ADMIN TITLE LIST
150807_001_aliceblog.jpg
[意味不明ならくがき]

4月にデンマークで知り合った建築関係のお仕事をしているイギリス人が、どうしても観たい展覧会があるというので昨日からこっちに来てる。(といっても明日にはもうcopenhagenに帰っちゃうんだけどね)
ちょうど昨日で一番大変な作業段階が終了したので、夕方から彼に会いに行ったのだけど、なんだか秋みたいな涼しさで、雨が降ってるんだか止んでるんだか解らない感じのお天気だったので、せっかくparisで目新しい自転車サーヴィスvelibに乗ろうと思ってたのに、寒いのと雨で断念。また次回ってコトになった。
それにしてもこの人すっごいお喋りで笑えるよ。色んな事に対してなんでも話が続くというか……そしてどんどん脱線してゆく………。建築関係の友だちはもう一人いるんだけど、なんていうか独特な人が多い。
日本では建築は理系に属し、EUではartの分類にある建築(3D)は、aliceみたいなお絵描きの人(2D)と観察眼がまったく違った部分を持ち合わせているので、退屈しない。
それにしても母国語以外の外国語を習得している人は話しやすいから親しみやすい。米英語よりqueen's englishのがずっと解りやすいaliceなので、craigと喋っていると大体解るのだけど(外国語を聞くpointは一つ一つの単語を理解しようとするのではなく、話を全部聞いて、大体おおまかに内容が解れば会話が続くという感じ)、専門的な用語とか、aliceの偏った知識外の単語が出ると困った顔をしているようで、すぐに察してくれて説明してくれたり、解りやすい言い回しに直したりしてくれる。
これ、意外と簡単なコトでありそうなんだけど、結構なれてないと難しかったりするのだよね。
イギリスでカレー(インドから流れてきたもの)が国民的食事であるように、フランスではcouscous(クスクス:北アフリカ料理)が誰もが食すもの、というコトになり、夕食は久しぶりにcouscous食べたよ。
で、craigをホテルまで送り届け、満腹で帰宅し、そのままパネポン対戦してたんだけど眠すぎたので0時前にベッドに潜り込んだよ。暗いうちに寝るのなんて………いつ以来だ?という位久々でした。
でも、結局5時くらいに目が覚めてしまって、寝起き早々またパネポってました。いきなりhard対戦が3人も続けて当たりすっかり目が覚めた。もう一度寝ようと思ってたのにな……。

150807_002_aliceblog.jpg
[もうあれ以来、ヒゲをみる度にこういう思考に…]






乗れるはずだよぉ?シャンゼリゼでも。
あっちの方はほとんど行かないので(観光客は行くけども(笑))、でもvelibあるはずだし、乗れるはずだよ。
あ!そういえばウサギさんが用事であっちの方で乗ったって前言ってたよ、だから乗れる!

で、なんで無理なの?
そっちのが疑問だったりするaliceなのであったぁ!
あ、けど、凱旋門の周りは確かにキケン…。
【2007/08/17 01:35】 URL | alice #-[ 編集]
>velib
シャンゼリゼでも乗れるの?
内輪で「そら無理だね」という話が出たが。
素朴な質問で…w
【2007/08/16 19:03】 URL | yaMu #O.KQuPwE[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.