ADMIN TITLE LIST
また次書くのはいつになることやらとおもったけど、意外と早くもう一つ書きたいことができた。
いやー、ユーフォニアムの最終回が良かった!っていうので書きたくなったのだー。
京アニの作るのはほとんど見てると思うけど、この最初はどうかなー?つまんないかなー?と思わせつつ、作画と演出マジックで見続けた序盤、後半から最終回に向けては毎週がはやく最新話みたいなー、まだかなーと一週間待ち望むほどに…。この感覚は、オレキホウタロウ(だっけ?)っていうのが主人公だったえーっと、半分ミステリみたいなアニメと同じような感じで魅了されていった感じに近いなぁ。
アニメってほとんど高校が舞台っていうのばっかりなんだけど、作ってるのはみんな大人だし、なんでこれを高校舞台にしてやる必要あるんだろ?普通にアニメでも社会人が主人公で、そういう人間関係のでもいいんじゃないの?どうせ深夜アニメって大人ターゲットなんでしょう?という、ぼくの個人的なぶつぶつは置いといて…、ユーフォニアムは上手に高校人間関係が描かれていたように思う。憧れの先輩がいる子とか、同じ中学校から来たのにぎくしゃくした関係だったりとか、幼馴染で異性として意識し始める描写とか、生徒と先生の格の違いとか、上級生と下級生のほんの数歳しか違わないのに先輩らしかったり新入生らしかったり…もう色々。
あと最近わかったこと。恋愛要素はアニメに入ってるとつまんなくなるね。あってもいいけど、それメインで進めると面白くなくなりそうな気がしてきた。なので、このアニメでも途中にあれこれ恋愛要素が絡む部分があったけど、あれらをもっとはしょっても良かったと思う。だって、誰かと誰かがくっついたところで面白くならないもん。
このアニメは大人数が一つの目標に向かってどんどんのめり込んでいくっていう、なんていうの?圧倒的な集中力?熱気?気合?そういうものがどわーっと最終回に向かって「三日月の舞」って曲に押し込められてたのがとても良かった。なので、できれば全曲通しで流してほしかったなー。すごくいい曲だと思うし、あの曲にいろんな思いが押し込められてると思う。タキ先生大好きです。しかもaliceの理想とする王子声の声優さん(スザク!)が担当してたー。優しいのに厳しい、君たちがこの目標をかかげたのだから、私はそれに全力でこたえるだけです、みたいな!いいよ、とっても。

と、まぁ、たぶんもっと書けそうだけど、感想はこんな感じかなぁ。あ、あとユーフォの先輩二人ともいいね。それぞれのキャラがとても生き生きとして、個性もあって…。色々申し分ない完成度のアニメであったー。もう一回位最初っから観ないと…。


さてげぇむ。
また面白い話があって、これも忘れないうちに書いておきたいと思っていたのだ。
twitterでつぶやいてたかもしれないけど、aliceのげぇむ友達数人グループの中にアジア人好きのおバカなカナダ人がいて、最近デートサイトで知り合ったフィリピン人の女の子に夢中でした。ここ何週間もまるっきりonlineで見かけなかったほど!
aliceも含め、他のげぇむ友達もすぐにダメになるだろう…と思っていたのだけど、最近本格的に破局になった模様。しかもその理由がなんとも馬鹿げてたー。
先日彼はお誕生日でした。去年の誕生日にリクエストされた絵を描いてあげたら大喜びしていたのですが、今年は全くもって最近onでお目にかかってないし、忙しいんでなにもしないでいいかなー?と思っていたんだけど、丁度誕生日前日に他のげぇむ仲間が彼とonlineで話したらしく、なんでもクレジットカード番号を盗まれてお金をたくさん使い込まれて彼は今大変なことになっているって聞いてしまったので、ちょっと可哀想なので、元気づけも兼ねてささっとお誕生日らくがきをしてメッセージを送ったのです。
さて、その晩は土曜日でした。金曜土曜は朝方までげぇむしてるんだけど、驚いたことにそのカナダ人がonにやってきたのです。誕生日の夜なのにどうしたの?って事で話を聞いたところ、aliceのお誕生日おめでとーっていうお絵描き付きメッセージをカノジョに「みてくれよー、ゲーム友達がこんなのやってくれたよー」みたいに見せたところ、aliceに対してものすごい嫉妬に狂いまくってオコオコプンプン状態になったらしい。
おいおい、ちょっと待て…。誕生日にいろんな人からおめでとうとか、プレゼントとかカードとかもらって怒るってどういうことだよ?ってなるよね?しかも、会ったこともないaliceに対して嫉妬するってどういうことなの?そのカナダ人はaliceの写真すら観た事ないんだよ?
そんな感じで誕生日って一年を通して一日しかないっていうのに、だれがどう考えても理不尽な理由で自分の誕生日を台無しにされ、他のげぇむ仲間に「とりあえず飲め」「飲んでゲームして楽しくなれ」と諭され、かーなり飲んでたなー。
次の日に別のげぇむ仲間とこの話になった時「おいおいおい…、なんだよそれ?意味わかんねーよ!バカじゃねーの、その女」とみなさん同じご意見。恋は盲目という言葉があるけど、自分の誕生日をそんなくだらない理由で最悪の日にする人なんていうのは流石に目がさめることでしょう。いかに幻覚に囚われていたかがわかったのではないだろうか…。
そんな感じで、そのカナダ人はESOをはじめたのであった…。ぼくらげぇむ仲間としてはメデタシだよ、実に。




ものすごく久しぶりにblog。
いやー、もうやめちゃおうかとか思って放ったらかしてたんだけど、消さないんでおいたの良かったかも。blogっていうのはだらだらできるからすきなんだよね。今だらだらしたい気分だし。

いや、それ以外に書きたいことがあるのだ。げぇむについて。
もうね、電話の発展と共に、social networkがめちゃくちゃになって、aliceちゃんとしてだけでやっていられる場所が少なくなったというか…。要するにtwitterとかでげぇむのコトばっかりつぶやいてると「ゲームばっかりして仕事しないさい」とか怒られるの。けど、aliceちゃんってそういうキャラというか、そういうのしか言わないからaliceちゃんなわけで…。ま、そういうのも色々であれこれ放ったらかし状態なんだけど、やっぱりなにか書いときたくなるんだよね、楽しいげぇむの出来事は。

さて、全くもって全然のめり込んでしまうようなげぇむがでない昨今だけども、aliceはESOを始めてるよ!
これはコンソール版は1年以上も発売が延期されまして、aliceの友達は半ば諦め状態だったんだけど、あれよあれよという間に発売されました。aliceのげぇむ仲間の一部はこのシリーズのハードコア領域の人たちなので、予約もimperial editionとかいうのを予約しとけっていうからそうしておりました。
で、発売が1年以上も伸びたんで、alice以外のみんなは予約を取り消して、digital downloadのを買っておりました。前もってinstallできるからいいもんね。でもaliceはここら辺はげぇむ屋さんに行くのが好きなので譲れない。ま、家から3分で行けるっていうのだからかもしれないけど。あー!ここで重大な事を言わねばならん!!!aliceのげぇむ日記を読んでた人は多分知っていると思うけれど、げぇむ屋店員コードネームオムスビ、彼がなんとげぇむ屋をやめていたのだ〜!転職してしまったようである。なんとも悲しい。けど、facebookとxboxとPSでコンタクト取れるからね…。でもねー、近所にいて、時々顔合わせてげぇむの話してっていうのが良かったんだよー。実に惜しい!!!
で、話を戻そう。そのimperial editionとかいうのを言われるがままに予約してたんだけど、一体どんなものなのかゲームコンテンツ以外は気にしてなかったんだけど、なんと巨大な本とどこからどう見てもaliceの部屋には似合いそうもないフィギュアが付いてきていたのであった…。しかもその箱がコンソールも一緒に入ってるんじゃないかって位巨大で、最初見たとき「えー…?えーーーー………???」と目を白黒させました。
あ、勿論フランスなんでげぇむ発売日前に売っちゃいます。発売日前の週末だったかなー?とにかく数日早く手に入れました。で、同じように予約したESOを取りに来てた人がaliceの横のレジにいて、その人、aliceの巨大ボックスを見たら「オレもこれがほしい」とか言い出して、PS4版を買って行きました。で、そんなこんなでこのフィギュアと本どうしたらいいかわからないから、げぇむ本体を取り出してそのまま残りはベッドの下にしまったよ…とその版げぇむ仲間に話したら「でかしたalice!」と褒められた、いやからかわれたのか?!
aliceのげぇむ仲間はみんな大人男子なので、色々とaliceが思いもしないような発言をしてくるので時々参考になる。彼らによる解釈によると、aliceがあの巨大なimperial editionを手にしているという光景は、他のESO playerにとって「女でハードコアだー!」と興奮材料の一つになるらしい。ま、aliceは言われるがままに予約して買ったというだけなんだけどもね。

さて、ゲームプレイ。数日前に手に入れましたが、installは完全にできたものの、発売日まではサーバー接続できませんでした。
aliceはずーっと前からこのげぇむでのキャラはダイナを作ると決めていたので、ぽちょっとした猫の魔法使いを作成しました。残念ながら、実物のダイナほど顔が平べったくできなかったのが悔しい限りだけども…。あと、実はダイナ君、ぽちょっとしてみえますが、本当は別に太ってません。でも、ま、印象、印象、ね。
ESO、とても自由なげぇむです。日本のげぇむばかりやっていた頃はこういう自由さ加減が困った感じだったんだけど(何をしていいかわかんないー!って感じね)、洋ゲーに慣れてしまってこっちのが肌に合ってると感じるaliceにとって今はこの自由度が素晴らしいです。なんの制約もなく好きな事できるってのはいいねー。別にクリアするとかいう目標も最初からないし。少なくとも1年くらいは毎日ちまちま楽しめるなーっていうのだけでもう満足。最近ね、新しいげぇむとか面倒くさいの。色々まず最初に覚えなくちゃいけないから。aliceは何年もげぇむしてわかったんだけど、一度覚えてそれが楽しかったらずーっと続けられるってげぇむが好きみたい。
でもげぇむ友達も一緒なんで、一緒にも遊びます。これもなかなか楽しい。昨日は初めてダンジョンをやってみた。四人でやるダンジョンなんだけど、とりあえず三人で。最初に遭遇する雑魚クモたち。ちまちまちっちゃいのにやたら強い!「なんでこんな最初の雑魚なのにつえーんだよ!」「ダンジョンはいつものクエストよりレベルが高いってのは常識だろ?」なんて会話が流れます。そう、なんでこんな一番最初のザコがつえーんだよ!?状態でどんどん進みます。物語的にNPCがたくさんいるんですが、彼らはなんにも手伝ってくれません。「ヤツラはなんでなんにもしないんだよ!?」「さぁね…」っていう会話をきいてくすくす可笑しくなってるaliceです。
ま、そんなこんなでいくつかのボスちっくなものを倒し、ラスボスとの対決。なかなか大変でした。

ESO、まだaliceレベル13ですが、かなり楽しんでます。
仲間がいるとさらに楽しいので、友達と一緒に購入をお勧め。

さて、次の更新はいつになるのか不明。ひょっとするとすぐかもしれないし、また何ヶ月もあとかもしれない。
楽しいげぇむな事があったら書くと思うよ。




今現在はお絵描きの時間であり、aliceはしっかり下絵を描き込んでるべきはずなのだけど、ちょっと気晴らしだ。気晴らしばっかりだけど、お絵描きっていうのは時々描いても描いても気に入らない事があって、そういう時はいくら描いてもダメなのだ。(今はそういうのとはまた別の現実等避難だけども…)

実はaliceは最近とても忙しい。家に引きこもってるようにしか観えないかもだけど、今月はやたらと来客が多いのだ。なので落ち着いて色々と出来ない。今週末もロンドンから友達が来るから今描いてる下絵を終わらせたいのだけれども、今の所まだ道のりは長い。
そんな忙しい中、aliceの待ちに待ってた大好きなげぇむborderlands2のDLC、tiny tina's assault on dragon keepが出た!ついに出た!
最近のげぇむはaliceは好きなものはトコトンやり込むようになった。やり込むといっても甘いげぇまぁなので、実績とかは手こずりそうなのは最初っからスキップするような感じだけど、一年毎日だって遊んでいられるようなやり込みをするげぇまぁになった。主にmultiplayerがあるからこそで、友達、またはonlineの誰かと一緒に遊ぶ事に中毒になっているのだ。
onで遊ぶ楽しさは、ただそれだけでも楽しいのだけれど、好みが似てたり、似たようなgame playをする人と友達になれると更にこの世界は楽しくなる。要するに、今まで一人(げぇまぁは一人で遊ぶのが好きなんだけどね、基本)で楽しんでいたものを、同じ趣味の友達と一緒に体験し楽しめる。このわくわくと感動を分かち合えるのだ。
幸いaliceはウサギさんが家にいるので、ウサギさんはalice程げぇむはしないけれど、universalオタクなのでほとんどaliceの喋る一般人には理解するのが困難であろうげぇむ話に着いてきてくれるので、onlineげぇむ友達以外にもaliceの日々のご褒美げぇむ時間がいかに楽しいかを話せる相手がいるのだけれど、きっとけっこうな数のげぇまぁにはこういう人が身近にあまりいないんじゃないかと思う。
だが一歩onlineで遊んで友達が増えると、げぇむ話だけで会話が成り立つ人しかいない。そう、ここはげぇまぁパラダイス。だが、aliceは何度もこの日記で記したと思うけど、「すごく」波長があうげぇまぁというのは割と見つからない。ま、ここは現実世界の友達と同じだ。「知り合い」か「友達」かの違い。
そんな中、最近aliceはとても強くてcoolなげぇまぁと友達になった。aliceは基本voice chatが苦手なのでまだ「喋って」はいないんだけど(partyには参加してるけど聞いてるだけ)、このcoolげぇまぁ、喋り方もmessageの言葉遣いからも本物のげぇまぁの香りが漂ってます。フレンドリストの人数も少なめなので、aliceは個人的にこういうげぇまぁからまた一緒に遊びたいと思われてフレンドリクエストをもらえたのを少々誇りに感じます。
さて、ちょっと話は飛ぶけれど、欧米ではテーブルトークというRPGはgeekになるには必須の遊びです。で、話を最初の冒頭の方のに戻そう。tiny tinaのDLCだよ!このDLCではtinaがゲームマスタでこのテーブルトークRPGをしているのである。alice達playerはそのtinaの作ったDungeons & Dragonsみたいな世界を旅するのだ。
そう、だから欧米RPGファンにとってはたまらない魅力のDLCなのである。aliceはウサギさんが未だに友達と着きに何度かこういうテーブルトークRPGをしてる人なので、ちょっとしたこの手のjokeが解るので、このDLCはとても楽しかった。ほんの少しかじってるaliceがこれだけ楽しめるとしたら、きっと本格的にテーブルトークで遊ぶ人達には120%楽しいはず。現にウサギさんがaliceのplayをちょこっと横目に観ながらalice以上にうけてたからね。
で、最近仲良しのcoolげぇまぁもcoolなくせにわくわくしていたようで、DLCが出る10日位前からaliceがレベル上げしてこのDLCに備えて準備してたら「DLCまでにレベル61までにしとけよ」みたいなmessageがきたり、DLC前日は「明日だぞ、dragon keep」と言ってきたりで、aliceのワクワク表現とは別のcoolなおにーさんなりのワクワクを誰かに言いたくて仕方ないんだなぁと思いました。aliceなんかは「やったー!明日だ!はやく遊びたいなー!」と素直に言うんだけど、このcoolなげぇまぁのmessage文面があまりにも簡潔でむしろかっこよかったので、aliceはここでまた男子げぇまぁになりたいと思ったのであった。かわいいげぇまぁっていうのよりかっこいいげぇまぁのが断然かっこいいもんな!

で、aliceはとりあえず本編をクリアした。一人で。borderlandsファンで良かった!っていう作りだった。このげぇむ作ってる人達は、本当にplayerの事を考えてくれてる、愛を感じたよ。
まずこのDLCの内容がRPG好きには魅力だというのは先に述べた通り、それプラスでborderlandsファンだったら二重のレイヤーがかかって楽しい。volt hunter達が古典的なD&DスタイルRPGっていうのだけで学芸会みたいな楽しさである。
そしてtinaの演出による最後が特に素晴らしかった!一瞬泣きそうになったよ。ファンサーヴィス素晴らしい!tinaは誰よりもborerlandsファンなんだなぁと思った。だって、borderlandsファンがborderlands2の本編でえー?!って思ってたあれらをきれいに、見事なまでに自己満足だけども修復してくれた。しかもそれらをplayしてるalice達は実際に体験してるからね。で、最後の最後がborderlandsらしく笑わせてくれて、本当に最高。

そんなこんなで、いつも一緒にborderlandsしてる友達にはaliceと一緒に遊ぶ約束をしてもらい、超selfishだけどもaliceと一緒に遊ぶまでこのDLCには手を付けるな!とも言い切った。だって、D君とR君がどんな反応するか楽しみなんだもん。
D君とR君はdestinyでも一緒に遊びたいねという話をよくしてるんだけど、aliceとD君はdestinyはPS4で遊ぶというので揺るがない。D君はconsoleは一つ派なので、xboxはnext-gen競争で一人ファンを逃したのであった……。あーあ、xbox雲行き怪しすぎるなぁ。




E3とWWDCで昨日はお祭りだったね。(言うまでもなくaliceは一人ぼっちでお祭り参加でしたけど)
以前日記にxboxのが優位じゃないかとaliceは思って書いてたんだけど(shareが多いという部分でね)、もうね、きっとダメだ。なんでかっていうとxboxのが値段が高いから。sonyはPS3で学習したようで、お手頃値段にもってきたもんね。
ハッキリ言うけれども、性能とか見た目とかは本当にどうでもいいんだ。重要なのはどうしたら売れるかっていうのであり(売れればshareが広がる。たくさん使ってる人がいるものは強い。「ダレダレさんが使ってるから」というのでみんな買う。)理屈はどうでもいい。なんだかんだでいつも安いもののが売れる。(高いものを好んで買う人もいるけれど、それは安いものを買う人に比べたら比にならない数だ。)
そして今回は安い方のがどうみても優秀なspecである。xboxはshareが多いからってちょっと値段をふっかけすぎだよ。もっともっと安くしなきゃxboxの意味がない。どんどん増やしてこそのxboxなんじゃないのかね。(aliceは別にxbox信者って訳じゃない。xboxのがPSより劣ってるのは認める。ただ今の現状で何故aliceがxbox派なのかといえば、単にonline multiplayerをメインに遊ぶげぇまぁだからだ。お金を払ってでもbetter connection。これがonline multiplayerのモットーじゃないのかな。それならPCげぇまぁになるべきでしょうが、computerでげぇむするのはaliceではないんだ。時間を決めて遊べなくなってしまうので、ここは自分ルールなのだ。)
大体気になってるげぇむはほんの少し(tumblrのげぇむメインの方にペタペタ載せてるのが気になってるもの)しかないので、他のものは特別期待してない。aliceは兎に角destinyについてが知りたくてしかたないのでbungieサイトにてsonyのpress conferenceにて最新情報をお届けしますという情報を入手して待ってました。それほど熱心なげぇまぁじゃないんで、live中継なんて観る気なかったんだけどdestinyの為にすべて観てしまった。(やっぱり期待されてるだけあって発表の順番は一番最後だった…)
さて、ここでaliceは思う。destinyをPS4側で発表するっていうのは、destinyがPS4環境で快適に遊べるという事を意味していると思って良いのだよね?multiplayerはconnection命!なので、途中でラグったり、切れたり、matchingに時間かかるとか…そういうのあり得ないから!ホントにPSは無料じゃなくてもいいから安定して遊べる接続環境を整えてほしい。aliceの杞憂はそこ一点にしぼられる。コントローラは慣れだから、目をつぶろう。
と、いうコトで、aliceはPS4は買う気なかったんだけど、たったの100ユーロの差でぐらついてる。100ユーロっていったらげぇむ一本分とあと少しってだけの違いだけど、されど100ユーロ。
他の問題点はxboxでよく遊ぶ友達がいるから、それをどうしたものかっていうのだね。みんなPS4に引っ越すんだったら問題はない。titanfallは360でも出るっぽいからxbox oneでなくてもいいからね。
とりあえず今週は色々彼らの意見を聞いてみようと思う。
あー、しかし本当にMSってバカとしか言いようがない。ずっとバカとは思ってたけど、本当にバカな会社だよね。




090513_aliceblog.jpg

日本に行く前にbioshock infiniteを急いでクリアして、一周すると1999モードとかいうのが出来るようになると聞いてたので、てっきりゲーム上のgraphicが1999年みたいになってるのかと思い込んでたんだけど(一周するとそういうのもできるんじゃないか?と思ってしまう物語構成にもなっていましたので)、実は洋ゲー特有の非情な難易度モードっていうのなのでした…。ちょっとガッカリ。
最近ようやくお疲れ気味から解放されてきたっぽいのでbioshock再開と思ってやってみて調べた結果がこれです。↑の絵にある方法でも1999モードは解禁になるそうですよ。こういう遊び心はげぇまぁにとってはニヤニヤしてしまう。だが!aliceはそこまでやり込まないcasualげぇまぁなので、心が折れるような事はしないんだ。というコトで他に積まれてるげぇむをクリアしないとね。なのについつい気晴らしと称してME3しかしてない。いつも通り。もうbattlefield4までこのままかも。考えないで遊べるげぇむ最高。






| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.