ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近観た映画、三本。

21000216_20130419192202667.jpg

only god forgives観たくて仕方なかったのでさっそく観てきた。けど、最近封切り日には観に行けなくて週末に行ってきた。この監督、driveという映画が一部カルト的人気で、only god forgivesが出る前に観ておきたかったのだけれど、その時間も作れずに観に行ってきた。
映像美が独特な色彩で、一つひとつがスチール写真の様に見事に完璧な構図なのも印象的。映画全体は北野武の映画を思い起こさせる登場人物達の抑揚のない、ある意味棒読みみたいな台詞と鬼畜な暴力シーンが続く。
行き場のない怒りが散々晒され、映画を観終わるとどうしてこの映画のtitleがonly god fogivesなのかが解る。
それにしても登場人物達が濃い。現地警察官のおじさんは見た目まるっきりカリスマ性がない容姿なのに、戦闘シーンの鬼気迫るあのオーラは一体どこからやってくるのか。それでいてカラオケで歌うシーンのやり場のない人生の憂い。そのコントラストがなんとも言えない。
主人公は先日観たgangster squadにも出ていた役者。あの映画では全く気を引かなかったのだけど、この映画ではあまり喋らず個性も垣間みれないというのに、とんでもなく格好良く観えた、aliceには。
jake gyllenhaalにしろ、このryan goslingという人にしろ、どうもaliceはgayのおにーさん達が好む男性をかっこいいと思う傾向にあるようだ。

20502346.jpg

l'écume des jours。michel gondry監督映画。
michel gondryはbjorkのクリップなども作ってたりして、CGではない、ストップモーション的な動画を映像に取り込んで独特な世界観を作り出す人。ちょっとメルヘンだけど、なんだかdarkな感じなのが魅力。
その監督がアメリとかの役者を使って、1940年代に書かれ、60年代に若者に指示された小説をベースにした映画を作ったとのコトで、フランス映画は英語字幕がないからあんまり観に行かないaliceなのだけど観たくて仕方なくて観に行ってきた。ちなみに、wikipediaでこの小説を日本語で調べたら:
日々の泡(ひびのあわ、L'Écume des jours)は、フランスの作家ボリス・ヴィアンが書いた小説。1947年出版。ジャズ、SFの要素と奔放なイマジネーションに彩られた青春小説。『うたかたの日々』という邦題もある。
とある。確かに、奔放なイマジネーションはこの監督の手にかかると面白いまでの完成になった。
序盤、目眩くような幸せの夢のような日々から急転、どんどんと色あせていく日常が描かれている。こういった暗さはフランス映画ならではか。最後は悲しいというより寂しく終わる。
それでも日々は続いていて、そんなに無色に終わらないでいてほしいと願いつつ、ちょっとした救済的な匂いを出しても良さそうなものだけれども、そこはまぁ個人の解釈の仕方にゆだねようか。

20486294.jpg

ironman 3。
まぁいつものheroものの続編だ。今回でこのironman役の人はironmanを演じないとの事で、ある意味三部作の完結編っていう感じかな。
もう観てから大分経ってしまったので何を書いたら良いのか思い出せない。
見所はironman集大成の色んなironmanご登場のシーンかな、個人的に。
同じironmanでもちょっとずつ違うっていうのがファン必見。


今後もちらほら観たい映画があるし、見逃した映画もあったり。先日今っぽくオンデマンド(だっけ?)でdownloadして観たりした映画もあるんだけど、やっぱり映画は映画館で観てこそ映画だな、そう思う。
スポンサーサイト




寒い。寒すぎてどうしたらいいのか解らない位寒い。これが五月の後半だとういうのが信じられない寒さだ。今日なんて特に寒い。最高気温10℃いかないとか…ありえない。(今現在5℃だそうだ)
aliceの家は建物全体がセントラルヒーティングで暖められるので、家に暖房機はある…のだが、五月の頭位から切れてる。こんなに寒いんだから入れてほしいんだけど、大家の方針だかなんだか解らないがこんなに寒いっていうのに切れたままなのである。なので、家の中は外とあまり変わらない寒いさだ。家の中に居ながらにして真冬の外着の格好だという、本当にあり得ない事態である。もう氷河期到来だと思っているここ最近だ。
そんななので、忙しいのも相まって観に行った映画がいくつかあるっていうのにココの更新も停滞中。寒いからね。すべては寒いのがいけないのだ。

さて、最近xbox oneの発表があった。next-gen consoleは実はaliceにとってはどうでもいい。何故かというとどうせ買うからだ。それよりなによりさっさとdestinyの発売日を明らかにしてほしい。xbox oneと一緒に出てくれ。それが切なるaliceの願いである。
最近はっと気付くとあまりにも同じげぇむしかしてない。そしてもっと早くから気付いていたけど観ないふりをしてたコト、それは「もうあまりげぇむにときめかない」って事である。いや、これはちょっと間違い。ときめかせてくれるげぇむがない。どうも大人の事情が絡んで純粋に楽しいげぇむが少ない。
ま、そういうのもあってhaloから飛翔したbungieの新作destinyが楽しみすぎて仕方ない。期待しすぎる程期待する。けどきっとbungieは裏切らない。確信してる。
そういう訳なので、他のげぇむはどぉでもいい。今後aliceのげぇむほしいものlistはdestiny以外battlefield4のみ。halo5は買うでしょうけど、4のmultiplayerがどうにもreachっ子だったaliceには馴染めなくってねぇ。(reach好きはhalo4に難あり。halo3好きは割とhalo4受け入れてるという風に見受けられる、個人的見解だけど)

さて、xbox oneだけども、microsoftは相変わらずnamingが訳解りませんね。系統的じゃないんだよね。ま、どぉでもいいけど。microsoftはそういうセンスのかけらがどこからも伺えないから、本当にどうでもいい。
ただ、先の未来は見越して作ってるよね。microsoftはこの先の未来に向けてxbox projectを進めてると思う。コンピュータで育ってない子達がターゲットだ。その子達はxboxで育ってるんだよね。今小中学生みたいな子はコンピュータは必要ない。その代わりげぇむ機だったりタブレットだったりする訳だ。
タブレットや電話で次世代を育ててるappleとは別のルートで進んでる。これがどういう風になるのかは……うーん、aliceには読めないなぁ。そういう事で先を観ていくとsonyには勝ち目はなさそう。sonyはげぇむ機としてのPS4が色が強いからね。げぇまぁ的にはそれが理想だけど、xboxはきっと違う見解でxboxを作ってると思う。
これは以前のappple vs. microsoftを彷彿とさせるんだ。さんざんshareがないっていじめられ続けてたからね、apple userは。VHSとベータと同じ。質が悪くても人数の多さが勝つのだ。
フランスでもカジュアルげぇまぁはPS派だけど、multiplayerメインのuserはxboxに切り替わる。connection命だからね。繋がらなかったり、途中で切れてイライラするconnectionなんてお金で解決だ!です。
で、話はdestinyに戻るけど、今の状況のPS回線だと無理だ。PS4ではきっと良くなってるんだろうけどね。aliceは友達と遊ぶからxboxだね、どのみち。



さて、友達に村上春樹好きがちらほらいるので、あまり声を大にして言いたいのだけど言えない村上春樹の愚痴。
aliceは何冊かちゃんと読んだ、村上春樹の小説。全部じゃないけど、何冊かは確実に読み切っている。
そして思う。なんで売れるの?なんで馬鹿売れなの?
彼の文章は奥深く語ってるようでいて、とても薄っぺらい。いかにも純文学のように書いているけれど、解決策のない出来損ないの推理小説もどきだ。
今回の新作について、いくつか言いたい事がある!
まず!東京ーヘルシンキ間は11時間じゃねーよ!編集者指摘しろ!ちゃんと飛行時間くらい調べろ!
こういう所、非常に頭に来ます。そして、いくら言語の学習が要領よくできる人だからって、初めての外国で、しかも現地人じゃないフィンランド訛りの英語がそんな聞き取れる訳ないだろ?
これは本当に母国語以外に外国語を使っている人には大変失礼な事だと思うので、土下座でもして謝ってもらいたいです。言葉というのはそんなにさらっと学習できるようなら何も問題はないのです。なぜここまで言語習得というのが時間がかかるか、その本質が全く観えてない。
同じ英語でも英国、米国、オーストラリア、シンガポール…英語圏だけでも既に発音だけでも全く違う。そして言葉もその現地で使い方が違ったりもするし、言い回しやスラングはそこでだけしか解らないものもたくさんある。要するに言語を学ぶというのは文化と歴史と人々を知らないと、本当の意味では解った事とは言えないのである。
aliceは両親が日本人でフランス生まれ育ちやハーフの人や、日本に住んでる日本人じゃない人など色んなバイリンガルやトリリンガルやもっと喋れる人なんかを知ってるけれど、みんな超級に同時通訳とかできるっていうのに通訳や翻訳家になってる人はいない。それは彼ら程言語を知ってるからこそ、その奥深さと大変さが解って恐れ多くて出来ないという感じだからだ。
と、そういうのを踏まえても、初の外国旅行で流暢に英語で話せるのはどうかと思う。もっとたどたどしてくしてほしかったよ、全然realisticじゃないよ。もう村上春樹はfantasy書いてるって思ってれば良いか。もっと妖精とかドワーフとか恐竜とかどんどん出してよ。トールキンみたいの書いてる方がきっと向いてるよ。そっちのが読みたいよ。きっとそういうの書いてくれた方が物語も中途半端に終わらなくていいんじゃないの?

と、最近つっかえていたものをちょっと吐き出し、深呼吸、な気分であーる。
それにしても寒い。だれかたすけてー。




090513_aliceblog.jpg

日本に行く前にbioshock infiniteを急いでクリアして、一周すると1999モードとかいうのが出来るようになると聞いてたので、てっきりゲーム上のgraphicが1999年みたいになってるのかと思い込んでたんだけど(一周するとそういうのもできるんじゃないか?と思ってしまう物語構成にもなっていましたので)、実は洋ゲー特有の非情な難易度モードっていうのなのでした…。ちょっとガッカリ。
最近ようやくお疲れ気味から解放されてきたっぽいのでbioshock再開と思ってやってみて調べた結果がこれです。↑の絵にある方法でも1999モードは解禁になるそうですよ。こういう遊び心はげぇまぁにとってはニヤニヤしてしまう。だが!aliceはそこまでやり込まないcasualげぇまぁなので、心が折れるような事はしないんだ。というコトで他に積まれてるげぇむをクリアしないとね。なのについつい気晴らしと称してME3しかしてない。いつも通り。もうbattlefield4までこのままかも。考えないで遊べるげぇむ最高。




20510037.jpg

wong kar waiの久々の新作に思えるのだけど、単にaliceが見逃してただけかも。なんにせよ、aliceにとっては久しぶりのwong kar wai映画です。しかもカンフー映画。そしてあろう事かbruce leeの師匠の物語でありますぞ?!これは観ない方がaliceじゃなくなってしまう。これを見逃したらaliceじゃない。自分の存在を保つ為にも観ねば!ironman3もやってるけど、優先順位はこっちのが遥かに上!さぁ、疲れてるなんて言ってる場合じゃない!ゆけ!alice!行くのだ!ディスヌフ!
と、ちょっとテンション上がりすぎの久しぶりの日記でござる。
ひと月日本に行っておりました。三年ぶりの東京で浦島太郎な気分を味わった後、約一週間程初沖縄旅行に旅立ち、車を借りての旅行だったため、本島はほぼ攻略って感じだけども、まだまだ観たりなくて次回は近隣の島にも行きたいなぁと思いつつ、ウチャラバチョーデー?(沖縄語で飲めばみんな兄弟さ!っていう意味らしい)なおもしろい出会いもありで東京に戻ったら竜宮城から帰った気分で、浦島太郎の物語っていうのは実は沖縄に行った物語なのではなかろうか?なんて本気で信じ始めて色んな人に会ったりで忙しく明け暮れ、シンガポールからも友達が遊びにきたりで一緒に東京観光してたりもして、全くもって里帰りっていう感じじゃないような気もしつつ、あっという間のひと月なのでした。
なんていうかね、生き神様になった気分だよ。あちこち友達に会って拝まれる訳じゃないけど、なんだか色々と美味しいものや珍しいものをいただいたり、お土産を持ってきてくれたりで、日本っていうのがこういう文化なのは知ってるんだけど、長い事外国暮らしなaliceは年々外人扱いに近いおもてなしになってきてる気がするんだよね。それがなんだか生き神様になった気分なの。そう思うと、どうして外人が日本旅行にはまってしまうか解らなくもない。言葉通じなくても、特に外見が白人だとみんな神様みたいにあつかってるものね?
旅行好きのaliceには何となく解るんだ。特に世界でトップクラスの観光都市を誇るこのパリに住んでると特にね。なんでかというと、パリはきっと好きで来ても嫌いになってしまう人がいると思うから。何故かというと、あまりにも観光客だらけで観光客に対する扱いがマチマチなのだ。それと泥棒も多いので、そういう経験をしてしまったりするともう最悪になるでしょうし…。ましてや外見が東洋人で目立つからって(別に目立ちませんが、ヨーロッパ人とは違う外見という意味で)神様みたいに扱われる事は絶対にありません。
まぁなんだ…、人にはやさしくね。これに尽きると思うよ。なんでもどこでも。

さて、話が大きく飛んだ。aliceはthe grandmasterの話をしようとしていたのだ。
この映画、広東語と北京語なので字幕が仏語でした。日本から帰ってほんの数日、ひと月仏語を喋らずすっかり記憶の彼方に追いやっていたaliceにとってはスパルタ式でした。だって中国語早いから字幕もはっやいんだもん!
けど観るべきは美しき映像美…なんだけど、字幕のせいでじっくり観れなかったー。wong kar waiの映像美はすばらしい、特に色使いがとても独特で毎回観賞後の映像の印象に酔いしれるものなのですが、今回もこれは裏切らず、古めかしいモダンな中国人美女が絢爛豪華な色の花や衣装で飾られたちょっと黄味がかった色合いのポスターみたいのをペラペラとめくっていくような、めくるめくような華やかな構図が続いたかと思うと急激な早さでバトルシーンに突入という展開もあったりで、その戦闘シーンの独特な演出も良かった。aliceの好きな戦闘シーンを撮らせたらピカイチのzack sniderを思わせるような撮り方でもあったかな。
カンフーのいくつかの流派の達人がそれぞれの人生と武術の美学についてを静かに物語る、そんな映画でした。武闘のたしなみが少しでもある人には解ると思うけれど、強さというものは誇示するのではなく、芸術と同じで人それぞれが何かを探し求めているものなのである。この映画を観るとそういうのが伝わってきます。
そんな訳で、色々なカンフーの達人がこの映画には登場し、皆それぞれ個性豊かなので誰が主人公か時々忘れてしまったaliceですが、ipという人が主人公です。彼の波瀾万丈な生き様は中国という国で背景が目まぐるしく変わっていく時代に、カンフーという武芸だけで身を建てる、正真正銘のカンフーマスターの物語なのであーる!
彼がbruce leeに稽古をするというようなシーンは出てきませんが、興味のある方は是非お見逃しなく。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。