ADMIN TITLE LIST
231209_001_aliceblog.jpg

メリークリスマスです。無宗教だけど、プレゼント交換とか面白いイベントとして大好きです。といいつつ、aliceからの一部のプレゼントは日本から郵便で送ってもらってるんだけど、先週には着くだろうと予想してたのにまだ着かない。もうフランスの郵便局には絶望した。とか思ってたら、夜のnewsで「最近internetでの買い物が増えて、郵便局がテンテコマイで郵便が遅れてます。」なんて言ってたよ。そんなコト、クリスマス間際になってnewsなんかで流すな!流したってクリスマスにプレゼント渡せなきゃ意味ないだろ、ボケっ!ってとっても罵詈雑言なaliceですけど、これ位言っても罰はあたらない。11月から用意してたっていうのに、クリスマスに届かないなんて……なんてーーーー!(クリスマスって、EU圏ではとっても重要なんです、ホントに。)

ま、なんにせよ、無事届いてくれたらもう何も言うまい。何度に荷物なくされたコトか……。
さてさて、クリスマスは日本で言うところのお正月的な感じなので、クリスマス前にアレコレ片付けてました。主に大掃除してたんで、日記も更新されてなかったのです。macも大掃除してましたのでね。三日間かけtれ徹底的に掃除したので清々しいです。ただ、本棚に入らない本をどうにかしないといけないというmissionがまだ残ってるんだけど…。
alice家でのお掃除リーダーはaliceなので、ウサギさんとドラゴンのなんとか手伝わせ片付けてました。おかげでなくした時計やボタンが見つかったとかで「ね?お掃除してよかったでしょ?」という結果オーライ。
そんなばたばただったけども、夜にはちまちまborderlandsを進めてます。現在レベル31位かなぁ?aliceの動かすハンターは順調にassasinとして育ってます。スナイパーレベルは16位。でもスナイパーの銃弾が切れるとあまり使い物にならないのが難点。近接線は苦手で、すぐパニクってます。
デブ姫は指が五本になって25日に配信だそうですね。日本ではzelda発売と重なっちゃったけど、なるべくPS3起動して誰かと遊びたいとか計画中。(zelda、こっちでは気づいたらもう売ってたんだよね。aliceは前のDSzeldaを積んでるので、そのうち買います。最近そのうち買うっていうのを覚えたよ。もうあり得ない位経済的なので、急がしときに欲しいげぇむが出てもちょっと待とうって方向になりつつある。)

ではでは、みなさまよいクリスマスを☆
aliceからのプレゼントはダイにゃんのニクキュウ画像です。

231209_002_aliceblog.jpg





19169513.jpg

where the wild things are観てきた。
maurice sendakの有名な絵本の映画化。
絵本を映画にしたものなので、小さい頃sendakの絵本がけっこう好きだったaliceとしては必見なのだけど、たまたまBBC Radioで映画批評を聞いていたので、それほど期待せず観に行ったんだけども、やっぱりちょっと途中眠くなってしまった。
映画批評では、世界観や情景の美しさ、音楽はとても良いと言っていたんだけど、絵本の原作をそのまま映画にしてるので中盤中だるみしてしまうというようなコトも言っていて、確かにそれは実感した。
絵本というのは小説と違って既に絵がある前提で物語が構築されているので、その部分を壊さないように忠実に映画は作られていたと思う。でも、maxの空想世界の怪獣たちとの時間はもうちょっと物語を映画用に作ってもいいんじゃないかなと思った。
しょせん絵本というのは、長くかけても30分程度で読み終えてしまう物語なので、それを映画用に一時間半以上にしてしまうには、なにかがかけているというか。むしろ30分の映画で創ったら良い映画になったんじゃないかと思う。
ま、なにはさておき、主人公のmax(endcreditで流れた役者の子の名前もmaxというらしい)はピッタリのはまり役でした。

CH25-image1.gif

19173652.jpg




181209_002_aliceblog.jpg
[ダイにゃんと初雪]

今日12月19日は、ダイにゃん1才のお誕生日です。
19は仏語でdixneuf。そう、ディスヌフなのだー!
思えばダイにゃんをalice家に向かえるにあたり、最初に思いついた名前がテスラ。その後「D」から始まる名前じゃないとというコトになり、モチロン候補に挙がったのがdixneufでしたけども、仏語圏では却下な名前だそうなので泣く泣く断念。その後名前登録前日に不思議の国のアリスの飼い猫がダイナという名前だったのを思い出し、今に至るという経過だけども、ダイにゃんはヤッパリディスヌフに共通点があったのね?
もうすっかり大人サイズのダイにゃん、見るからに番長みたいなガクランが似合いそうです。男前です。惚れ惚れしてしまいます。赤ちゃんみたいなんだか、数百歳の高齢のヨーダなんだか解らないミラクルなにゃんこです。
最近はzeldaでお馴染みの「エポナ」を呼ぶ時に吹くオカリナのメロディを口笛で吹くと「ぐるぐるにゃ~」といって登場するのです。そしてずっとげぇむばっかりしてると、TVの置いてある台に登って、TV画面が見えなくなるように鎮座するのですが「だいなっ!みーえーなーいー!」って怒ると平べったくなってTVの前で寝たりします。なんだかんだで甘えっ子です。こんな番長とかピッタリ似合いそうな顔してるっていうのに。
まぁなんだ、とにかくダイにゃんの生まれた日ってコトでめでたい。alice家に来て一周年ってのも3月にやってくる。それもめでたい。なんでもめでたいのは良いことだ。

181209_001_aliceblog.jpg
[ダイにゃんbook]

もう大分前になっちゃったけど、母上のクリスマスプレゼント以外に、こういう手のひらサイズの小さなダイナ本を作ってたのでした。遠方からわざわざ交通費をかけてダイにゃんに会いにきてくれた正真正銘の「ダイナファン」のクリスマスカードにのみオマケで同封しました。切手以外にもこんなコトをしてたんです。オヤバカなのは十分承知であります。けど、きっとダイにゃんこそが宇宙の神秘だから、ちょっとでも世界貢献してるつもりなんだ。(ん?)




171209_002_aliceblog.jpg
寒いと思ってたら雪が降ったよ。

171209_001_aliceblog.jpg
きっとすぐとけちゃうんだけどね…。
雪って好きな人多いよね。

171209_003_aliceblog.jpg
ノルウェーに友達がいるからwidgetにはオスロの天気も出てるんだけど
どんなに寒い日でも、いつもオスロよりは暖かいから寒くない!って思えるよ。




151209_aliceblog.jpg

あらやだ、寒い。(clickで画像拡大)
こんな寒いっていうのに、フランスは電気が不足して大変らしい。なんで足りないのか疑問なんだけど、TVのニュース観てても見当違いな感じのことを言ってるので、本当の事実が知りたい。ホント、TVなんて嘘ばっかり。いや、嘘ではないけど本当に知りたいことを教えてくれない。
それ以外最近のフランスでは、インフルエンザのワクチンを打つ打たないで近所のカフェに集う色んな人の話題になってるようです。何が問題かというと、国からワクチンを打ちましょうみたいな手紙が来て、それを持っていくと注射を打ってもらえるのですけども、打つか打たないかは手紙をもらった人が選ぶという「強制」ではない部分にあるそうだ。
この注射をしても病気になった人がいるとか、医者も打つべきか打たないかで意見は真っ二つだそうだし、そもそもはこのインフルエンザを見越して大量に買ったワクチンを無駄にしないために打たせてるとか、もうなんだかよく解らない状態。
なんにせよ、alice家ではどういうわけだかその手紙がaliceに一番に届いた。妊婦や子供とかが優先されてるらしいんだけど、aliceみたいなほぼ引きこもりのイラストレータが大事にされる国なのか?!この国は!という意味では驚いた。




141209_aliceblog.jpg

最近の日課は正座でborderlands。
なんでソファの上で正座してしまうのか自分でも解らない。
ウサギさんと一緒に進めてるので、危険な状態になると(ゾンビだかミュータントだか解らないけど、凶暴な犬みたいなの5匹程に突進されてたとか)逃げ回るという技をお互い覚えたようだ。あのわんわんはけっこうおバカさんなので、攻撃対象をみつけるととりあえず走って近寄ってくる。なので、ウサギさんかaliceのどちらかが確実に一匹ずつしとめてれば、逃げて走り回ってるうちにちょっとlifeも回復してるという具合。
ウサギさんはちょこちょこ家を留守にするコトが多いので、そういう時は今度新しいキャラを作ってみようかと思案中。とりあえず四人各種のキャラをレベル5にまではしたい。

話は変わるけど、わりと高価な紙だというのに、とても扱いづらい紙を大量に間違えて購入してしまい、どう処理して良いか困っているトコロ。今日もその紙でお絵描きして思ったのは、「この毛羽立ち…、そしてこの水の浸透性の良さ……。きっとこの紙は吸い取り紙に違いない!」というもの。吸い取り紙なんて普段使わないんだけど、銅版画では必需品だったりする。必需品だけども、aliceは必要じゃないんだよね。アトリエに持っていってあげたいんだけども、既に小さく切ってしまって、もう描いて処理するしかないんだよね…。まぁがんばるか。でも3cmくらいある、積み上げると……。




一日パジャマ宣言してしまった。だらだらだらだらしてたよ。というか、ほとんど寝てたんだけど…。最近なんか快適な睡眠じゃないのと忙しいのがつづいてて……。合間にborderlandsをちょこちょこ。360にふれもしなかったウサギさんがaliceがウサギさんがいない時にランダムでつなげて遊んでるonlineで一気にレベルが上がったのを気にして、積極的に遊ぼうと誘ってくるのは驚異的。アンチMSで360買うのに大反対だったウサギさんも「360のコントローラはFPSしやすいと」納得。コントローラってもっと考えて作った方がいいんだと、最近思い始めてる。
multiplay遊びが好きなaliceにはborderlandsは大変たのしい。もっと強くなりたいなり。現在レベル19あたり。だんだん使える武器も強いのが持てるようになり、銃のレベル(スナイパーが8、ピストル系が5、他は使ってもいない)も上がってザコさんは一発で木っ端微塵にしとめてます☆

土日と元下宿人であり、現在はNOEに勤務のコードネーム「げしゅくにん」が遊びに来てて、せっかくパリにいるというのに結局げぇむばっかりして終わったという…。日本国外のげぇむをローカライズするとか関係のお仕事もしてるっぽく、いわゆる洋ゲーに興味津々らしかったので、aliceがここ一年程で遊んだ洋ゲーをいくつかご紹介。しかも「ドイツとこっちで値段が違うかもしれないので観に行っても良いですか?」というのでついていった近所のげぇむ屋さんで、あろうことか任天堂社員が360を買ってたよ。着いてきたソフトはpureとlegobatmanなんだけど、それ以外にMW2も30ユーロくらいでおまけしちゃう!っていうようなパッケージだったので、買ってたよ。
重たいからalice家に置いといたので、MW2開けて遊んで良いって言われてたんだけど、なんでなのかしら?aliceはCoDシリーズは手を出さないのです。まぁ、FPSは今borderlandsで満足してるしね。
丁度良いのでPS3も起動してPS3部に顔出ししようと思ったんだけど、うまいことnetworkがつながらなくって残念。その時のchat画像をカメラに収めたので部長確認してください。それと、げぇむ中じゃましてごめんね。
しかし、PS3は基本networkを無料でいいから、ちゃんと遊びたい人用に有料回線を作ってほしいよね。
ちなみに、げしゅくにんに「なんで360なの?PS3のがほしいかと思ったよ」って言ったら、単純に「360のが安いからです」ってキッパリ言われたよ。ま、ほとんどのtitleが同時発売されるEU圏ではBDを観れるPS3か、本体がPS3より安い360かという選択になるのかな。けど、networkで遊ぶのを考慮すると結局同じような値段になるきがしなくもなく…。とりあえず、安定してnetwork遊びができるのは360であると……思う。(けどな、ついこないだborderlandsでラグすごかったんだよなぁ…。ま、そんなコトもあるか。)




101209_aliceblog.jpg

最近気に入ってるwidgetはBBC Radio。ふだんからあまり便利なソフトとかwidgetを落とさないaliceですけども、英国に住んでいた時耳にしたbritish accentの声がなんとも懐かしく、ちょっと嬉しい。
XBOXの友達ステータスを観れる1337pwn.comは便利なんだけども(かといって、遊び相手がいるからって作業中断はしないけど)widgetサイズが大きいのがヤです。もっと小さくしてほしい。あとPS3用にもこういうものがほしい。
twitterに関しては未だにtwitter boardを愛用してます。これはたくさんfollowしてるとか、発言数多い人には向かないけれどもね。「RT」機能もまだ対応してないんだけど、基本RT使ってないので気にするレベルじゃないかな。

予想通り手直し作業の指令が下る。そろそろ大掃除とかしたいんだけど…。20日前後は絶対大掃除決行してやる。そうです、aliceはお掃除が好きなのです。んでも、なんかこうイロイロ今年が終わるまでにやることがまだあると、大掃除も面倒になってくるのよね……。
そうそう、土曜日は元下宿人が遊びにくるらしいよ。時間的によさそうだったらPS3部にPS3で顔出しするかね。




091209_aliceblog.jpg
[photoshopでfilter遊び]

ジージはたかが爪を切るのに全身麻酔を打たれたとかで、どうも体調がよろしくないようで…、今日も具合が悪くなると籠る部屋と家具の隙間にじっとしてたり、トイレじゃない場所でソソウをしたりと、一気に老け込んで困ったものです。獣医さんに行ったという精神汚染で病は気からになってるのではないかと、ついつい猫語しか喋れないジージのvoice overをしてしまうaliceでした。

ジージ:知っとるんじゃ、昨日全身麻酔打たれたってコトは…。本当のコトを言ってくれ。
alice:おじぃちゃん、たかが爪きっただけでしょう?
ジージ:一度死にかけた身じゃ、もう何があっても同時はせぬ。
alice:だーかーらー!爪きっただけだってばぁ!

マゴの方は、麻酔で朦朧としたのがとれたのか「よかった!おじぃちゃんの悪霊が退散したよ!」っていつも通りのおじぃちゃんっ子に戻って、よぼよぼ歩くジージに攻撃を仕掛けてはaliceに怒られています。
ドラゴンが獣医さんの所に張ってあったネコの年齢表を観ると、18歳から19歳は一気に6歳も年を取るようで、人間年齢にするとジージはもう90代に突入してるのでよぼよぼしてても仕方ないかと思った次第。
だけど……、ただ爪きっただけなんだけどなぁ……。年を取ったにゃんこは、大体言ってることを理解しているようであり、都合の悪い部分だけ聞こえない振りをしているようにも思えて、それはそれなりに手はかかるけれども面白い生物です。おじぃちゃんっ子のマゴにゃんこのためにもまだまだ長生きして化け猫にでもなってもらいたいものです。




081209_aliceblog.jpg

「世界樹の迷宮III 星海の来訪者」発売が3月4日に決定っていうのをちょっと前に知って大興奮。まだ2の方の真のラスボスとか、アイテムコンプリートが放置されたまんまなんだけどね…。それしたら1の時みたいに何か特別な呪文みたいのもらえるっぽいっていうのを小耳に挟んだコトもないので、どうしようかな…。
ただ、発売日がちょっと微妙な感じなんだよね、alice的予定としては。微妙だろうがなんだろうが、世界樹は大好きなげぇむで寝食を忘れるのはdefaultで、生活リズムやら思考回路まで一気に世界樹一色に浸食されてしまうので、きっと何としてでも発売日に入手(してもここまで届くのに数日かかるんだけど)しているコトでしょう。あぁ、楽しみ。もう人生の糧みたいなものだなぁ。

本日はalice家でちょっとした騒動がありまして、平凡な猫な日常が少々変わってました。
18歳のじぃさまにゃんこの爪がのびてものすごいことになってきて、ニクキュウにまで食い込んだりしてたので、シロウトでは切れなくて獣医さんに切ってもらうことになったのです。
じぃさまになると、どうやら毛繕いや爪の手入れも自分ではできなくなるのかな?それとも歳とって色んなことが面倒になったのかな?という推測なんだけども、爪切りなんかで獣医さんのトコロまで行くことになるとは予想外。
aliceは混雑した電車で人にどんってぶつかったりするたびに、「スリにあってないかな?」とか最近敏感になってしまうassasin's creed2症候群をしに出かけなくてはいけなかったので、獣医さんにはドラゴンが連れて行ってくれたので後日談として聞いてるんだけど、獣医さんのトコロでじぃさまにゃんこは野生の本能発揮で「ふーーー!」なんて威嚇して大変だったらしい。これじゃすぐには切れないというコトで、麻酔打たれるジージ…。たかが爪切りなのにオオゴトです。
家に戻ると、左前足は大きな爪を切ったときにちょっと怪我したみたいで包帯が巻かれてうまく歩けないのと、麻酔がまだ完全にとれてないやや朦朧としたジージに、マゴにゃんこが全身の毛を逆立てて、いつもは高音で「ぐるぐるにゃー」と鳴くのからは想像できない重低音で「うぅーーー」と威嚇。
動物って面白いなと思ったのは、同じ猫なのに、いつもと違うオーラ(麻酔がとれてない)を察知するとおびえるというの。aliceが想像するに、きっとダイにゃんは「おじぃちゃんが悪霊に取り憑かれてる!ボクが悪霊退散してやるっ!」という感じで威嚇してたのではなかろうかと…。
まぁ、悪霊に取り憑かれたりとか……、単に爪を切ってもらっただけという、種明かしをするとなんとも些細なコトすぎるけれども、平和なalice家の日常はこのようにしてちょっとバランスを崩したのであった。
しかし、威嚇してるダイにゃんは毛を逆立てていつもよりもちょっとふくれて観えるんだけど、それがまたかぁいいのでこまったものだ。




061209_aliceblog.jpg

アニメ観るのもいつの間にやら習慣づいてしまったんだけども、日本のアニメは水準が高いよね。アメリカがドラマだとしたらアニメは日本以上の国はないでしょうと言い切っても良いかと。
twitterのaliceのtimelineではさっぱり観ないんだけども、最近密かに楽しみにしてるアニメがあります。青い文学シリーズというのなんだけども、日本の近代文学に焦点をあて、色んな文学作品をアニメ化して物語ってくれるものなんだけども、まず一つの物語が二三話で完結してくれるのが良いです。それと、すごく凝ってる作りで、映像的に観ていてとても「文学」してると感じられるのが他のアニメとちょっと趣向が違って気に入ってます。
今まで放送されたのは「人間失格」、「桜の木の満開の下」、「こころ」そして「走れメロス」だったと思うんだけど、うろ覚えではありながらも、一度は読んだ記憶があるものばかりだったので、これを観て物語の再確認みたいな妙な気分になったりもしました。(小中高と、かなり「文学」って呼ばれるものを好んで読んでたりするaliceであった。だがしかし、小学生とかで読んでるのはさすがに記憶が曖昧で…。我が輩は猫であるとかね。)
次週は芥川龍之介の蜘蛛の糸だそうだ。芥川龍之介好きだから、ちょっと楽しみ。カンダタという名前はドラクエが先だったか、こっちが先だったか……よく覚えてません。芥川龍之介は特に短編のおとぎっぽいお話がいいんだよね。
最近こういった文学ものは、言葉遣いが難しくて、読みながら考えるのが疲れるのか、新しい作家の小説ばかりを読んでる傾向にあるんだけど、名作っていうのにはとてもきれいな言葉が詰まってるので、また芥川龍之介なり時間のあるときにでも読み返したいものです。








wikipediaでチェルノブイリ原子力発電所事故読んでたら、アレコレ動画とかまでみちゃってこんな時間。
falloutの世界から今みたいな環境に戻るには、10000年かかるとかって、桁違いすぎて想像できない。しかもチェルノブイリ近辺の森には、人が住まなくなったのを機に特殊な生態系(動物層と植物層)が営まれ始めてるっていうのも気になりすぎる。ミュータント化するのは単なる奇形と考えてもいいかもらしいが、今後これらがどういった進化を遂げるか……誰かシュミレートしたげぇむとか出してほしいよ。
とりあえず、この二つの動画は観ても損はないかと思われます。興味があったらぜひ。





すっごく久しぶりにげぇむに数時間没頭してしまった。
borderlandsをはじめてみたよ。届いてから数日、遊びたいんだけども…うーん、うーん…ってなってTVの前に置いてたげぇむなんだけども、丁度ウサギさんも時間があるとかだったんで、やることあるけど「いっちょやってみっか!?」って気分になりまして、ものすっごく久々に360を起動。
そんなワケなので、最初っからウサギさんと二人playの旅をはじめてみたんだけども、multiplay好きのaliceには「なんでこれ発売してすぐ買わなかったのかしら?」というほど面白いし、alice好みです。(けど、ちょっと時間置いたおかげで、UKからのお取り寄せだというのに(きっとこっちで買うと仏語しかないんだろうなぁ?というのもあり、UKものを買ったのです)送料込みで30pounds程で買えたし、遊ぶ時間もないしい、ezioさんとトスカーナ紀行もしなくちゃなので、結果的には遅れて買って正解かと…。)
FPSしながらRPGっていうのでして、だからこそmultiplayが面白いんだと思うけど、ウサギさんがsoldierで前戦に走るのに対し、aliceはsniperなキャラをモチロン選んでるので、キャッキャウフフというには殺伐としすぎているけれども、RPGな楽しみが満喫できて楽しい。
例によって、この手のげぇむをしはじめるとキャラになりきるようで、敵を倒しても何も落とさなかったりすると「ちっ、しけてんなぁ…」とかだるそうにつぶやくaliceなのであった。

blackberry.jpg
[これがaliceのキャラ]
blackberry-1.jpg
[こっちがウサギさん]




thebox_aliceblog.jpg

the box観てきた。donnie darkoっていう映画を作った監督の映画なので、ちょっと気になってですね…。(donnie darkoはもうどんな話だったかほとんど覚えてないんだけど、なんか面白かったっていう印象が強くて)
このthe boxって映画は、will smithが出てたi am the legendとかいった(かしら?)映画の原作者と同じ人が短編として書いた物語。実際読んでないんで何とも言えないけども、きっと星新一的なショートショートっていう感じで書かれている物語ではなかろうかと想像。
書かれたのが70年代だそうで、映画の時代設定も70年代にしてある。
平凡な家族に届く謎の箱。その箱にはボタンがついてて、それを押すと世界のどこかの誰かが死ぬかわり、押した人は100万ドルもらえるという、なんともうさんくさい話。
こういう非現実的な出来事が起こり、ごく普通だった家庭が壊され、その中心にうごめく謎の人物が絡む大きな存在はなんと……!と、ここまで話すとネタバレすぎるのでstop。
途中途中眠くなりながら観てたんだけども、物語は結構意外な方向に向かい、物語の最後は物語の最初へ帰結するという無限loopはまさに昔観たトワイライトゾーンっていう映画な趣き。cameron diazってちゃんと演技できるんだね?というのも解る映画。単なるビッチだと思ってましたけど、単なるビッチではなかったのね。
なかなかおもしろかった。この監督、やっぱりなにかクセがあって面白いな。




011209_dixneuf_aliceblog.jpg

「キリがないですわ!」
「蘇生作業はまだなの?!」
「双子の奴ら、なにもたついてんだよ?!」
「続いて第六波!
その後方、第七波から十三波!」
「レーダーが真っ白だ!こんなの防ぎようがない!」

というワケで、alice的にはバスターマシンに乗ったトップレス達がタイタン変動重力源と戦ってる感じの数日でした。

011209_aliceblog.jpg
[ダイ(ナ)バスタービームをアイロン台の上で放つにゃ!]

にも関わらず、やり直しではないけど手直し指令がきたので、まだまだこの日々は続きそう。というコトなので、assasin's creed2はさっさとみんなに先を越されてしまうんだろうな……。全然週末もトスカーナ紀行with assasinができませんでしたのよ。今日はちょぴっとだけ映画の後にウサギさんと遊んだんですけど、aliceは半分寝てました。半分寝てたので、夢ではしっかりassain's creed2やってたんですけどね、でも、なんかaliceも同時操作でコントローラを握って動かしてたって時点でおかしい夢ですよね。目覚めたらezioさんがメディチ家の紋章のついたマントを羽織ってました。あの紋章はホントにフィレンツェのあちこちで目にするので忘れがたいです。
1月と2月には既にDLCもあるらしいです、assasin's creed2。alice家は予約した人にだけあげるね☆って言われてたコードをもらってボーナスステージに行ったりもしましたけど、どんなDLCなのか気になるな。

zombieland_aliceblog.jpg

さて、あんまりにもやることが多くて忙しいというのに、気晴らしにバカ映画を観に行ってきたよ。その名も「zombieland」。まさしくそのまんまのくだらない映画であり、B級映画好きとはいえ、これはきっと下らなすぎるだろうと思って観に行く映画リストから外してたんだけども、NP君が「これはウサギさんとaliceとJ君にうってつけ」だと主張するので、その言葉を信じてJ君を誘って観に行ってきたんだけど……、NP君は正しかった、かなり。(ちょっとくやしい…あんまりにもバカ映画だったから)
L4Dやったことないんで、イメージなんだけど、きっとこの映画みたいな感じなんではなかろうかと…。とにかくグログロのゾンビだらけの映画で、それを「うぉ!痛っ!」っていう演出で殺しまくる映画です。もうなんていうか、ホントにアホ。でも面白いんだよ、これが…。
なんかきっとFPSやる人には面白さが解るかもなぁ…。げぇむ内で必死に戦ってるのを映画にするとこんななんだろうな?っていう視点でも観れる楽しみがある。それとゾンビものが好きな人にも楽しめるかも。ソンビと出会ったときの対処の仕方というか、そういうのを学習し直すのにいいかも。(そんなもん学習し直してもどんな意味があるかは知らないが)
バカすぎるけど、そのバカさ加減がなかなか面白すぎるので、興味のある人にはおすすめ。
映画の後、三人連れ立ってラーメンを食べて帰宅という、まるで男子中学生みたいな気分を味わったのであった。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2009 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.