ADMIN TITLE LIST
19210179.jpg

ここ最近の出来事は、ちょっぴり不思議な現象を伴う感じ。
例えばwhere the wild things areのmaxにそっくりな子を観たり、魔女の宅急便のトンボそっくりな双子がいたり、14区のカフェでばったりうちのアトリエで研修してるDちゃんに会ったと思ったら、その次の日に11区の雑貨屋さんでも偶然遭遇したりといった具合。

natalie postmanが好きなので、なんの予備知識もなくbrothers観てきた。
いつまでも妖精みたいなnatalieと思ってたけど、この映画ではお母さん役だというのでまずビックリ。
そして引き続きこの映画で「何が起こったのか」を知って驚愕。
今現在進行形で行われている戦争があるけれど、同じ世界にいるというのにその戦争という現実が解らないでいる(進んで知ろうともしないし)aliceにとって、戦争で死んだという事も大きな事だけど、殺したり生き残ったりする事がどれほどその後の人生に後遺症をもたらすのかが痛く解る良い映画でした。
大まかな概要は、軍人である夫(spidermanのpeter parker(役者の名前が解らん…)が演じてる:この役者ってkeanu reeves系な棒読みちっくな演技をする人だと思うんだけど、この役にはピッタリだった)とその妻(natalie)には女の子二人の子供がいて、ごく平凡な日常を過ごしている。彼の弟はちょっとかっとなりやすく、チンピラみたいな感じで刑務所に入ってた事もある。真面目なお兄さんとチャランポランな弟。彼らの両親をはじめ、弟への風当たりは冷たい。
そんなある日、お兄さんであるsamがアフガニスタンの戦地に赴く指令が下る。samの乗ったヘリは敵の襲撃を受け帰らぬ人となった。
……が、samは死んだと思ってたのだけど、実は捕虜になって生き残っていた。

で、そのお兄さんがいない間に弟と兄嫁がくっついて三角関係とかいうのを想像してはいけない。
そんなのよりもっと想像を絶する展開だった。
よく解った事は戦争で英雄は生まれないというコト。戦争でする事は要するに人殺しだ。人殺しが英雄だなんていうのはどう考えても間違っている。
そんな間違えた世界で生きている現実ってなんなんだろう?なんて思ってしまったよ。

しっかしこの映画、みんな(子役を含め)演技がうまかった。
こういう映画が好きだからだろうな、きっとaliceがMAGがなじめなかったりCoDに手を出さないでいるのは。なんてまた改めて思った。
物語の核心がすごいネタバレになっちゃうので、それなしで映画の感想は述べられない物語なので上手い感想文にならなかったけれど、是非とも色んな人に観てもらいたい映画でした。






ねー、peter parkerすごいよ。(spiderman4には出ないって噂あるけど。)
日本でも公開するんじゃないのかなー?さっきちょこっとgoogle検索したら、6月?とかなってたよーな。
【2010/03/02 07:14】 URL | alice #-[ 編集]
ほんっっとに、このときのトビーくんは凄かった。オスカー獲るか!?なんてみんなで盛り上がってた。残念ながら日本での公開はいつになるのやらLionsGate。
【2010/02/26 13:27】 URL | yaM #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.