ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




20385657.jpg

六月七月は観たい映画がけっこうあるので、時間を見つけて見逃さないように観に行ってます。
star treck into darknessは先日観たstar trekの続き。続きといっても前の話と関係してるっていうのではなく、単に登場人物の役者が一緒のシリーズ的なもの。
この間観た映画がstar trek初心者のaliceでもお気に召したので、今回も上手く作ってるんだと期待してたんだけど、ちょっと雑な作り。ウサギさん曰く、star trekの面白さは様々な惑星間での政治的問題の絡みが複雑で面白いのだそうだが、この映画ではそういった複雑部分はとっぱらってアクション映画みたいに大掛かりな崩壊シーンに集中してる。
今回の悪役は、個々数年BBCの新しいシャーロックホームズシリーズでシャーロックを演じてるちょっと癖のある役者なんだけども、この悪役がやたら強い。mass effectでいう所のkroganだよ。あまりにも危険だからsalarianに子孫作れなくされちゃうみたいな感じに似たような事をこのシャーロック一族もされてしまってる。
で、このシャーロックがやたら壊す。地球防衛軍みたいなのは仕事してないのか?と思う程すべてenterpriseが戦ってる。(そういう部分、雑だと思った。)
前作に比べると紛れもなく劣る続編だけども、宇宙航行好きなら観てもよろしいのではないだろうか。

21005295_20130513125110571.jpg

sofia coppolaの新しい映画は実話を元にしたもの。
彼女はteenagerのからっぽな映画を作る事に長けていると思うけれども、今回の映画は正にそのからっぽさを見事に表現してくれた感じ。観終わったらからっぽな気分になったもの。
なんていうか…、面白い映画を作ってると思うんだ。こういう虚無な感じを味わわせてくれるというのは、それがひとつの体験であると思うから。でも、何度も観たいって思う映画にはならないんだよね、この人の映画。嫌いじゃないけど、特別好きでもない。でも是非とも観たい、そんな映画。
今回aliceが注目してたのはこの映画の中にaliceがここ一二年位気にしてるバンドsleigh bellsの曲が使われてるっていうのと、emma watsonが出てるっていうの。emma watsonはharry potterでずっと小さい頃から観てるからついついどんな風に成長してるか気になってしまうのだ。
sleigh bellsは去年の夏、reading festivalでlive体験したけど、ものすごく良かったんだよね。流石に映画館じゃ全く持って同じ音じゃなかったけど「いつ使われるかなー?」と思ってたら冒頭から使われてて大満足。
そう、この監督なかなか音の選曲いいんだよねぇ。
物語の内容はrich kidsがセレブの家に忍び込んで、色んなものを盗んでは、それを着てパーティーアニマルしてドラッグ漬けで罪悪感なし、みたいな。そんな映画。
ファッション関係の人が観ると、きっと見方が違うから別の意味でも面白いかも。
それなりに面白い映画です。そして観終わってカラッポな気分になってみましょう。

20534635.jpg




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。