ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20526204.jpg

最近はまたここをさぼり気味。また映画三本分まとめて感想文。観てすぐじゃないから興奮度が低いですね。やはりなんでも新鮮なうちのが書いてても読んでても楽しいと思うんだけど、ついついやることに追われ、それ以外の時間はげぇむにつぎ込んでしまうaliceなのであった。ま、げぇむ話はまた後でにしといて感想文。

world war z!面白かったぞー!小説がなかなか人気なのは知っていたんだけど、ウサギさんのは仏語版なので英語のをそのうち買おうかなぁ…と思いつつ映画に至る。なんでもこの映画で主役のbrad pittがこの映画を作りたいとか言い出したらしく、zombie映画だしそんなに流行らないと見込んでいたらしいんですけどね、marketingの人達。(オマエらはバカか!?こんな面白いものに過小評価するとは…。)
aliceは特別brad pittファンじゃありませんけども、この人は上手いとは認めています。で、この映画での役所が最高で好感度も上がりました。
元々国連関係(だったかな?記憶が曖昧で…)で戦場調査みたいな事をしていたんだけど、今はそれを止めて家でパンケーキを焼く二人の小さな娘持ちのお父さん。平和な日常が突然zombieが蔓延る地獄の世界へと切り替わる。
で、この主人公の凄い所はこのパニック状態の中での状況判断。的確にobjectiveを捉え、それに対する瞬間的観察と確認。
世界はまた一人の男によって救われ、かろうじてzombieから逃げ延びる事が出来たのであった、パチパチ。めでたし。な、物語。
内容的に細かい部分で気になる事もあるんだけど、しょっちゅうドキドキさせられるし、映画館から出て人ごみ歩くの怖くなる気分を味わえるし、なかなか良いentertainmentだと思った。

21015557_20130626151639423.jpg

le congres。フランス映画かと思ってたら英語だった。フランスにいながらあんまりフランス映画観ないのは字幕がないからなのね。仏語でも英語でもいいから字幕あったらいいんだけど…。
なので、仏語なのに観たいから観るかー!とaliceに思わせた映画です。aliceのこの妙な好みを理解できる人ならどんな映画か解るだろうか。多分解らない。だって、凄く気になる内容だったから。でも内容を少し知ったらどうしてaliceが観たくなったのかうなずけると思う。
近未来SciFi。あまりCGは使ってない、むしろレトロともいえる感じの舞台装置や小道具。途中からはアニメーションに切り替わる。(ポスターはアニメーションだけど、実写映画で始まる)
主人公のrobinという女優は若い頃に頂点を極めたが、その後子育てのために女優業から遠のきひっそりと暮らしている。二人の子供のうち一人が自閉症的な感じの病気なのだ。
若さのなくなった中年になった彼女の元にあるofferが届く。彼女の身体、感情、表情、動きすべてをスキャンさせてもらいたいというものだった。そのスキャンしたrobinであらゆる映画で演じさせるというのだ。スキャンさせたrobinであればまた若さも簡単に取り戻せる。いままでこなした事のない役柄も演じられる。スキャンした同士の役者で夢の競演を永遠に作り出し続けられるというのだ。
当初は拒絶したものの、承諾した彼女のその後が映画の中でアニメーションとなって続く。何故アニメーションになるのかは表現の手法なんだろうけれども、その映画の中の世界ではいわゆる今でいうvirtualな世界にどっぷり浸かっちゃうみたいな感じかな。一度そっちの世界に行っちゃうともとに戻れないみたいなね。
ちょっと長いなぁって思う部分もある映画だったのだけど、内容的にはとても興味深いものでした。特に最後の部分は女優だからこそ出来るというやり方で、映画の冒頭にあるスキャンした個体が演じるというものに何の意味があるのかというのに疑問を投げつけるのでした。

20379476.jpg

monsters university。pixar最新作。monstersの続編にあたるけれど、内容的にはあれより過去の物語。mikeとsullyがまだ大学生だった頃のお話。
大抵続編なんていうのはなんとなく緊張感がないような作りのものが多いし、ちょっと観に行く時のmotivationが下がるんだけどもpixarだし観るかー!という感じで観に行ってきたけど、ヤッパリ!やっぱりpixarは裏切らないんだぜー!
ま、なんというか、pixarファンならとりあえず観に行って損はない。絶対損しないのは約束しよう。前もってmonstersを観とくと良いかもね。観終わった後また前作観直したいと思ったからね。(例によって前作の脇役のアレコレがチラホラ見え隠れしてるので)
物語の終盤、こんなにあっさり終わっちゃうの?と思わせてあっさりいって……。ですよ!(笑)これ以上は言えまい。
いつも通りすべてのキャラが最高。物語には脇役があってこそですよ、と思わせる素晴らしいキャラ達が勢揃い。どのmonstersも大学生活めちゃめちゃ楽しんで描かれてて最高。特にチアリーダー達。あとゴシックっぽい人達。
それにしてもアメリカの大学っていうのは独特の空間ですよね。aliceは体験した事ないので解りませんけど、なんだかとても独特だなぁと感じます。それとアメリカっていじめすごいですね。大学生になってもこんないじめあるのかぁ…と、なんというか変な気分にもなりました。ちなみにEU圏の大学にはそういうの存在しなさそうな気がする。aliceが知らないだけなのかもだけどね。



さて、最近のげぇむ話。
aliceはcoolげぇまぁと超仲良しになってしまった。もうね、ほぼ毎日一緒に遊んでる。主にborderlands 2とmass effect 3の二つを一緒に遊んでるだけの繰り返しなんだけど、「なんでこんな一緒に遊んでるの楽しいの???」という質問に「わからん!けど実に楽しいな!」とcoolに返答してくれるのである。
土曜日はたくさん一緒に遊べるね!という感じで、多分一緒に8時間は遊んだかもしれない。二人して飽きずにこんな長時間遊べるのは驚異的だよね。なにこのげぇまぁ達。
遊べば遊ぶ程面白いのは、aliceの視点からいうと、強くていつも助けてくれて絶対aliceよりscoreが上のはずのcoolげぇまぁが時々aliceが「強くていつも助けてくれてscoreが上」になってる時があるからなんだと思う。
げぇむの遊び方は様々だと思うんだけど、時々二人でME3MPのduoで遊ぶ。自分に自信があるキャラなら兎も角、coolげぇまぁが指定するキャラで始めると時々難しい。かなりextremeなげぇむ内容になる時もあって、そんな状況でcoolげぇまぁが途中で死んじゃったりする事があったりするともう大変。「aliceより先に死んじゃうなんてありえないでしょ?」「一人にするなー!まだ敵たくさんいるじゃんかー!」と涙目aliceで敵から逃げ回ってなんとかwaveを乗り切るaliceの観察を楽しんでるご様子です。
んー、この楽しさは本当に筆舌に尽くし辛い。だが不幸な事にaliceとcoolげぇまぁは接続状況の相性がかなり悪い。しょっちゅう一緒のげぇむに入れない。一緒に遊んでかなり楽しいので興味本位で誕生日を聞いてみた、elementが知りたかったから。なんとcoolげぇまぁはfire elementだった。aliceは水だからねー。相性悪いよ。けど楽しいね。あ、水と火だからconnection悪いんだ、そうに違いない。という事で落ち着いてる。
そんな感じで、aliceにしてはとても珍しい火のelementのげぇむ友達なのであったー。
スポンサーサイト




21008110_20130524125237634.jpg

画像を入れようと思ったら、なんだかいつもの通りできない。面倒くさいので次回の時に載せます。
さて、映画!今回はman of steel、zack snider版sh−パーマンだよ!
というコトで!期待して観に行ったんだけども、zack何してんだよ?もっと面白く作れよ!って言ってほじくり出したい部分が色々ありました。彼の映画で戦闘シーンはいつも見物ですが、今回は大きなのが二つ、だったかな?(実は観てからかれこれ経過しておりまして……記憶が曖昧)ありまして、それはやはり迫力満点なんだけども、最近の映画はこの間のstar trek into darknessもそうだったけど、待ちを破壊しすぎ。どれだけ人が死んでるんだよ?と問いただしたくて仕方ありません。
ドラゴンボールですら悟空が「ここじゃ邪魔になるから別の所いくか!」とか言って砂漠に飛ぶのを見習ってほしいです。(けど、これには実は作者の鳥山明が背景を描くのが面倒だから殺風景な場所にすぐいかせるっていう話もありますけどね)
それ以外にもややつつきたくなる部分がいくつかあるので、これがきっと続編ものなんだろうなぁ…と思ってみてるけど、続きはかなり面白くして名誉挽回してもらいたい、と思いました。


さて、最近aliceはonlineげぇむ上で飲みに誘われた。(笑)
普段お酒なんて飲みながらげぇむする事なんてないんだけども、たまたま友達のお誕生会で酔っぱらって夜中に帰宅して、寝る前にげぇむげぇむ…と思って遊んだげぇむでご一緒してたげぇまぁ(最近仲良しのcoolげぇまぁ)がaliceが酔っぱらってげぇむしてたというのを友達Sに話したらしいのだ。
で、どうもそのcoolげぇまぁとその友達Sっていうのは数人の仲良しげぇまぁたちでいつも遊んでたりする事が多いらしく、どういう訳だかaliceは気にかけてもらっているようなのである。
coolげぇまぁは兎に角aliceにはcoolに接するんで、酔っぱらいaliceの話をしたっていうのがまず意外だったんだけども、その友達Sもcoolげぇまぁもむしろそれを喜んでいるご様子。それで、今度週末に機会があったら楽しそうだからaliceも参加しなさいみたいな流れになっているのだ。
coolげぇまぁはその名の通りcoolなんだけど、友達Sは割とお喋りで色々と話してくる。どうやらcoolげぇまぁと友達Sはaliceの事をcoolげぇまぁと思っているそうなのだ。だからいつでも一緒に遊びたいという感じの事を言われた。(言うまでもなく、いつも一緒にっていう意味じゃなく、気軽にいつでも一緒に遊ぼうよっていう感じね。いつも一緒とか、aliceはダメ。疲れる。で、そういうのも十分理解してくれる大人げぇまぁなおにーさん達の集まりみたいで、clanとも違う。単なる仲良しグループ。)
けどね、coolげぇまぁもその友達Sも凄い腕前なんですよね。なのでaliceみたいなcasualげぇまぁがそんな人達から一緒に遊びたがられてるのがとても謎で。
で、そんな話をかれこれ五年くらい友達のD君にげぇむしながら話してきかせた所「僕も前からずっと言ってるじゃないか?aliceの良い所はCoDみたいなげぇむでひたすら勝ち負けにこだわる真剣ゲーマーじゃなくて、そのcasualさがいいんだよ。純粋に楽しんでるっていうのが良いんだよ。それなのにgame abilityが凄く高いから、いつも僕の事も助けてくれてるじゃないか?」って言われ、助けてるのはお互い様なんだけどね?と思ってるんだけど、coolげぇまぁみたいな凄腕にはaliceのgame abilityは低いからどうなんだろう?とまだ不思議だったんだ。(alice的に、げぇむが自分よりも上手い人とまた遊びたいと思う事はあっても、自分より下手な人とは遊びたくないからね)
で、その疑問を解決する答えの見つけ方を発見した。これはaliceがcoolって思ってるあのcoolげぇまぁが、同じ単語でaliceを表現していたっていうのに起因する。
coolっていうのは冷たいっていう意味が基本だけども、かっこいいとか賢いとかそんな意味合いも含まれる。まさにcoolっていう言葉は寡黙で強くて助けてくれるげぇまぁには打って付けの言葉だと思う。で、これがaliceの使い方。これを男子視点に置き換えてaliceを観るとする。この女子率のひたすら少ないshooter MPの世界で、やたらteamに貢献するEDI-bot使いの女子げぇまぁがいる。(多分このcoolげぇまぁと初めて一緒に遊んだ時、aliceはgood game!みたいなmessageを送っていると思う。)げぇむ態度もよろしい。遊んでるげぇむの趣味も似た感じ。しかも毎晩onに出現しては二三時間目いっぱい遊んでる。で、どうやらlone-wolf(一匹狼)系。
………確かに、これはcoolかもしれない。男子視点だと。こんなcoolな女子げぇまぁ、一緒に遊びたくなるに決まってる。
女子として生まれ育っているので、かわいいとか言われてもかっこいいとは言われないし、aliceはかわいいものが好きだし、作るし描くし…。なのでcoolっていうのが自分に使われたのがとても興味深かったんだよ。
まぁ、aliceも同じだ。男子だらけなので、女子げぇまぁっていうだけでときめく。同性の同じ趣味の友達がいるっていうだけで嬉しいんだ。だからよく男子げぇまぁになりたいと思う。彼らpartyでお喋りしながらげぇむして凄く楽しそうだから。別に男女差別がある訳じゃない。ただ単にこれが同性だったらもっと楽しいんだろうなぁ…って思う時が時々あるだけ。だって、流石に今日は新しいお洋服かって、それが超かわいくて!とかいう話なんてあのむさ苦しいげぇまぁpartyできゃぴきゃぴ喋りながら銃撃戦はできないもんなぁ。
そんなこんなで、coolげぇまぁがaliceの事をcoolげぇまぁだと思っていたというお話。お互い気にしてたからかなぁ?よく日記やtwitterに書いてたもんね。以心伝心っていうのだなぁ。






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2013 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。