ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




お仕事が一段落して以来、朝になると眠りについてたaliceはコロリと普通時間に寝起きするリズムになっていまして、なんだかaliceっぽくない日々だなぁと自分でも思いつつ、今日もげぇむできてません。

今日は4、5年ぶりでレントゲン撮ってきた。
最近はレントゲン写真の他に、CDに焼いたdataまでついてくるのね?びっくりー。

aliceのげぇむ友達の間ではバンブラがはやってるみたいですが、aliceはband of brothersというアメリカのテレフィルムを観はじめました。今日はとりあえずepisode3まで。
第二次世界大戦映画は結構好きで観てるのですが、ライアンとか好きな人は観たらヨロシイかと。
いつも英語は字幕なしで聞き取ってるのですが、今回は軍人米語なのでaliceの耳じゃ聞き取り不可。なにいってるかわっかんねーよ!!!特に叫ぶと意味不明ー!
ちょっと厳しいのだけど、無理矢理聞き取り、がんばって仏語字幕でなんとか理解できるよーなそうでないよーな…。でもまぁ、これといって複雑な話が展開されるのではなく、主に最前線にいるパラシュート部隊easy companyの一員を追っているというものなので、メインは前線での戦いシーン。銃で撃って、敵に撃たれ、手榴弾が飛んだり戦車が出たりを「あわわ、あわわ」とハラハラ観てるうちにあっという間に時間が経過していくという進みです。
戦争映画に関して、お勧めとかはするしないの問題ではないのだけれど、まだ10episodesあるうちの3までしか観てないけれど、aliceは全部観る勢いです。aoiにはお勧めしときます、個人的に。(くすくす…)
スポンサーサイト




princecaspian_aliceblog.jpg

今日はハギシリ先生のトコロに行って来た。きっと口腔外科っていう分類なのだろうけれど、aliceの先生はそれとは少々違うようでして、身体の重心バランスみたいのだとかを観てくれ、ちょっとしたオーラみたいのをおくってくれたりとかで様子を見てくれたんだけど、これがなんだか魔術的で笑っちゃうんだけど効いたよ!
なんていうか老師みたいな先生だった。ものすっごく忙しい合間を縫って、また月曜日に診察に行く予定。それまでにレントゲンとったりしておかないといけないので忙しいったらありゃしない。最近ほとんどげぇむできてません。腕が鈍ってるだろなー。

さて、今日はナルニア観て来た。シリーズ第二弾。
原作の本を読んだのはaliceが中学校の頃なので、ほとんど忘れてました。こんな展開だったのね、そんな感じ。映画的にも盛り上がる合戦の入るepisodeです。
今になって思うと、確か原作者のC.S.Lewisという人は神学者か何かだと記憶しているので、主要人物たちがバカみたいに私情に走るような場面とかあって「あー、もー、ばかー」って思わせる場面があるのだけれど、それは作者の「人は誰でも間違える」というようなmessageがこもっているのだろうなぁと、道徳的な教訓を交えている物語だと思える。
相変わらず四人兄弟仲良く、観ていて和む。特にlucy。前作よりみんな大きくなっての登場だけど、lucyはまだかわいさの残る姿で、aliceにはたまりません。お姉さんのsusanは知らない間に強くなってて、姉というのは強いのだなぁとか思ったりと、映画に完全にのめり込んで観ていないaliceでしたが、まぁこんなもんでしょう。
それにしても、主人公たちが舞い戻るナルニアは既に1300年も時が経っているという物語性は面白い。自分たちが伝説になっちゃってるっていうのは、体験してみたい感じ。

ヒロイックファンタジィ好きには良作。

次回作は朝びらき丸東の海へかー。おや、wikipedia読んだら、次回作は銀のいすと合わせて三部作にする予定とか書いてあるなぁ。aliceが一番好きな物語は「魔術師のおい」だったので、それが映画化されないというのは残念至極だぞ。ぜひとも全7部作にしてもらいたい。




260608_002_aliceblog.jpg
[さっそくladureeで茶をしばいた]

数日前までmacの前にほぼ一日中へばりついて毎日を過ごしていたaliceですが、昨日今日はその反対な感じで家にすらいなかったりしてます。ホント極端な生き様。
何事も楽しいのだけど、少々人ごみの中、しかも暑い中歩き続けたりでメンテどころじゃない状態。弱点である背中が重い。どうして暑いってのに人ごみの中にわざわざ行くのかというと、昨日から国中バーゲンだからなのね。年に二回の大バーゲンなのですが、昨日が夏の初日だったのです。
これといって欲しいものは、夏用のコートとポシェット(鞄とも言えないサイズの肩掛けバッグです。小さい時からポシェットが装備品であり欠かせない)という感じで、他にも何か目に止まったら買いましょう、たくさん買ってやるぞー!って意気込みだったんですが、昨日は結局お目当てのものが手に入っただけで、他にはなーーんにも欲しいお洋服がなくて悲しかったのですが、なぜかその他に夏だっていうのに冬に買おうと思ってたブーツを買って来た。
中途半端な丈で、かかとがペッタンコというのを冬に欲しかったのですが、なんとなーく探しもせずに冬が過ぎ去ってしまったのだけど、夏に見つかったという…。冬まで履かないかもな。

260608_001_aliceblog.jpg

で、昨日の夜はおつきあいでhakase taroという人のviolinコンサートに行って来た。観客は95%日本人でした。しかもclassical musicのコンサートに行ったことない感じの人が多かったので、なんていうか身内コンサート?な印象。けど、日本では大変な人気なんだそうです。
が……、EUでは知名度がないので人を集めるのは難しいかも。aliceは特別violinの音に関してアレコレうるさい人では全くないのですが、そんなaliceでも「んー、自分の曲だけとかのが上手いかなー?」という評価でした。耳が肥えてるからにゃー、こっちの人は。けど、それなりに楽しかった。なんでも日本ではコンサート合間のtalkが面白いらしいのですが、昨日のコンサートではほぼ日本人しかいない会場だっていうのに英語で曲の解説をちょこっとするだけで、その面白さが解らなくて残念。

今日は妹ちゃんに勧められ某所をてくてくと歩いたら、妹ちゃんの言う通り、aliceの好きそうなお洋服売ってる場所があって、民族衣装っぽい刺繍の入ったワンピースとブラウス購入でホクホク。しかも半額だからえへへー状態。ま、イマイチ表現が上手くできないけどそんな感じ。それにしてもあの界隈知らない間にあんなにalice好みのお店がちょこちょこ増えてて驚いた。
パリって世界でもオサレさんの多い都市として有名だと思うんだけど、みんなホントに上手にお洋服を着こなしてる。ちゃんと自分に似合うものを着る人たちなので、どれが似合うか似合わないかよく解ってる。なので、お洋服屋さんで試着して試着室からでて大きな鏡の前で着たものを眺めてると、お店の店員さんがイロイロ言ってくれる。「あ、これ似合うわね」とか「これよりさっきののが似合ってたわよ」なんて感じ。面白いのは、お店の人だけじゃなく、横にいるお客さんまで一緒になって「そうねー、さっきの黒いののが良かったわ」とか評価を下すのが面白い。似合うものにしかハッキリ褒め言葉をくれないので、そういう場合に買う判断が間違わないのがよいトコロ。時々買うのをどちらにしようか迷ってるお客さんとかが、全く他人であるaliceにまで「こっちとあっちと迷ってるんだけど、どっちがいいと思うー?」って聞いてくるコトもあり、日本にはこういうのないなぁと思った次第。
日本でお洋服買うときは、なんかお店の人がまとわりついてきてまずうるさい。そしてなんでもかんでも似合うとかウソつくっていうか、ちゃんと観てんのかよ!?っていう仕事っぷりなので、お洋服はこっちで買う方が好き。
まぁ確かに、きっと日本でお店の売り子さんがお客さんに「それは似合わないからやめた方がいいですよ~」って言ったら、お店の人がちゃんと観てくれてるのにかえってお客さんは「なんて失礼なコトいうの!」って似合わないって言われたコトに対して怒りそうだもんなぁ。
それにしても……、なんだかたーーーっくさんお洋服屋さんってあって、いーーーーーっぱいお洋服売ってるけど、ほしいもの、似合うものってほんの一握りあるかないかなんだなぁと思った。




duracellという電池がありまして…
そのCMがとっても好きなのでYouTubeで集めてみたよ。
なんだかいろんな国の言葉になっちゃってますが
ウサウサかぁいいのは同じです。
















今日の日記。
今年になってから取り組んでた作業がようやく大きな一段落。
最終調整や手直し、友達にお頼みしたrayoutの完成を待ってからの調整やら、その他モロモロ、まだやるべきことはあり、それもまた少々時間の取られる作業ではあるのだけれども、今日でとりあえず解放。
去年に比ると大変さ加減が違ったのだけど、その分去年よりも数ヶ月早く終えられたのは良きこと。といっても、aliceの脳内計算では6月までに終わらせるというものだからギリギリであるんだけどね。
さて、こうして一つ何か作り上げて眺めると、もっと上手く出来たのになぁ…なんていう心が芽生える。向上心っていうのですかね。こんなグータラaliceにもそういうものが備わっているようだ。競争相手とかいない世界なのに不思議なものだ。

さて、丁度良いのでハギシリ先生のトコロへ行ってみる。
実はalice、よくハギシリしてるらしい。ハギシリは寝てる真っ最中にしてるそうなので、家人と睡眠時間のずれてるaliceはハギシリ報告をよく受けるのである。
そーいえばなんか顎とか奥歯がこってるなぁ…っていうのがよくあるんだけど、原因はコレらしい。ひどい時は食べるのも面倒に思う程だし、よく奥歯の虫歯治療した後にかぶせてある銀歯?がはずれるのもコレがガンだと思う。
フル稼働した後はメンテ、メンテ。サイボーグな気分だよね、まったく。




220608_001_aliceblog.jpg

6月21日、夏至の日、何も知らずにaliceの住んでいる場所に来た人はきっと何事かと思うんじゃないかと思う。特に夜からですが、街中がおかしなコトになっている。
ここ数年なんだか寒い夏至の日だったのですが、今年は前日まで涼しかったのに突然夏日になり、すごく良い天気。しかも土曜日なので「音楽の日」日和。この日はどこで誰が演奏しても良いという日なのです。なんでも20年くらい前からフランスで始まり、その後アチコチの都市でも実践されてるそうです。言い出しっぺの国っていうのなので、毎年盛り上がります。とりあえず外に出たら何かしらやってるので聞けます。家にいてもイヤでも外からの音が聞こえてきますし。

220608_002_aliceblog.jpg
[19時ちょっと過ぎでこの青空]

で、aliceはmaison de la culture du japon(日本文化会館)という場所に行ってきました。
小さい頃から楽屋裏から会場に入る事が多いaliceですが、今回も会場前から入り、DSで遊んで待つという子供状態です。
早めにくるように言われたので、MCJP前でウサギさんを待っていたら、halcaliらしき人たちがちょうど視界に入るトコロで写真を撮ってましたよ。ウサギさんが出て来たので「あれ、halcali?」って聞いたら、そうだと。blog用に写真撮ってたらしいです。MCJPはエッフェル塔にものすごく近い場所にあるので、aliceも撮ってみたり。

220608_003_aliceblog.jpg
[DJと歌い手二人なので、機材が少ないhalcali]

live、面白かった。なんか日本好きのフランス人若者がたくさんでした。赤いウサミミつけたおにーさんとか、ネコミミつけたおにーさんがいました。日本にはこういう人いないなー。(くすくす…)
tip tap tipsでかなり盛り上がったので、会場の三分の一くらいはエウレカ観てるんじゃないか?と思ったり。アニメの力すごいね。マーケティング関係の人たちはもう既にこれが金蔓だと解ってると思うけれど、この影響力は強大だと感じた。
halcaliはどうやら去年のjapan expoでもパリに来てたそうです。で、今回もパリの前はNYに行ってたらしい。意外と国外活動盛んなのね?とビックリ。でも外人受けは良さそうかとlive行って実感。英語もホントにカタコトな感じですが、テキトーに英単語を混ぜながら日本語で通してしまう会話したり、ちゃんと仏語でも挨拶とかしてましたし。外人に対して一番重要な部分をちゃんと押さえてました。重要なのは言葉が通じないからこそ、一言でもいいからその国の言葉で何か言う事なのですよねー。j'adore paris.とかje suis contente.とか。逆に考えると解りやすいかな。例えば見るからに日本人じゃない人が、ヘンな発音にしろ「東京好きです」とか「たのしいです」なんて言ったら嬉しく感じるのと同じ事。

その後、自転車でMCJPからmontparnasse方面へ街見物しながら走ってみる。どこもかしこも人だらけ。音楽だらけ。22時頃で夕闇がちょっとかかった感じ。夏至はホントに一年で一番夜まで時間がかかる。
軽く食事してからalice家方面に戻り、友達と合流。夜中までだらだらしてましたとさ。

220608_004_aliceblog.jpg
[0時ごろでもまだまだたくさんの人]

220608_005_aliceblog.jpg
[週末は地下鉄2時までだし、最近はvelibもあるからみんな帰らない]

220608_006_aliceblog.jpg
[お掃除の方々、おつかれさまぁ]




200608_aliceblog.jpg
[本日のほのぼの]
にゃんこがカモフラージュしてるよーな、そうでないよーな。


普段使わないソフトを一年に何度か使うのだけど、今日はその日。
毎度のことながら、むきーーーー!状態に陥る。ホント、誰だよ、illustratorなんて名前あのソフトにつけたの。
あのソフトを好きだという仲間はいなかったなぁ。いつも「illustratorって怖いよね…。」なんて会話の弾んだillustrator科であった。今からでも遅くないからgraphieとかに名前を変更してもらいたい。

かなり前にlast.fmで発掘し、そのうち買おうと思ってたCDがようやく届いた。
本とかと同じで、好きな音楽artistを見つけるのはなかなかないので嬉しい。
そういえば、その人がtenori-onにも出てまして、これも大分前からウサギさんに教えようと思っていたのだけど、両方観せる良い機会だと思いtenori-on siteに飛んで観る。googleで検索かけたらbjorkの名前が視界に入ったので読んでビックリ。既に彼女は使ってたのか。ヤッパリというべきだけど、ホントいっつも最先端。YouTubeにライブをファンが撮ったのがのってたけども、音が割れてちょっと解んない。けど、後ろのモニタに映し出されてるのはまさにtenori-on。

tenori-onは欲しいかもぉ…と思わせるものなんだけど、これはなんかきっと玩具として手に入れるものではないと感じた。もっとプロの人が使う玩具であり、機材でありっていうもの。だから、DJ関係の友達で誰か買ってくれないかなぁと思ってみたり。



さて、明日は夏至。毎年恒例の音楽の日だよ。
今年はウサギさんがお仕事してる関係で聞きに行きます。何をかというとhalcaliです。(綴りあってたかな…)
エウレカ3期だったかな?のending曲歌ってたので、aliceも少々知ってまして…。
一年で一番陽の長い日だけど、まだ涼しく曇り空続きの不思議の国ですが、夏至がくると寒くても気分は夏空です。




speedracer_aliceblog.jpg

speed racer観てきた。
マリオカート好きな人、または現在中毒のように夜な夜なplayしてる人などは是非観るコトをお勧めしたい映画。
そんなaliceもマリオカーター、マリカジャンキィですので、映画の最中シンクロしまくり。おぉ!これはレインボーロードのふわふわジャンプ地点じゃないか!とか、ここでジャンプアクションだ!とか、ほぇー!バックしながら進んでドリフトスピンっていう裏技か!とかとかとか……、マリオカート以上の激しく熱いレース展開に興奮だよ。
最近ratingが9000台に入ったのもあり、wifiで走るのがちょっと恥ずかしい腕前なので(rating高いのに弱え~とか思われてそうなので…)、密かにタイムアタックでチャンプと一緒に稽古の日々を続けているaliceにとってはとっても刺激的な映画でした。だって、チャンプの走りはホントにあり得ないトコロでキノコ使って大ジャンプするので、一応試すものの失敗の繰り返し、そして結局できないと判断して地に足をつけて走る練習なワケで…。この映画を観たら、なんだかどのコースでももっとギリギリで頑張れるでしょ!って気分になってきて、さっそくひとっ走りしたいのですが……。
今日映画を観に行こうと思ってnetで映画館の場所と時間を調べてたら、いつも行く徒歩5分にある映画館では上映してなく、montparnasse(こっちは徒歩15分くらい?)でもやってなく、人気ないのかな?と思いつつ、ちょっと遠く(といっても電車で15分とか?)の映画館に行ったのだけども、面白かったよ。さすがmatrix創った監督だなと思った。
matrixで最初の方でtrinityが回し蹴りするシーンがあって、あの撮影の仕方というのがその後色んな場面で真似したものを観たのだけど、今回もカメラワークや編集、CGの使い方や融合の仕方が他の映画では見た事のない使い方ばかりだったので、今後speed racer風なtransitionが観られるかもなぁと予想。監督がマンガ好きというのもあり、原作が日本のマッハgogogoなのだけど、漫画っぽい効果を思いっきり演出してCGで彩ってる感じ。映画を観た後の感想は「マンガだねー」なのだけど、それは正にマンガを表現しているのだから、監督にとっては一番嬉しいコメントなのかもなぁと思う。いやもう、ホントになんていうか、マンガ。ここまで手の込んだアニメを実写化っていうのはすごいの一言。すっごい編集に時間かかったんだろうなぁと想像。撮影とかもどうやってるのか解らないね、ここまでくると。
matrixではモニタの黒い画面にRGBのGの色の記号が雨のように降っていくという色の印象だったのと一転し、今回の映画では百万の色をまんべんなく使った感じ。元のアニメが60年代だか70年代のものらしいので、それを意識した世界観の魅せ方、そして細かいところまで手を抜いていない創り込みようがもう一度観たいなという気分にさせる。
メインはレースを観るコトだと思うけれど、話自体もなかなかストレートで面白かった。
純真な心はお金に勝つというmessageみたいのがaliceのオタク心を熱くさせたね。ちょっと騙された展開もありで、なかなか良かった。
最後に、speed racerっていうのは、主人公のfull nameだというのが驚きでした。




タブンきっと、仙人みたいな浮世離れしてる生活だからかもしれない。aliceはちょっと第六感っていうのが利く時がある。
偶然というので片付けてもいいのだけど、科学も魔法も両立したいaliceとしては、この能力は結構重要視してもいいかと思う。
昨日お絵描きしてたくまとらタンなんだけども、これはかなり前からnemo君とのお約束のお絵描きでして、どうしてなんだか解らないけれども、aliceは昨日なんだか解らず目が覚めたら「くまとら、くまとら…」という気分で、お仕事そっちのけでくまとらタンを描いていたのであった。
お絵描きしながらtwitter覗いたら、motherネタが少々浮上してて「お、偶然!」なんて思ってたけども、それ以上になんとnemo君が既にまだ完成してないaliceの描いたくまとらタンの下絵(前日記にのせた画像)を元に、立体化し始めていたのであった。最近ゼルダに出てくるおじさんとか造って楽しそうだなーって思ってたんですが、まさかもう粘土こねてるなんて想像外だし、このシンクロというか、aliceが感知したmother周波は嬉しくもある楽しい偶然。
さっさとくまとらタンのお絵描きに取りかかりたいのであるが、alice作業の方がもう少しで片付きそう(といっても一週間は余裕でかかるであろう)なので合間を縫って進めたいトコロ。
それにしてもnet関係は不思議と水のエレメントの星座な人が友達に多かったりと、なんだか妙な具合にtechnologyとspellの入り交じる不可思議zoneですな、いつまでたっても。

それはそうと、明日から毎週映画館通いだよ!明日はspeed racer、来週はナルニア、再来週はwall-e、7月頭にkang-fu pandとhancock、で8月に入ったらbatmanのdark knightだよ。8月末から二週間の夏休み旅行のチケットも買ったし、頭の中はもう既に夏休みぃ。
まぁでも、現在こちらは学校機関はテストだらけという、ホントに学年末なので学生気分で夏を夢見て現在を乗り切るのである。




160608_003_aliceblog.jpg
なんとなく目覚めたら気分はくまとらだった

160608_001_aliceblog.jpg
かなり前からある下絵

160608_002_aliceblog.jpg
造形しやすそうな形にしようと試行錯誤
でもなんだか小さくなるほどなんかヘン




6月は忙しいね。
一年のうち、年の初めは元旦にあるのだけど、日本式に4月も色々芽吹いて新年な気分だし、EUで生活するようになって以降は9月も新学期という気分で年初めって感じになり、aliceの中では年に三回「おーし、今年もガンバルぞ!」とか一応気合いを入れてみたりする。
けどまぁ、いつものペースで他の大陸時間で時差のズレがない生活の為、その誤差修正でゆるゆるとalice時間のリズムなのである。
と、そんなコトで次の一年の始まりは9月なのですが、7、8月は夏休みモードなので6月が年末で忙しいのです。もっと正確に説明すると、7月8月はほとんどが一般的に機能してくれないので(例えばどこかの会社に電話しても担当者が休みだとかばっかり)、どっちにしろ夏休み期間に何か連絡とりたくても9月以降になってしまうのです。そう、夏は働くなってコトなのです。
aliceの場合は好きなことしてるので、お仕事との境界線が区別しづらいので、働かないという意味がちょっと定義付けしづらいのでありますが、要するにずーっとげぇむしててもいいんだよ!っていうコトでしょうか。または旅行に出かけて完全offlineっていう日々のコトでしょうか。なんにせよ、夏休みが待ち遠しい。だから今日も世間一般世界中で日曜日ですが、aliceはだらだらしつつも作業、さぎょう。
だがしかし!最近妙に忙しく出張続きだったドラゴンが帰還し、ご飯係復活だよ。うれしいね。ありがたいね。外食や拉致の日々から解放だ。結局ウサギさんはあんまりご飯係してくれなかったもんね。けど非常食いっつも買っておいてくれる心優しさ。aliceが何か作ればよろしいんでしょうけど、お料理してるとお料理するだけでお腹いっぱいになりませんか?で、結局作ってもお腹いっぱいで食べれないとかなので、それだったらげぇむでお腹いっぱいの方がalice energyになるそうなんですよ。
というようなalice伝承文を書き記したところで、今日の日記はおしまい。




Image 2

iconつくって遊んでた。
bit alice作成は微妙なバランスの匙加減がむずかしい。
ついでに印刷してシールにもしてみてたりして。
さて、まだ今日のノルマが残ってる。
こんなことして遊んでたからだ。
けど楽しかったのでいいのだ。




げぇむの話。
世界樹の最後の山を越えたいトコロだが、じっくり味わいたいのもあってまだ再開していない。最近はマリオカートがまだメインで、作業合間にぱねぽんしたり、時々Dr. Mario。麻雀もしたいトコロだけど、日本人のいそうな時間にげぇむできてないので、三つのげぇむを順繰りにしている感じ。全てonline対戦だけで遊んでるね。どーしてこうもonlineは面白いんだ。
マリオカートはもっとタイムアタックで色んなコースを熟知したいのは十分承知の上だけど、どうしてもonline対戦が楽しくて仕方がない。もはや中毒。ratingが5000~6000台の人には大体勝てるっぽく、そういう人たちの多い12人対戦だと賞金稼ぎ状態。7000台に入ってくるとやはりアイテム攻撃、置き方、かわし方のレベルが上がるので、苦戦してくるワケだが、そこがまた楽しい。ウソのようなrating9000台に入ったのもほんの一瞬。先日8人全員rating8000~9000台で熱い戦いをした結果、あっという間に8700辺りに急降下。負けばっかりではないのだけれど、上位3位以内に入るか最下位辺りかという、波瀾万丈のレース展開。player全員至近距離を走行してるので、もうなんていうかアイテムボックスを通り過ぎた後が地球誕生に起こったカオスの様。そういえばplayerの中にdrunken Mとかいう名前の人がいて、こ、これは……drunken masrter?と酔拳使いの中国人を想像しながら走ってたよ。Miiもそれっぽい感じのインチキ中国人っぽかったし。(あぁ、それから時々jackie chanっていう名前の人もいるんだけど、いつもその人ゲストで走ってるんだよね。あー、やっぱりジャッキーはゲストなのかーって思ってくすくす笑ってるよ)
もうなんていうか、まともに走れないけど楽しいのなんの。女子らしきplayerはaliceのみっぽかったのですが、全く容赦ない。むしろいじめられたというか、吹っ飛ばされたというか…。他のplayerも楽しかったっぽく、その8人はかなり長い時間一緒に遊んでました。

Dr. Mario。これはアメリカでも出たそうなので、必然的にaliceはアメリカにお住まいの方々と対戦する事が多いという方程式。
ぱねぽんと違って、wiiなので作業机でsearchかけながら作業することができないので、マリオカートが終わってからちょこっとするとか、そんな感じで遊んでいるのだけれど、最初は勝ちが続き、ヤッパリ日本人のげぇむの腕はレベル高いなぁと思ってratingも驚くべき6900台に入ったのだけど、甘かった…。今日久しぶりに対戦したら強い人ばっか!また6600台に戻りました。道は険しい。

ぱねぽん。
作業合間の眠気覚ましで対戦してますが、aliceのsearchかける時間帯はこっちの丑三つ時辺り。searchかけて作業してると適度に誰かしらと対戦が臨めます。ドクマリしてるとヘタッピになってるっぽい錯覚に陥ってるぱねぽんだけど、まぁ無難にhard対戦で勝つ事ができるので、それほど腕は落ちてないかな。でも、やっぱりイマイチ頭がついていけてない感じがする。

と、なんだかんだいいつつ、忙しくもげぇむは欠かせない。さっさと作業終わらせてげぇむ三昧にすればもっといいんだろうけど……。まぁ、それはおいとこう。




下絵を鉛筆描きしてscanして、photoshopで線を整えたりお掃除作業してから塗り絵っていう過程を、一枚ずつしていたら飽きてくることもないのだろうけれど、何枚も連なる絵になると統一性を持たせるために下絵の時期、お掃除段階、塗り絵段階、でその後の調整と、一枚描いてから塗りまで非常に時間がかかる。そして現在塗り絵過程のちょうど真ん中辺のページにさしかかり、なんだか手を動かしても先に進むのはまだまだ先じゃのぉ…って途方に暮れつつ、洞穴で穴掘りして真っ黒になってる炭坑夫の気分。
こぉいう時は大抵げぇむの戦闘曲をメドレーにしていたりするのだが、今回はちょっと違う。最近どこでやらいつの間にか入手してたトップ1全6話を観ましたせいか、ガンバスターとディスヌフが宇宙を駆け抜けるように華麗に戦う姿がalice脳内で激しく展開。
バスタービームとかイナズマキック炸裂だよ。ディスヌフかっこいいよ。ディスヌフほしいなんていう次元じゃなく、ディスヌフそのものになりたい。
トップ1を観て、おねーさまが鉄下駄はいてトレーニングしてるのとか、熱血だとか根性なんていう過去の産物が恥ずかし気もなく不可思議な戦闘服を着た少女たちによって演じられているのだが、後半へ向かって宇宙へ旅立つことの偉大さというか雄大さというか、そういうものが時空を超え、ますます暑苦しかった。いい意味での暑苦しいですよ。
光の速度で移動していると、地球時間と宇宙での時間のズレはとんでもなく、主人公たちは12000年という途方もない時空を超える覚悟をもって宇宙怪獣と戦う。宇宙怪獣の強さとその大きさも天体規模であるが、12000年という時間単位も尋常じゃない。こういった想像を絶する膨大な量のものが浪漫であり、それは鉄下駄と根性でもって縁取られているという印象のアニメであった。
そんなこんなで、暑苦しくはあるのだけれど、ガンバスターとその操縦者である主人公たちがalice脳内で戦ってるため、たらたら作業しつつも気合い入れてもらえて良きコト。
それ以前にいつどこで入手したのか記憶にない、aliceのマイクロブラックホールはdesktopのmilkたん(iMac)ですね。





なんだか意味も解らず忙しい。とりあえずaliceの作業速度の遅さが原因かと…。
そんな現状だけども日曜日はdisneylandではなくdisney studioっていうトコロに行って来たよ。disney freakじゃないんで詳しく知りませんけど、disneylandの横っていうか同じ敷地っていうか取りあえずすぐ隣にdisney studioなるものが何年か前からあるらしい。一緒に行くことになっていた仏人友達がdisneylandよりそっちがいいな~っていうので、行ったこともないし行ってみるか!っていう感じで行きましたわ。
disney studioっていっても、なんかdisneyって感じじゃなくて、どこぞのなんちゃらstudioっていうhollywoodのテーマパークと同じ感じじゃないかしらっていう雰囲気だった。どっちみち、そのなんちゃらstudioにも行ったことありませんけどね。pixarものとかhollywoodの映画関係のアトラクションとかロックスターのジェットコースタとか、なんかdisneyという名ばかりで、これといってdisneyじゃないものばっかりな感じだった。大体pixarはdisneyじゃないし……。一応disney関係ではあるけども、でもでも……え~?です。
disney一族って、ダメダメですよね。あそこまで規模の大きなものになると、意思を引き継ぐだけでは後継者になれないのでしょうか。そういうのが形になってテーマパークになってた感じがしたよ。それぞれモチロン乗りもの自体は面白く、行った価値はあったんだけど、conceptが曖昧でどう結びついてるのかワケワカラナイし、大体夢がない。
disneylandはなんだかんだ言いつつも、行ったら魔法にかけられる。けど、disney studioにはそれがなかったなー。という感じで、一度は行くことをおすすめするけれど、一度で十分だと思う。finding nemoのdudeと一緒に海流に流される感じになるクラッシュコースタは面白かった。pixarファンにはちょっと見所ある場所でもあるかもしれない。
それにしても仏人と一緒に行くと疲れるゼ。アイツらの国民性はぶつぶつ文句を言うことなので、特にこういうアメリカンで、しかも作り上げられた偽物の場所で、その上ちょっとした協調性を伴う団体行動ともなると、その性に合わなさが露見するというかなんというか……。なんか冷めすぎてるヤツらなので、ある意味面白くはあるんだけど、こぉいう場所ではハメを外した方が楽しめるよ!なーんて思った。けど、食べ物とかレベル低すぎるのでこれをどうにかしないことには仏人が頻繁に訪れることはないであろう…。
それからもう一つ、子供観察好きのaliceが感じたこと…。それは……、disneyに来てる子供、かわいくねーよ!外国人もたくさんでしたけど、あちこちで子供観察をして目の保養をするろりこんaliceにとって、今のところ一番aliceのはぁとをぐぐっと鷲掴みにするのはluxembourg公園周辺に出没するブルジョアっ子なんだなぁとしみじみ思った。ヨーロッパでかぁいいオサレ子供が観たいと思ったら、迷わずluxembourg公園周辺!と覚えましょう。

以下の画像はちょっと時間の都合でいつもみたいに手を加えてません。clickで拡大可能。

100608_001_aliceblog.jpg

100608_002_aliceblog.jpg

100608_003_aliceblog.jpg

100608_004_aliceblog.jpg

100608_005_aliceblog.jpg

100608_006_aliceblog.jpg




偶然はよく重なるというけれど、今日はかりなたんから生まれたばっかりの子供の写真つきお手紙が朝届き、夕方にYouたんに頼んでおいたもの+お手紙とおかしの入った小包が届く。
そう、今日は郵便についてる日。郵便好きのaliceには嬉しい。だからかどうか不明だが、起きてからそのままひたすら作業机に向かっていて、気づいたらとっぷり日も暮れてきたという感じであった。お日様の出ている時間ものびたっていうのに、いつも明るくなってから寝てるし……、明るいうちに外に出る時間の少ないaliceなワケです。夏休みは日に当たる予定。光合成しないと成長できないし。

060608_001_aliceblog.jpg

ひょっとすると日曜日disneylandに行くかもしれない。
EUにあるdisneylandはパリ郊外に一つだけど、毎年赤字で困ってるらしい。aliceは二回行ったことがあるけれど、一回はお仕事でだったし。これといってつまらなくはないけれど、どぉも本物の眠れる森の美女の舞台になっているお城とかがある国にdisneylandっていうのは少々違和感があるのかもしれない。
disneylandについてはもしもホントに日曜日に行ったらまた記述することにしよう。
その心の準備ではないけれど、今日の作業のお伴はthe music of disney - a legacy in songっていうのの三昧組。disney classicからアラジンくらいまでの歌を中心にしたdisneyメドレーとでもいう感じの音楽。アラジン前後で新たなdisney黄金期があったのだけど、最近はpixarなしでは伝説の作れてないdisneyであるが、初期の黄金期から中盤までは正に秀逸作品しかない。音も然り。ついつい口ずさんでしまう歌ばっかり。宮崎もいいけどdisney classicも見直したい。

060608_002_aliceblog.jpg

Youたんに頼んだものはウサギさんにあげるお誕生日プレゼントをamazon.jpで買い、海外郵送しないものだったのでYouたん経由でこっちに送ってもらったものなんだけど、ついでにカエル着ぐるみミクルも買って一緒に送ってもらった。
そしてまたもやポケモンgoodsがこっそり同封されている心づくし。シェイミかぁいいな。いや、でもalice、ホントはポケモン詳しくないんですけどね……。

060608_003_aliceblog.jpg

みくるちゃんはこの格好が一番かぁいい。本編でもずっとこの姿で動き回っていてほしい。動かなくてもいい。こっそり画面の隅とかにいてくれるだけでもいい。椅子に座ってるだけでもいいからこの姿でいてほしいと願ってやまない。
今日からいつでもaliceの視界にこの姿でいてくれるのは至福としか言いようがない。ついでにこれでお茶をいれてきてくれたら死んでもいいかも。

060608_004_aliceblog.jpg

ウェイトレスみくると並べるとそのかぁいさが引き立つ。みくるビームも効かないね。なんだかんだでaliceのフィギュアもこんなに増えてたりする…。
みんなかぁええのぉ~☆(ほぇぇ)




050608_001_aliceblog.jpg
[台湾茶屋の定番茶には黒い大きめのタピオカみたいのが入ってる]

ここのトコロ、拉致られ率の高いこと。初夏だというのにぐずついたお天気@EU全体的にっていう日々で、相も変わらず家の中で活動中のaliceには寒さこの上なく、分厚なノルウェーセータを羽織ってmacに向かってカチカチしている、端から観ると絵に描いたような不健康aliceを放っておくことができない人っていうのがいるのですね。
いや、本音を言うと出かけたくない。ようやく色決定で塗り作業に入れたのでさっさと今の作業をチャッチャカ進めたいのではあるが……、拉致られるのも悪くないもんなんだよ!

050608_002_aliceblog.jpg
[うさぎ好きには心臓どきどきになる]

ま、そんなこんなで時々、突然にしてアチコチ連れ回され、しかもalice趣味をよぉく理解してくれているのか、お気に入りにcheckされる場所が多く、aliceの脳内listの中で通いたくなるお店の名前は少しずつながらも増える傾向にある。
この街はちょこっと不思議魔法がかかっているようで、外を出歩いていると楽しくなってくる場所なのである。サスガ世界中からオサレさんが集まる場所だけに、他の国の都市に比べると気軽に、しかも手頃にそういった気分的解放みたいなのが出来るように思う。都市の大きさも広すぎない、かといって小さすぎないというのが良いのかも。
武士道を通して日本のワビサビが解るっていうのと似たようなもの。オサレするコトが、ここの国の特徴なのではないかと、最近なんとなぁくぼんやり解るように思えてきた。けど、重要なのは千差万別というコトでもある、というのも忘れてはならない。




030608_aliceblog.jpg

三日間色を決めるのに悩んでた。
今日になりようやく大体の色に納得し、
print-outしてはモニタの色とにらめっこ。
aliceの使用する色は家での印刷ですら時間のかかる作業なのだけど
印刷屋さんに持っていくとますます難解きわまりなく…
それでもなんとなぁく発色の良さそうな色とか
全体のコントラスト強めては印刷した紙を並べて眺めてため息。
そんなのの繰り返しで三日経過してたよ。
けどまだなぁんか納得いかないんだよなぁ……。




010608_aliceblog.jpg
[銀子]

aoiに銀子ちゃん描いてもらったので、aliceもなんとなく描きたくなって描いた銀子ちゃん。モチロン「やらしぃ。」って言ってる場面がなんとなく頭にこびりついてるのでその情景。
銀子ちゃんはvaioっぽいノート使ってるっぽいんだけど、ここは銀色のmacbookPro持たせてみた。ちょっと分厚い感じになってので、powerbookでもいいや。とりあえず銀色のマシン。
眼鏡にパッツリ切ったおかっぱっていうのは、aliceと同じなんで、desktopにこの絵が出てたらウサギさんに「なにこれ?アニメalice?」とか言われた。aliceは前髪ないよ!この子はおでこ見えてないでしょ?わかってないなー。なんて紅観てないウサギさんにぷんすかしたのであった。
そういえば、同じ髪型といえば電脳コイルのヤサコだけど、未だに描いてなかったな…。




数日前からalice家のレーザー白黒プリンタが壊れまして、hardの問題っぽいのでこれでもウサギさんとアレコレ試したのだけどもお手上げ状態。というワケで、買いにいってきた。電子器具関係のお買い物はやたら行動の速いaliceとウサギさんである。ちなみにドラゴンはまた出張中。現在はウサギさんがaliceのご飯係である。
レーザープリンタは二台目。前がepsonのEPL-6100Lっていうのだったんだけど、ペンギン使いのウサギさんのマシンからは直接印刷できず、inkjetのcanonをいちいち繋げたり、dataをドラゴンmacや最近だと母船1TBのnoizi(externalHDD)に送ったりしてそれをmacで開いてから印刷っていう段階を踏まなくてはいけなかったのだけど、それはどうやら6100Lの「L」ってのに問題があったみたい。Lはlimitedの意味らしく、窓や林檎はほぼ問題ないのだけど、ペンギン(linux)系のサポートがhard自体でlimitedされてるってものだったらしい。6100を買ってれば問題なかったのだけど、レーザー初めてだったのでそぉいうの何も解らず安い方買ってみたっていう感じでした。limitedっていうのは出さなくていいのではないでしょうか…。まぁ、aliceも長年林檎使いとして「なんでこれこんなに格安なのに窓しか対応じゃないの!?」なんていうコトばっかりでしたので、こういった理不尽には慣れてるといえば慣れてるのだけど。
それにしてもレーザー安くなったね!前の値段でレーザーカラーが買えちゃう気がする。けど、レーザーカラーなんて家では使えないなぁ。と、色が命のお仕事関係をしてる人は思っているに違いない。

310508_aliceblog.jpg
[次の大会には出ようかな]

さて、げぇむ話。
本日はりありぃの友達とマリオカートの約束でして、相手はaliceと知り合う以前はげぇむをきっとしたことない人たちという一般人レベル。video chatしながら遊ぼう!ってコトでしたが、向こうには映像が観えるんだけど音は聞こえず、こちらは映像は観れないけど音は聞こえるっていう状態だったので、向こうが言うことに対してこちらは文字を打ち込んで答え、身振り手振りで映像を送ったりと妙な感じだったけど楽しかった。
YouたんとGくん、まだスターカップもスペシャルカップも出してないみたいで、レインボロードで走り出した時「おー!」って何度も言ってるからこちらはそれを聞きながら大笑いしてました。大体マリオカート自体が初めてっぽいので、ロケットスタートも知らないようだったので、スタートするとGくんが「aliceとウサギさん異様に速くない?!」とかつぶやいてるのが聞こえてくるので、すぐにでも教えたい欲求があったのだけどもレースしながらchatで文字打ち込むのは不可能で歯がゆかったなりね。
wifiに繋げて遊ぶコトも初めてっぽかったので、ノラで走るといういつものげぇむ友達との遊びはやめて4人で遊んでたんだけど、途中へきるり参戦でまた盛り上がったのでした。YouたんとGくんは「え?だれ?」って感じで驚いてましたのでchatで説明し、事情が見えてないへきるりにはちょっと間があったかもしれませんね。すみません…。
「へきるりは、aliceのマリオカート友達の中でも1、2を競う速さの持ち主だよ!」って説明してまして、ウサギさんもaliceからへきるりの速さに関してはさんざん聞いてるので、YouたんとGくんはその速さを、ウサギさんは速いだけじゃない!アイテムの使い方はこうだー!みたいな走りを間近で観ることができて感動してたよ。
チーム戦でへきるり、alice、ウサギさんvs.Youたん、Gくんってなった時はその点数差に笑っちゃったけども、勝敗は誰も気にしてなかったように思う。また遊ぶのが楽しみ。
Gくんはポケモンカンパニーの人なんだけど、「aliceちゃん、プラチナ買ってね!」と言われた。aliceの分と弟くんの分と2本貢献いたしましょ。っていうか、未だにパールが殿堂入りしてない件…。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。