ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




最近は人間関係日記になってきてるんだけど、言葉にしとくとはっきりするとかあるので、もやもやするのは書いとくもんだね。というか、全然げぇむしてないからね…。映画も追いつかないし。とはいいつつ、プログラマのカナダ人君と明日映画に行くことになってる。ぼくの映画の趣味はかなり男子な感じなので、映画友達が増えるのは嬉しい。大がかりな映画は一人で見るより誰かと行く方がその後楽しいからね。とはいいつつ、ワンコご主人とは大失敗に終わったからなんとも言えないが…。で、結局Dunkirk以降お互い忙しくて会えないまま、今週末はイギリス出張に行ってしまった。
ま、大人の友達関係なんてこんなもんでしょ。もういちいち怒ってるのは疲れたので、会えたらラッキー位に思って、会えたら楽しく過ごすってのができたら人生楽しそうだから、そうすることにした。

さて、プログラマ君は結構積極的。というか、この人と話してると(とはいっても、忙しいから先週以来全部メッセージのやりとりだけどね)いかにワンコご主人がひねくれ者なのか、身にしみてわかってくる感じ。というか、このプログラマ君があまりにも普通すぎに思えてしまって、やっぱぼくって変人にしか琴線に触れないのかなぁ?と自分の変人ぶりを鏡を見るように知らしめられてる気もしなくもない。
ワンコご主人の親愛証明みたいなのは、毎朝ではないけれども朝のメッセージ、寝る前のおやすみメッセージ、それとインスタグラムにぼくの好きそうな写真をあげておく、ここ最近非常に忙しそうだけど、たまーにチャットって感じ?
それに対してプログラマ君のわかりやすいこと…。ぼくがだいにゃんを海に連れて行くのがこの夏の目標なんだよねぇとか言ったら、アルカッソンに行ったことある?19日の週末行こうと思うんだけど、一緒にいかない?
で、あれよあれよと言う間にその週末はだいにゃんを連れて海に行くことに決定。
まだ一回しか会ったことない子と一緒に週末旅行するなんて……!と言いつつ、プログラマ君大変うれしそう。ワンコご主人のイギリス出張がギリギリまでわからなかったから、土日は一応ワンコご主人用に保管してたから、金曜(今日)の夜に映画行くのがいいなと行ったら、すでに友達と予定が入っているらしいのをずらそうとまでしてくれるぼくの優先度の高さ…。
ワンコご主人の予定がなくなったから土曜日オッケーになったよ!といっても全然怒んないし、むしろそういう感情を隠されてる方が嫌といってくれるし、土曜がオッケーになったら映画プラスで、プログラマ君の家でディナーだそうですよ。お料理してくれるんだって。笑
年下君はかわいいね。じゃ、土曜日ぼくが料理するからうちでディナーとかいいかな?って聞いてくるから、プログラマ君がそうしたいならそうするよ?って答えると、そういう返事は好きじゃないなーって返答してきたり、けど、どんなところに住んでるのかは興味あるって答えると、今散らかってるけど、来る前には片付けるから!とかいうのがなんかかわいらしい。
それに反して、ワンコご主人は、オレの家には誰にも来てもらいたくない。オレ変なんだよ。いやなんだよ、そういうの。っていう人ですからねー。笑
ま、なんかすごいギャップで、ぼくはある意味、なんか自分がワンコご主人になった気分があるんだよね。なので、あ、なるほどねー!?って感じで、どうしてワンコご主人があぁいう人なのかっていうのがわかってきてる部分があるんだ。
わかってきた分、ワンコご主人にはこのプログラマ君のことをいうべきだと思ってたんだけど、今の時点ではいうべきなのかわからなくなってきてるんだなぁ…。というのも、ワンコご主人はちょっと多重人格的にも思える部分があって、ある面ではすごくぼくに惹かれてるワンコご主人自身っていうのがいるのを見せてくれるんだけど、過去にどんな経験をしたのか知らないけれど、人に依存したくないというのが頑なにある感じ。で、それはぼくも悪くないなって思うから学んでるかな。だって、誰かに依存するってのは、別に生活安定を求める経済的なものではなくて、心の安定ってのだね。例えばその心の安定を依存していた相手が明日にでも亡くなってしまったら?っていうのです。
立ち直れなくなるんではなく、元から依存していなければそれもないってことかなぁ…。だから、執着せずに、一緒に時間を過ごせることができたらそれを目一杯楽しむっていうのが一番理想的だと思った。
一緒に時間を過ごせないときは、自分のことしてればいいだけだからね。
恋愛感情は煩わしい、よくわかった、だって相手のことばっかり考えちゃうからね。その時間は会ったときに最大限有効活用するようにして、それ以外はだいにゃんのことだけかんがえてればいいってことです。
ま、とりあえず心の隙間はプログラマ君みたいな人がいると、喪黒福造に狙われないので安心です。プログラマ君みたいな人は珍しいのかどうかわからないけど、何事も隠さずそれでいいっていう何でも話せたりできる友達がいるのはいいことだね。っていうか、まだ一回しかあったことないんだけどね……。
けどさ!それなのに、なんかお互い話してて楽しいっていうのはあんまり知り合った時間とか考えなくていいってことかもね。話せる人は話せるってことで、深く考えないでおこう…。
スポンサーサイト






| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。