ADMIN TITLE LIST
021207_aliceblog.jpg

電脳コイル最終回観ました。
一言で感想を言うならば、ちょっと物足りないです。最終回手前から時間的に色んな謎の解明に間に合うのかと思っていたけれど、一度視聴しただけではよく解らないというのが正直な気持ち。(最近感想書けないでいたのは、時間的に毎回二回観れてないのと忙しかったりなんだかんだだったので…。)
かといって、グレンラガンのように最終回観てすぐにでも1話から見直したいっていう気持ちはなく、全体的に悪くはなかったんだけど、あ、こういう終わりなのか…と、ちょっと不満なのです。
どこら辺がシコリになっているのかというと、ネコメの関わり方の演出かな。とりあえず言葉でわーっと説明されますが、想像力が結構豊かな方だと自負してるaliceでも、なんだかこんがらがります。それと、おばちゃんが四年前に引き起こした事件っていうのも具体的になんだったのか不明です。再現シーンは???あったっけ?
あと、メガマスとか企業絡める複雑化はなんだかずるい感じ。あくまで子供の都市伝説の話なのだから、一つのサイドだけで物語を暴露してくれた方が無難だったのでは…。というのも、最後の方でイリーガルが「結局なんだったかわからない」というようなナレーションが入るから。そういう超常現象みたいなものを子供達の都市伝説の物語とするならば、そのワケワカラナイ怖さみたいので物語にできたと思う。だって、きっと科学的にイリーガルも解明出来るものだと思うから。
だからalice的には、メガマスどーのこーのを省いてくれた方がお話がもうちょっと解りやすかったと思うのです。(だって、結局メガマスなんちゃらは聞いてても具体的によく解らないからね、aliceの頭では)で、きっと省いた物語でうまくいけたと思うんだよねぇ。

まぁ、なにはともあれ、終わった。
わりと、単純なことによって色々引き起こされてたので、これもまたaliceをちょっと冷めさせてしまいました。イサコもヤサコも他のキャラも良く描かれてたから「電脳コイル」という物語自体に思い入れはあるんだけども…。
あ、それからヤサコが金沢までわざわざ行ったっていうのもなんか印象が弱い。いじめがどーのこーのっていうのも、よく解りませんよ。想像にお任せっていうのもなんですかね……。
なんていうか全体的に説明不足な感じがあって、素直に最終回バンサーイ!って熱狂的に語れてなくて申し訳ない。
一応SFなので、ちょっとヒネリの効いたドンデン返しみたいのを想い描いていたaliceがいけないのです。
今までたくさん活躍してくれたフミエちゃんも最後の方はなんだか保守的にあっけなく身を引いてしまったっていうのも、味気ないのです。最後にみんなで駆けつけてドンチャン騒ぎ!とかあっても良かったかもー。(くすくす…)
なんにせよ、そんな不満を持つ人の為用にか、最後の数分にはみんなの制服姿とかサービスしてくれてました。
これで許そう、なにもかも。(ぇ)
まだ一回しか観てないので、また何度か観たらみえてくるものがあるかも…ですね?
ヤサコを未だにお絵描きしてないので、時間つくって思いついたコトとかと一緒にまたお絵描きもupdateできれば…って思ってます。
で、共感したこと!
そうね…、ペットは死んじゃうけども、生身が一番!!!




















管理者にだけ表示を許可する



■「都市伝説によると、電脳ペットは死んだ後ある場所に移り住むようです」 ■謎の解明について ・4423はイサコの患者№ ・彼女の治療の為に設置された実験医療空間”4423”が”あっち”の原型 ・ノブヒコが死んだのは「イサコが願ったから」では無く交通事故の S.K式【2007/12/03 16:17】

| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.