ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




110912_001.jpg

千客万来で、毎日誰かと出かける日々が続いてる。どうして人が来るときはこうも重なる事が多いのだろうか。
そんな中「明日終わっちゃうよ!」と思い出した展覧会へ滑り込みセーフ。musee d'orsayで開催されていたmisiaという展覧会を観て来た。予備知識一切なし。ただポスターに使われていた絵がnavi派っぽい感じでalice好みだったので観ておくか、そんな感じでaliceの脳内観るリストに入っていたのだ。
最近は美術史などともほど遠い毎日なので、misiaなんて画家がいたのかぁと思って観にいったのですが、会場内は当時の色んな画家の絵が飾られている、壁に書いてある説明文の一部が一瞬aliceの視界に入り「misiaは特に何も作っていない…」ってあったので、あぁ、この人は収集家なのかと思って観ていたのですが、活字中毒のウサギさんが「aliceちゃん、この人面白いよ、この時代を渡り歩く吸血鬼みたいだ」なんて言い出し、彼女の略歴を絵を鑑賞中に解説してくれました。(aliceはトリセツ読まない人です。mac userですしね。)
このmisiaという女性は19世紀後半から20世紀初頭にかけて存在しているロシア生まれのお金持ちだ。小さい頃からピアノを習っていたそうだが、その先生がfaure。ちなみに彼女の一家はlistとも友達だそうだ。その後パリに移り、サロンで後に歴史に名を残す様々な人と会う。それらがproust、redon、monet、signac、debussy、gide、touloues−lautrec、vuillard、bonard、ravel、satie、chanel、diaghilev、stravinskyなどなど…兎に角凄い。この展覧会では様々な画家が描いた彼女が展示されていた。彼女の為に作曲した楽譜のオリジナルなどもあった。興味深いのは、数度の結婚で名前が変わったため、色んな絵に登場しているがその都度ちょっとずつ名前が変わっているという点。ここがウサギさんに「吸血鬼みたい」と言わせしめた部分である。
丁度この時代はaliceの好きなものが集結してる部分とかさなるのもあるが、misiaを取り巻くものは絵も音楽もファッションも建築も、alice好みが多い。なので観ていてとても面白かった。
面白いもので自分の好きなものはそれを好きなものと関連していく場合が多い。確かに同じような好みであれば繋がっていくのは当たり前なのだけれど、違う分野でもリンクされていくのが嬉しかったりする。そういうのを発見すると自分の選んだ物が正しかったように思えて嬉しいものだ。

110912_002.jpg

イギリスからはいつも大量に食料品を持って帰ってくるのだが(いつも言っている事だと思うが、イギリスはおいしい国である)、今回も小麦粉とclotted creamを持って帰って来たので、creamが新鮮なうちにスコーン焼きヤキ。パリでは真剣に探していないというのもあるが、まともなスコーンを食べれないので最近は自分で作っている。だが、やっぱり小麦粉は向こうで買って来たものじゃないとちゃんと再現できない。
スコーン作りは大変簡単。作る手順でイギリス人の適当さ加減が解る。イギリス人のlazyさがホントによく解るほど簡単だ。なので30分もあれば作れてしまう。だからaliceでも作れるのだ。


さて、げぇむ近況。
何も進展なし。世界樹は夏休みほとんど出来ず、間があいてしまったせいで再開に踏み切れてない状態。もうそろそろborderlands2が出てしまうので、いつ再開するか迷いどころ。
今はまたいつも通りME3 multiplayerだけだな。N7 weaponもかなり取れてきたと思うんだが、未だにどのweaponもmax levelまでには到達せず。harrierとtalonとblack widowかな?これらがlevel.6位になってるのが今の所のaliceの最強N7たちというトコロ。
こんななかなか取れないrare weaponsの為に時間を費やすのは果てしなく時間の浪費行動なのだが、N7 weaponsの使い心地を知ってしまうとこれらのweaponsのlevel.10がどんなものなのか知りたくて仕方なくなってしまうという、とてつもなく厄介な麻薬なのである。
スポンサーサイト




20093222.jpg

8月半ばから公開中だけど、夏休み旅行で観に行けなかったtotal recallのre-make版ようやく観て来た。
ちょっと期待してたせいか(何事も期待というのはしない方が良い事のが多いと思う)、ちょっとがっかりな出来上がりでした。
世界観は好きだ。こういう近未来的なものを観るのは好きだから。blade runner的な仕上がりなのだけど、あまりにもblade runner hommageしすぎている為、独創性がないのはいかがかな。aliceは多分一番好きなSciFi映画がblade runnerだと思うので、こういう風な世界設定を魅せてくれるのは非常に嬉しいのだけど、雨が降ってるとか、透明のレインコートとか傘とか……、あまりにもかぶりすぎて辟易。
ウサギさんが指摘してたのは、UKとコロニーしか住めなくなっちゃった地球で、毎日コロニー(オーストラリア)から地球の真ん中を通り抜けてUKまで毎日お仕事しにいくという設定にするなら、steam punk要素を入れれば良かったのではないかというもの。確かにそっちの方が面白そうだし、digital SciFiが出そろった昨今ではちょっと異彩を放てる魅力になったかもしれない。
前の映画がどんなのだったかってほとんど忘れちゃってるんだけど、昔ののが良かった気がする。
まずアクションシーン多すぎ。戦闘シーン好きなaliceだけど、この映画の魅力は戦いよりも何が現実なのかが解らなくなるパラドックスだと思うし、主人公はもっとそれによって悩まされたり狂気になったり、観てる方も何が何なのか解らなくなってしまうっていうのを求めてたんだけど……とりあえず奥さんがしつこすぎる。
この映画、悪くはなかったのだけど、改めてblade runnerを観直したくなりました。なんというか、いかにblade runnerというのが凄い映画だったかというのを再発見できたというか……、映画館の帰り道、ウサギさんとドラゴンと映画の感想を言いながら歩いてたんだけど、家に着く頃にはblade runner賛歌にsubjectか切り替わっていたよ。
この映画をたったの5秒で印象深い映画にする方法が一つあるので提案したいのだが(是非ともdirector's cutで取り入れてもらいたい!)、end creditが終わった最後に主人公がrekallではっと目覚めるというシーンがあればかなり良い映画になれると思う。




さて、夏休み終了。昨日ようやく家に帰って来たよ。
今回はいつも三週間くらい夏は旅行に出かけるんだけど、やや短めの二週間。しかも移動が多い序盤は父上と母上が同行。というか、彼らの行きたい場所に連れて行くお供だったので、前半は疲れたつかれた…。

パリから飛行機でフランス最西端の王子の城に行き、夏だっていうのに涼しいを通り越して夜は暖炉に火をともす場所からパリ経由でブリュッセルへ。丁度この週末はヨーロッパ中暑い夏日で、19℃から一気に35℃。ベルギー滞在中はブルージュに遠出などありで、何故かBrと街の頭文字が着くのが重なる移動であった。
これらの旅行の色々も写真など載せて書きたい所だけど、とりあえず今日の日記はその後父上と母上が戻ってから行った今回のaliceの旅行の真の目的地について書きたい。

001.jpg
この夏aliceはreading festivalデビュウしたのだ!
rock festivalの中でも最高峰にあげられる有名なイギリスのfestivalです。
teenagerの頃に三年続けて参加したウサギさんに
「この年で初参加っていいの?」って聞いたけど、readingはなんでもアリだ。
むしろそういうのは気にするのがおかしい、というのは参加するとよく解る。
とりあえず参加した感想を一言で表現しよう
「reading最高!」


002.jpg
この手のfestivalは今までパリ郊外で毎年readingと同じ時期に開催する
rock en seineに二回行った事がある程度で、
ウサギさんが「rock en seineはfestivalと認めない」と言ってた理由もよく解った。
まず規模が違う。9万人とか集まるんだって!readingは!
兎に角広い。


003.jpg
あとrock en seineよりずっとなんか楽しい。
みんな最高潮に楽しみに来てるから、そういう楽しいオーラでとりあえずここにいるだけで楽しい。


004.jpg
イギリスは色んな種類の面白い人がたくさんいるんだけど、readingはそういう意味でも人間観察が楽しい。
ちょっと意外だったのは、ほとんどが白人系だったっていうのかな。
イギリス、特にロンドンは人種のるつぼなのでややビックリ。
東洋人は10人すれ違わなかった位少ない。
でも、aliceの印象ではこれこそイギリス!っていう感じで、イギリスのrock魂はここで育まれているんだと思った。
こんな楽しいのteenagerの頃体験してたら病みつくよ。


005.jpg
festival参加者は言うまでもなく完全防備で来てます。
長靴人口はきっと半分以上。雨がいつ降っても大丈夫。ドロドロになってもへっちゃら。
2012年はイギリスは色々と熱い一年なので、union jack模様も盛大に人気。


006.jpg
aliceが嬉しかったのはあちこちでborderlands2のポスター観たの。(笑)


007.jpg
今回のお目当てはpassion pit。ようやくEUに来てくれたよ!
readingのチケット入手後、rock en seineにも出るって知ったんだけど、readingで観れて良かったー!


008.jpg
三日間開催で初日だけの参加でした。
12時間以上満喫してクタクタになりました。三日間参加は…無理かも。
あと、ちょっと風邪をこじらせてて、実はこの日は風邪がピークでごほごほしてたんだよ。
写真はthe subwaysでみんな盛り上がってる所。
英語圏のfestivalの醍醐味の一つは、観客が一緒になって歌うのだとウサギさんが言ってたけど、
artistsにとっても嬉しいだろうなぁって思う程、みんな一緒に歌って盛り上がって最高。


009.jpg
sleigh bellsは最近ちょこちょこ聞いて気に入ってるバンド。
republic stageのトリだったよ。かっこよかったよ!
余談だけど、この後ロンドンのlibertyでお買い物してたらsleigh bellsの曲がBGMで流れてた。
liberty最強。(libertyはaliceの大好きなロンドンのデパート、これについてもまたいつか書きたい)


010.jpg
ステージのある所に辿り着くまではひたすらテントに囲まれた一本道を歩くのだ。
カメラ向けると陽気にポーズしてくれたよ。
ちなみにaliceはテントで寝た事ないヒメサマなので、ブルジョワにホテル滞在者。


011.jpg
ウサギさんも興味を示したキグルミで参加してる人達その1。
kiguと書いて売ってたよ。
お祭り騒ぎ好きのイギリス人には大人気の様でした。


012.jpg
こんなkigu族も。(笑)
足下はしっかり長靴です。


013.jpg
おや、ここにも。
良い年したオジサンもkiguですよ。愛らしい。
けど、ウサギさん曰く「よごれてもいいし、寒さからも守ってくれるし最高だ」とのコト。
次回は是非ともkiguで参加したいと真顔で言ってたよ。というコトはaliceも?


014.jpg
dirtyな感じなマリオとルイジも。
シャッターチャンスだらけで困る程。


015.jpg
kigu一座。
とりあえずみんなhappyです。



aliceはテントで三日間参加じゃないので、readingの楽しさのほんの少ししか味わえていないと思うのだけど、それでも!ものすっごく楽しかったよ!
メタルな曲でhead bangingなオジサンとか、普通の格好してるけど、頭に花の冠かぶった牧神みたいなお兄さんが目をつぶって気持ち良さそうに音楽に合わせて酔いしれてるのとか、寒くないのかよー?と思うような格好のfestival girlsはしっかりニーソに長靴だったり、屋台のカレーは本格インドで美味しかったり……書ききれない程面白いものを観て体験したよ。音楽を楽しむっていうのは色々あるけど、この楽しみはかなり忘れられない楽しみ方だと思う。rock好きは絶対一生に一度はreading体験をするべし!






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。