ADMIN TITLE LIST
にゃんにゃん会話の合間に数学の問題解かされたりしてるaliceです…。(謎)
aliceは数に関してすごく貧弱で、脳で処理するのにかなり時間がかかる。きっと数という概念を理解する努力すらしていないのかもしれない。弱い分野なので、これらに強い人は必然的に憧れの対象ともなる。ムーミン語を話せるフィンランド人に一方的な好意を抱くのとちょっこっとだけ似ているかも。(意味不明)
3ヶ月に一度、aliceにはroyaltiesという収入がある。今日は6月までの分がガッポリと入り、そのままこれを全部macに投入したい妄想に駆られる…。LCDモニタで色の調整するのが苦手で未だに絵にはG3のiMacグラファイトclintタンを使ってて、photoshop専用なので全然問題はないのだけれど、もうintelDuoに切り替わって時間も経過してるし、年末辺りに10.5に切り替わるはずだし……ヤッパリそろそろCPU向上に伴いLCDにならなくてはダメなのか…って考え中。どっちみち今の環境に問題はないし、この一年くらいで決めることだからまだ先のお話なんだけど…。
aliceの場合、clientからお金になるお仕事をもらってはいるものの、会社に属しているのと違って何からなにまで一人でやりくりしないといけないから、こういう漠然とではあるけれども未来の予想っていうのも前もってイメージトレーニングするのは基本生活の中に組み込まれている。それでも締め切り前とか催促がくるとアタフタ絶頂なんだけど!
一応ドラゴンとウサギさんがいるから税金の計算とか手伝ってもらったりしてますが、freeのartistたちはこれら全部ホントに一人でやってるのか?!って思う位複雑怪奇な作業で、計算間違ったりとかしたらどうするのかなぁ?って不安にもなる。きっとaliceみたいな人たちは、周囲にaliceみたいな環境があるんだろうと想像しておこうか…。
話は少し反れて、NP君と一緒にバンドを組んでるメンバの一人が突然辞めると言い出して、明日から週末までコンサートがあるっていうのに突然キャンセルっていう状況に陥ってるらしい。辞めると言い出したJP君はメンバの中でも一番風来坊っぽい人で、だから故に彼の音の実験的遊びはバンドで今や不可欠になるほどに味を出してきている。
こういうのって、やっぱりバンドという数人で構成されてる世界にいるからには自分勝手にできないっていうのを踏まえていないといけないなって思うんだ。aliceは一人で活動しているけれど、一応数ヶ月先のことを大まかではあれ読んでいるから……そうだなぁ……単にそういう問題だけっていうワケでもなさそうなんだけどもね。
なんにせよ、いくら一人でしているとはいえ、誰かしらと関わっているのが世の中なので、JP君みたいな突発的単独行動はせいぜいげぇむの世界とかだけで留めておいてもらいたい。げぇむでもonlineでは節度が問われる世の中なのだしね。あぁ、人間関係って簡単なのに複雑ぅ…。


 彼らのような人生は、案外、充実した生き方なのかもしれない、と思った。うまくいっているときは特に、全部のバランスがまるでサーフィンのように、いい波に乗っているように一瞬の輝きで、取れるのだろう。悪いときはきっと彼らは次の波を待てるのだろう。それは心が孤独という要素で豊かに満ちているからだろう。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.