ADMIN TITLE LIST
280906_aliceblog.jpg

ちょっと手抜きで画像のみ日記
アリシアさんかぁいいと言われましたので
あれ描く時にアリシアさん練習した習作など…
ホントはちょこっと幼い2つ三つ編みアリシアさんのが好みだったりして
ロリコンなんで!(ぉぃ)




260906_aliceblog.jpg
[アリシアさん、あなたは永遠に水の妖精さんなんですね?]

アリア余韻が残ってるっぽく、昨日から今日にかけての作業時間のiTunesはアリア一色。昨日夜中に久しぶりにnemoくんとskypeで話してた時の話題の一つがアリアの年齢設定だったんだけど、マンガ読んでると年齢が解ってきて、その設定でaliceはちょこっと釈然としないから(かなり年齢設定が低い)その後も色々と考えてみたトコロ!ちょっと解ってきたような…。というのも、アクアの公転周期はマンホームの二倍、12ヶ月が24ヶ月ある。というコトは……って考えると、灯里ちゃん以外のみんなは……ひぇぇ?!っていう年齢(@マンホーム)になる。
だけど、アリシアさんのあの落ち着きは、こっちの方だと納得いかなくもない…。うぅん…、アニメはそういうの考えちゃいけないんだけどぉ……。うん、深く考えないようにしとこう!(ぉ)
ドラゴンがお仕事中のため、例によってaliceは起きてから夜までほとんど何も食べてなくって、20時頃あまりにもお腹が空いてウサギさんに電話かけて外食に。外食の時はいつもの食卓以上に話が弾むような気がする。しかもウサギさんとaliceの会話はヤタラと濃いぃmaniacなのが多いんだけど、本日もそれにのっとり、魔法少女についてを延々話してたよ。
というのも、aliceが某魔法少女の学習を始めたからなんだけどね。どうしてこのアニメが世界的にもhitしたのか、というのの検証。フランスは他の国に比べてもきっと日本のアニメがTVでよく流れる。そしてこの某魔法少女アニメも大人気なのであったけども、aliceはほんの一部しか知らない。それと、某アニメを観る為にもコレをオサライしておくべきだと思って今日ようやくDLできた(なんと劇場版込みで全13GB程もありましたぁ)のでちょこっと観始めたんだな。
ウサギさんもモチロンこの某魔法少女についてはalice以上に知らないんだけど(観てないからね)、幼少の頃観てたというジジ(これ、ミンキーモモのコトらしい)について「クリーミィ(クリーミィマミ)より、こっちについては熱く語れるよ?!」って力説してくれてました。
魔法少女は時を超え、場所を問わず、あらゆる人の心に浸透してゆく魅惑の存在なのだなぁとしみじみ思ったな。




260906_aliceblog.jpg
[アリシアさん、あなたは永遠に水の妖精さんなんですね?]

アリア余韻が残ってるっぽく、昨日から今日にかけての作業時間のiTunesはアリア一色。昨日夜中に久しぶりにnemoくんとskypeで話してた時の話題の一つがアリアの年齢設定だったんだけど、マンガ読んでると年齢が解ってきて、その設定でaliceはちょこっと釈然としないから(かなり年齢設定が低い)その後も色々と考えてみたトコロ!ちょっと解ってきたような…。というのも、アクアの公転周期はマンホームの二倍、12ヶ月が24ヶ月ある。というコトは……って考えると、灯里ちゃん以外のみんなは……ひぇぇ?!っていう年齢(@マンホーム)になる。
だけど、アリシアさんのあの落ち着きは、こっちの方だと納得いかなくもない…。うぅん…、アニメはそういうの考えちゃいけないんだけどぉ……。うん、深く考えないようにしとこう!(ぉ)
ドラゴンがお仕事中のため、例によってaliceは起きてから夜までほとんど何も食べてなくって、20時頃あまりにもお腹が空いてウサギさんに電話かけて外食に。外食の時はいつもの食卓以上に話が弾むような気がする。しかもウサギさんとaliceの会話はヤタラと濃いぃmaniacなのが多いんだけど、本日もそれにのっとり、魔法少女についてを延々話してたよ。
というのも、aliceが某魔法少女の学習を始めたからなんだけどね。どうしてこのアニメが世界的にもhitしたのか、というのの検証。フランスは他の国に比べてもきっと日本のアニメがTVでよく流れる。そしてこの某魔法少女アニメも大人気なのであったけども、aliceはほんの一部しか知らない。それと、某アニメを観る為にもコレをオサライしておくべきだと思って今日ようやくDLできた(なんと劇場版込みで全13GB程もありましたぁ)のでちょこっと観始めたんだな。
ウサギさんもモチロンこの某魔法少女についてはalice以上に知らないんだけど(観てないからね)、幼少の頃観てたというジジ(これ、ミンキーモモのコトらしい)について「クリーミィ(クリーミィマミ)より、こっちについては熱く語れるよ?!」って力説してくれてました。
魔法少女は時を超え、場所を問わず、あらゆる人の心に浸透してゆく魅惑の存在なのだなぁとしみじみ思ったな。




250906_aliceblog.jpg
[すっかりアリア社長のファンになってしまったぁ]

あまり自分を影響されやすい人間だとは思わないんだけど、好奇心は旺盛。それと、何事も興味があれば手を出すというか…、自分の感想を述べる為には一通りしてみる種類。逆にいえば、それほどたくさんのコトに興味はなくて、何かについて書き留める場合は70%の確率で感動したものであるコトが多い。
楽観主義で人生甘く観てるって思われてるかもだけど、aliceにとって世の中は楽しい事だらけ。別に疑う事をしない人じゃないけれど、嘘みたいなコトを信じてる方が笑顔でいれるんだよね。
さて、ようやくaliceもこのアニメの感想を書ける時がやってきたよ。誰かさんの影響で観始めたアリアなんですが……、これが思った以上にお気に入りになってしまい、既に単行本も今出ているの全巻揃えてしまっているという程の心酔です。(マンガはアニメ以上にゆっくり読んでるの)
まずTVほとんど観ないaliceなので、日本のTV情報を知るはずもなく、ようやくこの2年くらいでinternet通してDLするアニメをいくつかほぼontimeで観るのがせいぜい。だから日曜深夜に放映してるこのアニメがどんなものなのか予備知識まるでなかったのだけど、「ほんわかアニメ」とか「ヒーリングアニメ」と形容されてるアリアがどんなものなのか、ふとある日気になったので、もう2ndシーズン目の始まってる某月某日にYouTubeで1stシーズンを観始めたのがはじまり。それこそ第一話は「え?」と、何事もなくほわーんとして終わり、大変な運命を背負って戦うのがアニメだと思い込んでたaliceには、打とうと思ってたのにフォアボールされた気分だった。(公式siteとか教えてもらっても、取扱説明書読まないaliceなので…(略))
肩すかしな気分で、続けて2話を観て、結局その日は6話くらいまで一気に観てた記憶がある…。この引きつける力は、きっとその世界観がかなり完成されているからなのかもしれない。アクアという2301年の火星が舞台で、そこにヴェネチアを模したネオヴェネチアという街がある。近未来の話なのに、街の外観は今現在のヴェネチアによく似ている。地球よりも太陽から遠いため、ハイテクノロジィを駆使して重力や気温をコントロールしているけれど、完全に制御するには及ばず、アクアには四季がある。環境を完全にオートマチック化したマンホーム(地球)の快適さには絶対にない「不便」が存在するアクアには、その不便さを素敵なものとしてしまう人たちが住んでいる。
マンホームからウンディーネというゴンドラ漕ぎ(水先案内人)を目指してやってくる主人公の灯里ちゃんは、アクア初心者。マンホームといろんな所で勝手の違うコトに驚きはするものの、その全てを「素敵だなぁー」と言って楽しんでしまう。(現代の日本からイタリアのヴェネチアに行くっていう設定でも良かったのかもしれないけれど、それだとこのアクアの物語にならないし、アクアのネオヴェネチアだからこそあり得る不思議ファンタジィがこのアリアというアニメには溢れている)
一話一話の構成がうまく、音楽もぴったりで良いので、毎回30分があっという間に過ぎてしまう。これといって起伏はゆるく、ごく日常のほんの小さなコトなどが物語になっているのだけれど、いつも見終わると不思議とはぁとが満たされる。ホント、「ほんわか」というのがピッタリの形容なのである。
今日は落としたばかりの最終回を観たのだけれど、最終回っていうのがさみしいな、いつまでも続いてくれればいいのにって本気で思ってしまった。しかも最終回を飛び切り嬉しく観させてくれるという素敵すぎる演出までしてもらっての視聴で、顔がにやけまくりでした…。その演出というのは、alice特別用なので、ここでは記せない。ホントは大々的に言いふらしたいのだけど(くすくす…)、それは敢えてせず、一人大切に心にしまっておきたいと思う、そんな宝物みたいな出来事だったのです。
水のエレメント星座のaliceにも、アクア(aqua)に惹かれて導かれた大事な想い出…。
はずかしいセリフ、禁止!(ビシッ!)


「愛は恥ずかしいものだ」萌絵はそう言って微笑んだ。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.