ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




301208_aliceblog.jpg
クリスマスにもらったvirgin maryのUSBkey
oh maria; keep my data safeって書いてある箱に入ってた
こういうcheapな感じのマリアが好きなのでツボ
USBを繋げると、心臓の部分が赤く光るよ


* * * * * * * * * * * *


さて、今年買ったげぇむ類を表にしてみた
tagで打ったのに、blogにくっつけるとヘンテコになった…
なので、表を画像にしてみた

圧倒的にDSが多いんですけど、積んだりちょこっとやっただけがほとんど
wiiは少ないね。でもマリオカートは数ヶ月はまってましたね
wii出てから二年程経過して思った事…
aliceはwiiコントローラが苦手だー!好きになれん
360とPS3のコントローラで遊んでる方がしっくりくる
もう今後あまりwiiモート付属品は買わない方向で……

そろそろwiiでアレヤコレヤ展開してくれるのではないかと思ってるけれど
任天堂以外のhardで遊びだすとイヤでも比較しちゃうaliceがいて
げぇまぁ的には360が一番遊んでて面白いと感じる
networkが有料だけども素晴らしいのね
この楽しさは一度味を覚えてしまうとなかなか別hardで遊べない
有料といっても、年間でソフト一本分くらいと考えたらnothingです
まぁ、MSの世界なので、全てはお金で解決なのがある意味イヤですが

PS3はもうちょっとonline storeを頑張ってもらいたいです
あれだけのtitleをPS、PS2時代に勝ち取ってるのですから
PS3でdownload販売をどしどしして下さいよ、惜しみなく!買うから!
と、かなり切実に思ってます
それとnetworkをもうちょっとしっかりして遊びやすくしてほしいな
ちなみに、alice的個人的偏見な目でみるとですね
EUでは360よりPS3のが人気があると思う
PS3、まぁ高価ではあるのだけれど、EUの人たちはBDとかも観れるし
なんていうげぇむ以外のものとしても観てる感じがあります
それとなんてったって、360はUSものですからねー
EU人は基本的にUS嫌いですから、PS3がもうちょい頑張ったらすぐ逆転
なんて可能性もあり得なくはない

さて、今年のalice的best of the yearに輝くげぇむは言うまでもなく
castle crashersです
なんていうか、げぇむしながら作ってる人とか考えないんだけども
このげぇむは作り手を常に想像してしまう
いいチームなんだろうなぁ…なんて感じで
残念ながら、title updateがようやくされた今現在でも
やや問題があるんですけども………
世界観、笑い、キャラ、げぇむ製全てがaliceのお好みです
そしてクレイジーモードのinsaneっぷりが鬼畜です
そんな難しさも大好きです

あと、ビックリ特別げぇむは
little big planetですねーーーー!
これは今まで体験した事のない新しい感覚でした
このげぇむの為にだけでもPS3を買うべきだと思うなぁ

こういった今年後半の任天堂以外のhardの魅力に圧倒され
かなり任天堂の評価が下がってしまいましたね
今まで慣れ親しんできた、まぁ、マンネリしてるげぇむの続編とかから
一気に洋ゲーの世界に飛んでみたのでかすむのも仕方ないんですが
来年はもうちょっとバランスのとれた目で評価を下せるといいかな

んでも………げぇむ雑誌によると
2009年の春頃からPS3や360でMMOが展開されるらしんだよねー
9月頃には大きなtitleもでるとかいう噂でして
champions onlineとか出るとやばい つーか絶対買う
warhammerも気になるのね
けど、もっとかぁいいgraphicでMMOしたい
behemothつくって、お願い 無理か

ではでは良いお年を また来年☆

301208_game_aliceblog.jpg

スポンサーサイト




281208_001_aliceblog.jpg
プレゼントたくさんもらったうちの一つ
噂のtoycameraだよ lomoみたいに遊べるというので気になって
マッチ箱くらいの大きさだから、GRと一緒にもってオルセーに行きました

281208_002_aliceblog.jpg
ひょっとすると今年初のオルセーかもぉ…
並ばないで無料で入れるんだから、もっと活用しなさいよね
オルセーは昔は駅として使われてました

281208_003_aliceblog.jpg
今は印象派の絵などを中心に比較的近代に近いもの(といっても19世紀)を
集めて展示してある場所で、ルーブルの中と少々雰囲気が違います
ルーブルが厳かといったら、こっちらはロマンティックというか…そんな感じ
例によってpicasso展の一環で行ってきました
こちらはmanetの草上の昼食とかいう絵からinspirationを受けて
picassoが連作を描いているのを集めたものでこないだのと比べると小規模
展覧会は撮影禁止だったので、画像はそれとは関係ない一枚

281208_004_aliceblog.jpg
ついでにパステル画の展示も観てきた
これはredonの絵の一部 きれー。きれー。うっとり。

281208_005_aliceblog.jpg
さて、この一週間くらいalice家でfull HD計画遂行中でした
ついに完成だよ もう戻れないこの映像美の美しさ
今までなんだったの?状態 ホント 冗談と思うならお試しあれ

上からTV、wii、network hub(やっぱり有線よね)、切り替えswitcher
XBOX360、videoデッキ(まだ捨てられない)
PS3、PS2
ホームシネマアンプ(横の紅茶の缶には単三電池の山が入ってます)

と、こんなならびになりました
DVDデッキは360とPS3で活用できるので切り捨て 場所がない
ちなみにスピーカはalice父上手作りよ オーディオマニア恐るべし

281208_006_aliceblog.jpg
家のサイズに合わせたので、そんなに大きくない26LCDにしましたが
もう一回り大きいのにしないで良かった これがピッタリ
castle crashersしかやってない状態なのでHDなんて関係ないと思ってましたが
そんなコトはない!ますますcastle crashersに愛を抱いたよ
dashboard themeは絶対コレがお勧め
だって↑みたいなんだよー?!フレンドリストが最高にかぁいいので必見

full HDを満喫するためにwipeoutHD起動
あぁ、今まで何してたの?alice…… 人生損してたな………
そんな気分になりました
その他TVあまり興味ないんで放置してたのですけども
色々チャンネル(デジタル放送みたいの)をどわっと増やしました
文明開化されました
いやぁ、wiiは兎も角、PS3と360はHDで観ないとですねーと思った
というワケですいません、まだskypeとかに戻ってません(てへ)




エジプト紀行 其の一
ここ数日は日本でいうお正月みたいな感じなので、だらだらしてます。
エジプト旅行の写真をようやく整理したので、とりあえずカイロ編というコトでまとめました。この次からは船に載ったりします。
あ、船旅だったのだけども、カイロまではさすがに飛行機で飛んでます。
いやはや、ピラミッドは死ぬまでに一度は目に焼き付けておいた方がいいのだと思う人が多いのか、エジプト旅行に来てる人って老人ばっかりに観えたのはaliceの目の錯覚なのだろうか…。
ウサギさん曰く、ヨーロッパの起源の全てはここに繋がるとのコトで、ちょっと歴史をひもとくと今までlinkしてなかったコトとかが繋がってきて不思議なものです。4000年の歴史は凄い。40世紀って果てしない。
今回の旅行で、ピラミッド作った人たちは宇宙人だと確信したよ。




231208_aliceblog.png

merry☆christ




221208_aliceblog.jpg
[この悪そうな熊の名前「bear」だそうです]

実はどうぶつの森、届いてるのですよ。しかもちょこっと遊んだりしてたりもするんですよ…。なのにonlineにはまだ繋げてないのであった。大好きなげぇむではあるんだけども、このげぇむ、トラウマがあるのでねー。おおっぴらに遊ぶとドツボにはまりそうでこそこそ一人で遊んでます。ちょっとやりたいコトがあったりもするので…。クリスマスにはonlineで遊びたいと思ってたのだけど、この感じだと無理かしらぁ。年明けにはonlineに行けそうかもだけど、その頃にはすっかりみんなの熱が冷めてそう。
飽きもせず毎度のcastle crashers。パーティには誘われたら気分で参加するんだけど、英国人だったので米人より言ってる事が解りやすいんで参加。そこになんか前から暇さえあればいつもパーティに誘ってくる某playerが乱入してきて驚いた。あれって、aliceが主催してるパーティじゃなくても入って来れるのかしらね?
まぁなんにせよ、その某乱入者にはいつも声かけられるのですが、一度も話した事はなく、今回初めて喋りましたが、あまりにも子供声でちょっと「びびった」。
ボクも声がくれよんしんちゃんなんで、少年とか子供とか間違われるんですけどね。毎回何歳だよ?14?15?とか言われるし……。大人なんですけどーって言ってるんだが信じてもらえてるかどうか解らん。
それよりなにより、ヤツらマナー悪いな。単に日本人が礼儀正しすぎるのかもしれん。かるくておばかなのは楽しいが、許せる範囲とそうじゃない一線があるね。
あとげぇむしてて思ったのは、やっぱりEU人はlady first精神が素晴らしいかも。げぇむの中じゃそんなのないかと思ってたんだけど、絶対的にある、優先させてもらってる感が。
けどなんていうか、嬉しいんだけど嬉しくないんだよなー。葛藤。
楽しければいいんだけど。
それにしてもこんなにalice時間に無理してもらうでもなく、お気軽に遊び相手がわんさかいる状態にしてくれた360、いいhardだなと思う反面、あまりにも楽しくてげぇむに裂いてる時間が多すぎるのをどうにかしないといけないなぁ。
けど、いきなり部屋の模様替えはじめてまして、完成したらかなりげぇむが快適になる予定。ちょっと数日かかるけど、楽しみ。

久しぶりにcastle crashers development blog of love(このblogの名前がまず愛がありすぎてにやける)行ったらtitle updateがまだです情報があって、あまりにもコメントつきすぎてて笑った。emil(記事書いてる人)がなんでも質問にお答えしますとかあるのに、返事が遅くて「Dude… WHEN are you going to respond? The suspense is mildly annoying me!」とか書かれてるのが笑えすぎた。それよりこのbehemothの人たち面白すぎて、読んでておかしい。「When I say programmers/testers I want to emphasis that we’re about 12 people sitting in a office/kitchen working our fingers to the bone (more kitchen than office).」とか。この手の笑いが好きすぎる。




201208_aliceblog.jpg
[エジプトでのスケッチ]

なんだか自分でもよく解らないんだけど、まぁた朝までcastle crashersやってました。
もうなんていうか、これは恋?
あのあまりにもばかっぽい世界が大好きすぎてあれ以外のげぇむが出来ない。困る程積みゲーがあるというのに。
先日ドラゴンに「最近あほっぽいコトが大好きでしかたないんだけど…」と言ったらすかさず「もう歳ですね~」とか言われた。うぅむ、確かに真面目に物事考えるのが億劫である。そんなaliceに舞い降りてきたaliceの笑いのツボ直撃のcastle crashersは運命のげぇむだわ。今年のbestげぇむ決定。
これほどまでに落ちまくるonlineの接続の悪さは類い稀なるものですが、ばかメンバが揃って砂漠でビーチバレーで負けた時の屈辱を味わったり、クレイジーモードでマックロクロスケみたいのに囲まれてぼこぼこにされて狂ったようにRT+Y連打の魔法攻撃のせいで画面上どこにいるのか解らなくなって自分探しの旅をしてるうちにポーション切れて倒れたりするのを話しながら(ある時は叫びながら)playするのは病みつく。ポイントは一緒に遊んでるメンバがばかってのですけど。ええ、言うまでもなくaliceもばかの一員。
で、実績解除に向け、アリーナもやってるよ。ようやく一勝したわ。あと39勝しないといけないなんて…。バトルロワイヤルだから、人数多い方が戦いやすいんだけど、結局一対一になっちゃって……。こういうのは相手がCPUじゃないと本気出せない性質なのかも。
けど他にも何種類かあるので、例の宝箱とか他にも弓矢のを試してみたよ。何気に弓矢使い(クレイジーモードで「こっちこないでーーー!」状態で単に弓矢連打する為用なだけ)なので弓使うのも試して、それのお陰で一勝できたんだけどね。意外とアリーナは他のバトル試してない人多いみたいで、面白いのに残念。aliceもアリーナonlineでやりはじめて初めて開拓しはじめたんだけども。はー、でもあと39勝って長いなー。

そいえば、これまた先日ウサギさんのクリスマスプレゼント(げぇむ)を買いに某所へ言ったら、12歳位の少年がHALO3を持って必死にお父さんを説得してる場面に出くわした。このげぇむもalice持ってないし、自発的には買わなさそうなげぇむなのですが、時々招待かけられるので「なんなのかな?」と思ってたりしたので、少年の横で手に取って観てたんだけど、FPSなのね。というか、人気げぇむはほぼFPSなのね。
少年のお父さんは「お母さんに電話して聞いてみる」といい、その結果却下されたようです。16+のマークだからなぁ。あの子はどう観ても16+じゃぁなかったもんなぁ……。
値段も安かったし、まぁちょこっと気にはなるんでウサギさんに聞いてみたら「やるんだったら1からやりなよ」だそうです。1はstoryがすごくよく出来てるんだって。そうよねー、やっぱりやるからには最初のからやるべきだよなぁと思いつつ、きっとまた今夜もcastle crashersしかやってなさそうな予感。




1944624978.jpg

professor moshimoと一緒にgland palaisにpicasso展観に行ってきた。
なんとこの秋から一気にパリの三カ所で大型picasso展を開催中でして、これはそのうちの一つ。どの展覧会場もnetではチケット売り切れ状態らしく、もの凄い混んでるらしいんですけども、aliceは某オールマイティカードを持ってるんで、並ばずに入れるのですよ。そんなのもあって、professor moshimoのお伴で行ってきたんですけどね。個人的にも観に行きたかったのもあったので、一石二鳥というのですが。
さて、このpicasso、20世紀最大の天才画家です、言わずと知れた。90歳位まで生きたと思ったんだけど、その生きている間ほとんど絵ばっかり描いていたと思われる程の膨大な作品の量があり、だから一挙に三カ所で大型な展覧会をしてもまだあちこちの国に彼の残した作品が余る程あったりするのですよねぇ。才能を多方向に使うのではなく、芸術という枠組みの中だけで縦横無尽にあらゆる絵を描き、陶器を作ったり、版画をしたりで開花させた作品群は観ていて大変おもしろい。
後期になるほどぐしゃぐしゃっと、けど力強いインパクトの強い大きな絵を描きまくっていたけれど、その子供のらくがきのような絵からは想像もつかない精密な石膏デッサンをteenagerの頃に完璧に完成させ、その後20代で数年色々な絵からの影響を受けつつ確立しては変容を遂げたpicassoスタイルの絵を展覧会を通して一望すると、なんだか元気になります。
彼の作品スタイルは年代別に観ると、一貫したものではなく、本当に多種多様。その当時気になったんだろうなぁという画家を模倣したような絵などは、オタク的にいえば二時創作みたいな雰囲気があるような気がしてきた。どういうコトかというと、例えばaliceがげぇむに夢中になってcastle crashersの絵を描いてみたりとか、8bitを刺繍してみちゃったよ!みたいな、そんな感じでpicassoも楽しんでいたような感じがよぉく解った気がする。
思うに……、きっとpicassoがあれ程まで描く事だけに没頭できたのは、時代の背景もあるんではないかと思うのですよ。例えば今現在aliceとかと同じような年齢だったりしたら、ひょっとすると絵だけに没頭するには勿体ない程面白い遊びがあふれているから、作品数が少ないかもしれない。又は別方向の何かを創作してたかもしれない。そんな気がする。これはpicasso一人に限らず、過去に天才と言われた人全てに当てはめる事ができるのだけどもね。
なんにせよ、picassoの絵を観てると無邪気さを感じる。picassoってこんなおじぃちゃんだったんだろうなぁ…とかついつい想像してしまう。きっと孫に「もー、おじぃちゃんばかー!」とかたくさん言われてたんじゃないかしら…と想像するのはaliceだけかなぁ?
色んな人の影響を受け、それを模倣しつつもpicassoらしさが絵に表れる。これは出来そうでいてなかなか出来ない技術。だからこそ彼は天才。そして模倣しつつも数々の彼独特のスタイルを確立したpicassoは凄い。これほどまでに力強くpicasso臭さを表現しつつ、観ている側を楽しませてくれるのはその人柄がなせる技。
あんなに完璧な写真のような絵が描けつつ、晩年に子供の絵ほど描こうとして難しいものはないといっていた彼は、「描く事はただ楽しいんだ」と常に言っているようだ。
そう、絵は巧い下手、技術があるとかないとかじゃなくて、描きたければ描けばいいんだ。楽しければいいんだよ、そう、そうなんだよね。




181208_aliceblog.jpg

怒濤のように任天堂グッズが届いたり、「実は任天堂ヨーロッパに勤務する事に決まりました!」とか友達からめぇる入ったりと、aliceが暇さえ見つけたらXBOX起動してコントローラ握ってるのを必死で呼び戻そうとしているかのような勢いなんです。
それにしても母上がようやく今年っていうか去年?のプラチナ会員プレゼント送ってきてくれたよ。何も言わないと送ってくれないなんて……。まぁ、母上にしろaliceにしろいい大人なんで暗黙の了解ですけども。
2008年もプラチナとゴールド会員でしたので、来年のカレンダーもあるよ。ピクミンとかはいつ観てもかわゆいのぉ…。(今年度は既にゴールドになってますけども、プラチナとゴールドになれるか不安。きっとなれなさそう。)
弟くんにクリスマスプレゼントでプラチナと攻略本買ったんだが……。攻略本分厚すぎです!重いです!せいぜい1cm程の厚さを予想してたaliceは甘すぎたよ。ジャンプ位の分厚さあるよ。
で、DSiもエジプトから戻ったら親友から届いてた。aliceに贈呈ですって☆持つべきものは友ですね。けどごめんなさい。まだ未開封。(ぇ)
そういえば、旅行中joy padにcastlevaniaの特集が載ってて、「え?悪魔城ドラキュラ?DSの持ってるよ?」といって貸したら、ウサギさんすんごいはまってる。あれはレトロげぇまぁにはお勧めのようですわよ。
10月以降XBOXとPS3ばかりで遊んでるんですけども、過去多大に任天堂へ愛を捧げてたので、やはり切り捨てられてはいないようです。なのにどうしてXBLAのcastle crashersばかり狂ったように遊んでしまうのかしら…。あのげぇむが好きすぎてエジプトでは夢にまで出てきたし。ついにXBOXのdashboardまでcastle crashersテーマにしちゃったし。(かわゆい、お勧め)
あんなに接続ぶちぶち切れまくるのに、やめられないとまらない。もうこうなったら実績解除コンプめざすぞ!アリーナに勝てなさすぎなのをどうしたものか……。弱い人、随時募集中☆(というかね!!!アリーナのランク戦で宝箱とるやつが笑えすぎて楽しいんですけど!あれはやらなきゃ損)




burnafterreading_aliceblog.jpg

coen brothersの映画burn after reading観てきた。
毎回のコトですけども、この兄弟の映画は一癖も二癖もあってこんがらがってるけど面白い。そう、面白いの一言につきる。
癖があるのはお話自体のtwistもそうなんだけど、登場人物、それを演じる役者の癖のあり方というか役者がうまいからそうなるんだと思うけども、そういったものが映画の質を独特なものにしている。
今回も豪華キャスト揃い。aliceはマルコヴィッチが気になる人なので期待してたんですけども、裏切られない出来でした。お話っていうのは、わざと笑いをとるような造りじゃなくて、そこに関係している人たちは大真面目であるというのを傍観している所に面白みがあるんじゃないかと思う。この映画は正にそれ。はぁもう…って感じなんだけど、もう映画観てるこっちはくすくす笑っちゃうのね。
物語は全く関係ない登場人物達それぞれにスポットライトをあて、それがだんだんと一つの糸に絡まっていくという、まぁよくあるパターンのものなんだけど、苦い大人な世界で展開される美しくはないどろどろしたしがらみがよく描かれていました。
話のあらすじは知らないで観た方が面白いと思うので書きませんけども、ちょっとネタバレするとパルプフィクションでトラボルタが…(といったら解る人にはわかるはず)な感じのシーンがあって笑った。ええええ?って気分だったけど、かなり笑った。
言うまでもなく、どんなものでも物語がしっかりしてると面白いものになるけども、スパイス(ここでは役者)が利いてると一層上質なものになるのを体感した夜であった。




thedaytheearthstoodstill_aliceblog.jpg

the day the earth stood still観てきた。
keanu reevesとjennifer connellyが出てるとか、keanuが宇宙人役とかだったら観るしかないでしょう。
結論として、keanuの宇宙人を観るための映画です。もうね、B映画に出まくるkeanu最高。neo様とかコンスタンティンとかさ…。いつも同じ。台詞棒読みで、意味不明の主人公を演じるkeanuはB映画ファンにとってある意味神さまだよ。
噂によると、keanuは自分のギャラをスタッフ関係者にばらまくらしい。彼らがいてこそ映画になるからというスタンスらしい。
映画の感想はあまりなし。これはkeanu好きには勧めるけれど、これといって目新しい所はない映画ですかね。原作がかなり古いSF小説だそうで、50年代頃かなぁ?にも一度映画化されているそうです。
けどマニアックな見所は所々あるので、笑いのポイントはある人もいるであろう。実際aliceも一人でくすくす笑ってしまった箇所いくつかあり。特に宇宙人keanuが数式で会話する部分とかケラケラ笑ってしまった。
それとmotherファンだったら反応する宇宙物体も登場。なんとスターマン。あれはスターマンに違いない。リアルスターマン。つえぇ。
と、くだらない感想しか書けないようなないようですけど、keanuファンだったら是非。


そして風邪は一路悪化への道をゆくのであった…。




151208_aliceblog.jpg


エジプトから昨日戻ってきました。
360中毒の初期症状で、夢の中でよくcastle crashersとか観てましたので、さっそく夜になって起動。本来ならば明け方まで遊んでたい所だったのだけど、旅先からいきなり20℃近くの温度差で風邪気味でだるだる状態だったので泣く泣くおやすみなさいなのであった。
しっかし寒い。さむすぎるー!向こうで暇だったのでよくTVとか観てたんだけど、ヨーロッパは寒波に襲われてるそうで~と悠長に遠い国の事と思っていたが、実は帰ってくる国のコトじゃぁないか!そんなコトも忘れる程ぼけーっとしてきたよ。
今回、実は船旅してきたんだよねぇ。それもあっていつもの旅行よりずっとのんびりだったのでした。しかも老人だらけのクルーズみたいの。
お陰で持っていった遊び道具が役に立ったよ。本も雑誌も全部読んでしまった。マンガ読むのが非常に遅いaliceなのですが、楽しみにとっておいたthe umbrella academyとmouse guardを満喫。その他空港で買ったEDGEとjoy padっていうげぇむ雑誌読みながら、脳内コンソール展開でタイヘンだったよ。

まぁ、そんなこんなで取りあえず帰還報告。写真はなるべく早くuploadするようにしますね。お楽しみに。というか、遺跡の写真ばっかり。それ以前にお墓参りの旅というべきか…。




021208_aliceblog.jpg

遅くなりすぎたけど、中国旅行完結編。画像は例によってpicasaに置きました。
中国は一言で形容するにはすごく広すぎて、今回の旅行で行った場所だけでも色んな民族がいて、どんな国?っていうにはまだ観たりなさすぎです。
けど、あの中国人のぶっきらぼうさにはなんとなく理解できるような気がしてきました。人口が多すぎるので、なんかズルしないといけないみたいなのがdefaultのようで…。例えば何かを買う時に順番待ちを普通にするのは馬鹿を見るというか…そんな感じ。
ぶっきらぼうでありつつも、別に不親切ではないようで、おしゃべりだし、まだなんというか今知っている世界よりも時間の経過が昔みたいなcommunityな雰囲気がある気がしたかなぁ。
それでいて、仕事は速そうです。けど、丁寧さはあるかどうかは解らないなぁ。
とりあえずaliceを含め、友達をも驚かせたのは、aliceのお仕事した某ぬいぐるみのニセモノ(バッタモンと言うべきか…)を発見したのなんだけど、ある意味全てを物語ってる気がしたよ。なんていうか、ずるいんだけど無邪気、みたいな。
また旅行しにいきたいな。既に計画だけは立ててあって、次回は上海。その他台湾にも行ってみたい。上海、台湾は香港と同じような中国であってそうでない都市なんで、すごく興味津々。ヨーロッパ人は上海のが好みらしい。
さて、明日は日記つけないと思うので、ちょこっと休暇宣言しときます。
今度はエジプト行ってくるよー!!!
ではbon voyageでありますっ!




いやぁ、なんというか、aliceちゃんは一部の方からは絶大なる人気者でして、時々拉致られるのですよ。昨日はそんな感じで、カメラマンのYたんから不思議なお誘いをかけられ、聞いた事しかない世界の社会科見学へお出かけしてきた。
自称「オジサン」Yたん(女子ですが)と一緒なので、怖いものなしなのですが、はじけてる日本人女子が数多くいてやや驚く。なんであんなキャピキャピしてるの?なんてぼそぼそとYたんに質問するのがYたんには面白いらしく、普段引きこもってそぉいった場には滅多に出向かないaliceをお供にしてYたんにとっても楽しかった模様。
午前様で家に到着。一応連絡しておいたものの、家についてからカクカクシカジカでとウサギさんとドラゴンに報告。「それにしてもaliceちゃんを連れてくなんて。隠れキャラもいいとこ。」と嬉しいんだか嬉しくないんだか解らないコメントを頂く。
さて、どんな社会科見学だったかというと、なんていうのかしらー?ゲイの集まり?みたいな?一応コンサートなんだったんだけどね。昭和歌謡曲みたいのを、ものすごい奇抜な格好したゲイのおにーさんが、仏語で歌って踊ってってのを鑑賞してきました。
出がけにYたんが「今ドラゴンもウサたんもいないんでしょ?ちゃんと食べてくるのよ?あ、なんか持ってこっか?」と作ってきてくれたおにぎりをはむはむしながら、黒髪おかっぱ眼鏡(Yたん曰く、存在そのものがマンガ)はかなり場違いな感じで人生勉強をしたのであった。
こういうのも学習なんだよなぁ。とか感想言ったら、「そうなのよね、ワタシもaliceちゃんのお陰でげぇむに詳しいんだからぁ」なんて返事された。お互い日々精進してますね、Yたん。



☆あ、そだった。じおめとり君に私信。
 んとね、使った事ないからわかんないー。(てへ)






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。