ADMIN TITLE LIST
311207_001_aliceblog.jpg
今日は今年一番のおたのしみに参加

311207_002_aliceblog.jpg
ベジータが普通に歩いてたよ

311207_003_aliceblog.jpg
なんという混沌とした風景(笑)

311207_004_aliceblog.jpg
人がゴミのようだー!と叫びたくなったよ!

311207_005_aliceblog.jpg
戦利品(ほくほく)

311207_006_aliceblog.jpg
母上にお土産

初めてのコミケは大変たのしかったのです
案内してくれたaoiに感謝感激
無事これでオタクになれた気がします(わぁい)

というワケでもうじき年越しソバ食べますです
今年もたくさんみんなありがとう
来年もよろしくです(はぁと)




今日は母上のお手伝いであれやこれやしてました。
兄嫁や妹ちゃんも参加して、おせち料理の下ごしらえをみんなでワイワイ楽しみながらしたよ。

母上:alice、里芋むいて切ってこうやって面取りして
alice:はぁい
母上:妹ちゃんはだいこんと人参をこうやって細く切って、おなます用ね
妹ちゃん:こうね?
母上:兄嫁ちゃんはホタテの貝とって
兄嫁:ほいほい
alice:なんか手がかゆくなってきた~(最近アレルギィ反応すごすぎ…)
母上:あ、じゃぁ妹ちゃんの人参切るの手伝って、こっちはいいから
alice:えーっと、こうやって細く切るのー?(トントン←包丁の音)
妹ちゃん:こうやって四角くなるようにしてね…(説明)
alice:んー、こうかなー?
母上:あー、aliceのは太すぎる。こっちのお雑煮用の大根切って。
兄嫁:ぎゃー、ホタテに指をくわれたぁ~。(貝殻パックン!)
alice・妹ちゃん:ひぇ~
母上:気をつけなさいよ~、ハハハ。
alice:包丁おっきくてよく切れるからこわいよ~。
母上:ゆっくりでいいから。(横でaliceの切ってる大根を切ってくれる)
alice:ふわ~、alice遅いからすいませんねぇ~。
母上:いいわよ、ふふふ。あなたはお皿洗いしてなさい。

というワケで、aliceはほとんど雑用+皿洗いのおせち料理作り参加なのであった。(使えね~)
で、明日は初コミケですよ。(わっくわく!)ちゃんとご案内してくれるつよーい味方がいるので、ますます楽しみなのであったー!
マンガの国、この時期イベント盛りだくさんでたのしいね。




飛行機の中で観たかったのに見逃したstardust観れた。原作がneil gaimanというコトもあり、お話が面白い!(これも原作を先に読んでおくはずだったのに…。物語は最後が原作と少々違うらしいんだけどもね。どう違うかは読んで知りたいトコロ。)
この映画はねぇ、alice的にお薦めしておくので観る機会があったら観ておいて下さい。魔法の使われ方がおとぎ話してます。
その他、東京タワーっていう日本映画も観た。ありきたりのお涙頂戴ものなので、やさしい気分に飢えてる人は観たらいいんじゃないかと思う。
けど、それよりなにより、飛行機に乗って、ご飯の時間になって食べ終わってがーっと一眠りしてムクっと起きたあと一番に観たのは「燃えよドラゴン」であったー!ブルース・リー最高。ヌンチャク使いが必見。

で、到着してまずどこに行ったのかというと、ビックカメラ。(笑)
ぼーっとしながら人ごみ歩くのは大変だったけど、ビックカメラの賑やかさを客観的に視界に入れつつ、気付けば買い物かごを片手に何やら細々したものを入れてレジに並んでいたのであった。
初音ミクとか鏡音なんちゃらが売ってたよ。初めてミクを現実的に捕らえた気がした。おー、ヤッパリすごい人気なのかー。ってね。(くすくす…)
で、今はなにやら早起きして眠れないので日記つけてみてます。
父上、母上が親ばか状態で嬉しそうなのを眺めてるのはかなり面白い。30日は兄嫁と母上と一緒におせち料理作るんだって?!普段料理しないaliceは役にたつのだろーか…。
マンガの国にいる間はいつもより日記更新が不安定ですのでご了承くださいね♪
とりあえず、初日からかなり楽しんでますよ。(笑)

291207_aliceblog.jpg
[珍しくalice画像 ばたんきゅーの図]




おわったー。
ムリかと思いつつ、一応計算通り。
突然の頼まれ事さえなければもうちょっと遊べたかも…。
でもきっと余裕があるとだらだらするから、きっとちょっと前まで
ばたばただったに違いない。
というワケでもう明け方だっていうのに荷造り。
しかも起きたら買いに行かなきゃ行けないお土産がある。
飛行機の中でzelda解禁!って思ってたのに
きっと爆睡になるかも予報。
さて、いつもblogはnoteのozonたんから打ち込んでるので
そろそろこの子も荷造りしないといけません。

28日からマンガの国にalice警報だそうです。
捕獲したい方はご連絡を。
ただし確実に捕獲出来るか保証しかねます。




aliceblog_thegoldencompass.jpg
[いくつかあるポスターの種類からこれを選ぶalice…]

the golden compass観てきた。
映画を観るまでに本を読んでおくはずだったのに、未だ70ページ辺りである…。なんで本を一冊読む時間すらないのか解らないよぉ。今もまだアレコレ作業。明日一日であそこまでできるのだろうか…。まぁ悲観的に考えてる時間があったら手を動かせってコトで、間違えとかのcheckなしでどんどこ進めてるよ。
さて、映画の方だけど、期待してたのにちょっとイマイチの出来でした。もったいない。人によってはharry potterよりずっと面白いっていうんだけども<本>映画だけ観た感じだと、話のつなぎが下手な感じで、上手く話をスムースに持って行けてない印象。所々「んっと…、なんだっけコレ?」とかなります。なので観る前に本を読まなきゃいけなさそうです。
それと、この物語は三部作の本なので、映画も続くように出来てます。lord of the ringsなんかも続くけど、本も一冊ずつまとまっていたから映画も上手い具合に1部、2部、3部と良い感じの締めが出来たのかもしれないけれど、この映画は明らかに続く!って感じなので、ちょっと映画を観た後に完全な爽快感がないように思う。
でも大画面での見所はあった。世界観が良く出来ていて、この世界とは違うパラレルワールドのロンドンの風景とかもっとじぃっと眺めたかった。街並はlittle nemoに出てきそうな感じで、飛行船とか飛んだりしてて、乗り物もスチームとはまた別の原動力で動いたりしてる。それでもはっと観ただけでロンドンだと解るのは、現在の街並にある高層ビルなんか(gherkinとか)を映画の中の風景に馴染ませて建たせていたりするからなんだよね。そういう遊び心が好き。単にbig benとかじゃなくて、最近のlandmarkを入れてるっていうのが面白い。
それ以外にも面白い世界観が表現されているのだけど、これはやはり原作の力かと思う。ちゃんと読まねば…。
それ以外、個人的に見所だと思うのは、主人公lyra。もう生きてる妖精だね。(危)あと彼女のdaemonのpantalaimonが山猫みたいな変身姿の時のかわゆさ。ネコとはちょっと違う、足の太さがなんとも言えない。ニクキュウはさぞかしふかふかなんだろうなぁ……とか猫系好みにはちょっとヤヴァい要素が入ってます。(ん?)
あ、この映画の世界観の中では、人はdaemonという変幻自在の動物と一心同体っていうコトになっているのです。
映画はやや長いと感じたので、お薦めではないけれど、twist worldを視界に入れてみたいという人にはお薦めかもしれない。でも原作を読んでからの方が良いと思う。aliceも時間みつけてよみまぁす。




071224001_aliceblog.jpg

christmas present for you!
というワケで、なんとなくcoca-colaのCMをのせてみる。
もっと高画質で観たい人はofficialでどうぞ☆






aliceblog_jesuisuncyborg.jpg

予定通り今日は映画のハシゴ。二作とも「i am…」っていうのは偶然。
まずは「je suis un cyborg」。(韓国映画なので、本題は不明。英語名だとi am cyborg, but that's okというのだと思う。きっとやむくんがベルリン映画祭で観たのかな?)
この監督作品でold boyを観たいのに見逃したので、今回のはどうしても観たくなったのが観た理由の一つ。あともう一つは映画広告用のポスターがaliceにはちょっとツボだったので、内容ほとんど未知のまま観た衝動買いならぬ衝動鑑賞という感じ。
本編は奇妙なラブストーリィといった赴きでしょうか。alice的に気になる要素がたくさん散りばめられていたのだけど、ちょっと長いと思った。所々字幕だったせいもあるけれど、かったるくなってしまい、あくび×1。(それ以前にaliceは仏語が苦手だっていうのもあるんですがね…)
韓国は日本と似たトコロが映画にも現れてるようで、お話はマンガみたい、役者はヘタっぴ、でもかぁいいかもっていうので持ってる。
舞台となる病院がなかなか良い雰囲気で、全体的な色使いはwong kar waiには全く及ばないながら、これもまた可愛さでみせてくれる感じ。
物語は、自分がサイボーグだと信じてる女の子が主人公のおはなし。ちょっといっちゃってます。
でも、本編観ながら、いっちゃってしまった方が、イロイロと楽しそうだなぁ…なんて思ってしまったaliceもいたりして……。

aliceblog_iamlegend.jpg

次は「i am legend」。主人公がwill smithという配役なのだけど、casting段階では他のhollywood大御所アクションスタァたちの名前が挙ってたそうなんですが、will smithでよかったぁ。will smithの出演してる映画はあまり観たことないのだけど、いつももうちょっとコミカルな役所だったと思うので、今回「え?will smithってこんな声だったっけ?」なんて思ってしまった。演技も上手です。これ観てaliceの中ではwill smithの株が急上昇したよ。
物語は超近未来SF。ガンを完全に治す薬が発明され、それによって崩壊してしまった世界が舞台。そこで生き残った主人公がどうやって映画の題名「legend」になるかまでを追ったお話。
見所は人っ子一人いないNYcity。雑草とかぼうぼうで、摩天楼が廃墟になり、動物園から逃げ出した動物が野生化して飛び回ってるっていうのは一見の価値あり。撮影は早朝ロケばかりだという話なんだけど、あの荒廃状態をどうやって処理してたのかが気になる作り込み。ホント、最近のお金かけてるhit狙い映画のCGの使い方はどこからどこまでcomputerで創ってるか解らないレベルだなぁ。

この映画の感想に関して、原作を読んだウサギさん(原作は有名なSF小説だそうです)から驚くべきコトを聞いちゃって、すっごいネタバレになるので、以下気になる人だけ読んでください。




221207_001_aliceblog.jpg
[昨日が一年で一番夜の長い日でしたね]

221207_002_aliceblog.jpg
[夜空は澄んでてきれい だからさむい~]

大掃除したり、アトリエ行って最終段階の銅版画持って帰ってきたり、役者をしてる友だちの舞台観に行ったりの一日。
観たい映画がいくつかあるので、明日明後日はハシゴでもしようかと検討中。
aliceの今年中にやらなきゃいけないコトがだんだんと片付いてきたよ。もうじき休みにはいれるー。
さて、今日の日記を打ち込む前にblogでコメント確認したのだけど、ビックリな出来事がおこったー!なんとフリー対戦で時々遭遇するたこやんから書き込みがあったのがまず驚きなのだけど、今さっきまでaliceはパネポンでフリー対戦してて、その対戦相手っていうのがたこやんだったのだーーーー!なにこの偶然~。
たこやんへのお返事はこれを打ち込み終わったらするコトにいたします。
ひゃぁ、びっくりしたぁ…。
ここのトコロ、パネポンすらする時間と気力がなかったので、あんまり対戦現場にいなかったんだけど、今日は週末だし人もいるかなー?と思って繋げたらけっこう人がいました。で、最後がたこやんだったんだけどもね。
パネポンはきっとplayする人口が少ないからこういうコトもあり得るとは思うけど、今まで単なる1対戦者でどこのどなたかもしらない人と、netではあるけれどcommunicationとれてから遭遇して戦うのはまた別の面白さがあるとおもう。
というワケでまた対戦したい。(笑)
といいつつ、aliceは近々休暇にはいるので、ちょっと捕まえ辛い状況になるのですがね……。

221207_003_aliceblog.jpg
[ここ数ヶ月で買ってた本とか並べてみた]

221207_004_aliceblog.jpg
[milkから子供部屋特集で一冊でてるの かなり素敵です]




Image 11
[今日の気温]
最近ものすっごく寒い
街中の噴水が凍ってるよ
けど、いつもオスロよりは寒くない♪って思ってる
東京は常夏だなぁ

夜、いつも髪の毛を切ってくれるmanaたんが来てくれて、三ヶ月振りくらいにいつものおかっぱにぱっつり切ってもらった。
のびていたと言っても、どっちみち他の人からみたらおかっぱの範囲なんだけど…。肩くらいまでのびてたのを顎あたりまで切ってもらったというと解りやすいだろうか。
さて、そんなコトもあって、いつも朝お風呂なんだけど、今日は夜もお風呂です。枕に切った髪の細かいのとかがくっつくのが不快なの…。
最近つかれてぼぉっとしてるのがいつも以上にすごいっぽく、お風呂の後でクリームを塗ろうと思って開いた棚からするっと香水が滑り落ちて、運悪くがしゃんと割れちゃった。
これはアクアマリンという名前のついたフィレンツェのお土産で、普通のスプレーじゃなくって、なんていうの?昔風な丸いぱふってしてるのをぷしゅぷしゅってふりかける絵に描いたような「香水」っていう姿形をしてたので、すっごくがっくり……。しかもまだ10分の1位しか使ってなかったので「よよよ」って気分でした。
が、ウサギさんに報告したら「また行って買え!」って軽く言われ、ほんの束の間の悲しみなのであった。




gurren14-1111.jpeg

カミナ:気合いだ!気合い!
ヴィラル:気合いを入れろー!
シモン:歯ぁ、食いしばれー!

って感じで、気合いで持ってる昨日今日。
けど、今日が山だったので、明日から下りだよ。
わぁい、わぁい。
後数日がんばりまぁす。




Image 5
[smultron使用風景]
たくさんdocuments開いてても左のバーにまとまり
desktop上がカオス状態にならないのが最大の魅力


smultronというcocoa developpedのapplicationを落として使ってみた。
これはhtml text editorで、miという別の日本語がtextいじってる最中も化けないソフトを前から使っているのだけれど、どうも日本語、英語、仏語を交互に使っているとこれだけでは不便なので今回お試ししてみているのだけど、これ、なかなか使いやすい。
ちょっと急いで手直ししてるので、copy & paste作業の繰り返しだから細かい設定とかカスタマイズしてないんだけど、pure text だけでhtmlやCSSをちょこっとカタカタする人には便利と思います。
ちなみにiconがイチゴなんだけど、smultronというのはスウェーデン語でイチゴっていう意味らしいです。音的に響きがいいし、iconデザインを考えないで済むからこの名前になったそうですよ。(笑)

さて、mac使いの耳には「こっそり聞いた話だが…」なんていうウワサ話が時々聞こえてくるのだけど、ホントかウソかは不明であるが……、どうやら1月に今のnoteの半分の薄さのnew modelが出るとかでないとか…。
値段はmacなので、いつもの定番と同じくらい。
key board部分が変わったとはいえ、全体的にiBookとPowerBook時代から変化の少ないデザインだったから、タブンそろそろ出るんではないかとは予想しているんだけどもね。
aliceは10月以降から新しいnoteを買ってもいいんだけど、leopardになってから切り替えようとか言いながら全然時間取れなかったから、もしこれがウワサじゃないとしたらホントに買い替えが実現しそう。
でも、新しい機種は半年くらい様子見した方がいいからなんとも言えず…。結局夏以降とかになるかもなぁ…。なんだか買い替えると言いつつ一年も経っちゃうとかって……。壊れたら即なんだけど、壊れないとニントモカントモ……。


今日の作業音楽のメインはmother3。
これ聞いてると色んな事が思い浮かぶ。聞くと会いたくなる人がいたりする。名曲。
最近亡くなった友だちのお母さんのコトなんかもぼんやり考えた。
年末年始は家族の時間を大事にしようと思った。まじめにではないけれど。けらけら笑って楽しい時間っていうのね。






ニコニコのmy listつくってないのかと言われ
この二日間位でよく聞いてた作業音楽をlist-upしてみたよ
一部音楽じゃないのもあるけどね…
ニコニコはaliceにとって作業音楽を聞く場所のようです
大体長いものが多くて、loopしてます
お薦めは世界樹ミニサントラと銀河鉄道の夜
最近日曜日はくたくたになりながら作業してます
というワケで、今日の日記はこれにて終了
もう今年もあとちょっとで終わりですね
例によって今年中に間に合わせたいコトで
テンテコマイです

なんか…reloadしてもニコニコのlistiframeになりませんねー
なんでなのかはaliceに聞かないで下さい
なぜいつもパヤパヤなのかも不明です
alice's favouritesっていうmy list名なんですが…




151207_aliceblog.jpg
[下絵、試し刷り、プレート]

おつかれまんた…。
いつものコトだけど、また予定が狂ってようやくアトリエに行けた。ホントは木曜日に行くつもりだったのに、怒濤のように時間が過ぎ去っていった。
最近また寒くなってきたんだけど、今日もまた寒い日で、ようやくアトリエに到着したのはもう日が傾き出した頃。お日様があっても寒いので、日が暮れるともっと寒い。
あー、さーむーいーーーっと言って到着したら、アトリエの人々、なんだか奇妙なカッコウしてます。なにやってんのー?って指差してけらけら笑って聞いたら「今日は暖房が壊れて寒いの…」って……!?
aliceは寒い外から入ってきたからまだ室内は暖かいと思ったんだけど、その後上着脱いで作業机に向かったら寒いサムイ。
なのでなるべくイソイソ動き回っていたのだけど、寒いと銅板を浸ける酸の状態も悪いのでいつもよりも腐食に時間がかかる。それとどうも最近準備する銅板の準備の仕方が悪いのか、浸けてしばらくたってから様子を見ると、groundという上薬みたいのがはげかかってきてる箇所とかがでてきて、それの手直しに余計な時間を取られる。
そんなこんなで、状態が良い時でプレートも問題ないと一時間程でこの彫り込み作業は終わるんだけど、いつも通りの予期せぬ出来事で夜遅くまでかかってしまった。
いつになったら銅版画のskill pointがあがるのかなぁ……。果てしなく疑問である。
きっとこれが今年最後のプレートになると思うので、失敗しないように地道に仕上げようと思う。失敗したら今年中に仕上げられない。なので、悔いの残らないように適度に頑張らねば。銅版画は気長に待たないといけない過程があるので、急ぐと失敗するし、焦りはほどほどにするよう、そこら辺を頑張る。
でも既にaquatintをかけるようにプレート準備してきたんだけど、この時点で失敗してたらどうしよう…。この段階ではまだ失敗かどうか解らないからいつもヒヤヒヤする。
どーか失敗してませんよぉに…。




141207_aliceblog.jpg
なんとなく世界樹つながりでガンナーらくがき
資料集めが適当なので、衣装は曖昧…
次回作は最初からペット以外は職業別でキャラ選べるんだって
やっぱりガンナー入れるかな…(笑)

また右手が鉛筆の握り過ぎで痛い。
間に合わせたいものがあるから、日記をさぼって続けようと思ったんだけど、ちょっと回復で休憩でかちゃかちゃ打ち込むよ。
アクトレイザーの音楽をお勧めされて聞いたんだけど、聞いたらうすぼんやりとこのげぇむを想い出した。aliceは記憶力が音な人なので、音を聞いて想い出す事っていうのがよくあるんだけど、ここでlinkされた音楽が生まれた。
世界樹繋がりで芋ずる式にyuzo koshiroが出てきた。alice、この人「古代(コダイ)祐三」とinputしてたんだけど、アクトレイザーでまたこの人の名前が出てきたからちょっと気になってwikipediaで調べたらコシロという読みだったのがまず衝撃的。(笑)
しかもysとかの音楽も担当してるとか…。ysはplayしてないけど音楽だけは脳内資料館にしっかり記憶されて保存されてる。すぐ戦闘曲が浮かんでくる程。
おぉ!この人だったのかー!って思ってちょっと略歴に目を通して仰天した。この人天才なのかー。ysの音楽はハタチ前のお仕事ですって!!!
そんなワケで古代ものを今日の作業音楽のメインに聞いていて思ったコト。
古代節は歌謡曲?っぽくないか?!って思った。(ちなみに古代ものではないけれど、ロックマンは演歌がかってるトコロがたくさんあると思う)aliceのiTunesには到底入っていない歌謡曲やら演歌がbitな電子音になるとやたらとaliceを熱くさせます。これは意外な発見。
それにしてもaliceの好きなげぇむ音楽はかなりむさくるしくて、暑苦しいのばっかりです。漢の浪漫ですなー。




boss6.gif

げぇむについて思うコト
ここのトコロ、パネポンすらあまりplayできてないんだけども、こういう作業状態の続く時は決まってげぇむ音源を耳に鳴らしているaliceなのです。
かといってアレコレ聞いてるというのでもなく、ここ数日のaliceの中だけでhitしてるロックマンメドレーをloopしてたり、今年aliceが最高と賞する世界樹のアレンジ版とかイロイロを聞いてたり、突然poohがURL貼付けてくれたナムコの古い音源などなど、メインは8bit中心に聞いている。(世界樹はわざと8bit調にアレンジしてたりするのもあって、それがまたステキ)
昔のげぇむの音を聞いていると、alice兄がplayしてるのを横でじーっと観ていたりする自分を想い出したりして懐かしいとかもあるんだけど(大体ロックマンはaliceには難しすぎる、でも大好き)、それよりなによりこの電子音のpureな感じがたまらない。ノイズみたいのの集まりなのに、重ね合わされた和音と旋律はフルオーケストラ生演奏とひけをとらない。(あくまでalice個人にとってはですけどね)
それと凄いのは、これらを聞いてると集中力が続く。
ファミコン時代はげぇむもげぇむ音もすごく単純だったのだけど、それが難しくもあって、今でもげぇむ画面を観たり、音を聞くだけでなんだか心臓がどきどきしてくる。最近のげぇむにはこういうのがあまりないんだよね、残念ながら…。
それにしても久しぶりに大好きだったギャラガとかドルアーガ聞いてると、なんだか感無量!って気分になってくる。どちらもaliceは例によってalice兄のplayするのを観てただけなんだけどね。
そんななので、aliceはレトロげぇむ大好きというのとはちょっとちがくて、レトロげぇむ音楽をこよなく愛するのであった。

chara4.gif
以下、aliceの好きなロックマンの敵と音楽:
ブルース
エレキマン
スターマン
クラッシュマン
ジャイロマン
クイックマン
カットマン
エアーマン
ボンバーマン
スパークマン
ウェーブマン
ファイヤーマン
ヒートマン




121207_aliceblog.jpg

一日のほとんど作業してたよ。
おやつの時間もなかった。
あれやこれやイロイロ突然に頼まれ事がかさなり
最近まともな休日がないであります。

なので、今日はらくがきでお茶を濁す。
番長なガクランを着た女の子っていうお題。
これといって意味はなく
なんとなく。




今日はあちこちでご用を済ます。そして最近の夜なべ作業でhtmlかたかた…。
ホントはまたヤッツケで手直ししないといけないのとかあるんだけど、どうも一度何かし始めるとそれが一区切りしないと気分が落ち着かない。そういう点では銅版画は流れ作業しながらの合間で進める事が出来るからなかなか素敵な作業だと思う。
きっと日本に比べると決まった職っていうのがこっちの方が豊富なんだと思うし、これといってふらふらしてても心配されないし放っとかれる。超個人主義というのは自力でなんとかするというのがdefaultなのかもしれない。
そんな感じなので、aliceなんかもこんな好きな事ばっかりしてる生活だというのに、誰かから「なにしてるの?この人…」って不審がられない。奇妙に思われているかもしれないけれど、ごくたまに「普段なにしてるの?」と聞かれあれこれしてるコトを説明するとかえって感心されるので恐縮である。
今日は天衣無縫のclientのトコロに呼び出されて出向いたんだけど、知らない間に引っ越してたらしくめぇるで住所を教えてくれた。前よりalice家に近いし、その引っ越し先の通りはaliceにとっては庭的に知ってるので一応地図で確認して歩いて行った。
だがしかし!通りに着いて言われた番地を探したけれどない!その通りは56番地くらいまでしかないのに、めぇるでは67番地ってなってる…。なんだよこれー、シャーロックホームズのいた時代のベイカーストリートですかー?と思いつつ、ひょっとすると6と7を打ち間違えたかな?と思い、6番地と7番地で教えてもらったドアのコードをピピピっと押してみるけど開かない…。本格的に間違えてっぽいので、近くの地下鉄の方まで戻って電話ボックスを探す。そう、aliceはケータイを持っていないのだ。(日本にいる時だけ持っているらしい)
日本の人によく驚かれるのだけど、aliceは電話が嫌いだし、普段は家かアトリエで作業してるから電話したかったら繋がる事はつながる。ただ出ないけどね、ほとんど。都会住まいの引き蘢ってるillustratorにはきっとこういう人が多いと思う。近い将来パリ中WiFiが繋がるようになったらiPodTouchがあったら便利に使えるだろうなと思う。今はまだ公園とカフェだけだからね、hotspotは。
けれども、小雨が本降りになってきて傘を持ってなかったaliceにとって、今日はケータイあったら便利だろうなぁ…と思った。メトロの駅の名前と住んでる通りの名前を打ち間違えたclient、ようやく到着したaliceに暖かいお茶をいれてくれました。かなり近い距離でうろうろしてただけで済んで良かった。
先日アレルギィの時に作ったネコとウサギのぬいぐるみを持って行ったんだけど、話し合うもなにもなく商品化する気満々でさっそくどんな生地をつかうかとか選んだりしてきた。1月のサロンまでに出したいとか言ったけど「ゆっくりにしようよー」とaliceが諭す。(これ以上aliceからげぇむ時間を奪わないでくれー)
その後アレコレのアドバイスを求めてくるので、意見を述べてみたり。いつもこんな感じで個人的に呼び出しをくらい、半分日常会話をしながらの打ち合わせなので、alice自身がどれだけ貢献してるのかっていう手応えが全くない。けど、こんな学生の延長みたいなmeetingで決まるものなんかが、国内だけじゃなく別の国とかでも売ってたりするから旅行中に発見するとかなりビックリする。
自分の住所を間違えるあの人が手がけてるのかーって思うとますますどきどきする。(笑)


ロックマンいいね
ブルースかっこいいー




gorillaz.jpg

一日中htmlいじり。思い出すと作業が加速するのだが……、ふっと我に返るとなんだかイヤな感じがする。なんなんだろう、これは…。タブン、aliceに向いてない作業だから達成感がないというか…そんな感じ。
で、まだちょっとこの作業は終わりそうになく、銅版画の方と平行作業で今週もまた忙し気味。web designerっていう職業があるのだから、いっそのコトその人たちに全部おまかせしたい。けど、結局自分でやるのが一番速いのだ、きっとね。
いちいち説明するのが面倒だし、updateするものは全てaliceの手元にあるし、web designerに翻訳は頼めないし……。
そんな感じで、集中しないといけなかったのもあって、この間買ってきたgorillazの新しいCDとaoiのblogにある初音ミクblogパーツからミクの歌声を聞いたりしてました。
aliceは英国にいたコトもあるので、音楽に関してうるさいんだよ、少し。ハッキリ言っちゃって、英国の音楽シーンはカッコイイんだゼ!で、gorillazもその中の一つというワケなんだけども、今回のアルバムもcoolの一言に尽きる。それにしてもこのcartoon bandはふざけかたもカリスマ的すぎるので、興味のある人はこの架空のバンドがどんな風に成り立っているのかとか、バンドのメンバがどんな人たちなのかっていうのを読んでみるとよろしいかもです。
でも、どうもなんだか日本語に訳した人のセンスが悪いのか、かなり読み辛い感じなんだけどね………。
初音ミクは機械音の好きなaliceだったらもうちょっとはまっても良さそうだと思い、突然に何十曲か流していたワケなのだが、まだその良さにピンとこない。きっとミクを「調教」して人間の発音する音に近づけようとしている努力がaliceには逆効果なのかも。bit音好きなので、電子音はpureのままの方が良いのだというのがaliceの好みなのかな?と、とりあえずこういうコトにしておいてみる。けどお気に入りはあったよ。
「子猫のパヤパヤ」、mp3ほしいです。それくらいお気に入り。
ちなみにaliceがニコニコのコメントに「mp3ほしい」とか打ち込んだりしてませんからね?未だにコメント残した事ないのです。
で、話は変わるけれども、htmlいじりで細かいアレコレを観直したりしてたら、なんだかビックリするもの発見。safariって今はwindows用にもあるのね?上手く動くのか知らないけども、これも興味ある人はお試ししてみると……mac使いの気分になれるかも?!





弟くんのお誕生会は回転寿しだったよ。(笑)
16区の某回転寿し屋さんのお昼は、子供連れの家族で満員だった。ビックリだよ。
きっとヨーロッパならではなお寿司がたくさんなんですけど、またこれがaliceには楽しい。てんむすみたいな巻寿司とかおもしろい味してた。
で、どうやら人気なのはサケのお寿司。サケって日本じゃお寿司屋さんにないよねぇ???
そんなaliceは日本で回転寿し屋さんに行った事がありません。なのでどうも事情がよく解らないのだけど、あのベルトコンベアみたいの家にあったらいいなぁ…って思う。中華レストランのテーブルの真ん中にあるくるくる回る丸いのも便利と思うんだけど、なんかあぁいうのがあるだけでアミューズメントパークにいるみたいだね。
弟くんにプレゼントしたピカチュウDSは予想以上のものだったらしく、aliceは神様になりました。神聖な物体になったよ。というコトで、ポケモンどんどこ進めておいてくれるらしい。また来週マリオギャラクシやる予定なので、どこまで進めてくれるのか楽しみ。といっても、もうなんだかよく解らないっていうのが事実なんだけど…<内容。

091207_aliceblog.jpg
帰りに用事でCD屋さんへ…。
探していたものを見つけた後、
ちょっとふらふら観てたらgorillazのD-sides発見。
なにこれ。いつ出たの?
という感じで即買い。あいかーらずnoodle絵に見入る。
cartoon bandバンザイ。




金曜日に土曜日の分までの作業を急遽片付けることになり、夜遅くに帰宅して食事してひたすらぼーっとしてた。あまりにも疲れるとなんにもできないので、適度に手を抜かないと時間がもったいない気がする。
で、突然に時間のできた今日だったんだけど、起きて朝ご飯食べて気づいたらまた寝てたー。
出かける前にお風呂の人なので、ホントはお風呂に入ってから外に行こうと思ってたんだけど、そのまま着替えて雨と風がびゅうびゅう吹く街にプレゼントを包む紙を買いに出かけた。mary poppinsみたいに傘と一緒に飛ばされそうになりながら近所のおもちゃ屋さんに到着。
おもちゃ屋さんの名前は「les couisns d'alice」といって「aliceのイトコ」っていう意味なの。それもあってお気に入りなのだけど、そうじゃなくてもおもちゃ屋さんというのは好きな場所。
何年か前からおもちゃ関係のお仕事をちょこっとしてるのだけど、そこにもaliceがお手伝いしたものとか並んでてうれしい。クリスマス時期は一番商品も売れる時だから、その月のcopy-right代もいつもの二倍でどーんと入るのもうれしい。(笑)
ま、そんなこんなで包み紙を買い、明日の弟くんのお誕生日プレゼントを包んだよ。ピカチュウDSがようやく渡せるのだー。どんな顔するのか観るのが楽しみだなぁ。
一緒に日本語版のポケモンもあげようと思ってたんだけど、ついつい注文するのが遅くてまだ手元にないから、これはクリスマスにあげるコトにして、それまでの期間はaliceのパールを貸し与えることに勝手に決めている。aliceの代わりにどんどん進めておくように指令を出すのだ。
きっと弟くんならやってくれるに違いない。
もう四天王を倒すのもやってもらおうとか思ってたりするaliceなのであった……。
で、今日はその後お風呂に何時間か浸かってた。
お風呂に浸かってるとあちこち快復する魚類のaliceなのだけど、今日もお風呂上がり、左手と右手の擦り傷やらが凄い回復力で治癒されてた。
インスタントだが、妖精さんのいる快復の泉はホントよく効くなぁ。
そんなワケでまた妖精さんをビンに閉じ込めて明日も快復してもらう予定。
はい、これはzeldaネタです。あしからず。




061207_aliceblog.jpg
[色塗りは手抜きです]

師走は先生でも走るほど忙しいって、どういう意味だか小さい頃は理解出来なかったけれど(だって、体育の時間に先生走るし…)、毎年ホントにこの時期になるとどういうワケだか忙しい。
忙しい合間、ちょっとげぇむしてるよ。マリオギャラクシと例によってパネポン。
レイトン1も始めてはいるのだけど、まだ猫探しの段階。なんだか今年はあんまりのめり込むげぇむがなかったというか…まだ積んでるだけなんですが………。

netでは初音ミクが大分前からはやっているんだけど、aliceはりんむ君おすすめのzeldaがお気に入り程度。これといってほとんど初音ミクの凄さがあまり解ってないのだけど、時々みっくみくにされてます。パネポンで。(ぇー?!)
最近「みく」っていうのとあたるんです、時々。
で、負けると頭の中で「みっくみくにされたー!」って文字がニコニコのコメントみたいに流れる。
みくのレベルはhardで、aliceと互角ぐらいかな?勝ったり負けたり。
とまぁ、そういう関連で初音ミク描いてみたよ。やっぱり初音ミクのDSは黒でしょうか。それにしても、毎回こういった絵を描くたびに複雑なお洋服着てるなぁ…とおもいますです。


これがにゃーにゃーzelda


そういえば、最近nicole kidmanがDSのCMに出てるよ
フランス版の女優使ってるのもあるけど、こっちも時々流れる




今日は昨日完成したプレートを22部刷るのでアトリエへ。
午前中に8部刷ったのだけど、どうもインクに混ぜたオイルがうまく紙にのらなかったぽく、試行錯誤した結果、午後からまた新しくインクを混ぜ直して1枚目から刷り直す。妥協しながら22部全部刷り上げなくて良かった…。作り直した新しいインクで夜までかけて22部印刷したけど、ほとんど満足のいく仕上がりになってほっとした。
時にはこういった色ムラみたいのは面白い効果を出してくれたりするのだけど、aliceみたいな構図の銅版画にはあまり向かないみたい。やり直しがきかなくて、完全に自分のコントロール下にないからこそたくさん失敗もあるけれど、完成する時の喜びは言葉に表せないで、とりあえずにんまりする感じ。だから版画の世界はたのしい。
もうこれでこのプレートには触らないでしょう。時間かけて作成したプレートは、いつも印刷が終わるとどこかしらに片付けられ、しばらくするとピカピカだったプレートが酸化してしまう。そんな風に酸化して錆びたプレートが、alice家を探せばきっとあちこちから出てくるのだ。まるで現在進行形の発掘現場みたいだよね。
帰り道、暗くなった大通りで久しぶりに時々見かける大きな黒い犬に遭遇した。
なんとなくそのワンワン、aliceの好みなので、悠々と歩いてる姿を眺めることができて得した気分で帰宅。
昨日転んだせいで、両膝に赤かったり紫だったりのおっきな痣ができてるんだけど、それを眺めながらなんだか意味不明にしあわせ気分な本日なのであった。

051207_001_aliceblog.jpg
[アメリカに行ってた妹ちゃんからおみやげ]
先日マンガ屋さんのレジに置いてあって買おうと思ってたので嬉しい


051207_002_aliceblog.jpg
[中身は強烈な人工甘味料の香りのキノコラムネ?]
食べたらミクロのsizeで小さくなりそうだからまだ食べてないよ…。




すっごく久しぶりに転んだ。
転んだ現場はノートルダム寺院の目の前で、観光客やらジプシーの物乞いのおばさん達に大心配されるほど派手な転び方で、自分でも転んだあともの思いに耽る程だったよ。えーっと、前転んだのっていつだっけっかなぁ…とか、そういえばあんまり転ぶ人っていないあなぁ…とか、転ぶ人を観たこともないなぁ…とか、転ぶと見知らぬ人の親切を感じるなぁとかイロイロね。
けど、よくよく考えてみると、よくaliceは転ばないでいられるものだなぁという程、かなりぼーっと歩いているコトが多いと思った。
何も考えないでぼーっとしてるのではなくて、色々気を散漫にしながらアレコレ想像してたり、ふっと目に留まったものをじぃっと眺めながら歩いているのだ。
今日も版画用に必要なインクを買うために、ノートルダムに近い場所にある版画専門店に行ってインクを買った後バス停に向かって歩いている時、買い忘れの色を思い出してUターンして大聖堂をまた視界に入れて歩いていた。
久しぶりのノートルダムだったから、カメラでパシャリとかもしちゃったりして…。でも、ノートルダムに見とれて転んだのではなく、手前にある葉っぱが落ちて寒そうになった植木の枝に10羽かもっとたくさんの雀がとまっていたのが気になってじぃっと観ながら歩いていたら、どてっといったのです。
手のひらから流血。(笑)そして5分程で舞い戻る版画専門店で「またきたの、買い忘れかな…?」といった表情で迎えてくれたお店のおにーさんに、「あのー、そのー、買い忘れましたぁ…。で、えーっとぉ…、実はそこで転んじゃってぇ…、どこか近くで手を洗える場所ありますか?」と聞いたら慌ててお店のstuff通路らしき扉を開けて洗面台まで案内してくれましたよ。絆創膏いる?と言われたんだけど、あいにくaliceは普通絆創膏アレルギィなので「大丈夫!」と笑顔で乗り切った。
きっとドジな人と思われたであろう。でも、ま…、たまには店番中にドジな客が来たら面白いかもしれないからヨシとしましょう。

いつもと違うルートでアトリエに向かうので、96番のバスに乗ったんだけど、地図を観ながらだっていうのに降りて反対方向に歩いてたalice。
30分位うろうろしてようやく正しい道を発見。EUの街はほとんどの通りに名前がついているので、地図さえ持っていれば迷わないとはいえ、東西南北があやふやなaliceはこうして時々迷う。けど、迷うと色々発見もあるから悪いっていうのではないと思う。
アトリエでアレコレして印刷。aquatintが終わって最初の刷りなのでちょっとわくわくしてたのに、プレスの圧力が足りないのか、紙を水に浸していた時間が短かったのか、はたまたインクののりが悪かったのか…一枚目失敗。
試行錯誤の末、4枚目でようやくまともな刷り上がりに。一枚刷る労力が結構大変なので、こういう出来事は出来るだけない方がいいんだけども…。
で、色々作業して薬品つかったりしたもんだから、転んだ時にできた手のひらの擦り傷と、アレルギィの後で敏感になってる左手部分がひりひりじわじわ痛かったけど、ガマンだよ。
帰り道は「どぅーざいんぽっしぶる!しーでぃいんびじぶる!たっちあんたっちぶる!ぶれいくあんぶれいかぶる!」って大グレン団のテーマをハミングしながら、スキップして厄払いをしたのであった。

041207_001_aliceblog.jpg
[ひさしぶりの大聖堂は寒そうだけど、最近はさむくないよ]

041207_002_aliceblog.jpg
[今日の失敗3枚とまぁまぁ1枚 試し刷りなのでインクは黒]

041207_003_aliceblog.jpg
[aquatintをかける前と後 かなり印象が違うのです]





aliceblog_clothroad.jpg

毎年updateが面倒になっていた本siteをちょっといじってる。
本当は全体的に創り直したいと思っていたのだけれど、良いimageが沸いてこないのと、意外と凄い量のdocumentsなのでやはり手直しするだけにしようと思った。
要するに、rayout重視にしていた部分をフレームにするだけというものなのだけど、実はaliceの本siteは頑張って3カ国語対応になっているので、単純な構造なのに3倍時間がかかる。……だから毎年年末になって、来年度用のと思ってupdate準備する度に「うー、もう絶対来年はsite創り直してやるー!」と言ってるんだけども、言うだけで終わっていた。
で、ようやく年末になって重い腰を上げたワケなんだけど、web構築はエンジンかかるまで記号と睨めっこの時間が長くていつも気力負けする。それ以前にお絵描きとかに比べるとすごくやる気がないので、気が別方向に向かう。すぐ別の事したくなる。
なんにせよ、一度手をつけ始めたので、今月中になんとかするコトでしょう。

画像はそんな気分散漫のaliceがokama siteで発見した画像。
なんとなく先月のいつだったからか、5巻が19日発売ってどこかで耳にはさんではいたけれど……、これが5巻の表紙なのかな?っていうのを観るとわくわくするね!(ジェニファーがなんかすごい顔して怒ってる?)
日本行ったらすぐ買おー。飛行場に置いてるかなー。(ぉぃ)




aliceblog_myblueberrynights.jpg

恋愛至上主義という言葉がある。解釈は人それぞれでいいと思うけれど、wong kar waiの映画を観た後、この監督は絶対にこの主義の人ではないかと思うのだ。
aliceはchungking expressからぽつぽつとこの人の映画を観ているけれど、どれもこれも恋愛映画ばかりだ。
どこにでもありふれている日常の一コマ。人が心を開いていく過程や情景を描き出していて、世界のあちこち、色んな人がいて、色んなことがある、でもどこにでもありそうだけれどそれは一人の人の、たった一つの物語なのである。そのどこにでもありそうな出来事を静かに追い、独特なカメラワークと色彩でいろどって映画にしてくれるのがwong kar waiという監督である。

my blueberry nightsはelizabethという主人公が恋に破れた日から、約一年ほどの間に何が起ったのかというお話。
彼のことを忘れようと仕事に明け暮れ、彼の住んでいるところからどんどん遠ざかり、そこで出会った人を通して観えてくる世界が、徐々に彼女を快復させる。
世の中には本当に色んな人がいるもんだ…と、映画の世界を観ていただけでも思う。
彼らは時に華やかでかっこ良く、それでいて惨めでいじっぱりで、人間というのは面倒くさい生き物だと思う反面、どうしても憎めない。だからおもしろい。
そんな風なコトを自然に思わせてくれる映画でした。
norah jonesは歌声しか聞いたことありませんでしたが、演技すごく上手でビックリ。jude lawもnatalie portmanも両方aliceは好きなんですけど、今回も良い役回り。というか、上手いから良い役だったと思わせるのか…。
natalieはなんと今回ギャンブラーでした。いつもと話し方が随分違って、不良でしたよ。でもそんなnatalieも素敵なのでした。
映画自体はこれといってドンチャンあるもの(ヒーローものとか)とは別物路線ですけど、映像の美しさと人生について味わいたい人には☆×5です。オススメ。




021207_aliceblog.jpg

電脳コイル最終回観ました。
一言で感想を言うならば、ちょっと物足りないです。最終回手前から時間的に色んな謎の解明に間に合うのかと思っていたけれど、一度視聴しただけではよく解らないというのが正直な気持ち。(最近感想書けないでいたのは、時間的に毎回二回観れてないのと忙しかったりなんだかんだだったので…。)
かといって、グレンラガンのように最終回観てすぐにでも1話から見直したいっていう気持ちはなく、全体的に悪くはなかったんだけど、あ、こういう終わりなのか…と、ちょっと不満なのです。
どこら辺がシコリになっているのかというと、ネコメの関わり方の演出かな。とりあえず言葉でわーっと説明されますが、想像力が結構豊かな方だと自負してるaliceでも、なんだかこんがらがります。それと、おばちゃんが四年前に引き起こした事件っていうのも具体的になんだったのか不明です。再現シーンは???あったっけ?
あと、メガマスとか企業絡める複雑化はなんだかずるい感じ。あくまで子供の都市伝説の話なのだから、一つのサイドだけで物語を暴露してくれた方が無難だったのでは…。というのも、最後の方でイリーガルが「結局なんだったかわからない」というようなナレーションが入るから。そういう超常現象みたいなものを子供達の都市伝説の物語とするならば、そのワケワカラナイ怖さみたいので物語にできたと思う。だって、きっと科学的にイリーガルも解明出来るものだと思うから。
だからalice的には、メガマスどーのこーのを省いてくれた方がお話がもうちょっと解りやすかったと思うのです。(だって、結局メガマスなんちゃらは聞いてても具体的によく解らないからね、aliceの頭では)で、きっと省いた物語でうまくいけたと思うんだよねぇ。

まぁ、なにはともあれ、終わった。
わりと、単純なことによって色々引き起こされてたので、これもまたaliceをちょっと冷めさせてしまいました。イサコもヤサコも他のキャラも良く描かれてたから「電脳コイル」という物語自体に思い入れはあるんだけども…。
あ、それからヤサコが金沢までわざわざ行ったっていうのもなんか印象が弱い。いじめがどーのこーのっていうのも、よく解りませんよ。想像にお任せっていうのもなんですかね……。
なんていうか全体的に説明不足な感じがあって、素直に最終回バンサーイ!って熱狂的に語れてなくて申し訳ない。
一応SFなので、ちょっとヒネリの効いたドンデン返しみたいのを想い描いていたaliceがいけないのです。
今までたくさん活躍してくれたフミエちゃんも最後の方はなんだか保守的にあっけなく身を引いてしまったっていうのも、味気ないのです。最後にみんなで駆けつけてドンチャン騒ぎ!とかあっても良かったかもー。(くすくす…)
なんにせよ、そんな不満を持つ人の為用にか、最後の数分にはみんなの制服姿とかサービスしてくれてました。
これで許そう、なにもかも。(ぇ)
まだ一回しか観てないので、また何度か観たらみえてくるものがあるかも…ですね?
ヤサコを未だにお絵描きしてないので、時間つくって思いついたコトとかと一緒にまたお絵描きもupdateできれば…って思ってます。
で、共感したこと!
そうね…、ペットは死んじゃうけども、生身が一番!!!




Drのトコロに行ったり、お葬式に参加して凍りつく程冷えたり、クリスマスのお買い物に行ったり、クリスマスカード書いたり、とりあえず忙しかった…。
で、今日はsalon de livre de jeunesseに行ってきたよ。毎年この時期にある絵本展示会みたいの。絵本というか、子供本のsalonなので色々あって楽しい。会場は子供だらけでなんだか忙しなくばたばた走り回って楽しそうな空気で、いるだけでも楽しいんだけど、いつもすっごく疲れるんだよね。salonは疲れるものなのだ…。
今年は秋に行くsalon(これは絵本関係じゃない)に結局行けなかったのだけど、こっちは行けたので満足。去年はなんだかんだで時間取れなかったからね。
偶然にも今日のsalon会場にはiris de mouyがいて、買った本にお絵描きしてもらちゃった。何年か前からお気に入りのillustratorなので、今日実際に会えて、ちょこっとお話なんかもしちゃって、名刺交換までしちゃったりして嬉しい限り。そしてこれまた偶然にもmarc boutavantというaliceの大好きなillustratorも今日会場でサイン会してたよ。この人が挿絵した本はかなり持ってるaliceなので、遠くから眺めてるだけにしました。(本にサインというかお絵描きしてくれるので、もう既に持ってる本をまた買うのもナンなので…)実はこの人は前もsalonで見かけてて、その時お絵描きしてもらったので、向こうは覚えてないだろうけど1ファンとしてはなんていうか親近感がすごく強い。
お絵描きは描く人の人柄が現れると思うんだけど、marc boutavantもiris de mouyもあの人たちのお絵描きそのものみたいな感じのオーラがあって、「あー、このillustratorたちお気に入りにしてて良かった~」なんてヘンな想いが湧いてきたよ。

301107_001_aliceblog.jpg

画像は今年のクリスマスshow window@printemps
今年はgaleries lafyettesが頑張ってなかなか面白いんだけど
二年くらい前のprintempsと似たような感じだったから
もうちょっと独自性のあるものが観たかったかも…
流行と共にあるっていうのは難しいコトなのだね

301107_002_aliceblog.jpg

アトリエに行きたかったのに行けない期間
この子たちを作成してました
今はウサギ作成中
一応イメージはcharlie's angels(笑)






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2007 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.