ADMIN TITLE LIST
タブン死んじゃう時っていろいろあると思うんだけど、なんとなくちゃんと「さようなら」って大事な人に伝えられると思う。
伝えたい人が近くにいなくても、伝えようという強い信念みたいなものがあったりするんじゃないかなぁと思う。さようならだけじゃなくても、何か言い残す言葉とかあったり、言葉じゃなくても微笑んだり笑ったりとかあるんじゃないかと思う。
そういうのがないでふっと過ぎ去っていってしまう場合もあって、それはとてもやるせない。どこにどう言葉を投げかけていいのか解らない。
10日位で手術して元気になる予定だったNP君のお母様が今日亡くなった。
容態が悪化して、完全に意識不明になり、今日中に死ぬことをNP君と家族で決めたそうだ。
ほんのひと月前まで元気だったのでこの事実がウソみたいに信じられない。なんていうか、現実化するのが難しい。
あまりにもあっけなくて、ただぼんやりとする。
aliceは直接よく知らない人だけど、会うといつもvitalityあふれる人で笑顔を分けてくれるみたいな人だった。
もういないんだなぁ…と思うのも不思議な感じがする。だって、まだ病院に身体はあるからね。意識不明になってしまった時点でもういなかったのかもしれないし…。なんだかとっても複雑な気持ちの本日である。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.