ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




140808.jpg

という訳でthe dark knight観てきたよ。
一番最初に地下鉄でポスターを発見したときは7月公開予定だったのだけど、どういうワケだか公開が昨日に延期されてた映画。trailerを観た感じだとあんまり面白そうではなかったんだけど、先日までalice家に滞在してた友達Wたんがなかなか良かったという評価を下していたので期待が向上したので早速観てきた次第。
一応前作と繋がってる物語であるそうなのだけど、前作はほとんど記憶の彼方でしたが、これ自体だけでも存分に楽しめる作りになっていたと感じた。とにかくjokerが怖い。しかもjoker演じていた役者は確か最近亡くなったとかなんとか…。ま、それは置いといても迫真の演技というか、気違いな演技は12monkeysのbrad pittと並ぶように光る演技ではなかったかと思った。
物語は簡潔に言えば、強いheroがいる限り、そこには常に凶悪な悪者が存在するというもので、だからこそbatmanは闇に潜む黒い騎士(the dark knight)なのであるという感じでいいだろうか。結構長い映画だったんだけどもあっという間に感じるheroと極悪人の絡む刑事ものでありました。役者が達者な人ばかりで、特にbatman側の脇役が素晴らしい。aliceもwayne家に使えるスーパーバトラーalfredを召し抱えたいよ。englishアクセントが決め手なのは言うまでもありませんが。
毎回思うことだけども、ホントheroっていうのは難儀な商売ですね。報われないよ。
でもheroものの映画を好んで観てるワケですが、この映画では珍しくヒロインが死んじゃいます。最近ルルーシュでも惜しげもなくメインヒロインが抹消されていってるのを「うわ、殺しちゃうのか!」とどきどきしながら観つつ、観た後主人公と同じように多少センチメンタルな気持ちになってたりするのですが、ヒロイン殺しはなんていうかね……なかなかいいよ!物語を先読みできなくさせる作用が働くし、主人公はご乱心になるしで面白い展開になる。今後の流行はヒロイン殺しかしらね。正しいhappy endingなんていうのはもう見飽きたのでどんどんこれを採用してもらいたい。(鬼)
というかですね……、一応この映画単体でも前作観てなくてもOKな作りだと書いたけれど、ヒロイン役は同じ役者にしておいてほしかったです。うろ覚えとはいえ、一応同じ顔だったら何かしら記憶が呼び起こされる可能性もありますし…。
気になったのはそこら辺だけで、あとははらはらどきどきで観れる仕上がりでした。
batmanはなんといってもシルエットがカッコイイんだよねー。映画観ながら横顔を描きたくなったのであった。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。