ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お仕事お絵描きしてるんだけど、頭の中ではまだ世界樹のコトばっかり考えてる。
で、ふと「なんでaliceはこんなに夢中なの?」と疑問に思ったので考えてみた。
最近aliceはげぇむ購入について、見直そうと思っているのだ。それはあまりにも積みが多いから。
こんなに積みが多いのに、新しく欲しいものがでると購入、で、また積まれる。げぇむできないaliceも可哀想だが(ぇ)、積まれるげぇむの運命のがもっと不幸だ。げぇむっていうのは、playされてこそ本望なのだから、買っただけでホコリをかぶらせて、いつになったらplayするのか解らない状態にしておくのはげぇむ達にとって生き地獄なのだと思う。(げぇむの気持ちになって考えてみた)
そこでよぉく考えてみると、どうも小さい頃欲しくてほしくて買ってもらったげぇむと、今ほいほいnetで買ってるげぇむを比較すると、そこにalice自身の情熱のかけかたが随分違うことに気づく。そう、積んであるもののほとんどは、自分から心底欲しいと思って買ったげぇむじゃないのだ。
誰かから勧められて買ったものとか、人気だからとか、続編だからとか…そぉいうので買ってるのが多い。
新しく出るとすぐ欲しくなるから一応買っておいて積む、そんなパターンにはまり込んでいるので、それをちょっとやめよう、なんて真剣に思うのだ。
というのも、世界樹の迷宮を今頃ながらにクリアして(厳密にはまだだけど…)、「そうそう、げぇむってこういう感覚だったよ!」と実感したからなのだ。aliceは元々誰よりも速く解いてやるぞ!っていう人じゃなかったはずなのに、いつからげぇむ最先端に追いつこうと思うようになってしまっていたのだろう…。
それと、前から思っていたRPGについて、これも世界樹をplayして思い当たったことがある。世界樹には古風なRPGの言い回し「君はこの先に進んでも良いし、引き返しても良い」という感じのdialogueに表されているように、どっちにしろ先に進まなければstoryは続かないから強制的にyes選択であるにも関わらず、そこにplayerの人格を残しておいてくれる配慮がある。
playerの心情お構いなしに物語の登場人物達が勝手に波瀾万丈するFFにどうも抵抗が常にあるaliceには、世界樹的なdialogueのがずっと世界にのめり込めるのだ。FFっぽいと、どうしても冷めてる自分がいるから、さっさとクリアしよ…となって、ending後のおまけとかあってもほったらかすし、物語も時間の経過とともにかなり忘れてしまう。
あとは、レベルさえ上げたらなんとかなるっていうげぇむの基礎レベルと、一応レベルには上限があるとか、強いだけじゃだめという要素なんかが夢中にさせるものかな…と、とりあえず思いついたことを羅列してみた。
ホント、今からでもいつからだってげぇむで味わう感動や面白さは色あせないから、ダンジョンRPG苦手とかいう人も多いけど、気が向いたら手に取ってみてほしいげぇむである。
で、世界樹IIはamazon.jpではもう予約できるけど、発売日が確定してないのでポチっとなできないaliceなので、play-asiaではもう予約できるかと思って調べたらマダだった…。で、5月かな?にアメリカでも発売されたみたいなんだけど、US版は売り切れてたよ。単に数が少ないだけなのか、それとも密かに人気なのか…、どう思うのも君の自由だ。


☆おまけ☆US版の世界樹の迷宮site検索してたらこんなものまで発見した。フランスのげぇむsiteなのに、日本のげぇむ雑誌をそのまま画像で載せてるのでどれだけの人が理解出来てるのか解りかねる…が、少なくともaliceには読める!読めるぞ!!!(←ムスカっぽくね♪)
スポンサーサイト




291007_aliceblog.jpg
[先週描いてまだ塗り絵できてないイサコ様]

電脳コイル22話。
感想文打ち込んでるのに、観たのは一回のみ。(ヤッツケ中なので…)
けど、どうしても感想文のこさなきゃーっていう使命感でちょっと短めに残します。

実は、一番最初の方からデンスケの首輪についてる鍵が気になっていたのだけど、ヤッパリ?!という展開になってちょっと嬉しかったり…。確実に何に結びついてるとかは解らないのは当たり前なんだけど……。
気になりはじめてたのは、イサコが鍵をイリーガルに使う時からなので、かなり初期段階。
あれが解ける時、一体何が起るのだろうね…。

今回イサコとヤサコの和解がある。
その名の通り優しいヤサコが勇ましいイサコに接する。イサコの不器用な言葉遣いにも説明がつくとみんな解ってくれるのに、ホントにイサコは不器用な子。ただ今までどれだけ精一杯で余裕がなかったかが伺える一面がいくつも描かれている。

先週の予想通り、やっぱりタケルくんが関わっていた。ネコメの弟だとは予想外…。
あのピンクミゼットがタケルくんのものっぽいのだけど、どうもまだ何か裏がありそう。

ミチコさんというのは、電脳空間で生まれたオバケみたいなものなのか…。どうして発生したのか謎に包まれている。気になるなぁ。

今週のイサコは、事ある毎に寂しげな普通の女の子をのぞかせる。

オジジの部屋に封印されてた電脳器具。でも、よく見るとおもちゃっぽいんですけど………。(笑)

それにしても黒cubeはサッチーと比べると性能が良すぎで嫌われモノ!

古い空間を造り出していたのは、ネコメ???

未だにアマサワさん、オコノギと呼び合うけれど、友達の輪が確実に生まれてる。微笑ましい。

おばちゃんと先週やり取りしてたのはダイチが使い駒として動くってコトだったのね。
京子救出という役割が、前のepisodeで電波くんと一緒にのほほんしたのを連想させてくれて笑えた。

でも、事態はタイヘンなコトになってゆく…。
ついに暗号を使いこなすようになったヤサコ!


で、来週は総集編らしいです。
続きが気になるのに一週飛ばしなのか。
ヤサコが暗号使えるようになったから、今後はイサコに無理して使わないようにしてほしいです。
痛々しいんだもん、イサコ様。




271007_002_aliceblog.jpg
[ヤッツケ中]

ちょっと前に時差が切り替わった。
6月に奪われてしまった一時間を今取り戻すのだ。毎年10月の終わりの日曜日夜中に。
これといって一時間減ったり増えたりして気持ち的には「得した」「損した」と思うけれど、実際のトコロ一時間のゆとりっていうのはどういうものなのかな…。
aliceは例によっていっつも朝方寝る夜行性なヒキコモリですけど(というか、aliceの職業で引きこもってない人のが珍しいと思う)、最近は討伐ばかり。竜、フォレストセル討伐のあとは急な依頼のヤッツケ討伐。フォレストセルよりずっと時間かかるよ。
定時でお仕事する人じゃないので、お仕事の時はそればっかりやっていて、それでもげぇむ対戦とかの横道にそれるから「おいつかない~」とか泣き言いうのだけど、お仕事がないときはひたすら遊んでいて良い。かなり羨ましがられる職業なのですが、趣味とお仕事が同じっていうのなので、お仕事お絵描きしてると、それとは違う好き勝手なものを描きたくなる。で、その好き勝手描いてるのがらくがきだったり、作品作りとか呼ばれたりするのだけど、らくがきじゃないレベルの作品になると年間描ける数は限られてしまう。
かといって、aliceは他にも趣味があるので、それらをこなすと結構あっぷあっぷなんだよね。どれもこれも軽くできる要領を得たいものである。
世界樹の迷宮はフォレストセルを倒して、quest終わったらやめにしようと思ったんだけど、アイテムコンプリートしたらendingらしいというのを攻略siteで読んでしまったので、今はお仕事の合間を縫ってそれらを必死に集めてる。条件が揃うと確実に落とすという保証のないドロップものがあるので、メディックとアルケミストのSP振り分けをやり直した。博識レベルを10にするとけっこう面白い位落とす。残り16個だよ。
フォレストセルを倒すまでに色々武器を買ったりしたかったけど、貧乏で揃えられなかったのに、今やお金使う方が少なくなってきてちょっとコガネモチ。でも、一つの武器が100000エン単位なので、減るときもすぐなんだけどね。
そんな感じで、ここ数日はげぇむで寝る時間削って、お仕事お絵描きにかかりっきりになり、パジャマ着替えるのすら時間が惜しい。(ぇ)
なんでかというと、もうなんていうか、眠い時に2時間とか寝る感じになってしまってるから、いつでも眠れるように。(笑)
妙な時間に熟睡してたりして、最近ネコ化がはげしい模様。実際ネコっぽい格好して寝てるし。どうも最近ソファの上に正座して、クッションだっこしたまま前屈みになるっていうのかな…ネコがよくする格好が一番落ち着くっぽい。
そういえば…10月末っていうコトは……知らない間にaliceのきまぐれ日記を書き出して4年が経過してしまったという計算になる。確か2003年の10月後半だったと思うから。
最近はまともな日記じゃなくて、げぇむとアニメ感想blogになってしまっているなぁ…。
けど、笑っちゃうかもしれないけど、げぇむ、アニメ類、かなりaliceには必要な素になってきているみたいで、今日だって眠い中耳の中に「気合いだ!気合い!」ってカミナとシモンが叫んでたし。この一枚終わったら一つアイテム探しに行ける…とか………重要なんだよ、実に。

271007_001_aliceblog.jpg
[この冬初牡蠣を食す]
でも……あんまり生牡蠣好きじゃないんだよね…
あ、手前のはaliceの前菜
キノコ盛り合わせ(笑)




251007_001_aliceblog.jpg
[オヤクソク]

世界樹の迷宮、クリア!
真のラスボス:フォレストセルを倒したぁ!
このげぇむ、奥の深いげぇむでした。
タブン、aliceの今年のbestげぇむになるコト間違いなし。
DS部の部長りんむくんによると、世界樹って25階までの本編が終わってやめちゃう人が多いのだそうです。
aliceは「なんで?」と真顔で疑問に思うのだけど、理由は簡単で、26階から先が難しいからだそうです。
なんかねぇ、aliceはここで自分のげぇまぁとしての血を感じたよ!!!
だって!難しいからこそクリアしてやるぅ!とか思ってしまうのですよ。(攻略siteみたけどさ……)
そこにげぇむの続きがある限り!Aボタンや十字ボタンを押し続ける指が折れるまでぇ!先に進めたいと思わないのかな?みんな…。
近年zeldaですら簡単になっちゃった時代なんだけど、ファミコン時代はクリアできる方のが稀なげぇむがごろごろしてたのだよ。しかも今みたいに簡単にinternetで攻略とか探せないから、自力で表とか地図とか作っちゃったりして頑張ったよね?!
ま、aliceは瞬発力とかないので、いつも兄上とその親友の横でげぇむを観ながら記憶してた子供だったんだけどね。こういう分担作業もけっこう重要で、兄上が「あれ?どこだっけ?」とか言ってると「そこそこ、右に隠し扉だよ」なんて答えたものです。
簡単操作、謎解きになってきたからlight userがごっそり増えたワケなんだけど、難しいのも残しておいてほしいよね。
というか、aliceが小さかった頃のスタンダードはレベル高かったよ。(レベルっていうのは、難しさのコトです。)
難しくても、解けなくても、いつまでも遊んでたげぇむ類は、なんだか今でも心の友という感じがする。
前はもっとやり込んだげぇむがあったのに、最近は積んでばっかり…。自重しないとね。
世界樹の迷宮はダンジョンRPG。コマンド選択で進んでいくものなんだけど、どういうワケだかクセのある敵が多くて、苦戦させられた戦闘ばかりが想い出になりつつある。
真のラスボスはちょっと運良く勝てちゃったっぽいので苦戦ではなかったのだけど、タブンまた戦いに言ったらすぐ負けそう…。
aliceがこのげぇむで一番苦戦したのは赤竜でした。あとちょっとで倒せるっていうトコロまで何度かいったのに……という経験者です。
とりあえずほぼクリアしたので、ちょっと気分がいいよ。
げぇむクリアすると、なんでこんなに晴れ晴れユカイなのかしら?
実はほとんど寝ないでげぇむしてたので、今からゆっくり眠れそう。
久しぶりに寝る間を惜しんでげぇむしたよ。回復されたキブン。(笑)

例によって、ネタバレ画像があるので続きは以下…。




怒濤のようにひたすら世界樹やってますよ。起きてる時間のほとんどを世界樹につぎ込んでるaliceである。
Wikipediaの説明を斜め読みしたのだけど、このげぇむはオールドげぇまぁに絶大なる支持を得ているらしい。そうなのだ、aliceも古代のげぇまぁ。かれこれ数億年昔より、この地で発掘されて以来、その手には十字ボタンが握られていたのであった。
なんにせよ、げぇむ解放はのんびりオサワリーナでもやるかと思ってたんだけど、先日感化されたこともあり世界樹を再開したのだけど、この面白さは半端じゃない。
本編終わって、その先を進めない人は多分3分の1、または半分はこのげぇむの本当の面白さを理解できてないのではないのだろうか…と言ってしまえるくらいやたら難しいよ!
物語は地下25階で完結するのだけれど、わざわざ探す必要もなく26階に続く道がある。しかもそこは新しい階層で、地下30階まであるらしい。(現在aliceは29階のwarp迷路でキリキリしてるよ!)
で、どういうワケだか異常に敵が強い。そもそもこのげぇむ、階層ごとのボスを倒して新しい層に進むと急に敵が強くなる設定になっているのだけれど、この第6層も5層までの流れと変わらず敵が一気に強くなる。レベル50台のパーティだと先に進むのすら困難。
でもちまちま進めていくと道は開けてゆくのだ。そのダンジョンがどんなに複雑な構造をしていても、ちゃんとmappingしていくと次の階に続く階段を発見できるのだ。でも、どんどん下りていく毎にそのダンジョンの複雑さはハンパじゃなくて、一日かけても地図が完成しない時もある……。おかげでレベルは上がるのだけどね。
で、まだ最終階に到着していないので、例の真のラスボスには会ってないのですけどね…。
今日は引退させてまた育て出したメディックがめでたくレベル70になったので、前から目論んでいた「竜退治」してきました。
強いと聞いてたので、それなりに心構えはしていたのだけど、赤いの以外は一回ずつで倒せたよ。あ…、黄色いのは一回先制されて瞬殺されたんだけどね………。
以下はネタバレ画像なので、気になる人のみ観てください。




231007_002_aliceblog.jpg
郵便物とどいたぁ!
サスガ特別DSlite
箱からして既にピカチュウ仕様

231007_001_aliceblog.jpg
12月に弟くんにプレゼントするのですが
やっぱり実物眺めてみたいので開けてみた
黄色くてかぁいい…




ちょっと、ポケモンクリアしてないっていうのに
自分の白DSliteと取り替えたくなったよ…




仕組まれていたワナにかかる少女。
でも、そのワナ自体が本当のことなのか、もはやそれすら視聴者であるaliceには解らない。
何を信じるのか、誰がいけないのか、悪いのはなんなのか、そういった一切がまだ謎に包まれている。
電脳コイルは子供の世界をよく描いた推理小説のようである。作中の人物達が交錯し、彼らは行き場を見失っていくように思える。そして視聴者達もどっぷりとその謎解きに夢中になってゆく感じがする。かくいうaliceもこの物語の行く末がどうなるのか、気になって仕方がない。

今回はイサコがメインに立ち回るepisodeだったのだけど、もはや強くて怒鳴るイサコの影はない。
それはまるで、ピンと張った弦が切れてしまったようで、始まった当初から不幸な雰囲気を漂わせていたイサコがついにそれに飲み込まれた感じだった。
冒頭のナレーションでヤサコが述べる「投影技術」とは、イサコに全て現実にあった事のように観させていた架空の幻想なのだろうか…。
それにしては小学生の女の子にそんな実験は非人間的でひどすぎる…。大黒市でおばさんとおじさんと一緒に住むイサコ。本当のお母さんがいるようなのだけど、どういう経緯で家族がばらばらになっているのかも謎に深く関わっているように思われる。
新校舎は高層ビルの上階。なんだかすっごく小学生には危険な場所に位置しているけれど、それがなんとも未来ちっくで、演出には最高なのでは…と個人的に思う。かなり身近な感じのSci-Fi物語なので、こういうのがあって「そっか、未来の話だったんだ」と思い出す。
フミエの夏休みの課題がdataとして電脳モニタに写るのもまた、未来な感じがする。もう手書きの提出物なんてない時代なのね…なんてね。
そのフミエは今回からかなり保守的な一小学生になってしまう。もう関わり合うのはごめんだとヤサコに告げるのだ。フミエがどうしてそこまでイサコに敵対心を抱くのか、ちょっと解りかねる。ひょっとするとフミエはボス女子的存在なのではなかろうか……。小学生の女子ほどつるむと面倒なものはない。必ずリーダー的な女の子がいて、「なんかあの子ちょっとむかつく」というと、その周囲にいる取り巻きっぽい子達が一斉にその子を無視したりするのだからね…。
まぁ、そんなにたくさんと接している風でもないので、フミエばかりを悪く書くのはナンだけど…。そういう空気が漂うといじめは発生する。ターゲットはイサコだった。
あれだけ強いイサコでも、自分以外は全て敵状態になるともろくなる。それに追い打ちをかけるようにピンクミゼットと謎の声が精神病になってもおかしくない事実?を淡々と告げる。今後のイサコが心配だ…。

気になったのは、おばちゃんがダイチと何をとりひきしたのか…。
ピンクミゼットの飼い主。あんなかぁいいハートの首飾りみたいの付けてるから、ひょっとして女の子が飼い主?とか思ったり…。
女の子っていったら、主要キャラはフミエしか……?!ヤッパリ、女子ボス?!けど、その線は考えたくないなぁ…。
もう一つ思ったのは、タケルくん?!っていう線もあるんだけど…。ネコメと繋がりがありそうだしね?
一番曲者っぽいネコメはいろんな人と関わってるようだけど、一体何をするつもりなのか…。世界が崩壊する前にって前回つぶやいてたのは何なのか…?!
おばちゃんはクビになって良かった感じ。今後は仲間かしら……。
ハラケンのらくがき、ヤサコの目は知ってるって感じだったけど………?

と、これら全てはつづくのであった!




211007_aliceblog.jpg
[イサコさまの暴言聞きたいな…]

今日は速いencodeの最新電脳コイル観てたのですが
まだ二回目の視聴してないので感想文はまた明日にでも…
というか、昨日からはじめた世界樹にまたすっかりはまりこみ
ひたすらレベル上げをしてました…(ぇ)
その他、今週から封切りのstardustを観る為に
原作を読み始めて時間が……って感じでした!
それにしても世界樹おもしろいよ!また改めて面白い!って思ってる!
敵がね…非常に異常に強くって…
最高の武器防具がタイヘン高価で…
宿代ケチって、回復の泉に行ったりしてるよ…
あの報酬さえ手に入ればなぁ……(遠い目)




201007_aliceblog.jpg
[今日のお絵描き すぺーしぃ!]

今日は久しぶりにDS部に行って、きつねむたんとぱねぽった。
非常に楽しかった。やっぱり友だち対戦っていいね。
DS部で部長のりんむ君にzeldaやりなさい、FFCCやりなさいと小言をいわれ、ややげぇむ気分が発動しつつある。でも、どれよりも先にヤッパリ世界樹の26階から先の未知の世界を観たいので、今日夕食後すこぉしレベル上げしたよ。引退させて新しく育て出したメディックがレベル41になった。まだまだ先が長いなぁ。
でも、ちょっとネタバレちっくになるけれど、りんむ君の最終パーティがどんな編成だったかとか教えてもらっちゃったので、なんだかやる気が出てきたんだよね、不思議なもので。
メディック以外はレベル60台になってるので、バードのレベル10攻撃力増大の歌でブシドーにツバメ返し(上段の構えもツバメ返しもレベル10)とかで戦ってみて、久しぶりにこの強さをplayして感動してしまった。(現在育ててるのは、ソードマン、ブシドー、バード、アルケミスト、メディックです。他はもうちょっとレベルが上なので)

さて、世界樹の熱はいつまでたっても冷めないので、今後どんな編成のパーティにするか迷う。もっとレンジャー増やそうかな…。

今日はalice関係でちょっと探し物してたら興味深いblogを発見したので、そこを少々うろうろして時間をつぶした。aliceももっと中身の濃い日記をつけたいものである…。(ある意味濃いかもですがね…)
そこで見つけた現在存在する中で一番古い、不思議の国のアリス動画というものがYouTubeに載ってたので、aliceもここに貼付けておきます。BBCの番組なので、解説付きなのですが、元々silent映画みたいなので消音で観ても良いと思います。
この動画についてもうちょっと詳しくは、今日発見したblogに書かれてますのでご覧下さい。





181007_aliceblog.jpg
[alice色がかなり強いノノ]

最近電脳コイルのencodeがちょっと遅かったりして、感想文を書くの、気後れしてしまうのですが、一応観てます。で、メモまでとってあるのだけど、どうもここ数日お絵描きとパネポンばっかりしてるのですよ。(ぉぃ)
パネポンはすっかり強くなって、hard対戦でも勝つ事が多くなったのである。というか、normalだと連鎖しすぎて積んでしまわない限り負けません状態になってしまっている。自分でいうのもナンですが、かなり強いんじゃないかと思う。
そんななので、作業机はもうなんていうかものが積み上がってごちゃごちゃしてて、なにかするにもその山をかき分けてお絵描きspaceをつくったりする程。ちょっと苦手なgraphic design的な作業をさっさと済ませてしまいたいと思いつつ、翻訳に時間がかかってるのをいいことに、パネポンとお絵描きののほほんな日々なのである。
といいつつ、もう既に10月後半になってきてしまったので、本格的にのんびりばっかりもしていられないのですがね…。今までやりたかったアレコレをテキパキこなさねば!
dix-neufをお絵描きしてたのは、aliceには珍しくちょっと造形的な技術を使って3Dで2Dになるものを作成していたからなのですが、それもおわり、それをつかってお絵描きも完了して、また新しいお絵描きを明日はしようと思うのだった。
きまぐれに描くものっていうのほど楽しい時間はないなぁ…としみじみ思う。

161007_aliceblog.jpg
[こんなの作ってたのだった…]




151007_aliceblog.jpg
気付いたら、無意識のうちに
ディスヌフを勝手に手が………
aliceがメカものを描くのは奇跡的なコトなので
自分でもビックリ




aliceblog_dixneuf_001.jpg
[EDはokama絵でノノとdix-neufだよ!]

ホント、どれだけアニメ観てるんだっていう位ここのトコロずっとアニメのコトしか日記につけてない気がする。でも、そんなにこの数日は観てないのですよ。珍しく外に行ってる事が多かったりする、野暮用な日々なのです。
今日は弟君が来てて、お勉強会は約1時間あるかないか。他の10時間程ずっとげぇむしてたよ。aliceは最近げぇむ全然してないのだけど、久しぶりに塊魂やったら3D酔いしたよ。もう少しお絵描き熱が下がって、色々面倒な雑用が終わったらげぇむしよう、それこそ寝るのを忘れて。(笑)

なので、本日もまたアニメ日記なのである。
といっても、感想じゃなくて単にディスヌフの魅力を観せるだけです。(くすくす…)
実際はきっと動いてるディスヌフが一番カッコイイと思うのだけど、常に動いてるディスヌフをmacで起動させてるのは不可能なので、いい壁紙になりそうな絵はないかなぁ…と思って(そう、desktopに常にいてもいいと思うよ、ディスヌフは!!!)探したけど、aliceの検索能力じゃこれ!っていうのが見つからなかった…。
でも、ちょっと面白いフィギュア画像があったので拝借。そしてその画像をphotoshopで加工してみたりして。

aliceblog_dixneuf.jpg
[dix-neufがよく出来てる ノノもかぁいい]

aliceblog_dixneuf_fig.jpg
[ポーズがカッコイイよ!さすが番長!]


他にも動画から何枚かディスヌフをscreen shotしたので、番長ロボが気になる方はご覧になってください。ここ数日、aliceの心はディスヌフに奪われてるようです。
あぁ、番長、カッコイイ。




131007_aliceblog.jpg
[なぜならばっ!]

アニメ祭りだよ!
今回はトップをねらえ2!観てたよ。
これ、ほんの6話だけなのですが、質が良いので
一気に観るのがもったいなくてちびちび観てました
展開は気になるのだけどね
1を観てないでいきなり2から観るaliceは邪道だと思うのだけど
2しか落ちてなかったのだよね
宇宙怪獣の圧倒的な強さが魅力的でした
それと、キャラデザインが良いです
あとメカデザインがaliceのツボでした
しかもメカについてる名前、全部仏語の数字読みというのが
なんだか親近感もたせてくれるのです
ディスヌフ(dix-neuf:19)に恋しました
なんか番長みたいな鉄人28号みたいで
aliceもdix-neufを僕にしたいと真剣に思ったよ
ラルクはしあわせさんだなぁ…

あ、アニメ自体は女の子の友情なんだと解釈
なんでもアリな所がグレンラガンっぽいね
なるほど、これがgainax魔法なのですか!?




Image 3
[お絵描きの過程]

ここ二日程、起きて朝ご飯食べてまた寝るというニドネっていうのをしてるaliceです。
寝ても30分とか1時間で起きるのだけど、ニドネすると夢が面白くて起きるのがイヤになるのね?
でも、起きるとすぐ何を夢みてたのか忘れてるのが惜しい…。
今日は昨日のお絵描きが完了で、また新しいお絵描き。
例によってデジ絵の文法の応用編。白黒で塗りを済ませてから色をつけていって、塗りはのせては消しての繰り返し作業っていうのを実践。
やってみるとなかなか面白い。
でも、この塗り方技術もしっかり途切れのない下絵がないと塗り辛いので、今日もまたマンガちっくに描いてみた。
続きはまた明日塗ろう。
最近日記ざおりくしたというのに、まともな日記になってない気がする…。
screen shotでごまかそう………。




Image 2
[お絵描き 人物塗り絵前]

Image 3
[お絵描き 人物塗り絵中]

さて、げぇむもしないで何してるかというと
お絵描きしてます
お絵描きがお仕事で、お仕事が終わってもまたお絵描き
あー、なんでaliceはこんなにお絵描きが好きなのだろぉ…

今日は前から試したかった技を使ってお絵描きで応用してみてる
デジ絵の文法観てから(まだ全部観終わってないけど)
あーやって塗ってみよう!とか考えていたのです
けど、aliceの鉛筆下絵だと、どうしても塗り辛いので
キャラをマンガちっくにしてみたよ
あまり資料と睨めっこして描いてないので適当ですが
一応世界樹風ウサギハンタァ、とでもしておきましょうか
clickで拡大可能です
んー…、でも塗り絵途中の段階だと
どうしても気になる部分があっちこっちあるなぁ……
やっぱり真っ黒い線は強すぎて自分の絵じゃないみたいなので
さっさと完成させたい
でも、取りあえず夢の世界にすやすやしに行きます




最近不思議の国は素晴らしい快晴な日々が続いている。
あまり外に出ないaliceなのですが、今日はちょこっとお出かけ。ブーツが買いたいと思って出かけたのに、帰ってきたら必要文房具とCD-R50枚を手にしていた。
なんだかお買い物って、いつも目的の物が何だったのか解らないで帰宅する事が多いよね。この間もプリントアウト用の紙を買いに行って、お洋服まで買ってきたというaliceである。
今日は帰り道、montparnasse界隈を歩いていたら、緑色のireland rugbyシャツを着た男の子と、若草色のカーディガンに茶色のスカート姿の女の子がお母さんらしき人に手を引かれて歩いていた。7歳くらいかなー?あまりにもかわゆすぎて、そのまま頭をわしっ!っとつかんでひっさらってきたい欲求にかられたよ。
ホント、この国にいる子供たちは生きてる萌えだね。
今日はこの続きはグレンラガンについて書くので、まだ観てない人は絶対続きを読んではいけません。グレンラガンについて書きたい事があるのだけど、あの物語はネタバレしてるのを知ってしまうとイケナイ!とaliceは思うのです。

NB:感想書いてたらもうすっごく長くなっちゃったので、昨日ついてたコメントのお返事はあとでしますです。ごめんなさい……。




長い事かけていた作業が一段落で、その後の諸々はゆっくりと進んでいる。
その合間に今までやりたかった事なんかを進めたいと思いつつ、来客騒動でほとんどげぇむしてないけども、アニメはガシガシ観てるのである。
消化しないといけないアニメはまだまだたーーーっくさんHDの中やらDVDに焼いたものであるっていうのに、ウサギさんと一緒にまたグレンラガンを観ているalice。
はい、2回目の視聴終了ですよ。3回目もありそうだけど…、まぁ、取りあえずすぐには観ないだろうなぁ。勢いで2回目も観てしまったというのがグレンラガンっぽいっていうか…、aliceはまりすぎかも…。
いやぁ、2回目も良かった。また一気に第2部観ちゃったよ。第2部に入ると「どうなっちゃうのー?!」という勢いで初回も怒濤のように観てしまったのだけど、ウサギさんも途中でやめて「じゃ、また続きは今度にしよう」ってなるはずもなく、見終わったのはほんのちょっと前。
ノエインの時もこんな風に一気観したけど、今回もそうだったなぁ。ウサギさんはaliceと違って明け方までこんな感じでおたっきぃな徹夜をするコトはあまりないのだけど、グレンラガン、ノエイン、時のオカリナと…今回で3度目かなー?
なんていうか、取り憑かれたように進めてしまう「魂」がこれら三つには確実にあるね!なんて思う。
実際、こんなに夢中になるとは自分でも予想してなかったのだけど、どうしても観てほしかったのもあってaliceが家で「オレを誰だと思っていやがるっ!」とか叫んでたのに感化されたウサギさんですが、視聴後の一言とその表情はaliceが望んでいたものだったよ。流石に見終わったら突然に眠気が襲ってきたようで、感想はまた後でってコトになったのですけどね。
今まで色々なものに影響を受けてきたaliceだけども、媒体はなんであれ、ここまで夢中になれて大好きになってしまうもの、心に強く想い出として刻まれるものはそんなにたくさんはない。げぇむや本、映画やアニメ、音楽っていうのは、人間の想像力から生まれてきたもの。想像されたものに形はないけれど、それを視覚化するコトによっていろんな人に伝わってゆく。その伝わったものは個人によって捉え方、解釈が違うにしろ、こうやってはぁとにしっかり焼き付けられる。それを糧として、また新たなる想像力につながるのかぁ…。
観えない意志の伝導ってスゴイ!
地球にはまだまだこういった物語がたくさん隠れていて、それをまた発見した時に今と同じような満たされた感覚があるのだろうなぁって思う。きっとそれは今以上に豊かな気持ちなんだと思う。経験値がたまって、どんどんレベルが上がるごとに強い技や魔法が使えるようになるのと同じで、満たされた感覚というのもまた進化するものだからなんだろうな。




従兄弟たちは無事不思議の国を後にしました。
今日もaliceは飛行場へ行ってきた。「も」というにはそんなにガイドの人みたいに毎日行ってないけれど、他の人よりも飛行場に足を運んだ事があるのは確実だろう。行った事のある空港はどれも甲乙つけがたいけれど、parisのCDG空港はterminal1も2も好き。今日はterminal2のFでうろうろしてたよ。
丁度昨日saint-denisのスタジアムでrugbyの試合があったのと、パリコレのfashion-weekが終わったのもあって、この週末はどこもかしこも混んでて、人で疲れた。
今日の飛行場はfashion関係の人っぽいのばっかりで笑えた。
あぁいう人たちって、似合わないものでも無理矢理最先端に着こなすのでスゴク目立つ。(そういう風に着られると、流行の最先端を行くだけあって、宇宙人みたいでもあるが、錯覚なのか格好良くも観えるからフシギ。気合い!ってコトか…。(?))一目見ただけで解る。ある意味マンガみたいな人たち。pixarのincrediblesでいうトコロのedna-modeみたいな人が視界にたくさん入ってくる感じと想像してもらいたい。

先日の日記で、all blacksに勝った後のparisというのをカメラを忘れて撮れなかったと記しただけど、従兄弟殿のカメラのメモリを空にしてCDに焼く際にalice macにDLしたので、ご披露しますね。従兄弟殿はcanon勤務なので、撮影カメラはEOS。いつかaliceにも贈呈してもらえないかしら…。(ぇ)

091007_001_aliceblog.jpg
rugby world cup仕様
半分緑にライトアップされてるエッフェル塔
真ん中の白いのはrugbyボールの風船みたいなの
キラキラしてるのは、丁度0時になったから
暗くなると一時間に一度10分間キラキラ光るのです
ホントは2000年イベントだけで終わる予定だったらしいけど
好評なのでもう定番になりました

091007_002_aliceblog.jpg
これが例の凱旋門周辺で観たrugbyファン
身を乗り出して国旗をひらひら
ハッキリ言って、この国の人たちは愛国精神が欠落しているので
国旗はfootball用にしか使わないと思う
ま、今回はall blacksに勝った喜びの象徴だけど
この時点でもう0時半とかかな?
人ごみも凄かったけど、車ものろのろしか進まなかったよ
でも、かなり面白かった、人間観察

091007_003_aliceblog.jpg
次の日は、従兄弟殿がrugbyグッズを買いたいというので
シャンゼリゼ通りへ…
お昼はladureeでクラブサンドとけぇき
そうそう…こっそり聞いた話だが………
ladureeはついに日本にもできるらしいよ?!
きっと「なんちゃってマダム」の行列が出来る事でしょう…
それにしても、最近のladuree、どこの投資が入ったか不明だけど
色々手を出しすぎな気がする…
お菓子屋さんだっていうのに、香水とか傘とかも出すらしい…
お菓子だけ作ってろ!というのがaliceの意見
あ、サンドウィッチもいいけどね?(笑)

091007_004_aliceblog.jpg
日曜日はシャンゼリゼかマレしか選択肢がないので(そこ以外はほとんどお休み)
お昼後はコンコルドまでぶらぶら歩いて(雲一つない青空だった!)
そこから地下鉄でマレ地区へ
ここもなんだか異常っていう程人が多くて…
fashion week、rugby、よいお天気っていうのが重なったparisの日曜の
特に人が集まる辺りを観光案内してたのでヘトヘトになったよ
画像はヴォージュ広場
あまりにも人が多すぎて、こんなヴォージュ広場観た事ないからパシャリ

091007_005_aliceblog.jpg
という感じで、ここ数日は観光案内してました
案内ついでに妙なマトリョーシカのブローチ発見したので購入
そして飛行場に送りに行って家に戻り
さっそくお土産で買ってきてもらった21世紀少年(上下)と
大東京トイボックス2冊をソファでネコみたいにのびて読みました
20世紀少年の終わり方に関して、ちょこっと小耳にはさんでいたけれど…
んーーー、浦沢好きのaliceもこれはちょっとぉ……って感じ
大東京トイボックスは続きが楽しみ
面白いげぇむ創ってくれー!って太陽に願うのだよ
そして数日振りに蘭たんのzeldaの進みをcheckしたら……
なんとクリアしてる!!!
今から観ようかなぁ……けど、ちょっと片さないといけないコトあるんだけど…
なんて悩みつつ、取りあえず日記更新




現在フランスはrugby world cupの開催国である。
お仕事の関係でバンコクにかれこれ3年程いる従兄弟殿がかつてrugby manで、super主婦のお嫁様と共にプラハ旅行の帰りにパリに立ち寄っている。
モチロンrugby観戦のために!
そんなワケで、sportsさっぱり興味ないaliceはまたもや暑苦しい漢の浪漫の世界を傍観しなくてはならない。今日はなんとfrance vs. new zealand (all blacks!!!)のmatchであった!!!
今日のカードは何故かcardiff(フランスですらない!)のスタジアムだったらしく、テレビ観戦。
rugby、意味解らないよ。なんで3点とか5点なのかチンプンカンプン。けど、そこは従兄弟殿の解説で解った気分になる。首の太い、ガンメンみたいな人たちがスクラム組んでスゴイよ。ホント、暑苦しいったらありゃしない。
だけど観てると何故だかaliceも熱くなってくる。これ、sports magic。
前半終了でall blacks優勢。後半もこの勢いだと勝つのは無理かな…と思っていると、従兄弟殿は「いや、まだいけるかもしれないよ?!」と発言。じわじわtryしたりで点数を巻き上げるfrance team。
そして驚くべき逆転。でも、点数は上をいったものの、まだまだ見るからに優勢なのはall blacks。あと一回でも点を入れられたらまた逆転に戻るっていうハラハラドキドキの展開で最後の30秒まで落ち着けなかったよ。
そしてなんと驚異の勝利!all blacksに勝つのは優勝よりも嬉しいかもしれない!
というコトで、その後エッフェル塔近辺やら凱旋門からシャンゼリゼ通りを抜けてドライブ。真夜中だっていうのにすっごい人の波。(ちなみに、今日はパリ市でnuit blancheという徹夜イベントの日でもあったのであるぅ)
footballのworldcupでブラジルに勝った時も凄かったけど、今回のall blacksの勝利もものすごい喜びようで、街はお祭り騒ぎなのでした。そして、そういう時に限り、ついついカメラを持ち忘れるaliceなのでした……。

ちなみに、従兄弟殿、実はall blacksの方を応援してたそうです。(くすくす…)
試合終了後、しばらしくしてぼそっと呟いてるのを聞き逃さないaliceなのであったぁ!!!




041007_aliceblog.jpg
なんだか突然にlegoで遊びたくなった
でも、手元にあるブロックはちょっとだけで
しかもstarwarsシリーズだから崩して遊ぶにはちょっと…
なにか面白いのが落ちてないかなー?と
web検索かちゃかちゃ…
そしたらちょこちょこ面白いもの発見で遊んでみたよ
手元にブロックがなくても楽しめた
取りあえず今はこれで満足
↑は何年か前のlegoポスター(clickで拡大)
無駄のない美しさと遊び心のこもった秀逸作品
このsimpleさの中に
legoの全てが表現出来ているよね




kiyal_alicecolour.jpg
[キヤル alice色version]

実はまだaliceの中ではグレンラガン祭り中
誰かとグレンラガンについて話したくて
でも話を知ってる人じゃないとネタバレになっちゃうから
aoiにヴィラル風に「観ろ!観ろーーーーーーー!」と言い
ウサギさんにも観るように仕向け
徐々に話し相手が増えてきてにんまりなのである

今日はグレンラガンベストサウンドというmp3が手に入り
それを聞きながらグレンラガン話で盛り上がり
またお絵描きしてみたよ
今日は珍しく背景あり
といっても、アニメから背景をcaputureしての切り貼りですが…
aoiとは好みが似すぎてて笑えるのだけども
今日はキアル キアルはなんだか気に入ってしまったよ
お絵描きは例によってclickで拡大可
始めにアニメ色で忠実に色塗りして
それを後からalice色にphotoshopで加工
こぉいうのしてるのは楽しいね、つい時間忘れちゃう

さて、サウンドトラック聞きながら、ウサギさんと8話まで視聴も進み
universalオタクのウサギさんとグレンラガンについて話してたんだけど
aliceの気に入ってるキャラで
ロージェノムと並ぶのがヴィラルなワケなのですが
ヴィラルのテーマソングっていうのがnikopolといい
乗ってるガンメンがエンキ…
ここからウサギさんが展開したのがenki bilal(エンキ・ビラル)
フランスで有名な漫画家なのですよ
nikopolというのは、彼のマンガのtitleのひとつらしい
bilalは5th elementsとかimmortelなぞの映画でも有名な人
最近のアニメには、エウレカでもそうだったけど
こういうキャラの中に隠された名前の裏話みたいのが垣間見えて
なんていうか、それを発見すると嬉しかったりするのだよね
しかもヴィラルというキャラに使ってるっていうのがいい感じ
他にも色々ありそうだけども
aliceが気になるのはロージェノムかな…(笑)

さて、グレンラガンは観た方が良いアニメ、絶対
だから話の粗筋をここでは書けないんだな…
どうやら再放送がすぐ開始されるらしいので
気になる人は是非ゼヒ、観て頂きたい
最初から飛ばしてる話なのだけど、4話から6話位まで
ちょこっとたるる~って感じの進みになってるので
そこで観るのをやめず、取りあえず8話までは進んでもらいたい
観れば観る程に、引き込まれてゆく話の展開で
それこそそのpowerは螺旋の力…
aliceももう一度ウサギさんに布教ついでに見返してるのだけど
一度見終わってもまたすぐ観たくなってしまう魅力もあるようです
ホントに1話から最終話まで…あぁいう展開になるとは予想もつかなかったよ
という感じで、今日もまたグレンラガンで日記は終わるのであった

kiyal_animecolour.jpg
[キヤル アニメ色version]




021007_aliceblog.jpg
[スーパーミルクちゃん風]

ひたすらプリントアウト
そして最後の1枚で紙が足りなくなった…
ぼうぜんとしてみた




Gurren-Lagann_animecolour_aliceblog.jpg
[今日はアニメ色で clickで拡大だよ]

10月からはまた日記ざおりくと思っているのだけど
ついついサボリ癖が…
というワケでもなく、今日は一日中dataを印刷してました
なのにまだ半分っておかしい……
人によってプリンタのインクの減りって何色が速いとかあると思うけど
aliceの場合はmagentaです
んー、なんで前より時間あるはずなのに
またこんな時間になってるのかな…
じゃ、おやすみなさい




Gurren-Lagann_aliceblog.jpg
[ニアとダリー]

ここ数日、何をしていたのかっていうのを
適当画像と一緒に載せようと思って準備までしてあるのに
突然にヤッパリ今日はこれを描かねばー!と思い立ち…
久しぶりにアニメらくがきで、気付いたら3時間くらい経過してたよ…
なので、今日載せようと思ってたものはまたあとで、です

さて、今日はグレンラガンがおわっちゃって
ここ数日ずっとグレンラガンに染まってたaliceは感慨深いのですよ
5th elementsみたいなオチで終わらなくてよかったぁ
かなり良いアニメでした
これを観て育つ子たちは気合い満々なのかな
話の展開が全く読めなくて、あっという間に追いつき
今日の最終回が楽しみでした
さっそくalice家の人たちにも布教しようと目論んでます

というコトなので、これを読んだ人たちで
まだグレンラガン観てない人たちは、観ろ!
なーんて言ってみておく(くすくす…)

画像はclickでおっきくなりますよ♪
色はアニメ色versionもあるんですが、要望があればそれも載せますよ
ちなみに、これはalice色versionです




011007_001_aliceblog.jpg
はい、つづきです。
一週間前位まで、↑みたいなのをずーーっと描いてました

011007_002_aliceblog.jpg
そのあと、毎日大掃除してまして
引き出しの中から宝箱というか玉手箱というか…
そゆもの発見!
ひたすら必要のないものしかつまってない箱なのだけど
開くとなんだか嬉しい気持ちになる
蓋を閉じて、また引き出しの奥にしまっておきました

011007_003_aliceblog.jpg
家中きれいに片付くと
にゃんこが落ち着く場所をみつけるまで
いつもはいない場所でじっとしてぼんやりしてたりします

011007_004_aliceblog.jpg
ついでにmilk(aliceのメインmac)のアニメdataの整理もしまして…
fron(external)とmilkから↑だけのアニメdataをDVDに焼きました
DVDに残したのはモチロン必要なdataのみなので
まだ消化して消去するdataも山ほどであります
milkとfron合わせて70GB程のお掃除量(笑)

011007_005_aliceblog.jpg
大掃除の最中、ベッドの下の箱の中から
紅茶の国にいる時使ってたユタンポ発見
(あの国はね、ユタンポ必需品国なんだよ!?)
そして何を思ったか、突然にそのユタンポ入れを編み編みし始めてみた
というかね…アニメdata整理しながらアニメ観てて
手持ち無沙汰っていうのが一番の理由なのです
もの凄い量のアニメ観てるので、きっとここに羅列したら驚くコトでしょう
その中で、押井守監督作品の
「立喰師列伝」が一番印象的だったかも…アニメじゃないけど……
ものすごいmaniacで、ふざけてるのか真面目なのかよく解らない境界線でした
その他、みくるちゃんやちゅるやさん顔したCCさくら風アニメとかも観たけど
つくづくaliceの好みは男子的だなぁ…と
暑苦しいほどコテコテなグレンラガンを観ながら
体内が真夏の太陽みたいにあつくなったのである

セントラルヒーティングももうついて、街路樹も紅葉をはじめた秋の空を
ぼんやり眺めて思う、ものおもいの秋のaliceなのであった






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。