ADMIN TITLE LIST
19788140.jpg

cowboys and aliens観てきた。
titleからしていかにもalice好みで期待してわくわくしてたっていうのに……、it was soooooooo crap!(えぇ、汚い言葉を使ってしまう程に不出来でした、もうちょっと柔らかくrubbishとでも書こうかと思ったんだけど、控えめすぎな感じでこの言い回し。時々使うんだけど、aliceあんまりこの手の言葉使わないので笑われるんだよね。)
なんにせよ、期待してた物と違ったのがダメだったんだろうな。おバカなドンパチもので笑えるのかと思ってたんだけど、なんか変な風に真面目路線だったのがなぁ……。ウサギさんはaliceほどがっかりしていなかった様ですが(冒頭のカウボーイ視点の進みとかが好きらしい)、aliceの評価は手厳しいです。
期待したのがいけなかった。映画はどんな映画でも期待なんてしちゃいけないんだ、その方がどんな映画にも良い部分が浮き上がって観えるに違いない。そう心に思ったaliceなのであった。

さて、これでこの夏の映画祭りは終わりかな。
九月にもちょこっと気になる映画があるけど、この夏程のペースではないでしょう。七月八月で九本位観たかな?ちなみにtransformers3はもう観るのを切ったのであった…。
一番印象に残ってるのはmelancholiaとla piel que habitoだねぇ。本当にこの二つの映画がentryしてたのにも関わらず、今年のカンヌはthe tree of lifeだったというのが納得いかない。(melancholiaに関しては監督アレコレがあったけども)もしもこの三つから一つ選べと言われたら、確実に一つ落とすのはthe tree of life。melancholiaとla piel que habitoのどちらかは悩みに悩んでどちらが上とか言えないレベル。カンヌは政治的な映画祭らしいんですけど、そんなのはどうでもいいからとりあえず面白いものを正当に評価してもらいたい。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.