ADMIN TITLE LIST
280612_aliceblog.jpg

今期のアニメも終わったり、もうじき終わったりでちょっと寂しい。
楽しみにしてたのはモーレツパイレーツ、アポロン、ツリタマ、それとjormungand。なんだかんだで一番気に入ってたっぽいのでお絵描きしてみた。どのキャラも好きかな。バルメの超人的強さはげぇむちっくで素敵である。
エウレカはなんだかイマイチ。エウレカっていっつももったいない感じなんだよね、絵も音楽も戦闘シーンもロボもいい感じなのに、マヌケっていうかなんていうか。もっと単純明快でいいのです、アニメなんだから。
京アニの氷菓ははっきりいってつまらないんだけど、アニメとして観る価値はあるので観てる。ハルヒみたいなどんでん返しを期待してもいいのだろうかという程退屈。同じくアニメとして観る価値のあったフジコちゃんは、話がどんどこねじれてきて「ルパン」の面白さは全くなくなってしまったような。一話みたいなノリでずっといってほしかった。咲は咲たちを別の視線から観る事が出来る面で面白い。端から観るとあんなに恐ろしい魔物みたいだったのね。
次期はどんなのが楽しいのかな。jormungandの続きはどうなるの?




20089538.jpg

ちょっと前にsnow white and the huntsman観てきた。
今年は二作も白雪姫の映画が出るという変な年。最近同じtitleの映画を同時期に作るのが流行っているのかな…。alice的には同じ時期に上映されるより、一年程置いてくれた方が両方観るんだけどなと思いつつ、白雪姫に関してはこちらのダークな方を視聴選択。
感想は「予想してたより、かなりまぁまぁな出来でちょっとがっかり」というもの。見所は継母の衣装。
白雪姫役の子はtwilightシリーズでブレイクしたらしいんですが、aliceはこのシリーズは全くノータッチなのでなんとも言えず。ただ、完全に白雪姫より継母のが勝ってました、色んな意味で。
がっかりだったのは、もっと映像的に暗い錆びた鉄みたいな感じのフィルタをかけてくれてるのかとおもってたんだけど、そういう風にCGを使ってくれてなかったのがやや残念。呪いの森とか魔法の森みたいのはそれなりに面白く演出してくれたと思うんだけど、あぁいうのはナルニアに期待するものであって、ダークな白雪姫にはもっと原作に忠実っぽい作りにしてもらいたかった。(あぁ、あとちょっとシシガミ様(もののけ姫)も友情出演してるのですが、制作側はジブリに友達でもいるのでしょうか。)
個人的に、huntsmanがthor役の人だったので好感度高し。
もう一度prometheus観た方が楽しめたかなぁ……。


250612_001_aliceblog.jpg

一年のうち一月か二月集中的にお裁縫してる時期があるんだけど、その熱病みたいな時期が過ぎ去り、今はまたお絵描きとげぇむの日々である。何かしら作ってないと精神安定できないというaliceである。(それなのにお料理はまったく興味ないのはなんでなのか……。きっと作ってくれる人がいるからであろう。食欲があまりないのも原因か。)
今年はかなり大物に挑戦。ソファカバーである。今までのがかなりぼろぼろで気になって気になって(そりゃぁもう病的にまで)仕方なくなってきてしまったので、一大決心して作製。ただ、ものすごく複雑だったので、もう二度と作らないであろう。
お裁縫といってもaliceはぬいぐるみしか作らない。それ以外に作ったことがあるのはクッションカバー位。ミシンだってまっすぐに縫うことしか出来ないんだが、自分の家の事となると出来てしまうから人間ってすごい。(誰かに頼まれても絶対断るよ。)
元々算数数学が苦手alice。そして年々数字というものがどんどん非現実的なものになっていっているので、ソファカバーに必要な布の量が、どう色々計っても算出できなかったので適当に大量の布を買ってきたというのに足りなくなる始末。そして同じ布を買いに行ったらなんとまさかの売り切れ。似たような色はあって、きっとalice以外の誰もそんな些細な色の差は見分けられない程度の違いだったけれども、妙な部分で神経質のaliceには納得できなくてあちこちの布屋さんで同じ色を探したけれど見つからず、いっその事足りない部分は違う布を使おうという思考回路になり、今回のソファカバーは完成となった。

250612_002_aliceblog.jpg

だいにゃんは最近ここがお気に入りのようです。

250612_003_aliceblog.jpg

そして余った布でaliceの作業椅子のカバーも作ったよ。
だいにゃん普段は絶対この椅子に座らないのに、最近目を離すとここにちんまりしてたりするんだよね。
新しい所に自分の匂いをつけてるのかな?




20072335.jpg

men in black 3観てきた。久しぶりのwill smith。久しぶりのMIB。
面白いんだけど、aliceにはやや難しい英語なんだよなぁ。なんでなのか不明。難しそうな内容なのに解りやすかったりとか…ひょっとすると原語の問題じゃないかもしれない。とりあえず、alice的には英語の単語使いが知らないのが多かったという事にしておこう。
内容はいつも通り地球に沢山生息する宇宙人たちを取り締まるMIBのお話。
今回は1969年の過去で殺されてしまったKを助けにJがタイムトラベル。タイムトラベルのシーンはかなり面白く考えられてたけど、あんな思いをするなんてJはよっぽどKが大好きなのですね。いやだが、今思ったんだけど、どうしてJだけ記憶があったんだろう………。それほどKが好きだったってこと?
なんにせよ。ここ数年60年代とか70年代設定って増えた気がする。今回もその手の凝った遊びがふんだんにちりばめられているので、映画の背景部分なんかを細かく観て分析して教えてもらいたいかも。
そしてまた思い出す映画の最後…。あぁ、だからJの記憶からKは消えなかったのかなぁ?それとももっと科学的な根拠とか映画で説明してたっけ?とか色々考えつつ、相変わらずなへっぽこ批評である。


最近面白い体験をした。3月半ば頃からほぼ毎日360でげぇむしてるオバカな米人友達がいるというのはちらほら過去の日記にも出てきているのだが、実はaliceは彼の本名も住所も誕生日も家族関係とか色々知っていたりするのだ。それでいて彼はaliceのそういった個人情報は多分ほぼ何も知らない。(いやぁ、未だになんか信用できなくってね…。こう言っては悪いけれども。)
ほぼ毎日一緒に遊んで喋ってるので、時々aliceが旅行で留守にする時などひどく悲しまれる。困る。そこで旅先から葉書を書いてあげる事になったというのが住所と本名を知るきっかけだったという訳だ。
普段はげぇむの会話しかしてないのだけど、時々ごく一般的な「会話」というのもする。コーヒーと紅茶についてとか。で、どうも美味しいお茶を飲んだ事がなさそうだったのでティーバッグをいくつか送ってあげた事がある。たまたまうちの近所でME3予約して買ったときについてきた特典の缶でできたME3 CDケースみたいのの用途に困って送ってあげる約束をしたので、それに入れておいてあげたのだ。
先日その送ったお茶を飲もう、aliceも同じお茶を今いれて一緒に飲むよ!って事になり、時差六時間、海を越えた別大陸でME3で一緒に別の惑星で宇宙人と戦いながらお茶のひとときを楽しんだ。
滅多にない体験なので、頭で考えてみてると色々わくわくしてきた。これを今度絵に描いてみようと思うと報告したら彼も楽しみにしてると言ってた。
これを描くときはきっと四次元的に楽しい思考回路になるだろうと思う。完成したらK君に送ってあげようと思う。それを眺めるときにまた四次元体験を彼が出来るのかと思うとすごく非現実的で興味深いよ。
けどね、きっとこれはdigitalでやっては面白さが半減してしまうものだと思うんだ。紙に描いて、郵送して手に取って観るのが大事だと思う。digitalだったらずっと早いんだけど、きっと郵便箱をのぞく楽しみ、封筒を開くわくわく、そういうの全部含めての四次元体験なのである。
まだちょっと描く時間ないけど、はやく描きたい。aliceには描いてるときが一番の四次元体験だからね。




20022460.jpg

ここの所観たい映画が結構目白押し。
というか、最近の日記の更新は映画の感想ばかり。まぁいいか。
今日はprometheusとcosmopolis。aliceの中ではなんだか言葉の響きが似てるので、変な感じなんだけど、全く似た部分のない映画。唯一の共通点は両方SciFiっていう所かな。

prometheus、ridley scott好きにはたまらない映画の一つとなるであろう!そしてきっと続編が出る、と思う!そんな作りになってた。第二のalienとして映画市場輝く作品となるでしょう。
一言でいうなら最高の映画であった。alien好きは絶対に観ないといけない。alien創った監督が新しいalien創ったような感じですから、兎に角観やがれ!である。
あとね、mass effect三部作をplayした人にもお勧めしたい。宇宙船とか降り立つ星がmass effectそのもの。みんなの着てるスーツもMEちっくに思うのはaliceだけじゃないはず。protheanとasariの歴史が解るDLCをplayしたあとだとね、もうたまらん!
内容は敢えて何も書きたくない。とりあえず観なきゃ!な映画なのでね。所々ぐろぐろしいのはalien好きにはお決まりなのだけど、そういうのが苦手な人はそういうシーンは素直に目を閉じましょう。aliceにはalienをmass effectの舞台設定にした映画みたいであった。
最近ちょっと減ったけど、まだ3D映画にする意味あるの?っていう映画がちらほらな昨今ですが、この映画は3Dで観る価値があったよ。特にaliceの好きなシーン、謎の異星人達のフォログラムみたいなのが宇宙とコンタクトしてるみたいなプラネタリウムが展開する美しさは素敵であった。aliceもあれほしい。そして、その異星人が音楽を使って装置を操ってるっぽいのもalice的にはお気に入り。音楽というのは宇宙とコンタクトするためのものだというのを映像にしてくれたのですね!ありがとう!と感謝感激なのでした。
きっと続編が出るであろう、この映画の「アイツらはなぜアヤツらを殺そうとするのか」という謎は、アレがきっと殺人兵器だからで、それをあそこ全体で作ろうとしていたからなのではなかろうか…とaliceは思うのだが、はてさて……。はやくこの謎が知りたいよ!続編はやくー!

20080335.jpg


david cronenbergの最新作cosmopolisは90年代頃に書かれた小説が元だそうで、数年経て「あの物語は先見の明があったな」なんて言われたんだそうです。
内容は大金持ちの主人公が一夜にして破産、その彼の24時間というもの。
cronenberg好きなので、どんな展開になるのか楽しみにしてたのだけど、aliceにはやや難解だった。というのも、映画の中ではほとんど何も起こらない。色んな人とのモノトーンな会話が続き、どこからどういうつなぎ目でどう繋がっているのかをよく把握できなかったから。
会話はほとんど小説からのものをそのままスクリプトに当ててるらしく、世界経済を動かす大金を汗水流す事なく、数字だけをいじって取引する現実感のなさを演出するためなのだろうなという監督の意思は解るけれど、その非現実性を映画で楽しむには少し難ありだったとaliceは思った。
人間的じゃないと全て色あせてつまらなくなるんだなぁと感じる映画でした。かなり不思議な映画。


最近のげぇむ近況。
ghost reconとdragon's dogmaを手に入れているというのに、火曜日からME3 multiplayerのDLC(なんとまたしても無料!)が出てしまったので、ここ数日はME3に舞い戻ってます。
相変わらず新しいキャラや武器はcredits購入の博打なので、ほしいものがなかなかとれない。今日出たpatchでようやく荒稼ぎできるバグも治ってしまったので、地道にげぇむ数こなして稼ぐしかなくなってしまった。
ME3 multiplayerはバランスがとても良いと思う。どのキャラも使って面白いし、biotic powerの振り分けで全然違う面白味が出てくるし、武器も豊富で多彩でホント凄いと思う。
なのに、いつもなんでgeth engineer使ってんの?って聞かれたaliceである…。だって、なんかaliceのplay時間の数倍も遊んでる人達といつも一緒に遊んでて、credit稼ぎに高レベルに参加するから他のplayerの足引っ張りたくないからつい……。
ghost reconはほんのちょっとしか遊んでないけど、思ったより難しくはなさそう。一緒に遊ぶ予定の友達が何故かまだ入手できてないようなので現在保留中。campaign co-opがあるからね!
dragon's dogmaはmultiplayerとか書いてあるくせに全然そうじゃなくてガックリ、というか、reviewで散々multiplayerがどーのこーのっていうのを目にしてたので、全く気にしてないのですが、いや、気にする部分がひとつあるぞ!pawnじゃなくて、メインで使ってるのをmultiplayerで使ってもらいたいんだけど!だって、やっぱり主人公は自分っぽく作ってるから、出来ればこっちを友達に使い回してもらいたい。ちなみにaliceのpawnはdinusという140cm位の小人。声はやたら低く設定。言うまでもなくだいにゃんである。(けど、本物のだいにゃんは可憐な声なんだけどね)
メインクエストそっちのけで、マップ広げてたらどんどこ強くなっちゃってるので、メインクエストとか楽勝でクリアできそうでちょっと悩み中。ふらふらしてるだけでも強そうなのとか出てくるから、つい頑張って倒しちゃうのがいけないね。あれは逃げないとだよね。あ、あと、ゲームメニューで流れる主題歌っぽいのがうるさいので、あの曲だけなんとかしてほしい。もっと雰囲気にあった曲にしようよ。
まぁ、そんなこんなでげぇむは常にonlineで遊んでます。平和です。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.