ADMIN TITLE LIST
050313_aliceblog.jpg

一泊二日といってもほぼ24時間、一日分位しかない時間で日本の友達で以前からロンドンに一緒に行く約束をしていた目的を果たし、その足で本日はbjorkのコンサートへ!
super疲れてたんだけど、bjork凄い。凄すぎてコンサートの間夢中だったよ。
musicianって奇抜な格好の人がよくいますし、今だってlady gagaさんだとかキャリーパミュパミュさんだとか目を引きますけども(両方ともしっかり聞いた事ないんだけどね)、bjork観てるとその違いがよく解る。bjorkは単に格好が奇抜なのではなく、自分の作る音楽とか生き方に着ている洋服がついてきている。反対に例として名前を出した人達は奇抜さだけが前を進んで歩いていて、音楽性はそれについて来れてないように思われる。
まぁ、キャリーさんなどは自分から歌ってるのじゃなくて、produceされているという時点でalice的には本当のmusicianとは認めないんだけどね。それでも楽しい音として聞くには良いとは思う。
bjorkはトコトン凄いと思う。何故ってアイスランド人だよ?こんなに世界中で有名なアイスランド人他にいないと思う。それだけで既に凄い。そして小さい頃から歌う事、音楽一本で音楽史上に名前を後世に残すであろうというのがまた凄い。
まさに宇宙の歌姫である。あらゆる音で遊ぶ魔術師でもある。
コンサートの帰り道ウサギさんがこう言った「そのうちdigitalがもっと発達すると、色んな有名なコンサートの再現みたいな仮想空間ができそうだよね。それこそ歴史に残るコンサートで歌った時にギタリストが間違えた音とかまで細かく再現してみせるような。でも、そんなのに何の意味もないよね。」正しくその通り。音楽は生きている。live concertのliveだ。
そういう意味でも今日のbjorkコンサート体験はとても貴重でした。一生忘れない想い出ができた。はっきり言って彼女は天才だ。天才を間近で観るのは(今日のコンサートでは10メートル位の近距離だったぞ!lucky!)二度目だ。一度目はstephen hawking博士だ。天才はいるだけでオーラがすごい。圧倒的であった。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.