ADMIN TITLE LIST
現在フランスはrugby world cupの開催国である。
お仕事の関係でバンコクにかれこれ3年程いる従兄弟殿がかつてrugby manで、super主婦のお嫁様と共にプラハ旅行の帰りにパリに立ち寄っている。
モチロンrugby観戦のために!
そんなワケで、sportsさっぱり興味ないaliceはまたもや暑苦しい漢の浪漫の世界を傍観しなくてはならない。今日はなんとfrance vs. new zealand (all blacks!!!)のmatchであった!!!
今日のカードは何故かcardiff(フランスですらない!)のスタジアムだったらしく、テレビ観戦。
rugby、意味解らないよ。なんで3点とか5点なのかチンプンカンプン。けど、そこは従兄弟殿の解説で解った気分になる。首の太い、ガンメンみたいな人たちがスクラム組んでスゴイよ。ホント、暑苦しいったらありゃしない。
だけど観てると何故だかaliceも熱くなってくる。これ、sports magic。
前半終了でall blacks優勢。後半もこの勢いだと勝つのは無理かな…と思っていると、従兄弟殿は「いや、まだいけるかもしれないよ?!」と発言。じわじわtryしたりで点数を巻き上げるfrance team。
そして驚くべき逆転。でも、点数は上をいったものの、まだまだ見るからに優勢なのはall blacks。あと一回でも点を入れられたらまた逆転に戻るっていうハラハラドキドキの展開で最後の30秒まで落ち着けなかったよ。
そしてなんと驚異の勝利!all blacksに勝つのは優勝よりも嬉しいかもしれない!
というコトで、その後エッフェル塔近辺やら凱旋門からシャンゼリゼ通りを抜けてドライブ。真夜中だっていうのにすっごい人の波。(ちなみに、今日はパリ市でnuit blancheという徹夜イベントの日でもあったのであるぅ)
footballのworldcupでブラジルに勝った時も凄かったけど、今回のall blacksの勝利もものすごい喜びようで、街はお祭り騒ぎなのでした。そして、そういう時に限り、ついついカメラを持ち忘れるaliceなのでした……。

ちなみに、従兄弟殿、実はall blacksの方を応援してたそうです。(くすくす…)
試合終了後、しばらしくしてぼそっと呟いてるのを聞き逃さないaliceなのであったぁ!!!




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.