ADMIN TITLE LIST
300508_aliceblog.jpg

昨日の日記にtwitterのwidgetを使い始めたが、日本語が直接打ち込めなくてと書いたら、日本語もいけるのがありますよ!って教えてもらったので、さっそくお試ししてみた。
twitter boardというもので、日本語打ち込めた。でも、いつも仏語からリンゴspaceで日本語に切り替えるんだけど、dashboard上ではどうやらその切り替えができないっていう事実が判明したよ、今更ですが。
なので最初、あれ?やっぱり打ち込めないかなー?と思って、post-itで日本語に切り替わったらその後は直接打ち込めるようになりました。文字うってる時もリンゴspaceが効かないのがちょっと不満だけど、昨日のwidgetに比べると数段レベルが上で使いやすいです。atmosありがとう。
昨日使ってたのは何が不便かというと、replyが出来なかったのがネックでしたが、これは問題なく動いてくれるし、iconも観えて視覚的にも解りやすい。それからlogの保存がたくさん選べるので、safariでいちいち「older」選ばないでも読めるのが便利。
widgetだからapplication開いてるっていう感覚じゃないのもいいので、今後safariでtwitter立ち上げることなくなるかもな。




290508_aliceblog.jpg

すごく珍しく、OSXのwidgetに追加applicationを入れてみた。twitterlexというもので、twitterのlogが観れて書き込めるっていうwidgetです。残念ながら、日本語は直接打ち込めないみたい。けど、横にpost-it(note-padみたいの)のwidget開いといて、そこからコピペすればいいだけなので、そんなに「つぶやき(twitter)」の多くないaliceにはこれといって支障なし。
aoiに誘われて始めてみたものの、あまり活用しないでいたtiwitterなのだけど、最近げぇむのお誘いとか連絡がtwitterを介してよくあるので、誘いがかかってすぐにいけるaliceじゃなんですけども、いちいちsafariでreload押さずにdashboardでtimelineを確認できるので便利です。dashboardには計算機使うとかiTunesで曲skipしたりとかでちょくちょく行くので、それと同時に確認できて時々くすっと笑ったりしてます。
twitterは最初、人を増やすほど面白さが解るよ?と言われたのだけど、どうもそぉいったコトに時間を費やさないaliceなので、結局一部ファン意識でfollowしている人を除くと、ほとんどがnet友達で成り立っていて、人数も小規模。めぇるより気楽で、chatよりも気にしないでマイペースでいれるし、仲間同士でfollowし合ってるとちょっとした掲示板がわりにもなるので便利。たくさんの人をfollowするtwitterとはやや違う使い勝手になってると思うのだが、仲間内ばっかりで使うっていうのが便利っていうのは解ったよ。




スマブラとマリオカートについて、最近よく考えてる。
何を考えてるのかというと、どちらも面白いし、両方好きという人もたくさんいるのだけれど、どちらかというとスマブラ!とか断然マリオカート!という感じで二分割されると思うからなのだ。
だいたい比べる時点で、格ゲーとレーシングと全く持って分野が違うのでおかしいのは解っているのだけど、同じ任天堂キャラがイロイロ使えてワイワイできてアイテム次第で強い人にも勝てる可能性がある、みたいな点が似ているのではなかろうか。
aliceはマリオカート派。スマブラはあと残りの一人隠れキャラを出すというのすら絶賛放置中。マリオカートは極めるまではいかないにしろ、一人でもタイムアタックやら☆×2を目指したりでほぼ毎日起動。スマブラしないのは、単にスマブラのonline対戦の接続が悪いというだけではなさそうです。
スマブラ好きの人に聞いたりしたところ、今回のマリオカートでは直ドリとかいう技が使えないのがネックだそうです。aliceはDSでどっちにしろこの技術を習得してないのでこれといって問題なし。タブン、これができるようになってしまうと、強さの違いがクッキリでてしまい、特別げぇむ好きじゃない人がお気楽にonline上で遊べなくなってしまうのを考慮してのコトではないかと思う。そういう風に考えると、スマブラはげぇまぁとしての極め要素みたいなのがあるのかも。強い人は弱い人に絶対負けないという感じの。
げぇむバランス的に、今回のマリオカートはアイテムが非常に強力なワケだけど、この強さもまた弱い人と強い人の距離を短くするためのものだと思う。スマブラにもアイテムはあるのだけど、数が多すぎて覚えきれないので使いこなせない。表面だけしか遊んでないplayerにはちょっと敷居が高い気がする。アイテムは10個位がちょうどいいんじゃないかな。
手っ取り早くまとめると、スマブラはげぇまぁ向け、マリオカートは万人向けって感じになるかな。
かといって、aliceもげぇまぁの端くれなので、げぇまぁとしてスマブラをもっとやり込むべきなのか?そしたら面白さが解るのか?なんて自問自答をしてみたんだけども、少し違うんだなと思い至った。スマブラって、ちょっと格ゲーと違うっていうトコロ、これがひっかかってたのに見落としてた部分だったという事実。あれは格ゲーじゃなかったよ!よく考えたら。aliceの苦手なアクションじゃないか。ジャンプしたり落ちたりとか、あぁいうの心臓がもたない。ソウルキャリバーとかみたいに、落ち着いて闘いたいんだと思う、単に。
なんかちょっとモヤモヤ晴れた気分。レーシングよりも格ゲーのが好きなのになぁ…って本気で悩んでたんだから!
そう、aliceは一度として自力でスーパーマリオだとかクリアしたことないものね。クリアどころか、観てるだけだし。ただし兄上の遊んでるのを全部一緒になって観てたので裏技とかまで知ってるのだけど。コントローラ持つとjumpする度に両手が上下するし。未だにマリオカートで傾いたり、急カーブで曲がる時コントローラ握ってる手が曲がる方向に動いてるし…。
まぁ、なんにせよ…、どちらも大部分は万人受けする範囲に入るげぇむなのですが、どちらかというとmaniacな趣味であるaliceがどうしてこんなに誰にでも楽しめるベストセラー的なマリオカートに夢中になってしまっているのかを検証するには、もう少し時間がかかりそうです。
ひとつ言えるコトは、気分転換には最適!というコトかしら。短時間だけでも遊べるしね。

さて、そんなaliceはようやく☆2さんになりましたー!わぁい!
ミラーで最後まで苦戦したのはスペシャルカップ。レインボーロードまでトントン拍子で行くのだけど、どうも「これさえ無事クリアしたら☆2さんだ~」って思うからでしょうか?なんだか手に汗握り、心臓がどきどきして緊張感がヒドイことに…。レインボーロードはよく吹っ飛ばされ、惑星方面に「きゃーーーー」と叫びつつ落ちるにしろ、特別不得意ではない。むしろ好きなコース(現に一番走ってるコースになってる)だというのに、酷い時は5回も落ちまくり、一位どころか3位にようやくなれました…なんて結果が続いてました。
あっさり取れちゃうより嬉しさ倍増なので、これで良かったのでしょう。所々☆×3になった所もあるけれど、全部を☆×3にするのはaliceにはムリでしょう。☆2さんになれたという脅威の事実で十分満足。☆×3の人たちは憧れですね。




2705080_001_aliceblog.jpg
本日は雷雨激しい中おじぃちゃんのお墓参りへ

2705080_002_aliceblog.jpg
ルネッサンス期に大活躍のレオナルドおじぃちゃん
おじぃちゃんのお墓って、実はフランスにあるのです

2705080_003_aliceblog.jpg
晩年フランソワ1世によって招待されたロワール川沿いの街amboise
ここは食べ物やワインがおいしい場所としても有名だそうです

2705080_004_aliceblog.jpg
イタリア式庭園
おおきな苔の固まりみたいでいい感じ

2705080_005_aliceblog.jpg
その後、おじぃちゃんが住んでいたというclos luceという建物へ…
ここではおじぃちゃんの図面を元に
いろんなものが再現されてたよ

2705080_006_aliceblog.jpg
フランソワ1世はレオナルドおじぃちゃんに入れ込み
パーティー好きの性格から、客人を驚かせたいという欲求を叶えるべく
イタリアからつれて来たおじぃちゃんに噴水の設計をはじめ
色んなコトを自由にさせていたみたい(ちなみにこれは兵器)
パトロンっていうのですね、大金持ちはこうやってお金を使うべきだね
まぁ、お金持ちレベルが王様級ですが

2705080_007_aliceblog.jpg
生憎の雨で庭の散策は寒くて駆け足状態だったのが残念

2705080_008_aliceblog.jpg
この画像だと晴れてるみたいに観えるのが不思議
なかなか面白いつくりになってたので、ある意味人が少なくて良かったかも

2705080_009_aliceblog.jpg
amboiseの側にvouvrayという町がありまして
実はaliceはそこのpetillant(発泡酒)が好きなのでついでに寄ってみた
町の周りはこんな感じで葡萄畑が広がる
ちなみに、petillantというのはchampagne(シャンペン)と質は同じ
ただ、champagne地方で作られてないのでシャンペンと言えない
知名度が低いというだけで、仏人は値段的に割安のvouvray petillant好きが多い
fruityでちょっと甘めなのがあるのでaliceは好きなんですけどね

2705080_010_aliceblog.jpg
おいしい地方っていうコトで、ごはんもおいしかったよ
vouvrayは白ワインのが有名みたい、しかもけっこう甘めな
発砲してないvouvrayは初めて飲んだけどsauternesより控えめな甘さ
大してお酒に関して詳しくないのだけど
vouvrayはaliceの好みだというのだけはinput
今後ワインリストでvouvrayがあったら迷わず頼むことになるでしょう




季節外れに、しかも何故だか知らないが、明日はおじぃちゃんのお墓参りに行くそうなので、車の中で聞く音楽をplaylistにまとめたりしてました。
げぇむとアニソンばっかり聞きながらの道中はさぞかし楽しいことであろう。お空の彼方にいるおじぃちゃんもきっと笑みを浮かべてくれるであろう。
グレンラガンの曲をいくつか選んでたら、先日送られてきためぇるを思い出した。
めぇるの送信者Hたんは、今までお仕事以外でcomputerを持ったことない人。Hたんの彼であるTくんは一応macのノート持ってるっていうのに、かれこれ何年経ったらnetつなげるんですか?って感じで、ほぼケータイでnet関係を済ませられる人たち。
aliceからするとmacのない生活は別世界なワケです。だってオタク必須アイテムだもん、computer。すごく偏った意見だとは思うのだけど、computerに興味ない人はオタクじゃない人が多い。年齢がある程度上だとまた別の話だけど。
そんなHたんとTくんは、きっとaliceが知ってる中で一番オサレな友達かもしれない。あぁ、彼らは二次元関係のオタクからはかけ離れている外見なのだけど、古着オタクではあると自ら言い切る程、お洋服にこだわりのある人たちですね。大体日本人なのに坊主とかドレッドが似合ってる時点で次元が違うっていうか…。(いつも会うたびに髪型が大幅に変わってる)
で、そんなHたんから「aliceちゃんって、グレンラガンの何のキャラが好きなのー?」とかいうめぇるが入ってた。
そういえば1月に日本で一緒にスリランカ料理食べた時、aliceが熱心にグレンラガンを語り、Tくんに「やめてくれー。俺をオタクにしないでくれー。」とロボ好きでオタク要素を認識しつつも必死に拒み続けていたというひとコマがあったのでした。
そう、Tくん何気にstarwars好きで、家にもなんか色々あったのを記憶してる。だから素質十分なんだけど、Tくんにはきっと越えては行けない壁なんだろうなぁ、自分にきびしいね!なんて思った。
そんななので、Tくんはアキバのリバティが大好き。リバティといえばaliceは中古げぇむ屋さんというのが第一にくるのですが、ここ最近はフィギュアとか食玩とかも大々的に扱ってて、今何号店まであるの?って程アキバのあちこちにあって、aliceも日本に行くと一通り一巡するんですけどね。(笑)
さて、めぇるには「ろーじぇのむ。ヴィラル。それからニア~。」なんて返事をした。aliceはてっきりTくんとHたんがグレンラガンを見始めたのかと思ってワクワクだったのに、そうじゃなかった…。なんかTくんがそのリバティ近辺徘徊中に偶然グレンラガン関係のフィギュアを見つけたそうで、aliceに何か買って送ろうかと思ったらしい。
けどなー…。ろーじぇのむのフィギュアはいらないかも。(くすくす…)
EUだとそーゆーオサレ系な人で、尚かつ少々アニメやらげぇむ好きっていうのは、単なるオサレだけとかオタカルチャー好きよりもいい感じに認識してくれる人が多い気がするんだけど、日本はそうじゃないっぽいのね。なんにせよ、Tくんはやくグレンラガン観ないかなー。




なんていうか、マリオカートばっかりしてるaliceです。今日もお外はお天気優れず、indoor日和だよ。いつもindoorだけど!
あとミラーの2つのカップで☆×2をしたら、総合で☆2さんの称号がくっつくaliceですが、ここ数日グランプリはそっちのけでまたタイムアタックとかやってたりする。世界チャンプのゴーストをdownloadしてじっくり観察、次は一緒に走ってみよー!
「これでキミも世界チャンプ!一人でもチャンプがしっかり教えてくれるよ♪」なんていうサブタイトルとかついてそうな、おかしなインチキ商売のDVDみたいなものをごっそり買ってみた気分だよ。チャンプは容赦なくスパルタ教育で、aliceに一言「ついてこい」とだけ言う。3、2、1、スタート!ぶぅぅぅーーん!開始5秒でチャンプは小さく遠く星の彼方へ…。一周目が終わる頃には半周程も差がついてるでしょうか…。はえー!おいつけねーよ!
とまぁ、そんなムチャクチャな稽古をし、全くもって追いつけないaliceですが、チャンプについていこうと思うだけで速くなるのだからビックリ。その他、使用キャラによって少しずつパラメータが違うとのことで、ある場所ではデイジー、ある場所ではキノピコ、ある場所ではファンキーコングとか使ってみたよ。デイジーやファンキーコングは使い慣れてないので違いが解らないんだけど、キノピコ@カメックは、いつもaliceがMiiで使用してるカメックとの違いがよぉく解った。同じ走りでも5秒は差があるかも。すげー。
しかし、ダート走行で、泥の中走りやすいっていうのは解るんだが、氷もダートのうちに入るのは計算外だな。ま、いいけど。
速いスタッフゴーストでも驚きの走りだったロゼッタ@レインボーロードだけども、驚くべきは世界チャンプの走り。バイクってあんなに飛ぶものだったんだ?
いやホント、心臓に悪いよ。観てるだけでヒヤヒヤしたよ。
それにしても、今のところ観た世界チャンプたちはみんなバイカーだったな…。マリオカート………。カートって64みたいに、メモリ拡張パックとか入れると速くなるとかなんでしょうかね。というワケで、カートの威厳をどうにかしてくれ、nintendo。




240508_aliceblog.jpg
[ウサギさんのケータイに入ってた画像より]
質が荒いのでケータイで観るくらいに縮小
ちょっとmacちっくにしてみた<drop shadow
こないだwall-eと一緒に撮ってもらったの思い出したのでupload
クリオネろぼ子がほとんど写ってない!

CS3 photoshopのshotcutでむきー!っとなったりで作業時間は取られてるというのに、あまり芳しくない進みなのであるが、気晴らしというものは必要だ、いつ、どんな時でも!といって気晴らしばっかりしてるaliceです。
ちなみにCS2は安定しててshortcutも問題なし。みんなどんな環境でCS3を使って快適なのかしら…。ちょっと疑問。OSは流石にtigarには戻さない方向なので。

さて、一応作業のキリが良いところで気晴らしにマリオカートonline対戦してたのですが、☆×2のjohnboy(この人、aliceのりありぃに知ってる人っぽいんだよなぁとか思いつつ…)とかいうplayerとの対戦が楽しくて、ratingどんどん下がりまくる中走り続けていたところ、観たことある「ヘンなマリオ」が参戦してました。あれー?これはるひん?と思いつつ走ってたら、今度はまたもや見覚えのあるnobitaがplayer名の中に紛れ、おやー?これはヨージ?なんて思ってたらもう一人nessっていう人も入って来たりして、えー?なにこれ?コスプレMii大会???と疑問符いっぱい、けど楽しく白熱したレース展開を一時間程も続けたでしょうか…。
流石に疲れたので5時になった時点でやめ、その後続きの作業をしながらtwitterのぞいて書き込んでみたら、どうやらそのnessはるひんとヨージの友達のstaくんらしく、aliceは偶然彼らが遊んでた頃online上にいたという。マリオカートの友達コードはたくさん交換してるとこういう嬉しい偶然があるからいいね、すっごく。
こうしてまた、aliceは新たなるげぇむ友達が増えたのであった。どぉも、aliceはいろんな部活をかけもちして一人ふらふらしてる幽霊部員な気分なのだけど、なにはともあれ、あっちこっちにげぇむ仲間がいるのは嬉しい事実だ。
しかしそれにしても、走りを一通り覚え、ライン取りみたいのが出来るようになっても、人数が多い対戦になるとホント激戦。特にみんなある程度のレベル、ratingでいうと6500以上の人になってくると、アイテムの使い方が攻撃的かつ効果的に配置する。それから体当たりもしてくるので軽量級バイカーのaliceはワリオ鉱山とかレインボーロードはかなり危険領域になる。
aliceはといえば…、なんというか、そのー、なんかあんまりうまく攻撃できない。comだったらもちょっと狙いをさだめそうな気がするんだけど……。今後の課題はアイテムの有効活用だね。
そんなこんなで、昨日もたくさん落ちまくった。けどなんでだろ?落ちても楽しいマリオカート。




230508_aliceblog.jpg
[九鳳院紫の七五三]
」トラップにひっかかったaoi用
そしてそれ以前に七五三姿の紫を観たら描かずにはいられなくなったとか
紫はやっぱり着物姿がいい

そういえば今日届いたクラニンめぇるで、リンクのボウガントレーニングが新作ソフトの欄に並んでいたのにはビックリ。まだ発売されてなかったのね@日本。zelda関係だというのにaliceは買う気ゼロなんだけども、これはかなーーーーーり前にこっちのげぇむ屋さんで観たので…。
どういう基準かは解らないけれど、世界発売されるソフトに関して、時々そのお国柄にあわせて発売順が早かったりする気がする。例えばマリオサッカーはEUから先に発売だったし(たしか)。あとは何が早かったか記憶にないのであるが……。(要するに、弓矢というのはヨーロッパって印象なのか…)
最近はEU人がぶつぶつ言うのか知りませんが、結構時差なくソフトが発売されて良い傾向だと思う。というか、今後時差なしで全部発売しろ。ちょっとぐらい待て、日本人。そんな気分。

それとは全く別で、leopardでCS3になったaliceなワケだが…、どぉもphotoshopが調子悪くて困ってる。直すのとか面倒なので、そのうちOSがupgradeされたら解決されてることを祈りつつ、このままだとホントphotoshop3とかの時代みたいにコマメすぎるsaveをしないと、いつ虹色くるくるになるかって感じなので、CS2の方を入れて作業しようかと思ってる。
短時間の作業でコレには気づきませんでしたが、長時間使ってると困り果てて虹色くるくるを観ながら呆然となるのです。一応くるくるがなくなるのを祈りつつ、こんな風に日記を横で打ち込んでたりするのだけれど、何分待たせるんだ?!という程待たされ強制終了という流れに…。
CS2に戻っても、慣れ親しんだ場所なので特別使い勝手の不便はないので、とりあえずCS2のphotoshopさんを入れときますか…。





久しぶりに映画館に行くとイロイロ観たいものが目白押しで嬉しくなってしまう。かれこれ数ヶ月映画館へ行ってませんでしたが、観たい映画はそれなりにちょこちょこあったりはしたんだけども…、惰性で行かなかったというかなんというか…。
それにしても、6月半ばから7月頭にかけて観たい映画だらけだよ。昨日映画館に入った時既に始まってた最新映画trailer「speed racer」なんだけども、最後のちょこっとだけしか観れなくてどんな映画なのかなぁ?と気になってたので調べてみたら、なんてことぉ!?wachowski brothersの最新作ですって?!matrix以来の映画じゃないですか?あぁ、もう観るに決まってる。trailerちゃんと観たら、なんかF-ZEROちっくですし…。そして驚くべきことに、この映画は日本のアニメが原作だそうで…。マッハgogogoっていうふるーいアニメの映画化。観たことないですけど、歌のサビの部分だけはなぜか知ってるのでウサギさんに「あぁ、それか?!まっはごーごー!まっはごーごー!まっはごーごーごぉ~!」って歌ったら、公式siteのtrailer終わったら音楽鳴りだして、やたら今風のラップになった同じテーマが流れてきて一緒になって歌ってたaliceです。何度もloopしてまわしてると、スペイン語や日本語でも歌ってるのが謎です。
aliceの好きそうなものをいつもすごい映像化してくれるwachowski brothersだけども、今回はホント観る限りF-ZERO。mute cityとかport- townみたいなのがCGによって創り込まれてる。絶対F-ZEROで衝撃を受けて育ったね、彼らは。主人公とかもcaptain falconちっくだし。26世紀のF-ZERO世界みたいなのが観れるって思うだけで楽しみだなぁ。最近マリオカートでレース熱が冷めないので、早く観たい。げぇむとちがう、でもげぇむみたいなレースのある映画の世界を。trailerを観る限り、世界観の創り込みはハンパじゃなさそう。マンガでもアニメでもここまで出来ないっていうのをしてくれるからwachowski brothersは素晴らしいよね。
そうそう…。christina ricciが出てるんだけども、なんか雰囲気かわった?!いつまでたってもthe addams familyのwednesdayという顔の印象を持ったままのaliceには、最初あのヒロインが彼女だとは一致しなかったのであった。





そういえば、ratatouilleより前からこっちの映画のがaliceは知っていて、いつ公開なのかな?って思ってたら、今日映画館で予告編やっててうれしくなったのであった。
pixar最新作wall・e。ロボが主人公。たのしみたのしみ。
で、思い出したようにそのtrailerをまた観たいと思い、ここに貼付けようと思ってたのに、aliceがみたのはYouTubeになかった…。探し方悪かったのかな。
クリオネっぽいロボ子?がかわゆすねぇ…。(ぽっ)




210508_aliceblog.jpg

indiana jones and the kingdom of the crystal skull観て来た。
今更ながらにシリーズ物の第四弾って、どゆこと?とか思いつつ、indy好きなので観るですよ、封切り日に。
ちょっと用事があったので、映画館には上映5分前に到着したというのに余裕で入れる。かといって、人気がないのではないのです。この国の絶対的に人口が少ないっていうコトかしら。映画館が他の都市と比べてやたらたくさんあるってコトかしら。
ともあれ。久しぶりにこの手の映画を見ると「大衆娯楽映画」とはこうであるべきって感じがした。
親切にも、この映画が公開する3週間前からTVで前3シリーズを毎週放映してくれる映画好きには親切な国なのだけども、aliceはうっかり時間を忘れることばかりで結局2つ目の途中から最後までしか観てませんので、しっかり復習はできなかったワケなのですが、indiana jonesシリーズはかれこれ何度も観てるのでうろ覚えではあるけれども、なんとなく登場人物とか関係も解るので、最新作を観ながらそんなに気後れすることもなかった模様。
今頃になって4作目を創るというコトですから、さぞかしハンソロ(harrison ford)はご老体になっているであろうと懸念してましたが、スタントマンがやっているにしろ、すごいアクションシーン満載で、きっと腰痛がひどかったのでは?と撮影現場の方を想像しながら心配してしまったaliceは、なんていうかindiana jones信者なのでしょうか。
小さい頃はそんなに大げさと思ったことなんて全くなかったのですが、今観るとちょっとあり得ないようなシーンが多いですね。こんなコトしたら死ぬでしょ?ってのばっかり。そう、大衆娯楽の頂点なので、あんまり深く考えてはいけない。これはマンガやアニメと同等。
4作目は完全にファンのための外伝という感じですので、観たことない人は予習をし、観た人は復習してからこの映画に臨むと楽しさ倍増でしょう。小さな部分に隠されたようなパロディが見え隠れするのでaliceなんかは「ほぇー!そうなってたのか…」なんて感じでした。3で活躍してくれたhenryのお父さん、元祖henryを愉快に演じてくれたsean conneryは流石に50年代では他界してる設定になってるのですが、jr.の書斎の机に飾られた写真でちょろっと登場。笑ってる白黒写真が額に収まってるだけなんだけど、それだけでaliceは大笑いでした。なんか3のおとぼけパパぶりを思い出してしまい…。
そう考えると、いろんな意味で1910~20年代の少年時代から50年代の老年期(といってもまだまだ現役に主役で元気ですけど)という20世紀のわくわくするような激動の時代を生きてるindiana jonesの世界観って、なんだかすごいなーって漠然と思ったりした。
今回はmayaとかaztecに関わる秘宝というものの謎をめぐる冒険活劇。内容はネタバレすぎちゃうので割愛。ただ一言だけいいたい!でもネタバレなので以下は映画を観る前の人は読まないように…。




さて、本日aliceは新しいwiiwareをdownloadして遊んでみました。
落としたソフトは役満Wii
nemoくんに「麻雀できるんだ?意外!」という感じのコト言われましたけども、中国4000年の歴史ネ!楽しいアルよ!
そうなのです、麻雀というのはどれだけ歴史を遡るかしりませんが、由緒正しいげぇむなのです。aliceが聞いた話だと、中国のとある王様が宮殿で退屈し、生涯飽きないげぇむを発明しろ!とかいうおふれを出して誕生したのが麻雀だといわれてます。そう、一度覚えたらこの面白さがハンパじゃないコトに気がつくことでしょう。なんにせよ、4人で遊ぶっていうコトがまず第一条件で楽しいんですけどね。
とはいいつつ、aliceは家族麻雀レベルですし、賭け事のからむ麻雀はしたことないし、一年に一度やるかやらないか位という人なので、ヘタッピです。
話はちょっとそれるけれど、aliceがどこで麻雀を覚えたかというと、スペイン。麻雀のできる人数が車で旅行してて、旅行の荷物の中に麻雀セット一式を入れておいたのであった。昼間は観光、夜はホテルに戻ってから麻雀実践講座みたいな感じで2週間程の旅行の間、ほぼ毎日遊んでいたという…。ガウディのサグラダファミリアとか観ながら、頭では麻雀の役のコトとか考えてたりという、一風変わった記憶ですが、最高の想い出の一つかもしれない。
さっそくonlineでも遊んでみました。今日が発売日だからなのか、4人対戦できたよ。強気で捨て牌しててもあたらないかとおもえば、リーチしたすぐ後に隣の人がリーチして一発振り込みしたりと、それなりに楽しかった。今日は一気通貫が一番良い手だったかな。
そんなこんなでratingは4000台。マリオカートの半分だよ。上達すると、称号とかMiiの着てるものが選べるようになるみたいなので、ちょくちょく遊びたいものです。

トコロで、このげぇむ、副題が「井出洋介の健康麻雀」ってあるんだけど、この健康がどう関わってくるのかまったくワカラン。なんでもかんでも健康つけるのがオハヤリなのか?最近。
これでaliceもすこぶる健康になるでしょう。わぁい。




190508_aliceblog.jpg
[夏服はたのしい感じがする]

またもや五月頭の話になるけれど、あんまりにも急にあっつくなったものだから、衣替えをした。衣替えのほんの数日前まではまだ暖房がついていた程だというのに、ここ数年のこういう気候はなんだかよくワカラン。そして先週の後半あたりからまた涼しくなってきて、雨が降ったりの日々。ウサギだというのに恒温動物みたいなウサギさんは温度調節が不可能なのか、軽い風邪をひいてる始末。aliceは暑さには弱いのだけど、夏服しか着るものがないのに寒いっていうのは好きじゃない。夏場には夏場のお洋服があるのですから、やはり来てあげないとかぁいそうだものね。
今回は特に強く、衣替えをしてそう思ったのであった。どうしてかというと、去年は四月頃突然に真夏のように暑くなり、それ以降季節的に夏の時期は全くと言っていい程暑くならなかったからなのである。ほとんど長袖で過ごしたので、何のために衣替えしたのか…と労力の無駄遣いを嘆いたaliceなのであった。それともう一つ、どういうワケだか毎年きちんとお洗濯やクリーニングに出してから冬物をしまうというのに、気に入っていたワンピースとスカートが虫食いの被害にあったのだ!
ワンピースはかなり気に入っていて、ちょっと高価なものだけあって泣く泣く手放すコトになった。一冬しか着る機会がなかった…。なんてかぁいそうなワンピース。スカートは、ワンピースかズボンが主流のaliceには貴重な存在だというのに、これもおいしかったのか、かなりの勢いでムシが食べてしまった…。もうなんだか驚愕な感じの被害で、どんなムシが食べたんだ?どれだけ成長したんだ?という程の被害で、もう直すとか論外の境地なのであった。
まぁ、そんなコトもあり、気に入ったものは毎日でもいいから着るべきだと思った。自分で開けた穴なら納得するが、目に見えないムシという地球外生物に浸食されたと思うと腑に落ちないからね。
それともう一つ思ったのは、高いお洋服程おいしいらしい…。まぁ、いいもの使ってるからの結果なのだろうけれど…、これもなんだか眉間にしわが寄ってしまうよ。手頃な値段のものばかりを身につければこういうコトにもならないのかと思うのだが、なんだか年々aliceの買うお洋服というのは量より質という感じになってきていて、元々defaultで普通女子より買う量が少ないというのに、ますます買わず、だが買うと少々高価なものを選んでたりする傾向にある。法外に高いものは買わないのだけど、何かと自分でものをつくる分野にいるので、少々高くてもデザイン代とか思ってお財布のひもが緩むのだ。
なんにせよ、お洋服は高い。げぇむが山ほど買える値段。ソフトだけじゃなくて、hardも買えちゃう値段がついてるよ。でもなんだかんだと買ってしまうのだよね。でもせめてバーゲンで買おう…と一応心に誓うのであった。





180508_aliceblog.jpg
[テキトーにfilterいじってみたフウ]

居候猫が帰っていった。また今度からYタン出張の際はalice家に来ていただくコトにした。老猫はお食事に関してイロイロうるさいんだけど、至って穏やかで和むので良いものだ。ただ寝てばっかりなんだけど…。
aliceは毎年、最初の六ヶ月はその年のノルマをこなすためにちょこちょこ画策していて、よく流されもするけれどもゆっくりながらも地味に作業を進めていたりする。だがしかし、半年の間一つのコトをしているのでだれてくる。だれてくるっていう単語があったかどうか不明だけれど、これがなんだかしっくりくるので使用してみよう。で、つい数日前にとりあえずの下絵作業が終わり、いくつかのやり直しとかやることはあるにしろ、今後は色塗り段階に入るのだが、どぉも昨日今日とmotivationが低空飛行なので気分転換に何か一枚絵を描きたいと思ってたりする。単発で、なにも考えないで描くっていう絵がいいのだけど、それすら着工するまでに至れない。なんていうかモノグサ?そんな感じ。
仕方がないのでマリオカート。(ぇ)世界樹を再開する気力すらもないという…。適度に☆×2をいくつかつけたトコロでこれも飽きる。飽きてくる辺りがどぉもおかしい。で、どーしたものかと思った結果、ちまちま観てたサムライチャンプルーを最終話まで駆け足で視聴。
あー、いいアニメだった!最後のシメも良かったし、合間のepisodesも飽きないし、登場人物が全部いいし、演出もかっこいいんだか笑っちゃうんだかだし、今年度aliceが観た中ではピカイチ。
といっても、そんなにたくさんアニメを観ているワケではないんだけども、アニメをここ数年でちょろちょろ観るようになって思ったことは、アニメをただ単なるオタク文化にしておくにはもったいなさすぎるものがいくつもある!というコトだろうか…。オタクっぽいからといってこの領域に足を踏み入れない人は、少なくとも死ぬ間際に回るとかいう走馬灯の中で、きっと自分の好物の食べ物なんかが出て来た時に「あれ?もっと好きな味があったはずなのになぁ…?なんだっけ?」って狼狽するような見落としをしているであろう。ワケワカンナイ比喩だけど、そんな感じだ。
どれもこれも名作ではないのは映画と同じで、ピンキリあるが、当たりばっかりを観ればその魅力は十分理解の範囲だと思う。
映画じゃない。シリーズもののドラマでもない。アニメならではっていう面白さが確実にある。言葉で説明は不可能なので、少しでもひっかかるものがある人は観るコトからはじめてみてはいかがだろうか。
さて、サムライチャンプルーだけど、これはかなりセンスの良いものが至る所に光っていた。aliceはアニメでは戦闘シーンが好きなんだけど、このアニメでもすごく良かった、が!それより何よりaliceはこのアニメの脱線部分みたいな馬鹿っぽいepisodesがお気に召した。特に6、18、23話。これらは、まさに「侍」「チャンプルー」とも言うべきごちゃ混ぜのパロディみたいな話ばかりなのだけど、ひょっとするとアニメでこんなに笑ったのは初めてかもしれないって位笑ったのであった。
で、サムライチャンプルー観てて思ったんだけど、これが好きな人=オタク(日本で使われるトコロのnegativeな意味で)というのは、どぉもなんか違うなぁ…と思った。まぁそれ以前にnegativeな意味を持って使われてる日本がヘンだとaliceは思うんだけども…。
低い価値観で観られるのは、エロ要素が入ってから境界線が引かれるのかなぁ?と思ったかも。なんにせよ、オタク文化に欠かせないのが絵であると思うけれど、どんな絵にしろ、多大な労力と技術を駆使してたりするし、絵というものには心とセンスがないと光らないので、そこら辺を見極めきれる人がオタクと呼ばれようが、世間一般に左右されて自分の好きなものも解らないでいるよりよっぽど魅力的であるという事実に、もっとたくさんの人が気づいてほしいものだ。




maxタンはまだalice家に滞在中。いったいYタンいつ帰ってくるのだったっけ?そんなコトも曖昧にしか把握してないけれども世界は回る。ドラゴンが出張から戻り、昨日はにゃんこオサンドンの疲れでグッタリしてたりするalice。老猫たちはうるさいよ、ホント。
とは言いつつ、げぇむはする。マリオカートの魔法はかなり強力で、aliceはなかなかこのげぇむから抜け出せない状態に陥っているようである。一日一度はwifi対戦してるようです。そしてついに☆×2を本格的ではないにしろ、取りたいなぁ…と目覚めつつあったりして…。そしてついにratingは8000台突入。日本国内のが強い人がたくさんいそうなので、これはあくまで世界水準でというコトで…。でも油断するとすぐ落ちる。そして12人で対戦中に切断されると一気に200point程減るので、いつまで8000台をkeepできるコトやら…。
最近思い出したようにDr.Marioの対戦限定版をwii addressを交換していて、なおかつパズルゲームしそうな人に送りつけていたりする。国外の友達には送れませんって注意書きがあるのですが、aliceは国外から日本国内に送りつけてます。あれは、日本製のwiiであれば送受信可能なようです。んーーーー、各国でどんなwiiwareが出てるか解らないんだけど、aliceは英国ででる予定のげぇむが欲しいので、これはどうしたものか……。
そんな感じで、マリオカート購入以来すっかりご無沙汰であったDr.Marioを少々遊んでみた。ランキングみたらすっかり下がってた。そして対戦しようと接続したら日本時間では起きてる人のが少ない時間でなかなか捕まらず…。それでも二人と遭遇。なんとかrating6600を維持することに成功。パズルゲームはratingの必要性が重要だと思う。自分がどのくらいの強さなのか解るのはなんだか楽しい。しかしrating7000台は強い。勝てない。
そうそう、マリオカートに触る前に書きたいと思っていたDr.Marioのお話があったのであった。忘れないうちに書かねば!と思いつつ、何週間経過してるんでしょ…。
wifi対戦してて、相手と自分が同じくらいの強さだった時、マリオカートだと二人であろうが勝負を何度も続けたりするコトがあったりする。会話ができない状態でも、こうして人数が少なくても続けるっていうのがお互い楽しんでいるっていうのの意思表示なのだと思う。で、こぉいうのが続くとなかなか楽しい。
パズルげぇむにおいても、この方程式は同じで、相手が強くて何度も挑戦っていうのがあるとしても、お互いが楽しめている状況になっているのはやはり同じくらいの強さの時だと思う。wiiwareのDr.Marioでは、対戦が終わるとちょっとした言葉をかけることができる。
その日、aliceはwifiにつなげ、いつも通り見ず知らずの人と対戦していたのだけど、勝負は五分五分で、買ったり負けたりという感じだった。そんななので、一戦終わると「いい勝負!」とかコメントを出したりしてたんだけど、相手がなんか面白い人で、大抵一言コメントして次の対戦が始まるのに「いい勝負!」「オーケー!」とか二言三言コメントを変えてくる人だった。それもあって、笑っちゃうので対戦を続けてたりしたんだけども…。
よくあるコトだけど、あと一つだけ消せば!っていうトコロで相手に先を越されて負けるとかあるんだけど、draw(引き分け)っていうのが存在するとは思いもせず……でもその日、一戦引き分けたのだ!wifiで何百戦もしてるaliceでも初めてだったのだけど、相手もどうやら初めてだったらしく、aliceもaliceのplayを観てたウサギさんもドラゴンも大興奮。相手のコメントももうなんか「いい勝負!」の連発が続き、他にも何か言いたかったらしいのだけど「オーケー!」「にこにこ」くらいしか適当なのがないので、しばらくコメントが入れ替わり立ち替わりその三つくらいの言葉で巡回してた。aliceもその時ばかりは「いい勝負!」を10回は続けてコメント出したと思う。
以来、alice家では「オーケ!オーケ!いいしょっ!いいしょっ!」(←微妙に変化されてる)という掛詞がげぇむ中だけでなく、日常でも多用されるコトになったのである。あー、ばかっぽ…。




140508_001_aliceblog.jpg
[今日のにゃんこたち]

140508_002_aliceblog.jpg
[シンクロ率が高いようです]

エヴァンゲリオンを観たことないというウサギさんのお供で一気観してしまい、お絵描きしてたら眠気が臨界点に達し、危険領域に到達。
ちょうど良いところにパネポン相手のsilver発見で、パネポンの果たし合いを申し込む。前日よりちょっとアイテムあり対戦っていうのの面白さに目覚めたalice、何度かナシで対戦した後、アイテムありで戦闘開始。silverはどうしてあんなにアイテムの嵐を降らせられるのか疑問。マリオカートの12人対戦で中間順位辺りにいる位の勢いでアイテム攻撃され、いつものパネポンとは違うげぇむになってた。
目が覚めたトコロでげぇむの話になり、流れでスマブラするコトに…。aliceはonlineでは片手で数える程しか遊んでいない。というのも、接続が非常に悪く、まともな動きにならないから疲れて面白くないのだ。スマブラは得意なげぇむではないし、うまくもないけれど、そぉいう理由でやらないのではないのです。だって、onlineで遊んだら面白いに決まってるげぇむなのにね。かぁいそうなalice…。(しくしく…)
予想した通り、カクカクしてましたが、前よりはひどくなかったと感じた。改善されたのかな?でも、それでもまともではない動き…。
他のwiiでのonlineげぇむはどうかという話になり、またしても流されDr.マリオまでしてしまった…。
げぇむの罠にひっかかった日なのであった。楽しかった、非常に。
でもでも今日の分の作業がまだ終わってないって……(略)。

140508_003_aliceblog.jpg
[うちのにゃんこの謎な行動 何してるの?]




130508_aliceblog.jpg
[本日の一枚]

無関心を装いつつ
無視し合ってるだけかと思ったalice家にゃんこと居候中のmaxタン
実はどうやら年寄り同士意気投合してるっぽい、ちょっとずつ
ソンナコンナで老猫たちは食事に関してうるさくて
おなかすいたと言いにくるけどお皿に残ってたり
「残ってるでしょ?!」って言っても「やだ~こんなの」と返すわで
aliceはシンデレラの様にネコ様たちの為にオサンドンなのである
まぁ、仲良くしてるようなのでナニヨリなんですが……
老人子供に絶大的人気を誇るaliceであるが
老猫たちにまで人気がでるとは思わなかった
あ、これは人気とは違うか




120508_001_aliceblog.jpg
夜が経過し、maxタンもalice家に落ち着きだしたようです
奥の部屋からげぇむ部屋の方へもやってくるようになりました
ちなみに、クッションが重なってるトコロがaliceの最近のげぇむ指定席

120508_002_aliceblog.jpg
そしてまた暗くなってきて、ますます落ち着いた模様

120508_003_aliceblog.jpg
今回初めて他のにゃんこに遭遇したmaxタン
うちのにゃんこが気になって仕方ないみたい

120508_004_aliceblog.jpg
うちのおじぃさんはというと…
もうなんだか無我の境地
暑くてのびてます、完全に
あぁ…、このおなかの辺りのぽにぽにがなんとも言えない




昨日はnetのげぇむ事情で人の出入りが激しかったと思ったら、今日はりありぃでいろんな人が家に来たり、外に出たら久しぶりの友達に会うし、家に帰ったらご近所カメラマンYタン家のにゃんこがお泊まりに来たしで、落ち着く暇がありゃしない一日です。
にゃんこの名前はmax。数日alice家で引き取ることになったのです。いつもだとaliceかドラゴンが、Yタンが出張中は一日に一度ごはんをあげに行くのですが、今ドラゴンは出張中なので出不精aliceが提案したのであった:一回うちにhome stayさせてみる?
はい、第一の理由は家から出たくないからなんですけどね…。暑いし、最近…。この間もlondonの友達と一緒に出歩いている時、あんまりにも暑い暑いとつらそうだったようで、「aliceちゃん、すっかり暑さに弱くなっちゃって…」と言われる始末。
それと、maxタンここ数ヶ月で激ヤセしてしまい、年齢も15歳というコトもあって「もう先は長くないかも…」と、本当に心配される位調子が悪かったのもあり、にゃんこというのは何気に人がいないと寂しがって仕方ないっていう感じの生物なので、一日ちょこっとだけ行くよりはいっそのコト…。というのもあります。
あとは何気にaliceが作業に集中したいっていうごく普通の理由でしょうか。とりあえずずぅっと家でお絵描きしてるので、家にmaxタンを持って来てくれた方が楽だっていう理由です、単純に。

さて……、alice家に到着からかれこれ数時間経過。一番落ち着いてないのはaliceだったりする。
maxタンは家の一番奥の部屋の窓の下、椅子の後ろ側とか、お風呂場の隅のタイルの上だとか涼しげな場所に落ち着く。
alice家のにゃんこは前から「イイ奴」だとは思ってたんだけど、ここでもその本領発揮で、maxタンが落ち着くまではそっと陰から見守り、だんだん距離を縮めている様子。時々maxタンに「ゆっくりしてけよ…」とか言ってる気配。
そしてaliceはそれらを30分おきとかに観察しにいっているとか…。落ち着けよ!alice。
そんな感じでそわそわしちゃって作業に集中できやしません。なんのためにお泊まり計画を提案したんだか…。
だけど、にゃんこ観察、おんもすれぇべ?!「おんもすれぇべ」とか訛ってしまう程興味深い。ただの面白いじゃない。
今日から数日、Yタンがイスラエルから帰ってくるまでこの同居人との生活が楽しめるのは嬉しい限り。
aliceも人間やめてネコになりたいと本気で思ってきたよ。この数日の間。既にネコ化してるらしいですがね…。

余談だけど、昨日のマリオカートを終えて解ったコトがある。
どうやらyoji(アメリカからの参戦者@マリオカート部)の視界には、部室ではみんな英語で話してたそうですよ。(くすくす…)aliceもコレにはかなり興味があって、主催してる人の使う言語になるのかと思ったんだけど、使ってるWiiのソフトのregionにより言語が切り替わってるとのコト。確かに…、そうじゃないと例えばaliceがこっちの友達誘って主催しても、こっちは仏語が読めても向こうが日本語を読める可能性はほぼ0%に近いワケで…。
みんな英語で喋ってたのかー、ぷふふ。ってそんな気分です。想像するだけでお腹いっぱい。




ちょっと最後ばたばたっとお開きにしてしまいすみませんでしたのマリオカート部、参加してくださったみんなに感謝感激アメアラレ。
なんだかんだで前回の時はもっと前もって告知して人を集めるとか豪語してたクセに、aliceなんで…、結局当日始まるまで誰が来るのか全く把握できず、人が少なかったらノラですなーとか思ってたのに!なんとなんと!!!max人数をちょっと超える程集まってくれましたぁ。ぱちぱち…。12人集まれば良いと思ってたけれど、それ以上というのは予想外で(ぉぃ)、どうしようかと人を集めた張本人のaliceが困ってどうする!状態でしたが、部室に満員で入れなかった人はお茶を飲むなどして待っていたりしていただきました。ホント待ち時間なんてつくっちゃってすみません。こちらは混戦カオスの中を必死で楽しんでいるというのに…。
そうなのだ!マリオカートは人が多いほど楽しい。アイテムをみんなが使用するほど混沌としてくる。そういうげぇむなので、aliceも上達して、今回はトロいバイクに乗ってなかったので速い時はみんなを引き離してかっこよく!?ゴールインしてたりしてましたが、ちょっとスタートが遅れたり、どこかに何度か落ちたり、運悪く(運良く、とも言う…)アイテムの波に飲み込まれたりすると、階段を転げ落ちるようにして順位は下がってゆくものなのです。で、それがまた楽しいんですけど。
人の出入りがあったので、どんどんげぇむをこなすっていうリズムじゃなかったのは申し訳ないです。人数が多いとそれなりにイロイロ決めるのも時間がかかるのですね…。今回はchatを用意しておいてもらったので、前より細かい指定などできて大変助かったのですけど、かえって決めるまでにもたついちゃったりしてしまったのが歯がゆいです、ホントごめんなさい。前もってどんなコトをするかとか、もっと具体的に決めておいた方がスムースですね。次回はそうしたいものです、でも次回はいつでしょうかね?主催するのは結構一苦労…。そんなこんななので、すごく楽しいのですが、次回は誰か主催してください。参戦します。(ぇ)
グランプリ個人戦がヤッパリみんな好きなので、これが一番遊んだ出し物かな?その他チーム戦したり、バトルしたりで一通りのコトはしました。バトルはコースを知ってるとかあまり関係ないので、マイオカートWiiをやり込んだ人、そうじゃない人と、様々いたんだけど、上手い下手に左右されず楽しめるっていう魅力があって、こういう風に友達集めて戦うと楽しいね。
aliceが集めた人たちなので、ほとんど知らない人同士っていう感じだと思うので、ランダムで誰かとWiFi通して遊んでるのと大差ないと思うんですが、ちょっとでもこんな風にして会話が成立した状態でも楽しさは数倍面白いものになるのは不思議なコトです。これがみんな知り合い同士だったらもっと面白いんだろうなぁと思うと、こういうげぇむって奥が深いなーと感心してしまいます。マリオカート、よくできてるよ!
一通り消化し、人数も少し減ったトコロで思い出したように主催者のワガママを聞いてもらうコトに…。そう、全員スーパーベビィカーでグランプリ!ほとんどこれを使ったことがない人ばっかりだったのだけど、走行を楽しんでくれた人もいたようでナニヨリ。aliceはベビィカーがたくさん走ってる姿を眺めてにやにやしっぱなしで、自分の操作はお粗末になるほど視覚的に楽しませてもらいました。チーム戦だったというのに、まるっきり青チームに貢献せずにすみませんでした。途中までまるっきり順位とか忘れてました。てへ。
こういう楽しみは友達対戦ならではなので、次はみんなの意見を参考に、スタンダードカートでマリオかルイジ限定でグランプリとなったのですが、aliceがレースの途中でchatに文字を打ち込んでいたせいで切断されてしまい、結局誰が優勝できたのか解らず…。ごめんなさい。でも楽しかったです、兄弟だらけで。
そんなこんなで人も徐々に減り、最後はノラにて、みんなクッパで参戦!という流れになったのですが、なかなか上手い具合に合流できなかったり、4人くらいだとあまりインパクトもなく、aliceもそろそろ夕食で、既に開始から4時間近くが経過していたのでお開きという形になりました。レースしてる人の半分くらいがクッパになったらそれなりに「なにこれ?」って雰囲気になって面白いかとおもったんですけどね…、むずかしいかもね、こぉいうのは。
前回も今回も参加してくれた人、前回参加してくれたけれど今回はいなかった人、今回新たに参加してくれた人、それ以外に結局前回も今回も参加できなかった人、うまく連絡が取れなかった人などがいたりで、totalすると結構な人数のげぇむ友達がマリオカートWiiを持ってることが判明。時々切断されたりとかもあったけれど、日本、アメリカ、フランスで繋がっていたけれどもほとんど問題を感じることなく遊べてました。友達コードを交換していると、誰かがonlineで遊んでる時にWiFi対戦しようとすると合流するコトも可能だし、速くてもトロくても楽しめる偉大なげぇむですねコレは。今回もものすごーく!楽しいひとときでした。参加してくれたみんな、ホントにありがとう!




060508_aliceblog.jpg
[ライド・オン・カメックとalice]


5月10日追記:つ、つかれた…
http://popchat.nu/users/cyberalice/
silverに頼んでchatつくっておいてもらいました
今回はこちらから参加者はchatにも入ってくれると部室以外での発言も可
人数が少なかったら「のら」で暴走族しますか
「のら」でしたいコトはスーパーベビィカーで暴走族だったりする
とりあえず、疲れすぎてるので倒れてきます…


なんだかんだでまた遅くなりましたが…
10日土曜日、23時@日本時間にマリオカート部です
参加者募集中

普通の日記はこの下にあります




080508_001.jpg

今更なのだけど、サムライチャンプルーというアニメを観ている。
これはけっこうたくさんの人から観るように言われ、全話HDDにながーーーいコト貯蔵していたので、観ようと思えば軽く二年くらい前には既に観れる状態ではあったのですけども……。で、ようやく最近観だし、1話を観た後思ったコト「なんでもっと早く観なかったんだーーー!」と…、またこんな風に思っているワケなのです。えぇ、いっつもこんなです。
とはいいつつ、まだ一気観できてない……ようやく6話見終えて第一部が終わったトコロ。
この6話、面白すぎ。ウサギさんとaliceは時々妙な日本語を話す日本好き外国人のマネというかなりバカなコトをしてたりするのですが、この話にはそのマネッコしてる外国人みたいなのが出てきて大笑い。
主要人物三人はどれも甲乙つけがたく、どれが一番気に入っているかと言われると難しい。三人とも大好き。
ムゲンはalice兄みたいな感じがかなりする。喋り方にしろ、言うこととか、笑いの取り方がそっくり。(ブラコンの気があるaliceにはにやにやレベルでこのアニメを陰ながら盛り上げてくれてるとか…。)
一応時代劇ではあるのだけれど、現代が笑えるレベルで混ざってるさじ加減が絶妙。これを観たら日本に憧れる外国人(これを観るくらいだからサブカルチャー好きな)は、ますます日本に興味が湧くであろうと思った。ちょっとどんな妄想を抱くか微妙なトコロではあるが……。でも、なんというか、日本の文化的とか伝統的に知られている部分(浮世絵とか歌舞伎とかイロイロ)をいい具合に混ぜて見せてくれているのが高ポイントかと思う。あと音楽がかっこいい。これも外国人には受けが良さそう。
で、確かこのチームがafro samuraiも手がけてるのです。そっちを先に観ようと思ったんだけど、まずはサムライチャンプルーから観ないとなぁと思って見始めたのがキッカケ。afro samuraiもかなり長いことHDDで貯蔵されてるんですがね…。
日本のアニメが外国で受け入れられているというのを研究するにあたり、観ておかねばならない必須アニメなので、観ねば!観ねばーーー!っていっつもかなり遅れてしか観ないんですけどね。そして、その研究はいつ、いかにして、どのような形で発表されるのかすら未定なのであった。

080508_002.jpg




週末遊びにきていた友達というのは小学校の頃からの友達なのだけど、中学までが一緒で高校からはほぼ音信不通にしていて、突然何年か前にバッタリ出会ったという繋がり。
友達として遊んだりしてたのは小学校の頃で、中学ではそれほど近しい友達でもなかったので、実はあんまり彼女についてdefaultで知っているべきようなコトはあまり知らないのであった。中学校では賢い人で、その後もトントン拍子で有名大学まで駆け上り、あっさり会計士の資格を取りバリバリ稼いでいるという、なんだかaliceとは別次元の生物みたいな生き方をしているのですが、趣味が旅行というトコロで大人になってまたやり取りをするようになったのであった。
上記のような人は、ゴージャスな旅行をするのかと思いきや、彼女は辺境の地をバックパックで一人旅するのが好きなので、旅先の話を聞くのは大変楽しい。今回もまたちょこちょこと突飛な話を聞き、その他地元の同級生のうわさ話を聞かせてもらい、その他の交友関係の話などもちょっと耳に挟んだ。色々聞いてると、なんだかTVドラマみたいな話とかもあり、「aliceにはそんなdramaticな話はないなぁ…」なんて思ったのですが、彼女にしてみるとaliceの方が不思議な知り合いが多いとか…。
そんな彼女には、なんとnintendoに勤める友達がいるそうだ!その人から彼女はたくさんnintendoについて啓蒙してもらったそうだが残念ながらaliceの友達はまるっきりげぇむには開眼しなかったそうだ。一応お約束として、alice家に来たのでMiiはつくりましたけどね。是非ともaliceちゃんをその人に引き合わせてあげたいよとか言ってましたが、彼女は今仕事でこっちに飛ばされてるし、aliceは次回いつマンガの国にいくのか未定なので、まぁいつか、いつなんでしょ?って感じで期待はしないでおこうと思うのだが……、友達の友達とか、友達がnintendoと仕事してるレベルまではあるんだけど、未だかつてnintendoの人と出会ったことがないので興味はかなりあるのですけどね。

nintendoといえば、今はマリオカートしかしてないaliceですが、ついに!ミラーで☆全部つけましたよ。ばんざーい!これでもう思い残すことはない。言うまでもなく、☆×2とか☆×3なんて高望みはしませんので、今後はWiFi対戦しかしないかもね。タイムアタックも面白いんだけどね。
早速☆がちゃんとついてるかWiFiで確認しに行ったらへきるりにまた遭遇。(わぁい)もうちょっと一緒に走りたかったのだけど、不運にも通信が切断されてしまった。やることやらないといけなかったので、罰でしょうか…?
という感じで、aliceはマリオカートはちょっと一段落で、また世界樹に戻ってコンプリート目指さねば!




英国では5日がbank holidayだったので、londonの友達が週末から今日まで遊びに来てまして、一緒になって遊んだりしてて日記まで手が回りませんでした。夜遊びしてませんがね…。夜は夜で、頼まれたmacのOS入れ替えで寝不足すぎなんですよ。RAMが足りないとかで、10.5入れられないとかイロイロありまして…余計な時間取られてしまったのであった。
RAMが少なくて動きがスローモーションみたいで、勝手に買ってRAM増設しておこうかと思ったけど、さすがにそこまでしなかった。

050508_001_aliceblog.jpg
週末から急に夏っぽくなり、日差しが強く突然夏みたい
おなじみluxembourg公園の芝生には
真夏の混雑したビーチのように人がうじゃうじゃごろごろ…

050508_002_aliceblog.jpg
aliceの好きな木にもお花が満開でした
去年はこの時期、家で缶詰状態で見逃したから嬉しい
それにしても長い冬が終わって日が延びると
どこに今までいたんですか?っていう位
たーーーっくさんの人が街中にうようよしてる
光合成は冬を乗り切るために必要ですね
aliceもこの三日ほどよく日差しの中を歩き
気分がちょっと健康ちっくになった…気がする

050508_003_aliceblog.jpg
aliceはlondon大好きですが(むしろparisより)
londonから来た彼女にはparisは華やかでうらやましいそうです
街を出歩きながらいろんなお店に入り
aliceがついつい衝動買いした二匹
またalice一家に珍獣が増えた
ホントはどちらか一匹買おうと思ったんだけど
なんだか選びきれずに二匹連れて帰ってきた

050508_004_aliceblog.jpg
ヨッシーやテレサに勝てず、諦めていたけど
nemo君にゴースト送ってもらってどんな走りをするのか研究しまして
ようやく晴れてMiiスーツBが手に入ったよ
どんなすごいレーサースーツなのかと思ったら
意外にも普段着みたいな洋服でした
これだったらMiiスーツAのが好みかもなぁ
でも、チュニックみたいなのに七分丈ズボンっていうのは…
ますますreal aliceの普段着姿にそっくり
OSのset-up中、待ち時間が長かったのでミラー始めてみた
GCコントローラで操作してます、すみません…
あと2つのカップで☆つけたらall ☆×1になります
でもねー……、ミラーで遊んでると気分が悪くなってくるんだよね
今度の部活までにつけるのを目標にがんばりまーす!

050508_005_aliceblog.jpg
土曜日に頼んでたマンガが届いた
続き物以外に、なぜか突然藤子不二雄FのSF短編集が読みたくなり買ってみた
たのしみ、たのしみ




用事でvelibに乗って文房具屋さんへ…。ついでにマンガ屋さんにも入る。

020508_002_aliceblog.jpg
気になるマンガ発見
一冊にまとまるのはもうじきっぽいとのコトで
購入は先延ばしに…
表紙絵がaliceの好きな人だったのと
中身の絵がhellboyちっくだったのが気になって仕方ない

020508_001_aliceblog.jpg
今週からiron manが公開なので
マンガ屋さんの中はiron manだらけ

020508_003_aliceblog.jpg
来週公開の映画のポスターなんだけど
cameron diazの笑顔が口裂け女の様でおそろしすぎ

020508_004_aliceblog.jpg
そして家に戻ると白いiMacがお泊まりに来てた
そんなワケで、set-up祭りです、また
人のmacの整形手術はドキドキだよね




最近気になるお嬢様と執事




世界樹日記がちょっとなくなったと思ったら、今度はマリオカートのコトばっかり書いてるのだけど、世界樹の方もまだゆーーーーっくり進めてはいるので、そのうちまた書くつもり。
今日の日記もマリオカートのコトだったらたくさん書けるのですが、大雑把に書くと、隠れキャラはあと一人(キノピコ)、速いスタッフゴースト出すのが楽しくなってきたといった進み。ミラーはまだ。ライド・オン・カメック速いよ!気に入った。でもまだ不安定。

最近アニメも観てたりする。ようやくエヴァンゲリオンの新しい映画観たよ。その前にテレビ版をおさらいしようと思いつつ、まだ観てない。何年も前に一通り観てはいるけれど、良い機会だからまた観たいと思いつつ…、そのうちそのうち。
ヤシマ作戦のレイがパラディンみたいとか思ったり。

今期のアニメはちょこっとだけ気になるtitleのものだけ観てる。
そのうちの一つがaoiもお勧めしてた「紅」なのだけど、aliceも気に入った、コレ。何が気に入っているのかというと、音。一度本編を観た後、ずっと流してまわしてて、音だけ作業しながら聞いてたりする。
声優の声が好みの声が多いのかな?それとも喋り方が自然で落ち着いてるのが心地よいのかな?わざとらしくない感じが良い。アニメにありがちなヘンな敬語で話すのが夕乃さんくらいなので、どうも彼女だけ馴染めない。年齢が近くて、真九郎と一緒に住んでいたというbackgroundがあるのに敬語っていうのはどう考えても不自然であるよね。紫の姫語は……「くるしゅうない」とか言ったら引くけど許容範囲。
番台のおばちゃんにしろ、端役でも違和感のない声で揃ってて素敵。
今のところ一番好きな喋りと声は、紅香サマと闇絵さん、銀子ちゃんかな。
当たり前のコトが当たり前ではない世界からやってきた紫と、その用心棒?である真九郎とのやり取りが心温まる。
やさしい気持ちになれそうなアニメ。




気晴らしのマリオカートでハンドルは気晴らしにならないため、タイムトライアルとかやってみてる。言うまでもなくGCコントローラ使用。
そしたらライド・オン・カメックというバイクが出た。これ、aliceMiiで使えるバイクのようで、見た目かなり派手。ちょっと気になって使ってみたら、意外と使いやすいので、ポケモータからこっちに移動しようかと思いつつ、スピードスワンもaliceちっくなのでお風呂で悩むこと1時間。
苦悩であったが、ライド・オン・カメックに今後乗ろうかな…という結論に。スピードスワンとあまり変わりない操縦なんだけど(ポケモータ愛用してたaliceにとっては)、スピードスワンはバイクなのに見た目がカートみたいで、アクロバティックな動きをするとあんまり楽しくないのが敗因。見た目重視はげぇむでは重要かもね。
キノコカップを練習してみたら、ポケモータでは不可能かと思っていた150ccで簡単に☆×2が出た。なにこれ…。慣れるまでやや時間がかかりそうだけど、慣れたらこれは速そうだなぁ…。今まで苦労してたのがなんだったのかしら…と思うのですが、ポケモータはドリフトしてミニターボのコンビが連続して使えたのでDS感覚で良かったのですよ。
というワケで、ちょっと練習します。ミラーはまだほとんど未開の地です。
タブン、次回のマリオカート部は5月2週目の週末土曜日で確定っぽそうです。

さて、なんだか貧血気味っぽく、お絵描きしてるとくらくらして困る。そしてまた気晴らしにパネポンするとパネポン中はくらくらがおさまる。そしてまたお絵描きに戻るとくらくらが復活。んーーーーー。別にお絵描き作業がヤなワケでは断じてないのだけど、どうしたものか。とりあえずくらくらだが、今日の分の作業は終わらせねば…。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.