ADMIN TITLE LIST
19678945.jpg

先々週だったと思うんだけど、この映画の大きなポスターが映画館の壁一面になってて「なにこのbitchy bitchesな映画?」と気にかけていたのだけど、先週になって街中にこのポスターが張り出さているのをよくよく読んでみて気づいたのは、この映画監督は300とwatchmenと同じ人じゃないか!(それと、いつも名前が思い出せないけど、あのフクロウのかっこいい映画もね☆)
その事実を知ったら単なるbitches映画にみえなくなっちゃいまして、早速youtubeとかでtrailerを探して観たりして……、ここ数日で映画行く期待がとても高まったaliceちゃんなのであった。
sucker punchというこの映画、すぐにげぇむ思考に結びつけられる脳ならば単純な構造だけど、そうじゃないと複雑怪奇な世界が入り交じったものに観えると思う。実際この主人公のbitchesは単にお化粧が濃いだけでbitchesじゃないし。ポスターの戦闘シーンで常に戦ってるのかといえば、現実世界では恐怖におびえたmental insane病院(というか、孤児院?)にいるかわいそうな子羊達だし。
この孤児院も変な構造で、バレエ学校みたいに踊りに力をいれていて、よく怪しげなショウを開いてる。bitchy子羊たちはそこから逃げ出そうと心に決める。必要なものは地図と炎、ナイフと鍵。それらをこっそり取る為にbaby dollが踊る!(笑)彼女のダンスは誰もの心を魅了し、その隙を狙って盗み出すというものなのだが、このダンスシーンがいきなり洋ゲーちっくな世界にトリップしてしまうので、げぇまぁ的にはくすくす笑いが止まらない。
最初の舞台はCoD : WaWな舞台、enemiesはkillzoneのhelghastゾンビ、みたいな☆ その他にもちょっと未来ちっくなstageや中世な感じの舞台もありで、ホントげぇまぁは観てて楽しいと思う。
zack snyder監督の戦闘シーンにいつもしびれるのですが、今回は常に戦いっぱなしっていうのもありなせいか、個人的にはやや不満。定番のスローモーションを駆使した凝ったものが少なくてややガッカリ。それでもcrysis2みたいな高い所からグワシャーン!って飛び立つシーンなんかは文句なくかっこいい。でもそれがbitchy maidenなので笑える。この手の戦闘シーンのあるどの映画でもそうだけど、やっぱり一番印象的なのは第一battle sceneです。baby dollが彼女のweaponをもらうんだけど、仰々しく箱に入ったハンドガンにちゃらちゃらしたストラップがついてるのが心憎い演出。aliceもFPSで自分のweaponカスタマイズできたら同じような事すると思うよ!
全部で5人のチームなんだけど、一人ずつをアピールした戦闘シーンがもうちょっと観たかった…。sweet peaはちょっと中世ちっくな衣装で、しかも背中に剣を背負ってるというのに、一度も剣で戦ったのが観れなかったのもかなり残念。それと、このメンバのうちの一人は絶対的にsniperにするべき。(個人的趣味です)
ちょっと中だるみ的な空気もあるけれど、最後のナレーションはちょっと余計かなと思う程度で、alice的にはかなり笑える面白い映画でした。
twitterでもつぶやいたけど、こんなbitchesが戦う映画って今までなかったと思ったけれど、日本のアニメにはこんなのばっかりだなと思った次第。bitchy maidenの着てる衣装にしたってかなりきわどいけれど、アニメキャラ達も似たようなものですし、洋ゲーの女子達もみんなこんな格好で戦ってますので、単に実写にすると変な部分が目立つようになってしまうのだなと、不思議な違和感を覚えた。
まぁ、基本あまりonlineのキャラで女子が存在しても数が少なかったり(RDR)、バトルスーツ着てるから性別よく解らなかったり(HALO)、性別を選ぶ事すら出来なくとりあえず男子だったり(MAG)と、この映画観てもっとカスタマイズでgirly(またはbitchy)にしたら楽しそうだわ☆と思った。





290311_aliceblog.jpg
[↑clickで拡大だよ!]

昨日の下絵、色つけてみた。
computer上で拡大したりするからこそ楽しい見方ってあるけど、この絵は正しくそれにあてはまる。
印刷しちゃうとつまらないけど、モニタ上で楽しめる絵です。
観るべきpointは背景のtextureと色塗りで使われたブラシの使い方。丁寧にかっちり塗るのがcomputerの塗り方と思うけど、こういうののがcomputerを絵を描くtoolとして使って楽しい。
版画でもそうだけど、自分の想像しない産物ができる発見が楽しいし、そこから発展する絵の世界の広がりが生まれる。photoshopはまだまだ開拓できるものがありすぎる素晴らしいソフトウェアですね。




280311_001_aliceblog.jpg
[↑clickでちょっと拡大☆]

なんとなく気晴らしにお絵描き。気晴らしというか例によって現実逃避か…。
最近の不思議の国はとても暖かい。上着はおって街を歩くと暑い程。
冬に少年ちっくに切った髪がのび、ちょっと結わけるんだよ。なのでまた近日中に短く切ってもらう予定。最近は微妙な前髪があるので、オカッパの次はキノコを目指すか。

ロンドンのマンガ屋さんでscott pilgrimを仕入れてきた。前から気になってたので、どんなものかと思いましてとりあえず一冊。
ホテルは素晴らしい事にforbidden planetまで歩いて行けるlocation。滞在中に読んで面白かったので続きも入手。ちなみにaliceがロンドンで必ず行く場所の一つがforbidden planet。
scott pilgrimの何が面白いのかというと、ありそうな人間関係(身近な感覚)とありえない出来事(でもげぇむ世代にはげぇむ世界であり得る身近)。この二つが絶妙なバランスで成り立ってるのが面白い。
舞台はカナダなのだけど、USともEUともちょっと違う、だけど似たような人間模様が共感を得やすいのかな。日本には多分ない感覚。
どんな人間関係かというのを部分的に大ざっぱに説明すると、主人公のscottは23歳で17歳の高校生と付き合いはじめて、周りの同世代の友達にそのコトについてからかわれてる。同じバンドにいるkimっていう子と高校生の頃付き合ってたけど、scottが引っ越したせいでfade outになっちゃったという過去があったりもする。ある日ramonaっていう子と出会い17歳と付き合ってるのにramonaと良い関係になってしまうscott。ramonaには過去に付き合ってた7人のevilなboyfriendsがいて、scottはどういう訳だかその7人と戦わなければいけないというコトになっている。ちなみにscottのroommateはwallaceといってgayである。(aliceはwallaceがこのマンガの中で一番好きなキャラ☆)
とりあえずscott pilgrimはかなりダメダメなキャラなのですが、それがどこにでもいそうな感じなのだよね。(実際aliceの友達にもこういうのいるし)このあらすじにげぇまぁだったら知ってるようなくすくす笑いがちょこちょこちりばめられてまして、かなり読みやすいので、英語を勉強したい人にも向いてるかと…。
絵も筆ペンで描いたみたいで、なかなか好み。着てる服とか髪型とかも「あぁ、こういう格好の人いるな…」という共感を誘うのである。

何か別の事書こうと思ってたのに、ここまできたら何を書きたかったのか自分でも理解不能になってしまった。まぁ、今日はここら辺で…。


☆追記☆
思い出した、何を書こうと思ってたのか。
最近twitterがあまりにも普及して、net友達以外のこの文章を打ってる本人を知ってる人がちらほらfollowしはじめまして、なんかいつものようにaliceと同じげぇむしてる人にしか解らないであろうつぶやきをするのがし辛くなった……。twitterはね、ホントに便利と思うんだよ、chatとも違うし、SNS関係みたいな面倒とか時間泥棒も(割り切って使えば)ないし。それといざという時の連絡をつけるとかもできるし。
だけどねぇ、なんていうのかしらぁ……。元々net友達とかonlineげぇむ友達に会う気ほぼ0%な気持ちのaliceなのだからこそ、blogやらtwitterを楽しんでいたりするのだよね。元々思った事を誰かに共感してもらえたらいいかもなぁ程度で描いてる自己満足だからね。しかも、その思った事っていうのが大抵「あのげぇむはすごかった!」とか「あの映画の戦闘シーンが好きだー!」とかいうもので、取り立てて人生において重要なコトではないけれど、enthusiasm(熱中?)というの?が頭と心にがしがし訴えてくるものに関して、その場で何かを言葉にして感想を書いてみたいなと思うのである。
だけど、それを別に身近の人とか友達に知ってほしくもないのよね…。だからfacebookとかmixiは特別読みたいと思ってないのに、ずるずる友達の日常とか読んじゃったりして時間を奪われたりするからヤなのですよ。
そんなワケで、今の所このblogはtwitterにもlinkはないので、twitterに言い辛い事はココに記そうかとback to blogだわよ☆
といっても、更新は頻繁にはしないと思いますけどね。




なんとなくだけど、ロンドン旅行のお陰もあってかようやく気分が落ち着いてきたここ最近。
ウサギさんがひょんなコトから突然昨日から日本に行きました。なんでも緊急で必要なものを届けるというお仕事らしいのですが、aliceとドラゴンは「きっとフランス人は今日本に行きたくないから人手がないんだよ」と話してます。
実際EU諸国は日本にいる人達に戻ってくるように言っているしね。地震も恐いけれど、今一番問題になっているのは放射能関係。万が一の事を踏まえて日本に行かないようにとの事だけれど、その危機がどういうもので、どうなったらそうなるのかとか、具体的に解らないのが問題なんだと思う。いや、それ以前にnuclearというものがどういうものかが完全に理解できてないからこういう事になるんじゃないかと思うのね。よく解らないものを使いはじめちゃって、それがないともう生きていけない人類なので、使用停止とかいう思考はないけれど、もっと研究とかしてなんとかなるようにならないのかしら、こういう危機的状況の時に。と、思ってる。
そのウサギさんは多分現在東京に向かってるはず。(missionはパリー大阪間なのでした)日曜日には大阪から飛行機に乗るので、本当に数日。あり得ないような不思議な出来事ですけど、行けて良かったと思う。なんかこういう時だから会いたいとかってあるんだよね。
そういう複雑な心境なaliceなので、日本から離れていく外人達にうっすらむぅっとした気分になっているのです。気分的にはね「さっさと星へ帰れ!電力もったいないだろ!」とか罵ってます。とは言いつつ、今週日本に旅行にいく予定にしてた友達に「今は行かない方が良いと思う」と言ったのも同一人物のaliceなのですけどね…。
なんとも不可思議な心持ちで、何をしてもなんだか上の空な感じはまだ続くんだろうな。日本国外に住んでる日本人はきっとみんな似たような感じだと推察。


さて、げぇむのお話。
しばらくドンパチは出来ないだろうと思ってたけれど、旅行のお陰で色々気分転換できたので明日からcrysis2に復帰できそう。今日もcrysis2の動画とかyoutubeで観ても大丈夫だったし、むしろ「うぉー、久々に血が熱くなってきたかもー」とloopしたりして観てたし☆
ここ数ヶ月は360にはほとんどloginして遊ぶ事なく、ひたすらLBP2でlevel作りをしており、しかも仲間のB君と共に共同制作をずっとしていたせいもあり、数週間前から「crysis2が出たら360に戻るよ」と言ってはいたものの、芽生えた工作仲間友情は意外と熱かった。
基本的にあまり喋る事なく黙々と何か作ってはtestとかの繰り返し作業を二人でしてて、時々ちょっと個人的な話とかもしたけれど、aliceはdefaultであまり自分自身の事を話さないげぇまぁなので(変に興味もたれても困るし、げぇむ友達というのはその場で楽しければ一番居心地が良い関係だと思ってるので)これだけ長時間ほぼ毎日一緒にげぇむ時間を過ごせる=波長が合ってるという事なのです。(実際問題としては、lagがないとか同じ時間帯や週末は朝までという時間帯が合うというのもあったけどね。)
作業の分担も相談せずにaliceが舞台装置、B君が乗り物やenemy全般という暗黙の了解で、どういう訳かうまくいってたし、B君もaliceもお互いの作るものに関して「こうしたらどうかな?」という提案はあっても「こんなのやだ!」というのはなかったし、ホントに不思議な位二人でいる方が作業がはかどるという希有な相棒なのである。
そんななのもあり、今日は随分引き止められたんだぜー!精神攻撃をしかけてくるB君、どこからどこまでがjokeか解らないんで戸惑うよ。
360からPS3にしばらくLBP2とKZ3に旅立つねと言ったときもBたんとD君にかなり悲しがられたのを思い出し、consoleを複数持つのは罪深いな…と思った。B君はcrysis2面白そうだからほしいけど、買ってもaliceは360版だから遊べないしね…と悲しげだしさ…。KZ3がもっとmultiplayer充実してたらね、勧めまくって買わせて一緒に遊ぶんだけど、そこまでじゃないのがもったいない。PS3 onlyなのに。
というワケで、明日からドンパチ復帰!できると……思う☆




動画を観て、このげぇむを買って一緒に遊ぼうよって言ってくれる女子げぇまぁ友達がいて嬉しいよ。aliceと一緒にこれで遊びたいって思ってくれる、その心が貴重です。
B君にしてもBたんにしても、こういう友達に出会えたからこそ360もPS3も持ってて良かったなとは思うんだ。




220311_001_aliceblog.jpg
二泊三日でロンドン旅行。
鬱々とした気分になってたので、とてもrefreshできて良かったです。
とりあえずmini。x-ray仕様。

220311_002_aliceblog.jpg
aliceのロンドン旅行というのは、観光というよりもinspirationもらいにいく感じ。
なので必然的に写真も気になるものを資料として撮ってるのが多い…。

220311_003_aliceblog.jpg
ティーカップ。
ロンドンは歩いてると街のアチコチにライオンやら一角獣がいて、
他のどこの都市よりも魔法が多分まだ生きてると感じる。

220311_004_aliceblog.jpg
tate modernに行ってみる。
相変わらずこの国の美術館はほとんどの場所が無料という素晴らしさ☆

220311_005_aliceblog.jpg
ロンドンとパリの大きな違いはこういう感じ。
新しい建物が古い建物にぽつぽつ混ざってるのがロンドン。

220311_006_aliceblog.jpg
スコーンは英国で食べないと本当の美味しさが解らない!
そう感じる程別物の美味しさ。
UKは食事がまずいっていいますけども、aliceは好きな食べ物けっこうあります。

220311_007_aliceblog.jpg
tateでお絵描き貢献。

220311_008_aliceblog.jpg
最近お流行のcup cake。
無難にあんまりゴテゴテなのじゃない、美味しそうな見かけのにした。
美味しかったけど、やや甘過ぎ…。

220311_009_aliceblog.jpg
easter前なので、ウサギでうさうさな感じの飾りが多かったな。

220311_010_aliceblog.jpg
ちょっとした絵柄にUKっぽさがあるのがいいんだよね。

220311_011_aliceblog.jpg
甘いもの好きなんだけど、実はチョコレートはあまりそれ自体では食べないの…。
柄や模様の好きなaliceなので、これも資料としてパシャリ。

220311_012_aliceblog.jpg
これもすごい買っちゃいそうになったんだけどね…。
パリのがきっとチョコレートは美味しいし☆
けど、パッケージデザインはロンドンのがalice好みである。

220311_013_aliceblog.jpg
定番のlibertyへ布を買いに…。
相変わらずlibertyの中は楽しい。
alice製品も売られてるコーナーがあってちょっと嬉しかったよ。
やっぱりlibertyで売られてたら本望でしょう☆
(↑はalice製品とは全然関係ないものですよー)

220311_014_aliceblog.jpg
この悪趣味にも近いタイルとか、欲しくなるんだよね…。

220311_015_aliceblog.jpg
このお皿も全種類欲しいよ!
けどさすがに無理。

220311_016_aliceblog.jpg
これらもとっても悪趣味と思いつつ、すごく心惹かれる…。
ここ数年、陶器を観るのが好きで、変なお皿を集めてるaliceなのである。

220311_017_aliceblog.jpg
ティーセットは、全部揃った柄じゃない方が楽しいね。

220311_018_aliceblog.jpg
double deckerにLBP2の宣伝が!
そいえば、ロンドンにもパリ市自転車velibみたいのが出来てた!
EUは今自転車流行なのか…?でも、ごっそり盗まれ東ヨーロッパに流れてるそうだ。
その自転車一台いくらかかってると思ってんだー!(意外にも結構高い!)
と、都市の税金で賄われてる市民は一部怒ってる。

220311_019_aliceblog.jpg
tea timeばかりしてました。
食事はほとんど甘いものでした。
aliceはUKで生きていきたい。

220311_020_aliceblog.jpg
aliceのロンドン旅行定番はV&A。
今回もちょこっと行ってきたよ。ここでお茶するのが好きなの。

220311_021_aliceblog.jpg
あと、V&Aの好きな場所は、トイレだったりする…。

220311_022_aliceblog.jpg
aliceはここのトイレに住みたい☆

220311_023_aliceblog.jpg
今回はthe british museumの側に泊まったので久しぶりに行ってみた。

220311_024_aliceblog.jpg
museumで売ってるpeter rabbitの本はhieroglyphで書かれてるんだよ!

220311_025_aliceblog.jpg
四月二十九日がroyal weddingというコトで、色んなwedding goodsがあったよ。

220311_026_aliceblog.jpg
ちょっとあまりにもあちこちこういうのがあって、面白かった。



19640165.jpg
そいえば、気分転換を兼ねて、数日前paul観てきた。
ちょこっと長いかな?って感じたけど、geek、nerdならツボる部分の多い映画でしょう。
comic-con行ってみたくなってきた!



220311_027_aliceblog.jpg
tsunami charityがcovent gardenのメイド喫茶であるみたい☆
また週末行くか!?




最近ずっとはまってるLBP2のcreate modeでのlevel作り、ようやく半分くらいできたかな。本当はこれでも充分遊べそうなのでpublishしたいと思ったりもするんだけど……、ちょっと共同制作者のB君に相談してみようかな。
夢中なのでLBP2しか起動してないんだけど、実を言うとちょっと心情的にFPSでの破壊行動ができないでいるのです。(まぁ、流暢にげぇむしたりしてるんですけども…)alice家では今ずっと一日TVが着いていて日本の映像が流れているので、その現場を観ているとドンパチできなくなっちゃって。来週はcrysis2だっていうのに、大丈夫なのかしら…。なんとなく当分破壊する関係のげぇむできない気がしてきたよ。
日本人なのだけど、かなり遠くに住んでるaliceなので現実に体験していない分newsなどで流れる報道で日々不安が募るばかりなのですが、twitterで逆に日本のみんなのつぶやきに元気づけられてます。今日は震度6の地震が静岡で発生した時に「ガンダムが動いた震動じゃね?」みたいな一言とかで、悲壮感が一気に吹き飛ばされました。
ウサギさんも常にtwitterを観ているようで(普段は全然観てなくて、tweet数もすごく少ないんですが…)、毎日「今日の面白かったtweet」を報告し合ってます。震度6位じゃ普通レベルになってきてる日本人、達観しすぎ!とか外人達は脅威の眼差しでみていると思ってて下さい。
実際本当にフランス人達はpanicしてます。フランス大使館は在日フランス人に東京からはなれるようにと連絡を入れたりしてるそうですから。alice家のご近所にair franceのCAしてるオネーサマがいるんだけど、その人が両親の安全の為にパリに来るように連絡をしたら、却下されたそうです。aliceももしも今日本にいたら多分パリに帰らないと思うんだ。日本に住んでないけど、なんかこういう時こそいなきゃいけないとか思っちゃうのはヘンなのかもなぁ。けどね、家族一緒がいいよ。
そうねぇ…、どこか別の国に「帰る」なら話は別で、緊急脱出するべきなんだろうけれど、これが祖国っていうものの存在なのかもなぁと思う。ホントにaliceの出来る事は些細な事しかできないんだけれど、祖国を思う、だよ☆
というワケで、現在そのCAオネーサマのにゃんこがalice家に居候中。だいにゃんとはまだ一定の距離を保って睨み合い状態が続いております。だんだん距離が縮まってきたので、あと二三日もしたら一緒にじゃれあってくれれば幸いである。猫が一匹増えて、alice家の現在の猫人口はダイナ、モカ(居候猫)、alice(猫型ロボット)となりました。




日本で大きな地震が起こって、それに伴う災害、津波、噴火、もう心配なのになにも出来ないもどかしさ。
今はどこに募金するのか悩んでます。被害先に直接届くようなのがいいのだけど、どれがいいのだかイマイチ解らず…。
祈る以外何もできなく、それでも日本の人達は落ち着いててこういう時はたくましいなぁと感心してます。フランスで同じ事が起こったらきっとパニックな人達だらけだと想像。
まずは出来る事をと、色んな人に励ましe-mailを送ってます。そのほかaliceが日本人という事で、世界中の友達から心配mailが来てて、「alice一家@日本は無事だよ!」と返事してます。本当に、この「無事でありますように」という願いが色んな人に届きますように!
blogじゃなにもできないけど、とりあえずだいにゃんを載っけておくよ。
できるだけ沢山の人達の無事を祈ってます!

140311_007_aliceblog.jpg

140311_004_aliceblog.jpg

140311_001_aliceblog.jpg

140311_002_aliceblog.jpg

140311_003_aliceblog.jpg

140311_005_aliceblog.jpg

140311_006_aliceblog.jpg
これはおまけ。先日もらったaliceのげぇむ椅子。




最近のLBP2はcreate modeにどっぷり入り浸り状態。
狂ったようにreachでsniperしてたのがなんだったのかしら…と思う程、げぇむしてるのにげぇむしてない感じだよ。最近は作りたいものとかが「どうやるの?」とか思わないで作れるようになってきたので、「あー!もう解んないから息抜き!」ってならないので、killzone3のmultiplayerに行けないでやや悲しい。ドンパチもモチロン好きなのだよ。killzoneの世界観は好みなのだよ。なのに行けないというか、行かない。
入り浸ってるけど、まだpublishしたものはゼロ。完成しないんだ…。途中までで放置してるものもいくつかあるけど、今はとりあえずcraft仲間のB君と毎日数時間一緒に何か作ってる。一緒にといってもお互い勝手に作ってるのですけどね。Hちゃんも言ってたけど、男子のがメカものは上手に作る!悔しいけどね!
そういうコトなので、乗り物作りはB君に任せて、aliceは舞台装置をせっせと作ってるのだ。照明の色変えたり、波の高さ設定したり、陸地のdecoration配置したり、素材変えたり……楽しくてしかたない☆

4c42ef5627b267ab1e147b7ba24d3eb59f099440.jpg
B君なにこれ?複雑すぎて解らないよ…。

5ed69cb1ccc11cb38ad44277345708ead31a6979.jpg
B君は研究熱心で、初心者だそうですが、既にaliceより数倍も知識が豊富。

7f19705f949ff15186c75dd368ea65cc1d1c4840.jpg
こんなの作ってるし。大きすぎるのが難点。

b4318afd0a4dfb2f3305c124563153dc725bb6c5.jpg
zeldaのnaviも作ってたよ☆ たくさんいすぎ!

ba3eecf46dd8bfe374cbeec1fb8dcb54c3ce8801.jpg
aliceのトコロには時々B君以外にも来訪者が来て、なにかしら置いて行く…。

401cac43031c23b23cb5b8190798a449792579a3.jpg
左はalice兄上。あほ兄妹スナップショット!




今年の誕生日プレゼントは、兎年にちなんでか、いつも以上にウサウサな感じのプレゼントがたくさんでした。
お絵描きすると必ずどこかしらに兎を描いてしまうaliceなので、街で兎ものを見つけるとついつい「うさぎ=alice」となってしまう人が結構いるようです。そしてみんな心得たかのように単なる兎だからっていうのじゃなくて、どこかしらヘンテコな感じの兎をみつけてくるのが素晴らしい。本当によくaliceの好みを解ってくれているようです。aliceは幸せ者だわ。
ウサウサしてないプレゼントは、ニャンコものだったり、甘いものとか植物で、意外な人からネックレスをプレゼントされたんだけども、それもまた猫がついてたりで、なんだかとってもfancy。誰かの為にプレゼントを選ぶ時その人の喜ぶようなものを選ぶけれど、aliceに贈られたものを眺めてるとなんとなくみんなの知ってるaliceという人物を客観的に観れる気がする。
実は密かに誰かプレゼントしてくれないかしら…と思っていたものはMW2だったというのに……。

だけどもMW2手に入ってたとしても、360は現在休暇中でmessageのやり取りだけのloginだし、ドンパチ好きなaliceがkillzone3もほったらかしてLBP2に大いにはまってしまっているので、遊ぶ時間はないのだけどね。
はまっているけれども、まだまだ未熟なので色んなものが機能的に作れない。もう実践あるのみなので、とりあえず作っては失敗の繰り返し。だけどお陰でなんか色々と解ってきた。解ってくると作れるものが増える。増えるともっと可能性が出てきて作りたいものが増える。これ、LBP magic。
以前知り合ったaliceの先生のHちゃんとは、一緒に船作ったりして遊んだりするんだけど、それ以外にも工作仲間が増えたよ。なんだか知らないけれど、aliceが何か作ってると「一緒にいてもいい?」と言って、同じ部屋で二人して黙々と何か作って実験するというのがここ最近のaliceとB君。そこにHちゃんが参加して「これはどうやったの?」って質問したり、Hちゃんの作ってるlevelへ遊びに行ってテストplayerしてみたり…。なんかげぇむなのにげぇむじゃなくて、だけどなんか三人して夢中で…、なんだかもうこのげぇむの魅力に取り憑かれたとしか思えない。
確かにtutorialは長いし退屈だし頭の中こんがらがって挫折しそうになってたんだけど、そこを突破すると別世界のLBP worldが開けたよ。
というコトで、multiplayerであまり2から進化の少ないkillzone3が放置という前代未聞のalice家なのである。firefightみたいな四人モードでNPC倒すとか作ってほしかったよ。それじゃfirefightじゃないかって思うけど、職業選択できるから別の面白さがあると思うんだよね。multiplayの選択肢の多さはHALOシリーズは流石にtopクラスだなと思った。あー、それとco-op好きなのでcampaignでonline co-opも欲しかった。あったらちゃんとcampaignやるんだけどなぁ。EDGEのreviewで予想してたよりscoreが低かったから「ん?」って思ってたんだけど、確かにkillzone3はやや物足りないと感じてしまう。PS3 onlyなんだからもうちょっと病みつく要素を入れてほしかった!

今月の春になる日頃、久しぶりにロンドンに遊びに行く予定なのでとても楽しみ。aliceはお風呂で本を読む長風呂星人なのだが「なんか最近お風呂場にロンドンの本増えてない?」とウサギさんに指摘される程、雑誌とかガイドブックが積まれている。いつも前もってそういう下調べとかしないんだけど、今回はいつもうろうろする場所以外も行ってみたいかなぁ…という気分なのである。
そんなaliceにTたんがめぇるで「the hummingbird bakery、知ってると思うけど…」って教えてくれた場所でcup cake三昧したいよ。aliceはcakeよりtartかpieな人だが、ここのはなんとも魅力的じゃないか。

19541193.jpg

最近観た映画はblack swan。natalie postman好きだからね。
映画を観た人から「ホラー映画だよ」と聞いてたので、それなりに覚悟は出来てましたが、予想してたより全然ホラーじゃなかったのでちょっとがっかり。いや、映画にはがっかりしなかったよ☆
バレエ映画としても良く出来ていたと思うし、心理サスペンスっていう感じの仕上がりも悪くなかったし、なにより兎に角natalieが上手い!
けど、観賞後はあまりすきっとしない暗い映画です。それとちょっと痛いのが苦手という人は観ない方が良いと思う。スプラッタものの痛いじゃないけど、ちょっと痛っ!って目を背けたくなるようなシーンがいくつかあるので…。
ポスターにアールデコちっくなvariationがあったので貼っておこう。こういうgraphicsは好みなのです。
そして今ポスター画像眺めてて知ったけど、この監督でしたか…。面白いものばかり撮るよね。今後この監督は気をつけるようにしよう。

19541191.jpg 19541192.jpg 19541194.jpg






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.