ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




130906_aliceblog.jpg

秋になると急に忙しい。1年のうちに1月が始まりだとすると、4月にも新学期の固定観念があり、それでいて不思議の国周辺は9月が新学期だから、休み明けに新しい生命が始まる感じがある。三度目のざおりくって感じ?
alice周辺もばたばた忙しそうで、みんな出張中だった。家で一人ネコさま達に起こされ食事を与え、Yタン家のmaxたんのお食事担当まで頼まれるalice。ネコたんたちにはしっかりご飯与えてましたが、aliceは与えてくれる人がいなかったため、気付いたらまた体重が45kgに落ちてた…。もっと満月の日にぱくぱく食べなきゃだよね…。
aliceは家でいつものように作業。銅板の下絵をコツコツ描いているんだけど、これが描いても描いても終わらない。自分のコトながら、キチガイじみたものを創ってるなぁ…と呆れるほどであるぅ…。
で、土日はガッツリFF3を進めてたんだけど、月曜からはこの下絵が終わったらげぇむ!と思ってるのに全然終わらないから、げぇむできやしない!せっかく幻術師使えるようになって召喚獣使えるようになってるのにぃ…。aliceは召喚が大好き。これだけの為にFFしてると言っても過言ではない位召喚という行為が好き。今一人だけ幻術師として召喚魔法使えるように育ててるんだけど、もう一人くらい増やそうかな…。それとも4人召喚使えるようにしても面白そうだなぁ…。かなりパーティーバランス悪いけど…。
それにしても右手崩壊状態に近い。痛くてゴキゴキ…。それなのにまだ下絵である…。いつになったら終わるのだろうか…。
そんなにすぐ右手は壊れないから、今後のFF3のジョブをどうするか考えながら果てしない下絵の世界に戻るとするなり。

夜になって、今日から封切りのa scanner darkly観てきた。keanu reeves、またこういうおたっきぃな映画の主役だよ。この人絶対なんかステキな趣味してる。演技がうまいんだかどうだか判断しにくい役柄が多いのも確かだけど、ひたすら好んでこういったB映画(カルトとも分類)に率先して出演しているように思うな。やっぱりmatrixのneoさまだ!(パチパチ…)
この映画、アニメ分類していいのかも解らない仕上がり。実写で撮影編集した後に、compterでpostalisationかけてる感じで全編。こういうCGの使い方もあったのかと思わせる。それだけでも一見の価値はある。
内容はというと…、これが結構難しい。しかもジャンキィな人たちのアクセント強い米語と、専門用語でかなり集中して聞いてても難しい…。プラス、何がホントで、どれがウソかも混乱してくる内容で、HP減少してる場合は滅入ってしまうかもしれないので要注意。
結局のトコロ、何が正しくて、何を信じていいのか、それはひょっとすると仕組まれた世界における自分の立場が本当に自由であるのか?っていうシステム化された近未来を憂う内容かな。もっと別の視点から観ると全然違う感想を述べられるけれども…。
一言ハッキリいえるのは、コレ、絶対今後メジャーではないけれど、名前を残す映画であるでしょう。


バーチャルの世界でも、結局、人は社会の中でしか生きられない。他人に囲まれて、他人と比較しないと、自分を見失ってしまうのだろう。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。