ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20298702.jpg

life of pi観てきた。これ以外にもクリスマス映画で観るのがあったんだけど、色々でとりあえずこっちって感じで気になってたし…っていう感じで観てきたんだけども、予想を上回る(trailerでかなり魅了されてはいたんだけど)面白さと映像美のある映画でした。
内容はpiというインド人のおじさんの類い稀なる一つの経験の物語。
インドの古き良き時代、動物園の経営者の息子として育った男の子が、動物園閉鎖とともに船でカナダに渡る際遭難し、救命ボートで一緒にいた虎との運命共同体の物語。ネコ科好きには是非観てもらいたい映画。
海の上で虎と一緒の生活というだけで、どんなものなのか想像もつかないのだけれど、その面白さも言うまでもなく、海の上での非現実的な美しさには時として自分も経験してみたい!と思わせる体験。特にaliceが好きなのは夜にクラゲだらけの光る海に巨大なクジラがジャンプするシーン。自然と海が身近にない都会っ子で果てしない大自然に脅威し地球の美しさにただただ唖然とするaliceみたいな人にはあのシーンは圧巻だと思う。
現実にあるのか、非現実なフィクションなのか解らない境界線の物語で、どこからどこまでを本当に会った事として信じていいのか解らないような「あり得ない」物語だけれども、地球賛美するには打って付けのすばらしい映画でした。ある意味fairy taleみたいでもあったと思う。


さて、本日はクリスマス前日っていうのもあり(日本と違ってクリスマスは日本の年末年始的な雰囲気なんだよね、EUは)いつもお世話になっていて、aliceの大好きな仏人げぇまぁ達であるGAME(うちの近所のげぇむ屋さん)にクリスマスカードを渡しに行ってきました。(クリスマスカード渡すのは今回初めて!)
クリスマス前の日曜日ですが、EUでは12月の日曜日はどの店もほとんどopen。(フランスは日曜日はほとんどお店は休みです、一部地域を除きますけど)夕方6時半頃に行ったんだけども、思った通りなんだか店内は混んでる様子。ウサギさんと「なんか混んでるみたいだから、明日出直そうか?」と店先をウロウロする事数回。でも店内にはオムスビもカリスマもメガネもいるし、最近年末用に採用されたらしき気になるドンキー(ウサギさん命名:オムスビちっくな体系でメガネ)もいる!明日の24日もお店は開いているけど、今を逃して全メンバそろってる今を逃す機会はあるのか?!ってコトで、XBOXのコントローラを新調したかったのもありで(最近L stickの動きが最悪で買い替えたかったんだよね)意を決してお店に入る。(ウサギさん曰く、ラブレターを渡したい中学生みたいな感じとのこと)
混んでるように観えたのは中学生くらいの子たちがわらわらいただけで、実際はそこまでレジに並んでるというのでもなかったのでちょっと一段落。それを確認後にオムスビにクリスマスカードを渡すalice。オムスビの周りにいたバイト君達もそれに喜んでくれたようでaliceもウサギさんも笑顔です。っていうか、ニヤニヤ。
aliceの購入したかったwireless controllerは品切れだったらしく、レジにいたカリスマがfable3の(まだ売ってるのかよ?!)special edition wireless controllerをお勧めしてくれましたが「んー…。」と悩んでるaliceにドンキーがrechargeできるのをオススメ。「どう違うの?」というのにオムスビが「十時ボタンが使いやすいよ」と的確に指示してくれてこっちを買うコトに。しかもレジにいたメガネおねーさんが「日本人ですか?」と日本語で対応!新しくバイトで投入された子はなんとaliceと同じ通りに住む6年間日本語を勉強し、3回も日本に行った事のあるメガネっ子!(女子!)
もうね!このGAME店員達サイコウです!!!
と、まぁ、aliceにとってはとっても素敵なひとときをいつも行くげぇむ屋さんで過ごせたのでした。あそこの店員最高だよ。aliceの大好きが具現化してるって感じだよ。あそこの店員全員online上のキャラにして眺めてニヤニヤしたいよ!
って感じで、寝て起きたらクリスマスケーキを午前中に買うっていうmissionがあるからいい加減寝なくちゃなんだよ。
皆様、良いクリスマスを!素敵なプレゼントもらえますように!!!




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。