ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




19845839.jpg

最近観た映画二作。the girl with the dragon tattooとj.edgar。
前者はswedenのmilleniumというシリーズの映画化されたもので、かなり長時間の映画だったにも関わらずあっという間な感じに出来上がってた。
内容は昔行方不明になった女の子がどうなったのかを調べるというものなのだけど、北国の孤島を舞台にかなりthrillingな展開でどきどきしっぱなし。新聞記者のmikaelが主人公なのだけど、alice的には彼に雇われたlisbethという一風変わったアシスタントがあまりにもかっこよすぎて、観賞後主人公は彼女だったのではと思う程。
この映画監督、zodiacやseven、the curious case of benjamin buttonなどを作っていて、aliceはzodiacとこの映画がちょっとかぶってしまう。悪い意味ではなく。どこがかぶるかというと、犯人を調べるリサーチの仕方っていうかなんていうか…。真実を知ろうとして必死になるシーンがかなり印象的だったzodiacと、この映画の中でmikaelとlisbethがどんどん真相に迫っていって、観ている側に心理的に「危険!」って思わせていく過程が緊迫感を与えてくれる。
個人的に猟奇殺人は恐いもの見たさでwikipediaなんかを読むのが好きなaliceなので、この映画はとても良く出来ていると思った。兎に角lisbethの勇敢さがヒーロー的に素晴らしいので必見。

19974914.jpg

clint eastwoodは最近年に一本という感じで映画を撮っている印象ですが、これは彼の最新作。clint好きのaliceは観ないという選択肢はない。
FBIをつくった男の物語。
この映画を観た後、TVでありとあらゆる刑事物がFBIがらみでかっこよくできがっているのを思い出すと、かなり複雑な感じになる。FBIはこういう人によって作られたのかぁ…という、ね。
英語が難解なのと、時代背景や当時世間を賑わせた事件や時の首相などが解っていたらもっと興味深く観る事ができたんだろうなぁ…と思うのがちょっと残念。この手の英語はaliceには難しいのよね………。ウサギさんですら字幕ばっかり読んでたと言ってたので…。まぁ、そんなこんなで観賞後ウサギさんに解らない部分などを説明してもらい、晴れてclintがこの映画の中で言わんとしていた事が何であったのかがようやく解った次第。

どちらも色んな意味でもう一度観た方が良く解るんだろうなと思う映画でした。
そして、なんだか英語力が低下しているのでは…と思うaliceちゃんなのであった…。ちょっと英語の本でも読みますか………。
スポンサーサイト




19840048.jpg

長いこと映画を観てませんでした。去年の秋位からずっとばたばたしてたのと、なんとなく観たい映画がなかったというのとか、見逃したとか色々。
cronenbergの新作a dangerous methodはいつもの感じとずっと違った感じ。けどかなり興味深い内容だった。
お話はまだ若かりし心理学者ユングと彼を取り巻く人間関係の物語。最近red bookというユングが数十年かけてつくった聖書のような本を観に行く機会があって、そこからは想像のできない人間としてユングが描かれていたように思う。若い時と年とると、人間色々と変化があるんだろうなぁと思った。
ユングと愛人関係にあったという元精神病患者が、病気を克服し、さらには大学で論文まで書くという下りはすごいと思った。なんというか、最近精神的に病気持ちの友達がちょこちょこいて、それぞれなかなか病気が治らなくて(徐々に良くはなっていっていたりする人もいるけれど)精神的に病むと大変だなぁ、怪我と違って観えないから…と思っていたけれど、精神病もちゃんと治るというのを知ってほっとした感じ。

19846340.jpg

ジブリ映画。フランスでも公開しました。
宮崎駿の息子監督のゲド戦記があまりにも酷い出来で(原作はharry potterよりもずっと素晴らしいfantasy小説だと思うので)、今まで観てきたジブリ映画の中からなかったことにしているんだけど、日本で公開した時観に行った人達の感想が悪くなかったので、それほど期待はせずに観てきました。
まぁまぁ、かな。音楽がいつもの感じじゃないとジブリ映画っぽくないのね。60年代の学生運動な雰囲気がイマイチ作った感じの印象なのは仕方ないか。もっと暑苦しい感じでも良かったかと思う。
それにしても東京オリンピック前の東京はきたなかったのね。北京オリンピックのコト言えないじゃないの?と思ったよ。


近況:
この冬のヨーロッパは全然寒くない。先週またロンドンに行ってたけれど、ロンドンも冬の寒さじゃなかったよ。去年一昨年寒かったような気がするので(日中で-10℃いった日もあったような…)へんな感じ。
aliceの唯一の健康法は毎日の長風呂ですが、多分これはお勧めしてもいいんじゃないかと思う程良いのではないかと最近思いはじめてるよ。それと最近はマヌーカハニーとかいうニュージーランド土産の特殊蜂蜜がお薬代わり。(ウサギさんがニュージーランド行ってて、お土産に持ってきたけど、その存在は前から耳にはしていた、蜂蜜マニア達から。)ちょっと喉が痛いかなぁと思ったらマヌーカハニーですよ!
げぇむは最近halo warsしかやってない。3DS全くもって触ってない。RTSははじめると危険なの解ってたから封印してたんだよね。ドンパチもそっちのけでひたすらユニット作ってるよ。tacticsのonlineはやばい。aliceはヘタだけど、この面白さはホントに危険。




あけましておめでとうございます。
ここの所ずっと更新してないだらだらblogですけど、たまに更新する予定です。今年もよろしくおねがいします。

さっそくですが、昨年度のalice的bestげぇむはlittle big planet2というコトで確定です。その他はほとんどドンパチ系しかやってなかったというので、比較対象もあんまりないのですけどね。

クリスマスプレゼントの一つに3DSがありまして、ようやくaliceも3DSplayerです。が、aliceが買うのを悩んでいた原因の一つがregion freeじゃないというのなんだよね。3DS=世界樹の続編ってコトなので、どうにかしないといけないが、プレゼントにもらったのにぶつぶつも言えないし、とりあえずマリオカート7を適度に走ってる感じ。(Miiの設定がちょっとごたごたしてて、まだaliceとしてonで走ってはいないのである…。)
まぁ、またきっと日本のげぇむがしたいが為にaliceは法を犯すのであろう。
幼気で無邪気な子羊に幸あれ、アーメン。
が、問題は最近ほっとんど日本製げぇむを買ってないというのも問題ですけどね。去年きっと一本も任天堂商品買ってない気がする…。multiplayer FPSが日本製げぇむではでなさそうなので、aliceはまた今年もきっと洋げぇまぁみたいな感じの一年になりそうです。
その他、年末年始のげぇむプレゼントラッシュでbatmanとかACとかdarksoulsとかzeldaとか色々観てましたけども、batmanが思いのほか素晴らしいわね。けど、そろそろXBLA等で発売のgotham city impostorsが待ち遠しい。例によってドンパチ系。
zeldaはalice家内でzelda姫があれでいいのかというので大問題になってますが、まだまだ序盤。あんな学園ものみたいなzeldaのきゃっきゃうふふはこっぱずかしくて観てられないんだぜ!

ま、そんなこんなでクリスマスにupとwall.Eのblurayもらったので、クリスマスにupで大泣き(序盤15分程はいけない…)、そして今日はみんなでwall.Eで平和な年末年始となりました。年末年始はジブリ映画が定番なのですが、今年はpixarで。

大分良くなってきたけれど、大晦日の早朝にaliceは腎臓結石というのの痛さでのたうちまわってました。あまりにも痛くてお医者様を呼んで注射打ってもらった程ですよ…。よくある病気で、痛いわりに全然大した事ないものらしいので、二日経過した今はほぼ普通状態に戻りました。めでたし。
ウサギさんは「あぁ、やっぱりaliceちゃんは体内でartifactをつくってたんだね…。」とコメント。そう、多分この結石を使う事によってとんでもない魔法が使えるようになるんだと思うよ…。

と、そんなこんなな年明けです。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。