ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




今現在はお絵描きの時間であり、aliceはしっかり下絵を描き込んでるべきはずなのだけど、ちょっと気晴らしだ。気晴らしばっかりだけど、お絵描きっていうのは時々描いても描いても気に入らない事があって、そういう時はいくら描いてもダメなのだ。(今はそういうのとはまた別の現実等避難だけども…)

実はaliceは最近とても忙しい。家に引きこもってるようにしか観えないかもだけど、今月はやたらと来客が多いのだ。なので落ち着いて色々と出来ない。今週末もロンドンから友達が来るから今描いてる下絵を終わらせたいのだけれども、今の所まだ道のりは長い。
そんな忙しい中、aliceの待ちに待ってた大好きなげぇむborderlands2のDLC、tiny tina's assault on dragon keepが出た!ついに出た!
最近のげぇむはaliceは好きなものはトコトンやり込むようになった。やり込むといっても甘いげぇまぁなので、実績とかは手こずりそうなのは最初っからスキップするような感じだけど、一年毎日だって遊んでいられるようなやり込みをするげぇまぁになった。主にmultiplayerがあるからこそで、友達、またはonlineの誰かと一緒に遊ぶ事に中毒になっているのだ。
onで遊ぶ楽しさは、ただそれだけでも楽しいのだけれど、好みが似てたり、似たようなgame playをする人と友達になれると更にこの世界は楽しくなる。要するに、今まで一人(げぇまぁは一人で遊ぶのが好きなんだけどね、基本)で楽しんでいたものを、同じ趣味の友達と一緒に体験し楽しめる。このわくわくと感動を分かち合えるのだ。
幸いaliceはウサギさんが家にいるので、ウサギさんはalice程げぇむはしないけれど、universalオタクなのでほとんどaliceの喋る一般人には理解するのが困難であろうげぇむ話に着いてきてくれるので、onlineげぇむ友達以外にもaliceの日々のご褒美げぇむ時間がいかに楽しいかを話せる相手がいるのだけれど、きっとけっこうな数のげぇまぁにはこういう人が身近にあまりいないんじゃないかと思う。
だが一歩onlineで遊んで友達が増えると、げぇむ話だけで会話が成り立つ人しかいない。そう、ここはげぇまぁパラダイス。だが、aliceは何度もこの日記で記したと思うけど、「すごく」波長があうげぇまぁというのは割と見つからない。ま、ここは現実世界の友達と同じだ。「知り合い」か「友達」かの違い。
そんな中、最近aliceはとても強くてcoolなげぇまぁと友達になった。aliceは基本voice chatが苦手なのでまだ「喋って」はいないんだけど(partyには参加してるけど聞いてるだけ)、このcoolげぇまぁ、喋り方もmessageの言葉遣いからも本物のげぇまぁの香りが漂ってます。フレンドリストの人数も少なめなので、aliceは個人的にこういうげぇまぁからまた一緒に遊びたいと思われてフレンドリクエストをもらえたのを少々誇りに感じます。
さて、ちょっと話は飛ぶけれど、欧米ではテーブルトークというRPGはgeekになるには必須の遊びです。で、話を最初の冒頭の方のに戻そう。tiny tinaのDLCだよ!このDLCではtinaがゲームマスタでこのテーブルトークRPGをしているのである。alice達playerはそのtinaの作ったDungeons & Dragonsみたいな世界を旅するのだ。
そう、だから欧米RPGファンにとってはたまらない魅力のDLCなのである。aliceはウサギさんが未だに友達と着きに何度かこういうテーブルトークRPGをしてる人なので、ちょっとしたこの手のjokeが解るので、このDLCはとても楽しかった。ほんの少しかじってるaliceがこれだけ楽しめるとしたら、きっと本格的にテーブルトークで遊ぶ人達には120%楽しいはず。現にウサギさんがaliceのplayをちょこっと横目に観ながらalice以上にうけてたからね。
で、最近仲良しのcoolげぇまぁもcoolなくせにわくわくしていたようで、DLCが出る10日位前からaliceがレベル上げしてこのDLCに備えて準備してたら「DLCまでにレベル61までにしとけよ」みたいなmessageがきたり、DLC前日は「明日だぞ、dragon keep」と言ってきたりで、aliceのワクワク表現とは別のcoolなおにーさんなりのワクワクを誰かに言いたくて仕方ないんだなぁと思いました。aliceなんかは「やったー!明日だ!はやく遊びたいなー!」と素直に言うんだけど、このcoolなげぇまぁのmessage文面があまりにも簡潔でむしろかっこよかったので、aliceはここでまた男子げぇまぁになりたいと思ったのであった。かわいいげぇまぁっていうのよりかっこいいげぇまぁのが断然かっこいいもんな!

で、aliceはとりあえず本編をクリアした。一人で。borderlandsファンで良かった!っていう作りだった。このげぇむ作ってる人達は、本当にplayerの事を考えてくれてる、愛を感じたよ。
まずこのDLCの内容がRPG好きには魅力だというのは先に述べた通り、それプラスでborderlandsファンだったら二重のレイヤーがかかって楽しい。volt hunter達が古典的なD&DスタイルRPGっていうのだけで学芸会みたいな楽しさである。
そしてtinaの演出による最後が特に素晴らしかった!一瞬泣きそうになったよ。ファンサーヴィス素晴らしい!tinaは誰よりもborerlandsファンなんだなぁと思った。だって、borderlandsファンがborderlands2の本編でえー?!って思ってたあれらをきれいに、見事なまでに自己満足だけども修復してくれた。しかもそれらをplayしてるalice達は実際に体験してるからね。で、最後の最後がborderlandsらしく笑わせてくれて、本当に最高。

そんなこんなで、いつも一緒にborderlandsしてる友達にはaliceと一緒に遊ぶ約束をしてもらい、超selfishだけどもaliceと一緒に遊ぶまでこのDLCには手を付けるな!とも言い切った。だって、D君とR君がどんな反応するか楽しみなんだもん。
D君とR君はdestinyでも一緒に遊びたいねという話をよくしてるんだけど、aliceとD君はdestinyはPS4で遊ぶというので揺るがない。D君はconsoleは一つ派なので、xboxはnext-gen競争で一人ファンを逃したのであった……。あーあ、xbox雲行き怪しすぎるなぁ。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。