ADMIN TITLE LIST
240808_aliceblog.jpg

ではちょっくら旅行に行ってきまーす




babylonad_aliceblog.jpg

babylon A.D.観てきた。異色の映画監督であり、映画を撮る為に時々俳優もするmathieu kassovitzの最新作。
近未来SFは大好きだし、原作を読んだウサギさんが「絶対観に行かなくちゃ!」って張り切ってたのでちょっと期待して観てきたんだけど、出来はまぁまぁかな。未来設定とかは観る価値あり。
主人公がriddickの人なのを話し方とか聞いてて思い出して、ちょっと笑っちゃった。なんかこの役者、こーゆー役しかやらないのかな。でもこの感じがピッタリでいいんだよね。
aliceは原作読んでないのだけど、ちょっと話の展開的に「?」っていうやや不自然な違和感が残る部分もあったんだけど、それなりに面白くは出来てたので原作のがずっと面白いらしいので読んでみたいのだが、原本は家にあるものの仏語である。分厚いし、英語以上に重い腰を上げないと読めないので遠い未来に読めたらいいな。
もうちょっと書きたいトコロだけど、少々時間がないので短く終了。

ブレードランナーを越える近未来SF映画は……、まだ観てないな。




もうじき夏の大旅行だよ。気分は「オラわくわくすっぞ!」
丁度お裁縫完了と同時にYたんから電話で、なぜかlittle britainとかいうBBCのお笑い番組をDVDに焼いてくれとの旨。動画をmacで観るのはほぼアニメのみのaliceは、落とすことはしてもDVDに保存するとかそゆことしないし、ましてやDVDにdataとして焼くことはあってもそれをDVDデッキ(っていうのかな…名前がよく解らない)で再生するっていうコトはしないので、はてさてどーしたものかしらと試行錯誤で色々してみた結果、5枚DVDを無駄にしたトコロでdataだけDVDに焼いて一応VLCでは観れるよ?という結果に終わる。ここ数日なんだか機械関係についてないので無駄あがきしても空DVDの無惨な残骸が増えるだけと思い、普段だったらもうちょっと格闘しそうなのですがさっさと旅行の荷造りなんてしてみた。
いつもいーーーっつも旅行の前日の真夜中に荷造りしてるaliceとしては実に珍しく余裕の出発二日前に完了。今回は初めて行く国であり、大まかに三カ所巡礼するのでトランクではなくバックパックなのもあり、実はバックパックで旅行したことのない何気にオジョウサマかもしれないちっくな旅行好きaliceとしては、そーゆー事情もあって気が急いたというかなんというか…。
そういうワケで、白状すると今までテントとかでoutdoorな旅行なんてのもしたことない。寝袋で寝たことすらない。なんちゃって旅行者だったりする。至って健康であるコトに間違いないのだけども、やや微妙な場所を大けがしたことがあるので、おっきなバックパックを担ぐのが心配されているのだが大丈夫に決まってる。
もう一年前から計画してた旅行なので楽しみだよ。ちなみにaliceの旅行計画は既に2011年まで決定されている。
普段引きこもってて、この引きこもりな生活も大好きなのだけど(家に居ながらにしてなんでもできる感じがする)、旅行に出て後悔したことは一度もない。むしろ画面で観る映像なんかがいくら鮮明で、それだけ観て満足してても、やっぱり実際その場所に行くコトというのはaliceみたいな人間には必要なenergyになるのです。思いもしなかったような着想が生まれたりするので。
そうそう、百聞は一見にしかず。走行距離や使うお金や時間などの消費energyは家にいて映像を観ているのと比べ物にならない膨大さだけれど、そこには必ずそこまでする価値があり、いくら何時間映像を見てても観えないものがみえるし感じることが出来る。反対に考えると出かけてしまった方がその分「行ってみたいなぁ」と思っている間の時間消費に比べるとあっという間である。
なんにせよ、旅行の楽しみはある意味別の惑星にいくみたいな気分が味わえます。SF体験だよ。
結論。オタクはもっと旅行すべき。きっとすごい発想の物語が旅行を介して生まれるはず。





220808_001.jpg
夏休みの自由研究終了
クロススティッチを習得した

220808_002.jpg
これらが夏休みで作ったお裁縫陣
結構な量である
ホント、廃人になってずたぼろで作りきったよ
なにかに取り憑かれていたのかもしれない…
でもそれがなんなのか作りきった今になっては不明である…

220808_003.jpg
最近観た面白かったものの写真を網羅
公園で強風にご用心の看板というか注意立て札というか、そゆもの

220808_004.jpg
made in englandのマイティー味噌!
名前が素晴らしい

220808_005.jpg
麺類はこんな感じでいろんな種類があった
メーカー名はなんとking soba なんか強そう
なんといってもパッケージデザインがロンドンちっくでカッコイイ
でも味は保証されてないので買わなかったよ

220808_006.jpg
kawaiiってのはかなり浸透した単語になりつつあるのだけど
これはcawaiiだから、キャワイイと読むべきなのかな

220808_007.jpg
なんとも言えない70年代風の少女マンガな絵柄の物体が並んでいて
写真とらずにはいられなかったよ
どんな子が着るのかな…
ちなみにここは子供服売り場@某デパート




さて、世界は北京オリンピックで盛大に盛り上がっております。特に今日はなんだか大雨でhappening続きで大変だった様子をダイジェストで夜のニュースとかで眺めてるaliceであります。根性とか忍耐っていう単語、それ自体が存在しない国なので国は広くても熱くなる人もそれ程いないのだけど、それでもオリンピックっていうのは何か特殊な力があるようで、sports全く興味なしのaliceもそれなりに楽しんでいたりします。
それにしても毎回なんだか競技が増えてませんか?削られる競技もあるらしいのですが、数が多すぎて何がなんだか解りません。ルールが解らなくても楽しめるのは、解説者たちが自分の国が勝ってると我を忘れ、解説しなくちゃいけないのに何言ってるのか解らない叫び声をあげたりするからではないかと思うのですが…。
オリンピックで観たい種目っていうのがあるのですが、不思議の国ではフェンシングだとかカヌーだとか興味がない以前に知りもしないようなものばかりテレビで放送してまして、中国雑戯団みたいな体操競技が観たいのに中継で観れず至って退屈です。
しかしあからさまにお金持ちの国、人口の多い国がメダルを取るのは当たり前の公式なので、陸上競技でジャマイカとかがメダルを取るのは爽快極まりないです。
そこで提案。
今後のオリンピックではユニフォームを統一っていうのがいいのではないかと。
そのユニフォームっていうのは開催国が自由にデザインできるというものだったりするとクロスロオドちっくに楽しいかと。
とまぁ、毎回オリンピックの度に思うことを今日もまた日記につけているワンパターン思考alice。
ここ数日は引き続きお裁縫だよ。毎日毎日もう意味不明にお裁縫してるよ。
夏休みモードのaliceはいつも以上にめぇるの返信が遅れにおくれ、痺れを切らした母上から電話が鳴る始末。

alice母上:もー、あーたなにしてんのよ?
alice:夏休みでなーーーんもしてない。だらだらだらだらだよ。げぇむもせずに刺繍してる。
alice母上:え?なにしてるって???
alice:刺繍だよ。お裁縫!
alice母上:もー、訳解んない子ねー。

といって笑われました。ホント、刺繍してる人なんてげぇまぁより少ないもんね。珍しがられて当たり前だ。
あんまりにもクロススティッチにはまり、地下鉄や映画館でもポシェットから取り出してはちくちくしてるのです。
そんなワケでげぇむはますます積まれる一方。でもちょっとはやってるよ。最近alice家で人気なのはリズム天国DSね。イアフォンもせずに朝からaliceがリズムを身体でとりながらピコピコしてるのが気になるのか、ウサギさんや妹ちゃんまでやらせてくれという程人気です。お陰で最近のalice家での流行言葉は「ぁミンナでー!」ですよ。それを誰かが言うとみんなして「わー!」って言ってます。遅れると怒られる、睨まれるのペナルティなので条件反射で「わー!」です。
silverに買うように指令のくだされたブームブロックスはalice家では不評。といってもまだ3%しか進めてないんですが、その時点でもう既に「なんかあんまおもしろくな…」って思わせる時点でもうダメかと…。EAだからキャラもかぁいくないし、音楽やステージが単調すぎて飽きてくるし、ここだけの話aliceはwiimoteのコントロールが苦手なんだよね。きっとaliceのバランス感覚がヤヴァいんだと思うんだけどもさ……。実はハギシリ先生のトコロで検査した結果、aliceは目をつぶっている方がバランス感覚が良いらしいのだよ!?そしてあろう事か、目をつぶって何かかじってる時が最高にバランスが保ててるらしいんだよ。
ま、そういうのが影響してるかどうか不明だけど、取りあえずcubeコントローラが身体の一部だよ。
そんなこんなで、刺繍のし過ぎで今度は顎じゃなくて肩と背中がこってる。どーも凝り性な性格らしく困ったもんだ。
その他最近見つけたおもしろいものの画像などもあるのだけども、また後で気が向いたらそれはuploadするかもというコトでまたお裁縫でちくちくしてくらー。




170808_001_aliceblog.jpg

cite de l'architecture et du patrimoineに行ってきた。chaillotにあるmuseumでエッフェル塔がよく観えるトロカデロ広場にある建物。もとはパリ万国博覧会(多分ナディアの舞台になってる時期だと思う)の為にたてられたパビヨンの一つで、取り壊されずに建ってる数少ないものの一つ。
19世紀末のこの辺りの写真を観ると、別のパラレルワールドみたいでホント面白い。興味がある人は現在とその当時の写真を探して比較してみるといいかと思う。実際にその街に住んでるaliceとしてはもっと不思議な体験ができる。というのも、パリは世界でtopクラスの観光都市なので街の外観がとても美しい。つまり100年前の街の姿のままでほぼ残されているので、ますます異空間を感じることが強まるというか…説明難しいけどそんな気分になる。
で、今日はそこのmuseumで中国に関する展覧会があるっていうので旅行前に学習ってコトでE君とともに社会科見学なのでした。珍しく遅れず、時間ピッタリに到着という快挙。いつも遅刻魔ですいません。

170808_002_aliceblog.jpg
まずは常設展をみるというコトで…。
ここにはフランス中のいろんな建築模型や修復の際に作る型が展示されてる
型といっても本物と同じように出来ているので圧巻

170808_003_aliceblog.jpg
低レベルの大聖堂マニアなのであちこち観た大聖堂からの型もあり
実際に観るよりも近距離で観察できたり
塔の上の方の細工を目のあたりに出来たり、貴重な体験が出来ます

170808_004_aliceblog.jpg
これはデフォンスというパリ市内からちょっと出たところにある
近代建築だらけの商業センタに新しく建つかもしれないビルの模型陣
もっと面白いのもあったんだけども、撮影禁止でこれしかない…

170808_005_aliceblog.jpg
別の階にはフランスのあちこちに建ってる特殊な建築の模型や図面があり
参考資料なんかもちらほら展示されてます
これはちょっと気になったので…

170808_006_aliceblog.jpg
これもちょっと気になったので…
inspirationっていうのは何処から得るのか不思議なものだな

170808_007_aliceblog.jpg

中国に関しての展覧会は、中国の都市の変化と移り変わりみたいなものなので、これといって美術品が観れるというものではなく、特別カメラの対象になるようなものはなかったし、多分撮影禁止っぽい感じだったので画像はなし。
気づくと二時間半程があっという間に過ぎ去っていて、外で空を見上げたら一気に疲れが出てきたよ。最近のパリはもうなんだか秋のように涼しげで、本日も長袖。
先日も自転車に乗ってたら寒いくらい!それにしても革命記念日で軍隊祭りするのはいいんだけども、戦車が通った後の石畳程自転車に乗ってて不快なものはありません…。夏のパリは戦車の通った道を直す工事が多いんですよー。無駄遣いだー!その分のお金でaliceにケーキを買ってくれた方がずっといいかと思うよ?
とまぁ、戯れ言はどーでもいいね。
E君とその後カフェでレモネード飲みながらお喋りしてて、the dark knightの話になったんだけど、この映画はなんか評価高いなぁと思った次第。続編出るそうです。
E君ゲイなのですが、一緒に観に行った彼が主役のchristian baleが格好良すぎてきゅんきゅんきてたそうです。(くすくす…)そーゆー視点で考えたことなかったので、DKはそういう方面からも人気なのかぁ…と無意味に関心。
というよりも、aliceはあの大富豪がaliceの友達のNE君に似てるなぁと思うんですよね。あんなに丈夫に引き締まった感じではなくひょろひょろなので、鍛えたらNE君はそっち方面で人気でるのかぁ…なんて無意味なことも考えていたのであった。




160808_aliceblog.jpg

gomorraという映画を観てきた。カンヌで賞をとったイタリアマフィアのお話。問題作。
イタリア映画で仏語字幕なので少々aliceには難ありなのですが、字幕自体はそれほど問題なくいけたのだが……、なんだかだんだん複雑になってきて最後の方は頭が混乱しそうでした。とほほ。
映画鑑賞後はウサギさんとドラゴンに色々質問をぶつけ、なるほどー!って感じでクリアです。スゴイ映画でしたわ。
何がスゴイかっていうと、もうなんていうか同じヨーロッパの土地にこんな場所があるのかという事実がものすごいです。あー、なんて安全な場所に住んでるんだろうと、平和バカ気分を味わわさせていただきました。
イタリアには何度か旅行しているのだけど、舞台となってる南の方のイタリアはaliceの知ってるイタリアではない場所でした。
貧しい地区であるというのは、その殺伐とした感じで察することができるのだけど、実はその貧しげに見える土地では巨大な額のお金が毎日動いているのである。
パリでもスリなんていうのは日常茶飯事にありまして、大抵は子供がこそっとバッグを開けて盗んでいくのですが(aliceも二回くらい鞄を開けられた経験あり、盗まれてはいないけど)、この映画の舞台となる場所では全てがマフィア絡みで、そこに住んでる子たちはとりあえずマフィアの手下になるというのが生きてゆく道みたいになってる。そこから脱出したいと試みる向こう見ずな少年二人、見るからにまだ幼さを残す少年がマフィアの下っ端となって経験する理不尽な殺害、オートクチュールを仕立てる現場に関わるマフィア事情、廃棄処分できないゴミが実はマフィアの買った畑のようなだだっ広い土地にポイ捨てされてる現状などが、銃撃戦と共に交錯するというような映画です。重い。でもそんじょそこらの映画や物語にはない力強いmessageが込められてました。
ホント、事実は小説なんかよりずっと想像を絶するものだと思いました。知ってどうすることもできませんが、無知であるのは罪であるという気分になりました。
ドラッグなどで得た大量のお金がどこに回るかというと、政治家とかであり、そのお金の一部はNYのtwin towerの跡地の建設現場なんかに回ったりしてるそうです。もう悪循環を目のあたりに知るのですが、どうすることもできないのですね………。
この映画の原作を執筆した人は現在マフィアに命を狙われているそうです。




150808.jpg
ものすごーく怠惰な夏休みしてます
ひたすらアニメ観ながらお裁縫
もう面倒なのでパジャマから着替えない
着替えようと思ったらとっぷり日が暮れてる
ちなみにこっちで暗くなったというと21時以降
アニメ観ながらお裁縫は相性が良いの発見
お陰でdarker than blackとナディア見終えたよ
ルルーシュの18話は珍しくloopかけて観たというか聞いた
今までで一番面白かったと思う出来じゃないかしら
ロイド大好きaliceですが、じわじわスザクに心を奪われつつあったりして
あぁいう正統派に良い子的な人物がどんどん黒くなっていくのは魅力
death noteっぽくあくまで少年マンガっぽい
不可能を可能にしてる設定と演出で、軸になってる物語自体はくだらない
でも登場人物の多さとその駒の動きが観てる側を釘付けにさせてるよね

さて、最近ほぼontimeで観てるのはマクロスとルルーシュのみ
他に面白いのあるのかな…もう情報収集が面倒で………
つーわけで、旅行まで怠惰に過ごす予定
怠惰、つまり何もしないというのなんだけど
どーも貧乏性なのでちくちくとかしてるのですが
お絵描きしない日々のせいか、最近ハギシリしてないっぽく!
顎のあたりのコリがほぐれてちょっと喜ばしいのである
どっちみちハギシリ関係にかんしてはまた9月から歯医者さんに行くけど
かなりこってたので回復して嬉しい
ホント、あのコリは食べるのすら面倒になる厄介なものだったので…

110808_aliceblog.jpg
キノコシリーズはとりあえず修行完了
一応名前つけてみた 小さいのは左から:
lolita、aqua、きみどり、currant
で大きいのはヨツゴ、別名quartet
今はパックマンに食べられるオバケ(あれ名前なんていうの?)作成中




140808.jpg

という訳でthe dark knight観てきたよ。
一番最初に地下鉄でポスターを発見したときは7月公開予定だったのだけど、どういうワケだか公開が昨日に延期されてた映画。trailerを観た感じだとあんまり面白そうではなかったんだけど、先日までalice家に滞在してた友達Wたんがなかなか良かったという評価を下していたので期待が向上したので早速観てきた次第。
一応前作と繋がってる物語であるそうなのだけど、前作はほとんど記憶の彼方でしたが、これ自体だけでも存分に楽しめる作りになっていたと感じた。とにかくjokerが怖い。しかもjoker演じていた役者は確か最近亡くなったとかなんとか…。ま、それは置いといても迫真の演技というか、気違いな演技は12monkeysのbrad pittと並ぶように光る演技ではなかったかと思った。
物語は簡潔に言えば、強いheroがいる限り、そこには常に凶悪な悪者が存在するというもので、だからこそbatmanは闇に潜む黒い騎士(the dark knight)なのであるという感じでいいだろうか。結構長い映画だったんだけどもあっという間に感じるheroと極悪人の絡む刑事ものでありました。役者が達者な人ばかりで、特にbatman側の脇役が素晴らしい。aliceもwayne家に使えるスーパーバトラーalfredを召し抱えたいよ。englishアクセントが決め手なのは言うまでもありませんが。
毎回思うことだけども、ホントheroっていうのは難儀な商売ですね。報われないよ。
でもheroものの映画を好んで観てるワケですが、この映画では珍しくヒロインが死んじゃいます。最近ルルーシュでも惜しげもなくメインヒロインが抹消されていってるのを「うわ、殺しちゃうのか!」とどきどきしながら観つつ、観た後主人公と同じように多少センチメンタルな気持ちになってたりするのですが、ヒロイン殺しはなんていうかね……なかなかいいよ!物語を先読みできなくさせる作用が働くし、主人公はご乱心になるしで面白い展開になる。今後の流行はヒロイン殺しかしらね。正しいhappy endingなんていうのはもう見飽きたのでどんどんこれを採用してもらいたい。(鬼)
というかですね……、一応この映画単体でも前作観てなくてもOKな作りだと書いたけれど、ヒロイン役は同じ役者にしておいてほしかったです。うろ覚えとはいえ、一応同じ顔だったら何かしら記憶が呼び起こされる可能性もありますし…。
気になったのはそこら辺だけで、あとははらはらどきどきで観れる仕上がりでした。
batmanはなんといってもシルエットがカッコイイんだよねー。映画観ながら横顔を描きたくなったのであった。




130808.jpg

batman DK観に行くつもりだったのに、どういう理由か知らないけども近場の映画館では一番大きいスクリーンの部屋で上映してなかったので、20分前に映画館にいたっていうのに席がない…。映画館で観ようと思ってた映画が観れないってのは久々。とゆーか、一番おっきい部屋にするべきだろ!おい!って感じでmummy3観てきたよ。
この映画、aliceの中では特別思い入れのある作品ではなく、あくまでindiana jonesのパクリというか後継者というべきものか……とりあえずステレオタイプな「娯楽映画」の典型として楽しめるので観ているまでです。
が、今回はオリンピックに合わせたかの用に中国が舞台であり、尚かつaliceの夏の旅行予定は中国であり、カンフーシーンっぽいのもちょこっとありだったので別の意味で楽しめました。
伝説の土地であるシャングリラが出てくるのですが、yeti(雪男?)が出てきたり、すんごい険しい雪山で「こんなとこ行くのー?」って冷や汗でした。はい、もうちょっとしたら行くんです、シャングリラ。
内容に関してはノーコメントで…。もう予想通りの展開なので補足するもないし、観て楽しむ映画というコトにします。というか、なんか最近思考回路が英語にswitchしてて文字打ち込むのが億劫なので困ってます。




夏休みでなぜかまだパリ観光してるaliceです。書くことがないというより、書く余裕がないのでまた簡潔に写真ばっかりで済ませます。
これといって特別な写真ではないのに、数だけは多いのでパリ観光とか、美術館に興味のある方は下をclickしてくださいね。
それにしても久々に英語な日々ですが、言葉というのは一度覚えると忘れないものですね。習得するまでは一苦労ですが、言語によっては…。モチロン忘れてる単語もたくさんあるワケですけどね。
しかしかなり久しぶりに会った友達だというのに、お互い全く変わってないという超常現象。他の友達はどーしてるだとかのゴシップしてる間に一日が終わるパターンが続いているのであった。
いやはや、他の友達はけっこう変わった子もいてビックリ。
よくわかんないけど、aliceの直接友達っていうのは時間が止まってしまったような人が多いのでそれほど違和感がないのだけど、変わってしまった友達に久しぶりに会うとどんな気分なのかなぁ?なんて思う。
まぁ……、aliceの場合、小学校のときの友達に再会しても「お前はかわんねーなー」と言われるのでますますなんとも言えないんだけども。




060808_001_aliceblog.jpg
英国時代の友達が今プラハで勉強してて夏休みしにきたよ
orlyに到着 CDGばっかりでorly来たのは二回目

060808_002_aliceblog.jpg
友達はシンガポール人でして、パリは初めて
なのでパリ観光
はい、ノートルダム寺院

060808_003_aliceblog.jpg
ノートルダムの前に0地点があります
ここからが常にパリから何キロって計るそうです

060808_004_aliceblog.jpg
ほい、セーヌ川
なんか紅の豚っぽい構図

060808_005_aliceblog.jpg
パリ市内は高層ビルなんかないので空が広いよ

060808_006_aliceblog.jpg
地下鉄に乗ると暑いんだけど
時々地上に出る線だとまだましなので乗ってみる、でも暑い

060808_007_aliceblog.jpg
映画でお馴染みの見晴らし

060808_008_aliceblog.jpg
サクレクール寺院、あー、観光観光!

060808_009_aliceblog.jpg
内部の天使さん

060808_010_aliceblog.jpg
丘を下ります
夏日で暑くてみんなこんな風にテラスで冷たいもの飲んでます

060808_011_aliceblog.jpg
エッフェル塔
7月から半年の間フランスがEUで委員長なんですって
だから期間限定☆付きエッフェル
ついでに今なら夜青く光るエッフェル塔が観れるよ!

060808_012_aliceblog.jpg
鉄のカタマリだけど細工が美しい
だからこそキレーなのかも

060808_013_aliceblog.jpg
ほい、凱旋門
期間限定EUの旗付きだよ




030808_aliceblog.jpg
完成☆

ここに針を刺すワケです
なんだかかわいそうです
左のキノコはかなり小さいので
お裁縫しなさそうなロンドン在住のJサマに送ろうと思う
この間なんだか綺麗なスケッチブック頂いたので

誰かにプレゼントをする時
よく知ってる人だとどんなものをあげたら喜ぶか解るけど
趣味とかまで知らない人にはalice作成物をあげると喜ばれる
お手製の物というのが良いのだと思う
めぇるよりお手紙のが数倍嬉しいのと同じ
けど、手作りの物って時々嬉しいけど困るときもある
趣味じゃないバッグとか?どーしよー?とか思うのがあったりなので
aliceはなるべく小さくてあってもなくても良いものを作る
というか、大体実用的な物を作ろうという発想が生まれない

絵にしろ文章にしろヤッパリ自分で作る物は自分に似てると思う
ちくちく作った物も同じ、あってもなくてもいいものだけど
そこにあったらいいな、えへって笑えるようなもの
でもなんだか使えないが需要がないわけではない…
aliceはきっとまぁそんな感じの存在に近いんだろうな

さて、これを応用してまた実用的ではないぬいぐるみを作ろうか…




020808_001_aliceblog.jpg
ちくちくちくちく楽しいよ

020808_002_aliceblog.jpg
黄色い部屋のにゃんこ
ねむそー




昨日は起きたときから異常に蒸し暑く、そのまま涼しくなるまでほぼ何もできませんでした。一年に何度かある真夏日ってのですね。アジアの熱帯気候と違うので大抵数日続いてまた涼しくなるので、きっと今年もまた扇風機を買わずに終わるコトでしょう。
あーホント、東京で生きてた時はクーラーのない家とか想像もしなかったけど、いまではクーラーのある家が珍しいという逆転地にいるのね。
6月から既にaliceカレンダーは8月のzeldaになってたんだけど、ついに8月なのね。とかとか、色々思いを巡らせつつ、暑くて何をする気も起こらず、クロススティッチ(クロスステッチ?)してたよ。
いやぁ、クロススティッチ面白い。前からずーっと気にしてて、いつかやりたいと思ってたので道具は揃ってたのです。で、作り初めはマリオの雲って思ってたんだけどmother3関係にしようかと思って画像を眺めてたんだけどaliceの持ってる刺繍糸ではまったく色が揃わないので結局雲にしようと思ってたのに、なぜか1upキノコになったのであった…。
で、ちくちくしてたら素朴な疑問が浮上してきた。
お裁縫って、男子諸君はほとんどしないなぁ…と。これだけ男子趣味のaliceがげぇむなんてそっちのけで時間を忘れたように没頭してしまうクロススティッチは、何の前知識も必要としない、ただひたすらバッテンを縫ってゆくだけの単純作業なんだから、もっとげぇまぁ男子もするべきだ!とか意味不明に思った。

010808_001_aliceblog.jpg
これは既に完成したのでピンクッションにしようかと思案中
左はwall-eのルービックキューブ

010808_002_aliceblog.jpg
にゃんこは最近お風呂場が定位置なのですが
今日はもうなんだかあまりにも無防備にソファででごろごろ

010808_003_aliceblog.jpg
ねおき。いつも寝起きです、この子






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.