ADMIN TITLE LIST
9月は新学期というコトで、もうちょっと日記を書くのを頻繁にしたいかもなぁとぼんやり思う。
だけども、まだ台湾についての旅行感想とか書いてないし、相変わらずだらだらなaliceなのである。

夏の間、家の中のごちゃごちゃしてきた部分を大掛かりな大掃除をしていました。
まずは本棚から始めたんだけど、alice以外の本は一人ではなんともできる物ではないので(いるかいらないか選別できないから)自分の本をとりあえず片付けはじめたのだけど、aliceのお掃除はまだ家中の人に伝染しなくて(お掃除し始めるとalice家の中の人もやり始めるパターンが多い)一人でのろのろやっていたんだけど、みんなの重たい腰があまりにも上がらなさすぎなのでお台所の中を徹底的に片付ける事に移動。
戸棚の中から何年も使ってないアレヤコレヤを引っ張りだして捨てたりきれいに洗ったり…。ついでに戸棚の中も外、お台所の壁から天井まで徹底的に拭きまくりピカピカに。きれいになってくるとお掃除嫌いのドラゴンのmotivationも上がりお手伝いモードに。ここまで徹底するからにはと、収納した物を出し入れしやすいように色々と工夫を重ね、入り切らなかったものなどがきれいに治まり完璧な状態になりました。

何年も使わないものだけど、捨てるという行動自体が気がとがめる感じがするのでとってあるもの、こういうものがあまりにも多すぎて家の中のスペースをじわじわと浸食して家の中が狭くなるのは納得いかないと、最近感じるようになってきたのだよね。大抵は人からもらったものなどがそれに該当する訳なのだけど、確かに捨てるというのはヤなのよね…。かといってどうリサイクルしたら良いかも解らないから結局捨てるコトになるんだけど、もっと古道具屋さん達がこまめに働いてくれたらなぁって思う。
どういうコトかというと、aliceの住んでる建物には数ヶ月に一度、どこかのassociationが着ない洋服を回収しにくる。回収してそれを着る人に回すという事なんだけど、こういうサービスを古道具屋さんもしてくれたらなぁって思う。モチロンいらないものだから無料であげるし、それを古道具屋さんは売るのだから良い商売だと思うんだよね。というか、aliceが持っていけば良いのでしょうけど、あまりにもそういうのをするのは無精すぎるのである。
かといってinternetなんかでちまちま売るとかいうのも性に合わない。片付けたからには一気に家の中からキレイサッパリ消えてほしいのである。まぁ、結局ゴミ箱に入れるのが一番手っ取り早くなる。気分的にはあまりスッキリしないけれど、家の中はスッキリなのね。

さて、本棚の片付けなのだが、aliceは資料本とかお気に入りの絵本がかなり多くてこれらはやはり手放せない。なので今まで読んだ小説などを最近は読んだら定期的にbookoffに売っているのです。(パリにもbookoffがあるから日本語の本が気軽に売れるからとても便利)
以前は読んだ本は大切なのでずっと手元に置いておきたいと思っていたのだけど、最近はまた読みたかったら買えば良いからという方針になってきている。モチロン気に入った本は手放さないけれど。
そしてきっと本にとってもその方が幸せに違いないと思うんだ。どうも本はぬいぐるみとかと同じで、aliceは擬人化してしまうようで、それもあって手放せなかったのだけど、本にとっての幸せはきっと一度読まれて本棚に入れられて何年もほこりをかぶっているよりは、また読んでもらう事なのではないかと思うのだ。そしてaliceに関していえば、一度読んだ本はもう一度読むという行動をほとんどした事がない。なので、本の気持ちを思って手放すという心構えになったらかなり気軽にとっておく本と、そうでない本の選別が格段にあがったのだよ。
そして、手放した本たちが、今後どんな誰の手によって読まれていくのかを思うのは、なんとも浪漫を感じるのである。

というコトで、どっさりbookoffに持っていく本が今廊下に山積みになっている。
かなりすっきりしたaliceエリアを観て影響されたウサギさんが現在ウサギさんエリアを大改造中。
お掃除しだすと手伝ってるつもりになってるだいにゃんがうろうろ。aliceもなんか気になってそわそわ。ウサギさんに「もう邪魔ー!」って言われつつ、なんか気になってね…。aliceは片付け好きなのです。しょっちゅうやってるワケではないのだけれど、少なくともこの家のなかではexpertである。なので、掃除嫌いのドラゴンとウサギさんの片付けについつい口出ししてしまうのだ。
だけど、的確なので二人には助かるそうなのでちょっとほっとする。
ウサギさんエリアの片付け完了はあと数日かかりそう。完成図がとても楽しみで早くみたい。だけど、ほとんど手伝えないのがもどかしい。





それ以外、夏の宿題のマンガ約60巻読破は無事完了。
bioshock2も出来れば8月いっぱいでクリアしたかったのだけど、まだ終わってません。かなり終盤なのであと少しかな。bioshockファン達から2はまぁまぁだよってかなりいわれていたので、特別期待も何もしていなかったけれど、alice的にはOKかな。確かに単調ではあるけれど、game artとして楽しむ分には合格点以上ではないでしょうか。(aliceはアールデコが好きなので採点は甘いはずですが)
それ以外はいつも通りreachとLBP2しかやってない。LBP2は新しいlevelを作りはじめてはいるんだけど、もうすんごくのんびりすぎていつ完成するか未定。
reachは最近またちょこっと友達が増えてお誘いかかる事が多いのよね。けど、ここの所はB君と一緒にmulti teamで遊ぶのが楽しくて仕方ない。B君はFPS上手いので勝ちゲームが多いからますます楽しい。
HALOシリーズは初めてとの事で、aliceがHALOのmultiplayの楽しさを一緒にげぇむしながら楽しんで教えている感じなのですが、他のFPSのmultiplayに較べるとHALOシリーズのゲームモードの種類の多さに感心しているよ。他のFPSにはない楽しいゲームモードなんだって。
で、この秋はaliceもついに地球上の戦争げぇむdebutなのでB君がCoDとBFについてご指南して下さるそうです。ありがたや。B君曰く、aliceはもっと上手くなる素質があるそうだ。嘘っぽいけど。(笑)
最近になってaliceはようやくmultiplayerでplayer同士が殺し合うというのに面白味を見いだしはじめました。多分それはきっと、ついにまともにkill数が稼げるようになってきたからだと思う。(上手くはないけど、ここの所kill数0というのはないからね☆)
最初は怖くて、打たれるたびに心臓どきどきしてすぐ疲れてたんだけどね。ゆっくりだけどこういうのにも慣れてきて、敵も味方もばたばた倒れるのが面白いって思えるこの境地にきたら、なんか新しい見解が開けてきた気分なんだよ。
そえいば、前のaliceは「外人って同じげぇむずっとやってるよな」とか思ってたんだけど、今のaliceってばまったくそれではないか。意味がようく解ったよ。こういうコトだったんだね。よく考えたら、テトリスとぱねぽんとDRマリオ以外でこんなに毎日のように遊ぶげぇむって珍しいよね。日本ではやんないのはなんでなのかな。ちょっと気になる。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.