ADMIN TITLE LIST
19123474.jpg

inglourious basterds観てきた。quentin tarantinoの最新作。
tarantino好きにはお勧め。しっかりパルプしてます。かくいうaliceもtarantinoのパルプマガジンから抜け出してきたようなcheepな感じの独特な演出や音響の使い方、はらはらさせる展開だけど結局最後は血みどろドンパチで終わる映画が大好きなので、かなり前からこの映画は楽しみにしていたのだ☆
なんだかんだいいつつ、第二次世界大戦はaliceにとって魅力の題材だったりするのもあり、この映画がnazi映画っていうのも期待してた所以の一つ。理性を保った生活の日常だからこそ、映画やげぇむの中に狂った世界を観てみたいという衝動なのかしら?実際殺しとかなんて興味ないんだけど、映画やげぇむでは残虐なシーン程好みかもしれない。
まぁ、なにはともあれ血みどろで仁義なき戦い、情けも容赦もなく狂ったチームが編成される。目的はnaziをぶっ殺すコト!そのチームを率いるlieutenant演じるのが最近aliceの中では上昇株のbrad pitt。(burn after readingのバカ役を観て彼の演技上手が解った!)そこに集められたメンバもまた一歩間違えなくても狂人とか殺人鬼になってしまいそうな面々ばかり。naziに対する憎しみとかもあるけれど、それを飛び越えてみなさん狂ってます。
nazi殺しの狂ったbrad pitt率いるアメリカ軍とは別に、naziに家族を殺されたユダヤ人の美人さんの復讐劇という物語が交錯する。彼女の家族を殺したヤツがヤーなヤツでねぇ…、ネチネチした感じは浦沢直樹のmonsterに出て来るテンマを追ってる刑事を思い出させたよ。あの人はマンガ読んでると悪くない人ってなってくんだけど、こっちの映画に出て来るアヤツはむちゃくちゃヤーな感じだった。まぁ、最後の最後のオチで観衆側は胸がすっとするんで助かった。
bradd pitt好きのドラゴンにはファンサービスともいえるお笑いシーンがあり、映画館でどっと笑いが起こったのはbradd pittがイタリア語を喋るという場面。イタリア語って聞いてるだけで面白いって前からずっと思ってたんだけど、tarantinoもそう思ってたようですね。
アメリカ人の作る映画だから、きっとドイツ人もフランス人もみんな英語で喋ってるかと思ったら、ちゃんとドイツ人同士はドイツ語、フランス人同士はフランス語、basterdsはモチロン英語という具合だったから、ドイツ語部分は仏語字幕読まなくちゃでちょっとキツかったんだぜ…。でもまぁ映画ってのは観てたら大体解るからなんとかなったけどね。

tarantinoの映画は、ドンパチ好きには血が熱くなる気がする。FPSやりたくなってきたので、そろそろそっち系のげぇむを再開したい。
最後はどうせ血みどろで終わるって解っていても、相変わらずtarantino手法で面白い話の展開になってて見事。大衆娯楽とはこういうものなのね、きっと。ちょっとグロいけど☆

19062399.jpg

19062398.jpg




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.