ADMIN TITLE LIST
ani_1small.gif9月も半ばを過ぎました。不思議の国も今日はなんだかすっかり秋です。
どうしてうんざりするような暑い夏が終わって秋になると、ちょっと寂しげな気分になるのだろう。と、こんなコトを秋になる度にふっと思いつくaliceは、相変わらず単純思考ですね。ani_dk_mariorun.gif
ani_mb_mario.gif要領が悪いため、ここ数日ばたばたしてましたが、一応13日は日記を更新できました。その日はiPodでファミコンMP3オンパレードを聞きながら作業してて、「あー、今日はnintendo好き(ファミッ子)には幸せな一日だったなぁ。普通に特別なコトなんてなかったけど…」なんて思いました。自然とニヤケルalice、ちょっと不気味だったかも……。ani_smb2mario.gif
ani_smb3mariobig.gifスーパーマリオ20周年が経過し、aliceの巡回先siteとかblogに様々なコメントが記されていて、これもまたなんだか意味もなく嬉しくなりました。ani_1small.gif
ani_dk_mariorun.gif先日の日記に不思議の国ではこの大イベントを知ってる人のが少ないのだろうなぁ…なんてつぶやいていたのだけど、aliceの知らない不思議の国在住者が、なんとマリオのためにケーキを焼いているという画像付きblog発見。んは。ちょっとスケールが違うなっていうか、微妙にat home過ぎて…的確に表現したい言葉が浮かばない状態に陥りました。サスガ不思議の国の人。一番ウケタかも。ani_mb_mario.gif
ani_smb2mario.gif多分こういう人が一番aliceに近い人なのかもなぁなんて思う。近いっていうのは、otakuカテゴリ化した場合のことで、去年のヴェニスビエンナーレで買った日本館のotaku論を読むと当てはまる部分があったからなのだよね。日本にいないから、どうしても情報がちょっと遅れる。そのかわり、テレビとか街中で無意識に情報提供されていないから、自分から探さないといけない。その結果internetとかで色んな情報を得て知るという手段に出る。net上の情報量は計り知れないので、一回検索で目当てのものに辿り着くことはごく稀なのだけど、寄り道みたいな感じで、知らなくても興味のありそうなものが発見できたりするという利点もある。(その点ではどこにいても同じだけどね)ani_1small.gif
ani_dk_mariorun.gifだからaliceを含み、この種の海外在住で日本のサブカル大好き人種はotakuに憧れるのだと思う。憧れともまた違うかもなぁ…うらやましいっていうののが強いかも…。だって発売日早いしね。ani_mb_mario.gif
さて、どうしてaliceが東京生まれの東京育ちなのに、今不思議の国に住んでakibaなotakuを夢観るのか…、日本に住めば良いのにって疑問に思う人とかもいるんだろうな。
ani_smb2mario.gif
ani_1small.gifえぇと、それはaliceが100%東京人だからなのかもしれないし、ヨーロッパに友達がたくさんいるからかもしれないし、暑いのが苦手だからなのかもしれないし……細かいことはイロイロ挙げたらキリがない。
だけどなんだろね?便利な日本にいると、便利で時間が短縮されてるはずなのに、なぜだか自分の時間がなくなってしまうからなのだよね。不便だけどゆったり時間の流れる不思議の国のが日々を過ごすには良いみたい。時々のアキバだから良いのかもしれないしね。ani_dk_mariorun.gif
ani_mb_mario.gif話がそれるけど、今日は珍しくiPodをランダムにあわせて音楽を聴いているaliceなんだけど、約8GBほどのMP3が入ってるっていうのに、starwarsとzeldaと8bit game音源のshuffle率が高い…高すぎる。でも、この3パターンが続くとなんか嬉しい。ani_smb2mario.giff


 日記というのは、そもそも何を書くものだろう? ちゃんと理解できない。だらだらと、その日その日の出来事を書いていたら、いくらでも書けるけれど、きりがないし、意味もないし、そんなことをしていたら、何かをするたびに日記を書く必要があって、一日中日記を書いていることになる。そうなると、日記を書くだけで一日が終わってしまう。しかし、それならば、「今日は日記を書いた。」という一行だけで終わってしまうわけで、もしそのとおりなら、一日中書くほどのことはないわけだし、うーん、難しいなあ。あまり深く考えない方がよいかもしれない。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.