ADMIN TITLE LIST
221109_001_aliceblog.jpg

221109_002_aliceblog.jpg

221109_003_aliceblog.jpg

221109_004_aliceblog.jpg

221109_005_aliceblog.jpg


なんだこのcreatureは!?と思ったら、superナゴミ系の不動の存在でalice家の人々はおろか、来る人たち全員を魅了し「このまんまずーっとなんにもしないで眺めてたい」とまで言わせてしまう、ダイにゃんではないか!?
というワケで、週末の一大イベントは「ダイにゃんのご入浴」でした。モチロン嫌がるんだけど、かなりじっとしてます。背中とか緩い勢いのお湯で流してあげると、なんだか気持ち良さそう。そのヨーダのような顔がますますヨーダっぽくなってるので、おじぃちゃんの背中を流してあげてる孫になった気分を一瞬錯覚してしまいそうだったよ。えぇ、なんだかシュールでよく解んない妄想だけども。

その他、週末でしてたコトはひたすらだらだらとassasin's creed2でした。でも途中で眠くなると中断してお昼寝したりとか、かなり怠惰な進みなんだけども、一人で集中して進めるのではなく、ウサギさんplayをaliceとドラゴン、その他ニャンコ二匹も混ざってのげぇむplayなので、こんな感じが丁度良いのです。
このげぇむの「売り」の一つが「観光」っていうだけあって、フィレンツェとその周辺をちょこっとは旅行して知ってるalice家のみんなは、前作よりも楽しみにしてたのだけど、裏切られない出来映えですよ。あ、この広場がウフィッツィか!だからこの道をまっすぐ行ったら河に出て、右を見たらponte vecchioだね?なんていったらその通りに再現されてるってね!なんていうか楽しいんだよ!
そんななので、次回作は18世紀のパリが舞台とかを切に希望したい。で、その次は19世紀ロンドンとか。20世紀はニューヨークかなってaliceが言ったら、ウサギさんがすかさず「登るの高すぎて大変だから、それはないんじゃない?」と言い、しばしの間みんなの頭の中で高層ビルに延々と登り続けるezioさんの妄想が飛び交った模様…。
物語は大体予想した通りになったんだけど、それ以外の色んな伏線が気になりすぎる構造になってて、サブイベントも盛りだくさんで、aliceに言わせると「ピニャータ的に忙しいげぇむ」。ezioさんのオジサマが住んでるフィレンツェ郊外の町にいくんだけど、そこの町おこしみたいなコトができたり、店で売ってる絵画や武器などを家の中に飾ったりとか、「どうぶつの森」的要素も満載。きっとUBISOFTの人の中に絶対任天堂信者がいるに違いない。というのも、決定的なのはezioさんのオジサマ登場のシーンで「いっつみー!まーーーりお!」って台詞が出た時、思わずウサギさんとaliceはぶっと吹き出してしまったからなのである。
それ以外にも面白い要素は満載で、時代背景に少しでも興味があったり、イタリアのトスカーナ地方を旅行したことがあったりしたら、きっと楽しめるはず。レオナルドおじさんが若い姿で登場して色々武器を作ってくれたりとか、サンタマリアノヴェッラの教会の地下に行けるとか!(実際、その地下は存在するらしいと言われているけど、本当か嘘かは解らない…。そんな場所に行けたりとか、旅行者にはたまらん。)
こないだちょこっと言語について触れたけど、仏語版は英語版よりつまらないらしい。同じ理由できっとドイツ語、スペイン語版も英語版の面白さは再現されてないと思う。(ただしイタリア語版はちょっと例外としとく)
どこが劣るのかというと、英語版では英語環境のシーンでは英語米語なんかのアクセントが混ざったりとかの特徴があるのに、仏語ではそれがない。聞いただけで「あ、この人○○人だ」って解るのは、解らないよりずっと良い。
それと、イタリア環境のシーンではezioさんはモチロン、周りがみんなイタリア語訛りな英語で喋るのが楽しい。あのアクセントで話されると、あの大げさなリアクションとかも自然になるしね。それと、英語版だと言葉のはしはしにちょっとしたイタリア語が入って、それがまた雰囲気を良くしてるというか。alice家では喋り英語に英語字幕付きにしてるので、イタリア語が交じっても字幕で英語訳がつくので重宝してます。というか、これで簡単なイタリア語おぼえました☆
とりあえず、イタリア語アクセントって面白いというのをUBISOFTの人はとってもよく理解してるんじゃないかと思うのです。ホント、このアクセントで英語喋れたら人気でそうなんで習得したい。スペイン語アクセントの英語と似てるけどね。スペイン語アクセントの英語も笑える。ただし、スペイン人に「イタリア語みたいなアクセントだね?」とかイタリア人に「スペイン人みたいに喋るね?」というのは御法度である。あぁ、ラテン文化って複雑。






うちの母上に写真送ったら同じようなコト言ってたよ。宇宙からきた感じでいいでしょ?これもまた。
顔はなんていうか…、説明しづらいので今度観に来てください☆
とりあえず平たいよ。

おぉ、この英語ウンタラに関してコメントつくとは思ってなかったんだけど、やっぱりヨージには解るよね!
そうなんだよね、ほんのちょっとでもbackgroundが解るだけで、何かが全然ちがって面白くなるんだよね。
あれ?skypeで話したことあったんだっけ?
aliceはですね、どの言葉でもあんな感じですよ。というワケで、日本語訛りなんですね。自分じゃよく解んないんですけどね。でもま、仏人には英語がうまく聞こえるらしいし、米人にはややブリティッシュな感じらしいです。

ぼくも仏語はまるっきりヘタなので、いい加減ホンキだしたいトコだけど…、まぁ通じればいいんだよ。言語の悩み抱えてる人多いから、あんまり気にせずのびのびがいいと思うよ。
【2009/11/24 07:28】 URL | alice #-[ 編集]
3枚目の写真はダイにゃんだって分かったけど、他の写真はまるで別猫!に見えた。
普段見えるよりも実は顔小さかったのか…。

確かに、英語の訛りからどこの国の人か分かると面白いよね。
ザ・シンプソンズでインド人訛りとか、サウスパークで日本人訛りとか聞いたことあるけど、本格的だなって思った。
かくいう俺は日本訛り…でも現地人なんだから本当はペラペラ喋りたいけど。
aliceはどうなの?Skypeで日本語以外は聞いたことがないな。
【2009/11/24 04:21】 URL | ヨージ #EnqtKzKU[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.