ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




さて、電脳コイルが二回分たまってしまったので、早速観たよ。けど、二話分だったのでちゃんとした感想文はskipであります…。こんなaliceでも、感想文載せる時は一応2回観てたりします。
実はこの文字を打ち込んでる時点で、aliceは丁度TVで放送されてたsevenを見終わったばかりなので、ちょっと気分が悪かったりしてる……。あの映画、alice脳内では「おもしろかった」と記憶されているけれど、どうして今までまた観る機会を設けなかったのかが解ったよ。話の最後のアレは忘れる事なく記憶していたのだけど、それまでの過程がほとんどすっかり忘却の彼方に追いやられてて、3分の2は色々しながら半分観てる感じだったのだけど、犯人の部屋辺りからは「観る」事に集中。真面目にTV観てるaliceは結構レアです。
恐いもの観たさっていう言葉があるけれど、異常犯罪っていうのはaliceにとって、どうも魅力な題材であるようだ。一時そういう事件の詳細が書かれてるwebを、背筋がぞわぞわしながら必死に読みあさった事もあるし。
スプラッタ映画じゃないから、殺害された人たちのグログロ体は一瞬とか、写真の中でしか観ることないのに、言葉で語られる事によって想像力がイヤでも起動して、「うわぁ…」ってなったよ。話のplotの、特に最後の衝撃が強烈でhitした映画だと思うんだけど、すごく後味悪い映画だし、気持ち悪いし、怖いし…なのでどちらかというとカルト映画になりそうな路線なので、どぉしてこんなに有名になったのか、今観るとちょっと疑問に思う。やっぱりbrad pitt?(笑)
公開時に映画館で観た以来なので何年振りでしょ?という位時間の経過したsevenの中のbrad pittは若かったよ。特に最近観たbrad pittはbabelの中だったからね、余計若さが引き立ってたな。無鉄砲な感じがはまり役だったと改めて実感した。

電脳コイルだけど、14話はちょっとしたまとめって感じだったね?フミエの弟君はちょっとaliceにはツボだったりするので、アキラ視点から観る人間模様を語ってくれて楽しかった。
ごく一般的な男の子だけど、彼の趣味は盗撮ですか……。四谷さんになれる要素満載……aliceには嬉しい限りだ。(ぇ)
最後の方にやや展開があって、ネコメとハラケンが接触する。あのネコメの人、どうしてあんなに色々知っているのだろう?それと、「電脳コイル」って言葉が出てきたよ!?なんなんだろ?なんなんだろ???
みんなが気になったはず。aliceもまんまとひっかかり、推理小説だったらこのまま朝までかけて読み切ってしまうような流れになってきたなぁ…と思った。

で、15話になると不思議な少年が登場。実はこのタケル君もaliceにはツボっぽい。
気に入るキャラっていうのは、自分に近いものがあるか、又は身近にいないようなタイプに別れると思うのだけど、aliceの小さい頃はどうも男子はダイチ周辺の悪ガキっぽい方のが身近だったみたいで……。なのでモチロンのコトながら、ヘイクー一味には親近感を持ってのお気に入り。反対にアキラやタケルの様な良い子系には「かぁいいな」というお気に入りになる。
女子キャラ以外でかぁいいとaliceに思わせるのは珍しいかも…。でもなんていうか…、こういうちょっと地味になりがちなありふれた感じの男子キャラは、現実にはうようよしてるのに、あまりアニメには登場しない気がするので、今後色々使ってもらいたいものである。
話はずれたけど、15話もまた、夏休み前みたいな展開で進んでいった。電脳コイルは毎回話の運びがすごく上手い。普通だったら見知らぬ子と一緒に探検なんてしないと思うんだけど、何の違和感もなくヤサコとタケルは古い空間探しを始める。観ているこちらも自然な流れですんなり話を受け入れてる。
このタケルっていう子が、実は行方不明になった子だったりするなんていう展開だと、ちょっとホラーに怖くていいかもなぁ…。
最近イサコ様の活躍が観れなくて残念なのだけど、そろそろまた動くかな?また暴言炸裂してもらいたい。(笑)




















管理者にだけ表示を許可する



■まだ北海道には居るらしいけど取り合えず川崎は台風一過で良い天気。暑いけど真夏の暑さじゃないのだ、すでに! ■もう随分前からの事だけど、会社にカップコーヒーの自販機が入って、これがその都度豆挽いて入れるタイプなんでなかなか美味しい。自分もコヤツが入っ... S.K式【2007/09/10 11:27】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。