ADMIN TITLE LIST
240607_aliceblog.jpg
[フミエ]
メタタグ投げる手さばき…なにかに似てるんだけど…
思い出せないなぁ……
電脳コイル絵は初めてなのだけど、フミエから描くのがalice
そのうちヤサコとかイサコとかメガバァ…(ぇ)

さて、色々追いついてない状態があるんだけど、そろそろはじめます、電脳コイル感想文。
とりあえず、今回はもう既に7話も過ぎ去って行っちゃったので、導入として簡単な説明でも…。感想を書くにも、なんだか途中参加だとどう進めていいのやら…という感じもするので、絵でも描いてごまかしてみる。

「電脳コイル」は近未来の日本の架空都市「大黒市」を舞台に繰り広げられる、限りなくサイバーパンクな感じの物語である。
ただ、ここで普通にサイバーパンクと言うと、aliceなぞはすぐに「ブレードランナー」「matrix」や「攻殻機動隊」などの超未来都市で巻き起こるhacking抗争みたいな、一言でいえば「カッコイイ」雰囲気の物語を想像されるかもしれないけれど、「電脳コイル」にはそういった目に観えるcoolさは今の所(7話まで)まだほんの少し見え隠れする程度である。
逆に、ごく日常的、どこにでもありそうな舞台だからこそ、そこに溶け込んで自然になっている電脳世界のgapがとても新鮮に映えるのかもしれない。
そして、サイバーパンクの話なのに何故か電脳を駆使するのは小学生の子供たちである。ここにも不思議な調和があるのだけれど、この物語の設定では「電脳メガネ」と呼ばれるメガネ型の透明ディスプレイ(いわゆる目につけるコンピュータ)が全世界に普及して11年という世界なのである。だから、その電脳メガネは一般に、そして子供たちにはあるのがあたりまえのように浸透しているのだ。だからこの電脳世界に生きる子供たちにとっての遊びがhackingであったりするみたい。
そういう日常の世界に二人のユウコが転校してくる。一人は優子、一人は勇子。
二人が転校してきてから、何かが微妙にバランスを崩している…それとも大黒市に何か隠されているのか…とまぁ、そんな感じのお話が今の所までの電脳コイルであります。
もう一つ付け足すと、この世界の舞台である大黒市というのが古い街のようで、あちこちに神社や鳥居が残っている。電脳サーチマトン(パトロールロボ)はそういった敷地内には立ち入れない。
その他出てくる古流メタタグ(お札)など、単なる電子の数字で操る電脳世界とは異質のものがまぎれ、なんともmetaphysical……。
そういう古いものと新しいもの、どちらにしても「未知」なる不思議な力によって動いている世界で起こる様々な現象を、子供たちは「都市伝説」という現在の「お伽噺のような昔話」に置き換えて日々を過ごしている。
そう、これは未来の昔話……といった感じの物語として今の所aliceは捉えているワケです。
その他キャラクタが生き生きしてて、小学校の頃の同級生なんかを思い出します。それくらい日常的によくありそうな人物をしっかり描いてくれてます。
その生き生きの秘訣はやっぱり動きの良さかな?アニメの絵としての質はすごく飛び抜けて良い出来だと思う。
こんな感じで導入とします。次回からは感想文を載せようかと思ってます。というワケで、新しくtopic「電脳コイル」設けました。


さて、昨日はげぇむしたよ。土曜日だからね。
DS部に入り浸りました。なんといっても対戦相手(パネポン)いたからね。
きつねむたんは思った通りの手応えで、時間見つけてもっと練習して強くならねばーという感じでしたが、ヒョーたん(「ひょうたん」より、こっちのがかぁいいので今後これで呼びますね)はきつねむたんと長時間戦って脳内くたくただったのに3本勝負全て勝てちゃったので、もうちょっと強くなってもらいたい。
対戦はやっぱり同じレベルが一番熱いものね!
で、その後電脳コイルを6話分見直し、丑三つ時から朝まで世界樹。世界樹は4階層の18階に辿り着いたトコロ。カースメーカ(これが一番今まで育てた中でレベルが低い)がようやくレベル39に成長。そろそろゴーレム退治とかいけるかな…と思ってみる。
harry missionは順調。ようやく520ページ。あと436ページだ!(ぇ)






わぁ、はじめまして、aliceです。名前の読みは、コウチオツ?かなぁ?書き込みありがとう!
お絵描きの褒め言葉、ありがとう。最近あんまり載せてませんが、もうちょっとしたらまたお絵描き再開だと思います。お楽しみに。
高知己さんも、お絵描きするのでしょうか?機会があったらみてみたいのです。
ではでは、ホントに書き込みありがとう。うれしいです。
【2008/01/16 18:10】 URL | alice #-[ 編集]
はじめまして!高知己です。じつは、この名前今考えましたぁ///それにしても絵うまいですね!俺も見習いたいです(一_一”
【2008/01/14 16:47】 URL | 高知己 #-[ 編集]
おめでとう、ありがとう。(何?)
トラックバックありがとう。
またたらたらトラックバック遊びできるね。
えうれか以来だもんねー、なんか楽しいなりね。
例によって、aliceはaoi感想文は自分のを書いてから読む事にしますです。
次は…タブン、ヤサコ予定……。
【2007/06/27 03:44】 URL | alice #-[ 編集]
topic「電脳コイル」オメっ。
早速トラバ返しておきました。
また、久しぶりにてれてれトラバあそび出来そうで嬉。
キャラ絵にも期待してるからね!
と、変な時間に目が覚めたんで書き込んでまた寝る(笑
【2007/06/25 22:11】 URL | aoi #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する



■面白さが斜め上を行くので付いていくのも楽じゃない。あの頃の気持ちに飛べるのか。素直に楽しめるか。それが鍵だな。まず語らなければいけない物。それはイサコ様のあの心底人を見下したような目。一人や二人は殺ってる目だ。特にダイチ達に向ける目が酷すぎて笑いがこみ S.K式【2007/06/26 05:03】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.