ADMIN TITLE LIST
龍の歯医者観た!
いいもの見るとなんだか心がいっぱいに満たされて、誰かに伝えたくなる。既に何人かには「はよみろ!」ってメッセージ送ったりしたけどね。オタクはいいものを布教してこそ、押し付けてこそ!だもんねー。

例によってなんの前知識もなく観ましたが、エヴァチームが作ってるようでした。しかも原作はぼくの大好きな作家の一人舞城王太郎。なんだろね、自分が密かに誰にも言われず発掘しておもしろいなぁ、こいつの書くものって思ってたものが、こういう形で多くの人に知れ渡っていく時のなんともいえない、甘いような酸っぱいような気分。あー、有名になってほしくないー、世間のわからんやつらにアーダコーダ言われるのとかいやだー。流行ってるものにばかり飛びついていくヤカラにいかにも前から知ってるみたいに言われるのとか耐えられない〜。と思いつつ、やはり好きなものが好きな形で開花されていくのは途方もなく嬉しい。
この作家の物語は、いつも予想がつかない。すごい展開と、ワケワカンナイ圧倒的な世界観があって、主人公が物語を語るっていう文体なんだけど、その主人公が大抵少年少女なのに、どこかしら達観している。それでいてよく考えたら当たり前のことを淡々とこなしていく、なんの躊躇もなしに。そこに関わっていく人たちもまた、成長し、学び、予想できない人生という物語を謳歌する。

龍の歯医者もまさにそういうとてもシンプルな事を、巨大な龍が上空を旋回し、龍と契約を交わした国の民と龍の古のしきたりにそって生きる人間模様が描かれる。
人間は死ぬために生まれてきたということをどう受け止め、死ぬまでどう生きるか。そういうものだと生きていくもの、抗うもの、人は本当に人それぞれだ。そして人間はお互いが関わるからこそ、一人であるのに様々な変化を遂げ、心に想い出を作る。
想い出とはまた別だけれど、こういう人間が想像したものに感激して誰かに伝えたいくらい心がいっぱいになる感覚。これをどういう言葉で表現したらいいのかわからないけれど(熱狂とか熱中にちかいのかな…?)、想い出を振り返る時となにか似たような感覚があるのもまた興味深い。(話はそれるが、先日「君の名は」(だっけ?)っていう日本で大変評判になった映画を観た。この監督の映像は多分ほとんど観てると思うけれど、個人的に人の想いについてを語るのであれば、この龍の歯医者の方がaliceには数倍心に響く。愛だの恋だのっていう一対一の恋心というのは、結局その二人で共有するものであって、分かち合うというのはまた別物に思うから。もちろんみんな同じような体験をするからこそ、恋愛ものの作品は共感することができるから後を絶たないのだけれど…。)

さておき。
龍の歯医者は殺戮、戦争って背景の物語だ。
なんでか知らない、aliceはこの殺戮と戦争ってテーマが大好きだ。戦争ゲームも大好きだ。ゲームの中であらゆるものを破壊しつくすのが快楽だ。けど、実際に戦場に行きたいとかはない。なんなんだろう、この破壊欲。とてつもない魅力でもって惹きつけられる、戦争。
きっと瞬間、刹那、生と死が表裏一体だからなのかな。ある意味わかりやすい、単純だからかな?このために生きている、死なない為に…。そんな感じ?

いずれにせよ、龍の歯医者、観てる間中きっとaliceの目はキラキラと輝いていたと思う。
ずっとずっと、こうやって目をキラキラにして生きていけたら、ってそう、思うんだ。




今さっきいいアニメ観た!
心踊る!
こういう時はなにか書きたい気分になる。なんでだろう?
でも、実はもっと前からgirls und panzerについて書きたいと思ってたんだよね。あ、このアニメについては放映中にちまちま書いていたと思うけど、この夏の間劇場版も含め、何度ループ再生してたことか…。(なので、観てるというか聞いてる方が多かったけど…)

ここ最近のアニメで面白かったのはなんだろね?毎週楽しみにしてたっていうのはなかったように思うなぁ…。ベルセルク?父子家庭のご飯のアニメ?あ、あとはあの人形劇の?…これらがなんとなく観てて「おもしろい」とは感じたけれど、なーんか情熱をかけて楽しみにしてたり、何度もループ再生したりっていう風にはならなかったんだよなぁ。

で、今季。まだいくつかしか観てないけど、またユーフォニアムが戻ってきたねー!京アニの質の高さを観るだけでも視聴価値はあるんだけど、音楽なのにスポ根流で、それでいて妙な人間模様が気になっちゃって、また毎週楽しみになりそう。楽しみというか……、気になるうまいつくりになっているんだよね。
今さっき観たばっかりのユーリ!とかいうアニメ!フィギュアスケートのアニメなんだけど、これは楽しみ!!!先が気になるとかいう楽しみじゃなく、観たら目がぱっちり覚めて元気になれそうな感じの楽しみ!フィギュアスケート全く興味ありませんし、ほとんどのスポーツは小さい頃から体育の成績が悲しくなるくらい悪かったaliceにはどーでもいい地球上の出来事だけど、スポーツが人々を熱中させてすごいエネルギーと感動を与えてくれるのは知ってる!
アニメには時々、スポーツを扱ってても扱ってなくても、これに似た魅力あふれるものを体験することがある。
その一つが今言ったユーリ!かもしれないし(まだ一話だけしか観てないからねー)、girls und panzerだったりする。
girls und panzerだけども、放映当初は、女子高生と戦車の変なアニメー!って思って観はじめたのに、回を重ねるごとに、何が何だかわからない魅力の虜になって、毎週楽しみにしていたのを覚えている。
映画版を観るにあたって、とりあえず全話とオマケ版みたいなアンツィオ戦を観て…と準備しまして…。完全オリジナルの話で大変面白かった。(劇場版ユーフォニアムはテレビ版のまとめみたいでつまんなかった…)
そう、まず劇場版だからといってもオリジナルなのがいい。そしてテレビでは観れなかったアンツィオ戦の話も作ってたし…。ここに既に製作側の愛を感じる。想像だけど、制作チームは気の合う仲間がお昼ご飯を食べながら、クラスメートや先生のプライベートなんかを笑い転げるくらい面白おかしく想像してたりする感じでキャラ作りとかしているのではなかろうか…。特に作戦会議でダージリンが「で、ここからが肝心なんだけど……。作戦名はどうする?」って言った所がそういうのをaliceに連想させてしまうんだな…。なにが肝心なんだか?!笑
最近、真剣に下らないものを作るっていうのがキーワドというか…、そんな感じのaliceなのだけど…。人によって好みとかって人それぞれで、その好みっていうのが下らないほど、それについての愛を語ってもらうのが面白かったりするような気がするんだよね。いや、うーん、違うかな?なんだかわからないけど、面白いものってたくさん溢れてるじゃない?それをいかに真剣に伝えられるか?そういうのが面白いというか…。
で、この戦車アニメにはそれがしっかりある。好きなもの組み合わせちゃったらこうなっちゃったー。そんな感じ。でも、だからこそ世界観がしっかりしてる。航空母艦に高校があるとか、なんでなのか意味不明だけど、戦車道があるからこういう設定になってる…そこまでしちゃうのか?!というのが真剣にすごいけど、笑えちゃう。
あと、なぜか校風とか生徒が乗る戦車の製造国に合わせて、アメリカンとかロシアンになってるのがまた可笑しい。で、実際のイギリス人とかをちょこっと知ってるaliceにとっては、その日本的なイギリス人は絶対紅茶飲んでるとかいう印象を無理やりかぶせちゃってるのがある意味すごいアニメ的。(aliceだったら聖グロの生徒は現地のイギリス人にもっと近づけるなー。それはそれで面白い。サンダースもalice好みにしたらおかしいかもなぁ…。笑)
外国生活が長いので、いろんな国の人と話したことがあるけれど、お互い母国語じゃないから話す内容ってのは母国語同士よりは浅くなるのかもしれないけれど、言ってることが通じて話がはずむと、そこからはやっぱり波長が合えば気の合う人。そういうaliceの日常生活のせいもあってか、アニメで外国が絡んでくるのは割と好みかも。ユーリ!も、外国人の絡むアニメっぽいし。

とまぁ、なにが書きたかったんだかわかんなくなっちゃったけども……。自分がおもしろい!を、他の人とも分かち合いたい!みんなにもおもしろい!って思ってもらいたい!そんな感じかなぁ。これが毎日の活力の全てです。




本来ならば今頃はまだげぇむ時間のはずなんだけど、チューナーがイカレタらしく(なんかポンッって音がした!怖いから明るくなるまで電源落としてから様子観る)げぇむ中だったっていうのに一緒に遊んでた友達に「なんだかXBOXは動いてるんだけど、モニタに画像が出てこなくて真っ暗になっちゃったから落ちるね、ごめん!」と、パニック状態でスタコラofflineになったのであった。なんとも奇妙なにおいもあったので、何もしないで明るくなるのを待って落ち着いて行動するのが得策かと…。
チューナー経由は要するに音を良くするためにスピーカに繋いでるから、応急処置としてテレビに直接繋げればげぇむできないコトもないのであまり不安にはなっていないのだけれど(家にいるのにげぇむできないというのはaliceの心身上よろしくないので)、変なにおいがしたのがヤなんだよな。うーむ…。楽観的に考えとこう。いや、それとも悪い方を想定していた方が後で楽なのか…。基本的に悪い方を想定するaliceなんだけど(その方が後から受けるdamageを軽減する事ができるから)、あのにおいが気になって仕方ない。

で、金曜の夜中なのに満足にげぇむ出来なかったから欲求不満なのじゃよ、今。
そんななので、今年のオタクな要素を振り返ってみる事にした。もう、どこからどこまでをオタクとカテゴライズして良いのか解らないので、アニメとげぇむの二つにしよう。
今年もごく普通に色んなアニメを観てた。アニメを観ていなかった頃の自分を思い出せない程毎週心待ちにしてるアニメがあったりする現在である。
順位はつけないけれど、今年面白かったと思ったのはツリタマ、ジョジョ、ヨルムンガンド、氷菓、それと戦車と女子高生のアニメ。ヨルムンガンドに至っては一期を観て大変お気に召したので日本からコミックスを取り寄せて二期が始まる前に結末を読んでしまった程。(そのせいで二期は先を知っているから自分的な盛り上がりには欠けてしまったけど…)
ツリタマは毎回気分爽快にしてくれて良かった。テーマソングをハナウタしてしまう心地よさがありました。どのキャラも素敵であった。
氷菓は面白くないなぁとタイクツに見続けてたというのに、最終的には魅了されていたという特殊な味わいのあるアニメで、自分でも気に入ったのが驚きだった。(その次の京アニのはどんなどんでん返しをしてくれるのかと期待してたのに、最終話観たあとまとめて全話のdataゴミ箱行きでした…。)
戦車のアニメは「なんだこれ?」って感じでそのうち観なくなるだろうと思って視聴してたんだけど、気付けば一番週のうちで心待ちにしてるアニメとなりました。テンポがトントンっと進むのが良い。キャラもそれぞれよく出来てると思うし、対戦する相手高校がそれぞれ日本の女子校のくせにアメリカンだったりbritishやrussianなのが妙な魅力なのでした。戦闘シーンの迫力も魅了される要因の一つ。
あと、つい最近観た京騒戯画というyoutubeとかで配信されてるアニメが不思議な魅力がありました。いうなれば不思議の国のアリス的な吸引力。全然よく解らない話の展開なのだけど、それぞれワケの解らないキャラがとても生き生きとしていて観てて楽しくしてくれて嬉しくしてくれた奇妙なアニメでした。


さて、げぇむ。
multiplayerは言うまでもなく、毎日のように遊んだmass effect 3。
aliceはshooterが好きだ!halo3を始めてから今に至るまで、最初は車酔いみたいな気分になって5分遊んだら気持ち悪くなって好きじゃなかったのに、気がついたら今一番好きなジャンルは?と聞かれたら迷いなくshooterと言い切れる程shooterが好きだ!
でも、相変わらずco-op shooterが好きなのです。見つけた敵(onlineの誰か)を撃って殺すより、仲間(online)と共に敵を打ちのめしたり、倒れてる仲間を助けに走ったりするのが好きなのだ!!!
そういう理由でmass effect 3のmultiplayerは最高でした。兎に角奥が深い。使えるキャラが多岐にわたり、それぞれのskill point振り分け次第+使うweaponやgearなどによって様々な戦闘方法があって、特に友達と一緒に喋りながら戦ってると色んなtacticsなどができ、その面白さは筆舌に尽くし難い!
世界樹(4は相も変わらず絶賛放置中ですけど…)でskill pointの振り分けやパーティのコンビネーションで絶大な火力を出すみたいな感じをonline友達と一緒に味わえる感覚なんだよ。(だからaliceが世界樹4をほっぽらかしている理由がわかるだろうか)
話はちょっとずれるけど、最近弟君(15歳)はPS3を放ったらかしてXBOXでしかげぇむを買って遊んでいない。要するにonで遊ぶ時の接続がXBOXのが良いという事なんだよね。
日本はちょっと特殊だからonでの繋がりがどうなのかちょっと首を傾げるんだけど、欧米は主にげぇむ=onlineで遊ぶっていう事になってきている気がする。学校が終わって家に帰って宿題して夕食食べたらonで友達と一緒にshooterとかfootballで喋りながら遊ぶっていうのがごく自然で普通になってきてるんだよね。
aliceの小さい頃は一緒にげぇむで遊ぶなんて、その友達の家に行くか、aliceの家で一緒に遊ぶのが普通だったのに…次元が代わったという気分。netが発達してる日本なのに、どうして任天堂やsonyはonlineで遊ぶ接続の良さを改善しないのかかなり謎。XBOX並みの回線を無料で提供したら賞賛は目に見えてるのに……。
で、今年のbest of the gameだけども……、これはborderlands 2で決まりです。
このげぇむは前作からやってますけど、兎に角遊んでいて楽しい!作り手側の愛を感じる!playerに対するservice精神がハンパない!マンガっぽいキャラクタデザインや、世界観の作り込みが完全にalice好み!かわゆく、強く、美しい!!!
遊んでてこれほど笑えて楽しいげぇむはあまりないと思う。shooter友達のD君やBたんが遊ばないのがもったいないくらいだよ。(モチロンお勧めしてますけどね、個人的に。何故彼らが手に取らないのかは解ってる。shooter凄腕のD君は基本shooter multiplayer。だからco-op RPGは彼に向かない。女子やり込みhard coreげぇまぁのBたんはやり込み派で普段はあまりonで遊ばない。だからco-op shooterは彼女向けではない。aliceのげぇむ時間が合えばひょっとすると買ってたかもしれないけれど、Bたんとは微妙にずれるんだよね…。)
shooter、co-op、コミックス好きで、onで友達とよく遊ぶ人であれば文句なく満足できるげぇむです。
最近解ったんだけど、aliceは作り手側から作ってて楽しいぞ!楽しめよ!っていうのが伝わってこないげぇむって、どんなに大型げぇむであろうと魅了されないっぽいようになってきてしまったようだよ。
ま、そういうのもあるし、個人的に思う事もあってで、最近の任天堂ものはつまらなくなってきてしまって全然購入してないんだな。(例えばaliceがどうぶつの森3DSを作ったとしたらもっと面白いものを作れると思うからな!)
さて、そのほか佳作としてthe walking deadを挙げときましょう。
save dataのアレコレでまだ最終的なendingを観てないんだけども、常に究極の選択を強いられる心臓のドキドキするzombieげぇむでした。シナリオがすごい!人間関係がすごい!

来年度はとりあえず二月に既に三つ注文したげぇむが出ます。
クリスマス時期を外してその前後に出るげぇむこそ、真に面白いげぇむなのではないかとaliceは最近薄々感じてます。なので、これらのげぇむにはほのかに期待であります。
さて、残す所今年もあと数日、皆様よいお年をお迎えください。aliceは去年の31日は結石で痛くてイタクテ最悪な年越しでしたが、今年は普通に痛くない平和な新年になるで……しょう?(笑)




280612_aliceblog.jpg

今期のアニメも終わったり、もうじき終わったりでちょっと寂しい。
楽しみにしてたのはモーレツパイレーツ、アポロン、ツリタマ、それとjormungand。なんだかんだで一番気に入ってたっぽいのでお絵描きしてみた。どのキャラも好きかな。バルメの超人的強さはげぇむちっくで素敵である。
エウレカはなんだかイマイチ。エウレカっていっつももったいない感じなんだよね、絵も音楽も戦闘シーンもロボもいい感じなのに、マヌケっていうかなんていうか。もっと単純明快でいいのです、アニメなんだから。
京アニの氷菓ははっきりいってつまらないんだけど、アニメとして観る価値はあるので観てる。ハルヒみたいなどんでん返しを期待してもいいのだろうかという程退屈。同じくアニメとして観る価値のあったフジコちゃんは、話がどんどこねじれてきて「ルパン」の面白さは全くなくなってしまったような。一話みたいなノリでずっといってほしかった。咲は咲たちを別の視線から観る事が出来る面で面白い。端から観るとあんなに恐ろしい魔物みたいだったのね。
次期はどんなのが楽しいのかな。jormungandの続きはどうなるの?




211011_aliceblog.jpg

日本から親友が二才の娘を連れてやってきてて楽しかったー。けど疲れたよ。
ピングドラム毎週楽しみにしてます。たぶんヒマリに影響されたのだと思うけど、aliceも今あみものしてるのだよ。






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.