ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




190107_001_aliceblog.jpg
[nintendoカレンダー、どこにしようか迷った結果、ココに決定]

190107_002_aliceblog.jpg
[最近お気に入りの地下鉄のらくがき アチコチにたくさんいるから楽しい]

「のだめカンタービレ」が好きだ。しっかりクラシック描いてるのに、面白い程笑わせてくれる。あの漫画家の描くキャラクタたちは真剣に面白いコトしてくれるから読んでて笑えるのだ。なんていうか、わざとつくった笑いじゃなくって、真剣だからこその笑いっていうの?そういうのが好き。
最初にこのマンガを教えてもらったのは現在バンコク赴任中の従兄弟のお嫁様からである。この人、最強の主婦である。お料理、お裁縫、お掃除を軽く完璧にこなし、約一年程であの難しいタイ語(タイ語はalphabetじゃないから読めないし…)を、現地人のフリが出来る程まで喋れるようになってるし、しっかり現地人と同化してユーロや円に計算すると「こんなに安いの?」っていうものをばしばし値切るし……。そんな彼女はちょっとオタク。それでもってすっごい読書家。そして何故か知らないけど、ジャニーズファンっていう……なんかマンガに出てきそうなステータスの持ち主である。
マンガに出てきそうと言えばaliceなんですが……、今ちょっと知り合いがマンガの国から遊びに来てて、その連れの人にも初対面から「すっごいマンガみたいですね?」と言われた。自分の事なので客観視出来ないのでよく解らないけれど、時々本やマンガなんかにaliceみたいな感じの登場人物がいるのは確かかも。そして実は誰かにこっそり観察されているのではないだろうか?とか思うコトもあったりする程似てたりもする。それともオカッパにメガネっていうのは定番のキャラなのだろうか…?
どちらにしろ……、ドラマ版のだめに似ていると言われDVDまで送られてきたaliceですが、alice的には似てません。あんなにかぁいくないです。後ろ姿はホントにそっくりらしいのですが、自分じゃ後ろ姿なんて観た事ないし…。
aoiのお薦めもあってアニメ版を観始めたんだけど、やっぱり音楽マンガだったからアニメで音が入って楽しいね。峰くんのヴァイオリンの弾き方とか想像に任せるだけだったけど、これでもっとよく解ったぁ。aliceは一時クラシックばかり聞いてるクラシックオタクだったので、マンガでも大抵ののだめ挿入曲は脳内ジュークボックスが自動的にBGMとして鳴り響いてくれてたんだけど、そういえば音楽がどんなのか解らないとイマイチ馴染めないっていうのはあるのかもね?
さて、そんなaliceはマンガ/アニメ版のだめにも似てませんよ。ぎゃぼーなんて言いませんし、あんなにガサツじゃないし、お掃除好きだもん。ハッキリ言っちゃってもいいけど、aliceは千秋先輩タイプですよ。自称ですけどね。(ぇー)そして何を隠そう、のだめの中で一番好きなキャラは裏軒のオヤジです。峰パパです。あの外見からは解らない親バカさ加減が大好きです。ツボです。
さて、アニメ観て思い出したけれど、のだめと千秋先輩の初アンサンブルはmozartのpiano duoだったんだね。aliceもあの曲弾きました。しかも試験曲で。(笑)で、のだめと千秋先輩のパート、どっちを弾いたかといえば……モチロン千秋先輩パートですよ。
あぁ懐かしい、ちょこっとだけ音大生っぽいコトした一年間の想い出。ピアノの先生peter、今頃何してるのかなぁ?peterによく弾き方違うって怒られたけど、想い出すと結構楽しいな。音の記憶、音楽の想い出…、なんだかちょっと不思議。

190107_003_aliceblog.jpg
[英国時代のaliceはよく少年aliceでしたな]


<どうでもいいけど、最近ようやく結構前にどこかから落としてきた劇場版エヴァンゲリオンを観た。アニメ版放送時は既に日本にいなかったので、まだそれほどオタクaliceじゃなかったのに、すごいたくさんの友だちから観ろ、観ろと言われてかなり前に観てたんだけど、映画版観てなかったので長い年月を経てようやくaliceの中で完結した感じ。けど、「Death & Rebirth シト新生」でうろ覚えな話がなんとなぁく思い出した気になったので、その後Wikipediaで調べたら読む所多くて…。でもお陰でしっかりクッキリしたよ。
と同時に、今年夏から来年8月にかけて「Rebuild of Evangelion(仮)」っていうので、前、中、後+完結編っていうのが映画化されるらしい。というコトは、今更とは思ったけど、無意識ながらにしてたエヴァおさらいっていうのは悪くなかったのかも…。>


ーー音楽は確かだ。
 桃井先生はよくそう言っていた。
ーー人間とちがって、音楽は確かだ。つねにそこにあるんだからね。鍵盤に触れるだけでいい。いつでも現れる。望む者の元に、ただちに。
 望む者の元に、ただちに。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。