ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




211005_001_aliceblog.jpgよく考えたら今日でカリフラワー畑のaliceも二年目最後の日でしたね。明日から三年目か…って思うと長く続いてるな、とちょっと自分でも意外に驚いてしまう。
昨日aliceは勢いに任せて色々とNちゃんオヨメタンに関して大胆発言をしていましたが、今日は全くもって新しい考えに至りました。どういう風にかっていうと、Nちゃんがオヨメタンと出会って変化があったように、オヨメタンにもまたNちゃん効果っていうのがあるはずであろう…というコト。まずNちゃんに出会う前の彼女についてaliceは知らないので何にも言えないけれど、きっとNちゃんと一緒になるコトで彼女にだって無意識で変わってゆく部分が絶対にあるはずと、aliceは思うんだ。その素敵な笑顔とユーモアは保持して、もっとmaniacになってくれたら嬉しいかもなぁって願います。(ぇ)せめてジブリ会話にはついてきてぇ、と切なる希望を託します。じゃないと混雑してる自動車道で、延々と続くバックランプの赤い光を眺めながら「王蟲の怒りじゃぁ」とかいう会話で一緒に笑えないのは寂しいじゃないかぁ。(それとも、笑える方がオカシイのか…?!)
まぁ、あまり渋滞には巻き込まれなかったけれど、本日は遠足日。夏休みぶりの遠出。行く先はmont st. michel。世界遺産で、天空の城ラピュタの原型ともいわれている海に浮かぶ修道院であります。
aliceの夏休みの避暑地になってきてるE君のお城に行く途中に、遠目から何度も眺めたことはあるけれど、実際に行くのは初めて。どんどん近づいてゆくと、心のテンションも高くなってくるから、到着した頃にはわくわくがピークに達してました。
mont st. michelはねぇ、RPG好きのaliceには、ドラクエ8でククールがいる修道院みたいであり、ゼルダのハイラル神殿みたいでありで、げぇむが人生の基本にあるウサギさんとaliceとNちゃんにはたまらない。「ぁ!ここで炎の矢を使ってあの窓を壊して、光の盾をつかってそこに当てるんだよー!」とか、「絶対ココでチンクルが兄弟と一緒にグルグル回ってるよー!」とか「あそこには、きっと悪魔神官がいて、倒すといかずちの杖がもらえるんだよね」とか「あれはきっと隠し扉だぁ」とはしゃいだ会話が止まらない。それでいて、ふっと我に返ると、その全てが本物であるコトを思い返し……「おぉ、すげぇー!」をNちゃん連発。いや、ホント、凄いよぉ。宗教嫌いだけどね、こぉいうのが残されているのは宗教のお陰かぁって思うとある程度感謝の念を示さずにはいられません。というのも一つの理由ですが、aliceは数年前から大聖堂マニアなんですよ。色んな教会とか大聖堂、修道院の写真を撮ってたりして。そして、そういう建築物を観る度に圧巻されてるのです。人間って凄いもの創るなぁって…。
何年前からか知らないけれど、以前は潮の満ち引きで完全にmont st. michelは離れ小島になったのに、今は専用道路がある為、完全に海に囲まれている状態にはならなくなってしまって、ちょっと残念。(しかも、この道路建設で、海流が変わって、問題になっているらしい)干潮になる時間を気にせずに行き来できるから便利にはなったけれど、美的にも自然にもヨロシクナイっていうのは…便利って考えものだねぇ、って思ってしまうよね。


 いつだって……。
 綺麗なものが、汚される。
 大切なものが、壊されてしまう。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。