ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




何が楽しいかって、同世代の会話にある共通点。
aliceの得意分野はmacとnintendoとジブリ。先日ウサギさんの仕事関係で日本から来たスタッフが、「ヤヴァイ時はバルスなんですよ~」という風に話していたらしい。ラピュタを観てたら誰でも知ってる「バルス」。これを日常の会話に溶け込ませて理解し合えるのはジブリで育った人たちとなる。aliceが時々使うジブリ語は「ほら、怖くない」(ナウシカ)とか「流行の服は嫌いですか?」(ムスカ)とか。ムスカといえば、隠れファンがかなり多くてビックリした経験がある。だけど、検索かけて引っかかるsiteとか読んでみるとすっごく可笑しいので、知らぬ間に「ムスカなんて好きじゃないのにぃ…」って思いつつも、あの青二才にスッカリ魅了されてしまったりもする。だけど、aliceが一番好きなジブリキャラはトンボ(魔女の宅急便)なんだけどねぇ…。魔女子さぁ~ん!って。(ぉ)
先日オーストラリア国立大学で「光の保存」に成功したそうだ。
なんかすっごいコトだなぁ、光まで保存できるってぇ…。と想像できない想像力が働くalice。もう頭の中で物理的な理解するには難解すぎる為、めるへん入ってきてしまうよう。
そんなaliceの光保存は、ゼルダシリーズでリンクが瓶の中に妖精さんを捕獲するというもの。「はっ!」とか言って捕まるあの感覚が、光の保存っぽいって連想すると、なんとなく落ち着く。(ぇ)
さてさて……光をもものにした人類は、以後どんな発展をするのだろぉ?
妖精さん!そろそろ出番ですよ!あなたの世界と能力を見せびらかしてください!


「私、確かめたいだけなんです。別にそれが、その、真相とか、事実じゃなくてもかまいません」
「世界中の科学者が、それとまったく同じ動機で、コンピュータを使っているよ。ひたすら計算して、ひたすら確かめるんだ。真相も事実も、もっと遠くにあることを知っているのに」




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。