ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20510037.jpg

wong kar waiの久々の新作に思えるのだけど、単にaliceが見逃してただけかも。なんにせよ、aliceにとっては久しぶりのwong kar wai映画です。しかもカンフー映画。そしてあろう事かbruce leeの師匠の物語でありますぞ?!これは観ない方がaliceじゃなくなってしまう。これを見逃したらaliceじゃない。自分の存在を保つ為にも観ねば!ironman3もやってるけど、優先順位はこっちのが遥かに上!さぁ、疲れてるなんて言ってる場合じゃない!ゆけ!alice!行くのだ!ディスヌフ!
と、ちょっとテンション上がりすぎの久しぶりの日記でござる。
ひと月日本に行っておりました。三年ぶりの東京で浦島太郎な気分を味わった後、約一週間程初沖縄旅行に旅立ち、車を借りての旅行だったため、本島はほぼ攻略って感じだけども、まだまだ観たりなくて次回は近隣の島にも行きたいなぁと思いつつ、ウチャラバチョーデー?(沖縄語で飲めばみんな兄弟さ!っていう意味らしい)なおもしろい出会いもありで東京に戻ったら竜宮城から帰った気分で、浦島太郎の物語っていうのは実は沖縄に行った物語なのではなかろうか?なんて本気で信じ始めて色んな人に会ったりで忙しく明け暮れ、シンガポールからも友達が遊びにきたりで一緒に東京観光してたりもして、全くもって里帰りっていう感じじゃないような気もしつつ、あっという間のひと月なのでした。
なんていうかね、生き神様になった気分だよ。あちこち友達に会って拝まれる訳じゃないけど、なんだか色々と美味しいものや珍しいものをいただいたり、お土産を持ってきてくれたりで、日本っていうのがこういう文化なのは知ってるんだけど、長い事外国暮らしなaliceは年々外人扱いに近いおもてなしになってきてる気がするんだよね。それがなんだか生き神様になった気分なの。そう思うと、どうして外人が日本旅行にはまってしまうか解らなくもない。言葉通じなくても、特に外見が白人だとみんな神様みたいにあつかってるものね?
旅行好きのaliceには何となく解るんだ。特に世界でトップクラスの観光都市を誇るこのパリに住んでると特にね。なんでかというと、パリはきっと好きで来ても嫌いになってしまう人がいると思うから。何故かというと、あまりにも観光客だらけで観光客に対する扱いがマチマチなのだ。それと泥棒も多いので、そういう経験をしてしまったりするともう最悪になるでしょうし…。ましてや外見が東洋人で目立つからって(別に目立ちませんが、ヨーロッパ人とは違う外見という意味で)神様みたいに扱われる事は絶対にありません。
まぁなんだ…、人にはやさしくね。これに尽きると思うよ。なんでもどこでも。

さて、話が大きく飛んだ。aliceはthe grandmasterの話をしようとしていたのだ。
この映画、広東語と北京語なので字幕が仏語でした。日本から帰ってほんの数日、ひと月仏語を喋らずすっかり記憶の彼方に追いやっていたaliceにとってはスパルタ式でした。だって中国語早いから字幕もはっやいんだもん!
けど観るべきは美しき映像美…なんだけど、字幕のせいでじっくり観れなかったー。wong kar waiの映像美はすばらしい、特に色使いがとても独特で毎回観賞後の映像の印象に酔いしれるものなのですが、今回もこれは裏切らず、古めかしいモダンな中国人美女が絢爛豪華な色の花や衣装で飾られたちょっと黄味がかった色合いのポスターみたいのをペラペラとめくっていくような、めくるめくような華やかな構図が続いたかと思うと急激な早さでバトルシーンに突入という展開もあったりで、その戦闘シーンの独特な演出も良かった。aliceの好きな戦闘シーンを撮らせたらピカイチのzack sniderを思わせるような撮り方でもあったかな。
カンフーのいくつかの流派の達人がそれぞれの人生と武術の美学についてを静かに物語る、そんな映画でした。武闘のたしなみが少しでもある人には解ると思うけれど、強さというものは誇示するのではなく、芸術と同じで人それぞれが何かを探し求めているものなのである。この映画を観るとそういうのが伝わってきます。
そんな訳で、色々なカンフーの達人がこの映画には登場し、皆それぞれ個性豊かなので誰が主人公か時々忘れてしまったaliceですが、ipという人が主人公です。彼の波瀾万丈な生き様は中国という国で背景が目まぐるしく変わっていく時代に、カンフーという武芸だけで身を建てる、正真正銘のカンフーマスターの物語なのであーる!
彼がbruce leeに稽古をするというようなシーンは出てきませんが、興味のある方は是非お見逃しなく。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。