば次の日はフルで使いたいから(いや、もちろん次の日も一緒にいても楽しいけどね)好みとしてはお互いの家に帰るのがいいなと思ってる。
プログラマ君がぼくに興味があって、もっとぼくに好きになってもらいたいんだろうなっていうのは感じ取れる。ホント、多分ぼくにとってのワンコご主人的存在が彼にとってはぼくなんだろうなって感じがする。あ、この人変わってる、思考回路が違う、面白いな、そんな感じ。
ぼくにとってのワンコご主人は、それよりもうちょい飛躍している。この人の見るヴィジョンは美しいな、この人はたくさんぼくに美しいヴィジョンを見せてくれる、感じさせてくれる。それと何より大きいのは、この人のおかげで、今まで踏み出せなかった一歩を踏み出しているからなのだ。そう、この人はいいのか悪いのかわからないけれど、確実にぼくの人生を変えていっている。
自分が変わりたいって思っているときに、そうやって変えてくれるものっていうのは、旅をするか誰かに出会うか、それ以外ぼくは知らない。本とかもそうかもしれないけれど、それだって誰かに書かれたものだから、やっぱり人によって人は変われることが多いんだと思う。
それと、これは大それたことだと思うけれど、ぼくはワンコご主人の変化を見届けたいって気持ちもあるんだよね。彼も変わりたいんだって言ってたから。特に独り身であれば、自分以外の事で仕事しなくちゃいけないわけじゃないから、できれば自分のしたい事をしていきていきたいって思うんじゃないかな。それが出来たら、すごくいいと思うし、その先に何があるのか、それも知りたい。
ま、ぼくもそういうのがあって、今の先に何があるのか、わくわくしたいから変わりたいんだよね。
けどね……、ちょっと最近心が痛むのは、ぼくがこんな風に友達以上友達と付き合っている事によって、それをいい事と思ってくれない友達がいるんだよね…。けど、ぼくも以前はそういうのがきっと理解できない人だったけど、これはこれでありだと分かってしまうと、どうして理解してもらえないのかっていうのがわからなくなる。いや、わからなくなくもないけど、なんというか、もっとなんでもありな自由な世界を分かってもらいたいなーって気分になってくる。
要するに友達だって言っていれば問題ないんだけど、親しい友達だからこそいろいろぶっちゃけて話してるんだけど、それを嫌悪されても仕方ないのかもしれないけど……、別に結婚を約束するとかじゃない関係なら、なんでもありでいいのではないかな?って思うんだよね。しかもお互い合意の上で、隠し事はなしの関係だからね。
いや、きっとぼくが変だと思う。変人だから。けどま、白黒はっきりさせたいのはわかるけれど、世の中のほとんどは灰色なんだよなぁと、それであいまいなまま、うまく回っているんだと、そう思う。
足りない部分は何かで補うのがいいのだとしたら、そんな感じなんだな、今の状態は、と、そう感じる今日この頃。




最近は人間関係日記になってきてるんだけど、言葉にしとくとはっきりするとかあるので、もやもやするのは書いとくもんだね。というか、全然げぇむしてないからね…。映画も追いつかないし。とはいいつつ、プログラマのカナダ人君と明日映画に行くことになってる。ぼくの映画の趣味はかなり男子な感じなので、映画友達が増えるのは嬉しい。大がかりな映画は一人で見るより誰かと行く方がその後楽しいからね。とはいいつつ、ワンコご主人とは大失敗に終わったからなんとも言えないが…。で、結局Dunkirk以降お互い忙しくて会えないまま、今週末はイギリス出張に行ってしまった。
ま、大人の友達関係なんてこんなもんでしょ。もういちいち怒ってるのは疲れたので、会えたらラッキー位に思って、会えたら楽しく過ごすってのができたら人生楽しそうだから、そうすることにした。

さて、プログラマ君は結構積極的。というか、この人と話してると(とはいっても、忙しいから先週以来全部メッセージのやりとりだけどね)いかにワンコご主人がひねくれ者なのか、身にしみてわかってくる感じ。というか、このプログラマ君があまりにも普通すぎに思えてしまって、やっぱぼくって変人にしか琴線に触れないのかなぁ?と自分の変人ぶりを鏡を見るように知らしめられてる気もしなくもない。
ワンコご主人の親愛証明みたいなのは、毎朝ではないけれども朝のメッセージ、寝る前のおやすみメッセージ、それとインスタグラムにぼくの好きそうな写真をあげておく、ここ最近非常に忙しそうだけど、たまーにチャットって感じ?
それに対してプログラマ君のわかりやすいこと…。ぼくがだいにゃんを海に連れて行くのがこの夏の目標なんだよねぇとか言ったら、アルカッソンに行ったことある?19日の週末行こうと思うんだけど、一緒にいかない?
で、あれよあれよと言う間にその週末はだいにゃんを連れて海に行くことに決定。
まだ一回しか会ったことない子と一緒に週末旅行するなんて……!と言いつつ、プログラマ君大変うれしそう。ワンコご主人のイギリス出張がギリギリまでわからなかったから、土日は一応ワンコご主人用に保管してたから、金曜(今日)の夜に映画行くのがいいなと行ったら、すでに友達と予定が入っているらしいのをずらそうとまでしてくれるぼくの優先度の高さ…。
ワンコご主人の予定がなくなったから土曜日オッケーになったよ!といっても全然怒んないし、むしろそういう感情を隠されてる方が嫌といってくれるし、土曜がオッケーになったら映画プラスで、プログラマ君の家でディナーだそうですよ。お料理してくれるんだって。笑
年下君はかわいいね。じゃ、土曜日ぼくが料理するからうちでディナーとかいいかな?って聞いてくるから、プログラマ君がそうしたいならそうするよ?って答えると、そういう返事は好きじゃないなーって返答してきたり、けど、どんなところに住んでるのかは興味あるって答えると、今散らかってるけど、来る前には片付けるから!とかいうのがなんかかわいらしい。
それに反して、ワンコご主人は、オレの家には誰にも来てもらいたくない。オレ変なんだよ。いやなんだよ、そういうの。っていう人ですからねー。笑
ま、なんかすごいギャップで、ぼくはある意味、なんか自分がワンコご主人になった気分があるんだよね。なので、あ、なるほどねー!?って感じで、どうしてワンコご主人があぁいう人なのかっていうのがわかってきてる部分があるんだ。
わかってきた分、ワンコご主人にはこのプログラマ君のことをいうべきだと思ってたんだけど、今の時点ではいうべきなのかわからなくなってきてるんだなぁ…。というのも、ワンコご主人はちょっと多重人格的にも思える部分があって、ある面ではすごくぼくに惹かれてるワンコご主人自身っていうのがいるのを見せてくれるんだけど、過去にどんな経験をしたのか知らないけれど、人に依存したくないというのが頑なにある感じ。で、それはぼくも悪くないなって思うから学んでるかな。だって、誰かに依存するってのは、別に生活安定を求める経済的なものではなくて、心の安定ってのだね。例えばその心の安定を依存していた相手が明日にでも亡くなってしまったら?っていうのです。
立ち直れなくなるんではなく、元から依存していなければそれもないってことかなぁ…。だから、執着せずに、一緒に時間を過ごせることができたらそれを目一杯楽しむっていうのが一番理想的だと思った。
一緒に時間を過ごせないときは、自分のことしてればいいだけだからね。
恋愛感情は煩わしい、よくわかった、だって相手のことばっかり考えちゃうからね。その時間は会ったときに最大限有効活用するようにして、それ以外はだいにゃんのことだけかんがえてればいいってことです。
ま、とりあえず心の隙間はプログラマ君みたいな人がいると、喪黒福造に狙われないので安心です。プログラマ君みたいな人は珍しいのかどうかわからないけど、何事も隠さずそれでいいっていう何でも話せたりできる友達がいるのはいいことだね。っていうか、まだ一回しかあったことないんだけどね……。
けどさ!それなのに、なんかお互い話してて楽しいっていうのはあんまり知り合った時間とか考えなくていいってことかもね。話せる人は話せるってことで、深く考えないでおこう…。




なんだかんだでもう7月も終わろうとしている…。7月はなんだか忙しかった。
今週はひと段落だったので、久しぶりにコミュニティ散歩に参加。
Dunkirkをワンコご主人とるんるん気分で観に行ったのに、映画後になんだか思いもよらぬ険悪ムードになってしまって、それ以降会っていなくて、結局今週も会えないことになったので、気分転換しないとという思いも強くて参加したんだけども、なんとビックリすることに新しい友達以上友達ができてしまったという…。
もうなんかここ最近のぼくの周りの人間関係よくわからないよ。けどま、たのしきゃいいかっていうのが第一。相手も別にぼくが他に友達以上友達がいるのを気にしないし、ぼくもその一人でいいしっていう思いがけない展開。というか、会ってその日のうちにそういう展開まで至るっていうのははじめてですし、恋愛感情もないのにそういうのってどうなのかなー?って気分も強かったんですが、お互い割り切ってるし、経験してみないとなんでも理解できないんだから、これはもういい機会なので扉を開けてみるか…って感じ。
でもま、話はあったし、いろいろ話してて楽しかったのと、執着されなさそうだし、これでぼくもワンコご主人の行動に苛まれることが減るようにも思えたし…。まぁとになくなんだ…、自由を謳歌してるよ。
この新しい友達はプログラマ。ワンコご主人と違って、ごくごく普通に素直な人です。こういう人と話してると、やっぱりワンコご主人は変わり者なんだなぁというのがよくわかります。ここ最近はメッセージのやりとりも変な感じになってきてたから自分の行動を見直して考えてみたりもしたんだけど、そのせいもあってか、考えすぎなせいでこのワンコご主人とは自然体でいられてなかったんだなぁと思った。だって、なんか普通に会話できてなかったように思えるから。
というワケで、このプログラマとはなしてたら本来の自分みたいのでいられてるから、あぁ、これでいいんじゃんとわかって感謝。プログラマも予想外の友達が突然できたけど、一週間か二週間に一度映画とかご飯を一緒にするってのでいいと言ってくれましたし、恋心はないし彼氏になってもらいたいというのじゃなくて、単に友達ってのでいいそうなので素敵である。しかもぼくが留守とかしたらだいにゃんの面倒もみてくれるとか言ってくれたし。
なんだかわからないけど、最近こういう下心?がみえみえの男友達が増えている…。

さて、Dunkirkだよ。いい映画だった…。
ただ、イギリス人には語り継がれている戦争中の心温まるシーンなのかもしれないけれど、多分前もって予習しなければよほどの歴史好きでない限り(または歴史の授業をよく覚えていない限り)知らない出来事なのではないかと思う。
映画を観た後いろいろ調べてなるほどねーと映画のシーンを回想したりして改めて味わい深い映画なのであった。
とにかく戦場の臨場感が迫力あるので、是非ともiMaxシアターで観ていただきたい。戦闘機のシーンは必見。




バタバタな日々。
久しぶりに日本にも行ってた、ほんのちょこっと、兄上の二回目の結婚式。笑
ほんの10日の間に沖縄にも二泊三日で行ってた。日本に行く数日前から耳がおかしくなり、どうやら中耳炎になっていた模様。日本の耳鼻科に行き、日本滞在中は良くなってるんだか悪くなっているんだかわからず、なんとなく良くなっているであろうと思い込み、難聴な日々を過ごす。こっちに戻ってまた耳鼻科に行き、やっと回復が感じることができるようになった。
あー、耳が遠いっていやなもんだなぁと思った。耳の遠いお年寄りにイライラしたりしちゃダメだな、一番歯がゆいのは音が聞こえづらいその人自身なんだから、と痛感。


あまりこれといった偏見もなく、いろんな種類の人と気さくに話すaliceですが、先日男だけど心は乙女なゲイの「おねいさん」と話しててやや違和感。
よく耳にするから知らないまに知ってたんだけど、ゲイコミュニティっていうのは、出会い系サイトみたいなのに登録するのがごくごく一般的なんだそうだ。aliceはいろんなSNSとか長年やってますが、出会い系サイトっていうのには登録したことがない。まぁ、外見だけじゃ中身がゲイかってのはわかんないとか、もっといろんな細かい要素もあるんだろうけど、aliceにはイマイチどうしてこの人たちはそんなに当たり前のことのようにこういったサイトに登録するんだろうと疑問符が頭の周りを飛び交う。
そのおねいさんに、aliceのゲーム友達ってのを話した所、想像できないからなのか、だいぶ引かれた。きもちわるいとさえ言われ、こっちのがaliceには理解し難かったなぁ。げぇむにしかできない体験ってのを知らないからなんだろうなぁ…、全然げぇむしない人にとって、想像もできない世界なんだろうなぁ…と、理解できない部分はそう思うしかない。
けど、どうしてオンラインゲームの友達をそんなに変な感じで捉えるのかなぁ?と思った。
長年の経験で(最近はほとんどげぇむ時間とれてないんだけど…battlebornで遊びたいよー!)チャット無しでもゲームプレイで一緒に遊んでめちゃくちゃ楽しい!って人は確実にいる。ま、大抵はすごい楽しく遊べたプレイヤーでもその場限りで、その後親しくなるっていうのは滅多にないんだけども、幸いaliceにはげぇむ友達グループがいる。
このaliceの仲間たちってのは、もうかれこれ数年知り合ってる間柄で、もちろんあったこともない人たちですが(みんな遠くに住んでるからねぇ、国も違うし、海も越えたりするし…)とにかく楽しい!ってのを前提としたあったことのない友達であって、出会いを目的とする以前に遊んで楽しいがある。
で、まぁ、これだけ長いこと知り合ってる仲間同士なので(一時はほぼ毎日話したり遊んだりしてましたしね、一部はげぇむしてない時もメールのやり取りするし、写真とかも見たことあるし)、そのうち会ってみたいなぁ、一緒にどっか旅行したら楽しそうっていう考えはある。こういう気持ちが芽生えても普通だと思うんだけど、そのおねいさんはなんだか否定的だったんだよねぇ。
多分、おねいさんにはvirtualな関係であって、それは実際に出会い系みたいなので出会うのを前提としたものに比べると、基本会わない前提っていうのが意味不明なのだろうか?
ま、根本的に違うんだけどね、オンラインの使い道が…と、いうことにしよう。長年会ったこともないオンラインげぇむ友達に会ってみたいなーっていう考えのaliceが変な感じに映ったのかもしれないけれど、それほど仲良く楽しい友達がげぇむを通じてでもできるっていう部分を理解して欲しいんだけどねぇ。
まぁなんだ…。そのおねいさん、今お目当のお相手がいるんだけど、もう何ヶ月もあーでもないこーでもない…って話を聞いてるのでね…、もうホントに中学生の乙女かよ?!って感じなワケなんだよ、ぼくにしてみると…。
ま、おねいさんは乙女だからさ、きっとその日だけのおつきあいってのはイヤな訳なんだろうと思いますが、だったらさっさとそのお目当てと一緒に二人きりでゴハン誘ったりアピールすりゃいいじゃんと思うのです。
けどねー、そうやったりすると、ちょっと引いてくるのよ、向こうは…。でもじゃ、やっぱり違うのかなー?と思ってると、今度はさりげなーく向こうからかまってよー、みたいな事してくるのよねー?らしいです。
もうね、aliceちゃんは、こういうの聞いてるとなんじゃこりゃー!って気分になってくるんだよ。なにがしたいんだよ?!と…。もうね、楽しけりゃいいじゃん、面倒臭いのはいやじゃん、それ一択ですよ。話聞いてると面倒臭くね?!って気分になってくるaliceの思考はもうすでにオジサン化してきているのだろうか…。


あー、それとは別に、オススメ映画はdeadpool!
もう最高。Wade Wilsonだいすきー。今までのヒーロー達の中で一番好きなヒーロー。っていうか、彼自身は映画の中でオレはヒーローじゃない、って言ってるけどね。kickassのhitgirlみたいな感じだなー、いい奴だけど、めちゃくちゃ悪くもある、みたいな。だからいいんだろうなー。というか、Wade Wilson、aliceの超好み。最近男性趣味わかってきたのだけど、aliceの好みはWade Wilson。笑
おバカで単純で、それなのに誠実で、ちょっと繊細でかわいい。クマみたいだし。最高。
あとカンフーパンダ3も面白かったな。他にもあったけど、また思い出したら書く事にしよう。




年が明けてなんだかいろいろ忙しくしていて、日々があっという間に過ぎていく毎日なのですが、最近睡眠障害で、寝てもぐっすり眠れないという感じの日々が続いています。前にもこういう感じのことが続いて、漢方薬飲んでたら治ってきたなぁと思ってたんだけど、また眠れない日々。
目をつぶっても眠りの世界にいけない感じなので、こんな時はブログでも書くかってコトで…。

最近の1日の終わりの楽しみは、これまたアメリカンなドラマを1話1話と観るというもの。Breaking Badに大ハマりして、その後も幾つかこれを観ればいいとかオススメを教えてもらったのですが、それとは裏腹にその後全くドラマを見続ける事にはならなかったのですが、何かのきっかけでHannibalが気になって観始めたらこれがもう怖いもの見たさの「観てはいけないものを見てしまった」的な感覚で、ついついこの先どうなるのか気になって仕方がないサイコサスペンス。

元々シリアルキラー、サイコパス、そういうものに興味がある。恨みとかで人を殺してしまったみたいなあまりにも人間的な殺人(ようするに理由がある殺し)には絶対理由がある。理由がある=理解できるとなるのだけど、シリアルキラー達にはそれがない。理由のない殺人、理解できない殺人、だからおもしろい、興味がわく、理解したい…と、こういう感じで時々歴代の恐ろしい猟奇殺人とかをまとめて紹介してるサイトとか、wikipedia先生に教えてもらったりして、こわーい!ぞわぞわするー!暗闇で後ろ振り返れないー!って気分になったりしたんだけども、自分でそういうのをしたいのか?だから読むのか?っていうのとは全く別の好奇心で怖がりながら読んだりするのです。
で、このHannibalも正しく同じ好奇心で観はじめました。Hannibalはハンニバル・レクター博士の事。羊達の沈黙という映画で一躍有名になった人食い精神科医という架空の人物です。
ハンニバル・レクターに関する映画はいくつかあるのだけど、このドラマは時間軸でいうと羊達の沈黙の前。まだレクター博士が精神科医として現役で活躍していた時代の物語。ただ、原作の時代設定と違い、現在のアメリカが舞台です。
現役で活躍というのは、彼がひたすら殺人を犯してその被害者達のお肉を食べていた時の事です。どうしてそんな事が出来たのか?それは彼が非常に頭がいいから。そしてだからこそ人を洗脳させてしまう能力があるから。なぜ人を殺すのか?それは彼が人を殺したりする事によって、彼の興味の対象の人たちがどんな行動を起こすのか、それが知りたいから。そういったレクター博士の個人的好奇心によって、ドラマ上の殺人現場はまるで絵画のようにおぞましいながらもある意味美しい殺人現場の構図ができあがっていくのです。

でも、最初から全てがレクター博士の殺人ではありません。FBIが調査している様々な猟奇殺人事件に関わってくる、ウィルという犯人の人格をトレースしてその犯行の動機や感情を体感してしまう事ができるという特殊能力者が、調査に介入するところから物語がはじまります。
このウィルが演技うまいんだなー。ハンニバルも上手な役者だと思うけれど、今日シーズン1の最終話を見終わったaliceはもうウィルに感情移入しまくり。ウィルを助けたい!どうにかしてー!って気分ですよ。
ドラマ全体は絵作りに一部特出して目を見張ってしまう部分あり。とくに殺人現場と、ハンニバルの振舞う星付きレストラン並みの食卓風景+調理現場。ここにハンニバルのただ単なるシリアルキラーじゃない、洗練された彼独特の美学が豪華絢爛、華麗に物語っているのを映像化したような。それが映像として演出してるのが面白いなぁと感じる。
ただこのドラマ、専門用語とか多いのと、心理的なやりとりの伏線みたいのがあったりするから、英語がかなり難解。集中力が必要です。最近仏語も学校通って習ったりしてるaliceなので、頭の中の言語がはちゃめちゃですよ。いやしかし、自分でもよくわからないけど、どうやっていろんな言葉使い分けてるんだろうねぇ…。それと面白い事に、仏語を勉強すると英語が上達するように感じます。これまた不思議。人間の脳っていうのはホントにすごい。googleが突拍子もない事してる会社だって感じる以上にすごい事できるのが、一人一人の人間の脳なんだとか考えると、人間というのは本当に果てしない生物ですね。






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.