ADMIN TITLE LIST
hermione.jpg ron.jpgaliceにとっての自己義務教育。それはharry potterを読んで、映画を見るコト。
どうにもこうにも、始めたら最後まで一応頑張ってみる人種らしい。最近は時間配分が上手じゃないのと、細胞分裂の低下による老化現象(ぇ)で一日24時間が短く感じられるというのと、それなりにやりたい事が多すぎたりするとかの理由で、保留中とかのものが多かったりするけれど、それでも一応全て現在進行形で忘れてはいないからいつかは終わる……予定。
で、なんだかんだで児童文学好き、魔法大好きaliceはharry potterを何年か前から読み始めてるのだな。最初は流石に面白いと思った…だけど、だんだん分厚くなるし、いつもなんだか同じパターンだし、登場人物は増える一方だし……ハッキリ言って面白いと思って読んでいない。本は読む方なので、分厚くてもいいんだけど、英語は日本語より3~5倍時間がかかるんだよね、aliceの場合。最近使ってないから尚更遅い。児童文学に600ページっていうのはどうかと思うな…。ナルニアとかを見習ってほしい。
aliceにとって、harry potterはなんだか推理小説っぽい。ここ数年は某理系ミステリィがaliceにとって極上なので、児童文学とも推理小説ともつかないharry potter、ちょっと持て余してしまう。
とかなんとか言いつつ、今日ようやく映画観てきましたよ。harry potterの映画は、本とは別の娯楽として楽しめるから悪くない。小さい頃に比べると、どうやら想像力がbigbang並みではなくなってきている為、時々読んでても建物の描写とかがaliceの想像力ではまかないきれない時がある。それを映画で補ってくれるので楽しい。舞台設定はちょっと豪華すぎるかとも思うけれど、スケールが大きいからこその映画っていうのだから、まぁパスかな。
今回aliceはquidditch world cupのスタジアムが印象的だったなぁ。実はalice、本の中でも映画の中でもquidditchシーンが好きじゃないのです。さっさと試合結果を教えてください、ページ飛ばしたいですっていう人なんだけど、今回の映画のスタジアムで実際matchを観たいと思ってしまったよ。
それと、役者諸君が随分成長してて、ビックリしつつも納得。あの年齢っていうのは、ホントにちょっと観ないと変化する時期だしね。aliceはronが本でも映画でも好きです。あと妹のginnyね。(というか、weasley一家が好き)さっさとhermioneとくっついてほしいです。(ぉ)けど、harry含めて三人っていうのがまた良いんだけどね。この三人がなにやら話し合ったりしてると、また学生したくなってくるんだよな…。
学校で毎日顔を合わせていると、それがすごく当たり前すぎて、どんなに貴重な事だったかっていうのはずっと後になって解る事なんだなぁ…とかシンミリ思ったりして。aliceの場合は特に特別なんだけどもね、卒業後の同級生に会う頻度っていうのが。
本でも映画でもお気に入りがもう一人いました。三巻から登場のsiriusなんだけど、今回映画の中ではあれだけかよ!!!と、ちょっぴり不満でした。本の中でもazkabanから逃げてる身だから、おおっぴらには登場しないけれどね…。それにしたってぇ…っていう現れ方で寂しかったのです。実はあの役者も気に入っているので…。(kingdom of heavenだっけ?にも出てて、なかなか良い役所でした。aliceの好きな男優はあぁいうオジサマが多いなぁ。)
今回は珍しく死人がでます。子供向けなのに、死人が出るっていうのは結構珍しいかな。aliceが英国時代仲良くしてた映像オタクに「日本では、子供向けのアニメですら仲間が死んだりするから良いよね!凄いよね!」とか力説されたのだけど、そう言われてみれば西洋では「死」に、日本より強い美意識を持っていない。悪者が死んじゃうっていうコトがあっても、正義は死なない。そんな意味ではちょっとしたスパイスが物語の最後にあるワケなのですが…、やっぱりどう転んでもちょっと長過ぎるよ。
それなりに面白い。だけど、これが後世まで語り継がれる児童文学であるかと問われれば、aliceは違うと答えるだろうな。映像的には面白いので、お勧めではありますけどね。

harrypotter4.jpg



‘You’ll see me very soon, Harry,’ said Sirius, turning to him. ‘I promise you. But I must do what I can, you understand, don’t you?’




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.