ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




ちょこっと気になってたfable2をウサギさんが買ってきてくれた。ソフト入れて遊びだしたら仏語で困った。ひょっとすると英語に切り替わるかと思って360本体の言語設定を英語に切り替えてみたけれども変更せず、どうしたものかと眉間にしわ寄せてみたけど、取りあえずplay開始。
仏語は苦手なので(フランスに住んでますが)すっごい集中しないといけないのですぐ疲れるのだけども、それでもなんとなく進めていけてる模様。細かい部分がイマイチよく解ってないのだけれど、数時間遊んでみたらなんかイロイロ進んだのでまぁいいか。
fable2は16歳以上しか遊べないマーク付きなのだけど、今の所なんでそういう設定なのかよく解らない。ものすごく自由度の高いRPGである。
playerの進め方次第で、善と悪のキャラになれるようで、頼まれ事に奔走してると突然悪魔のささやきが聞こえてきて、おろおろするよ。
苦手言語環境なので、取りあえず頼まれた事を遂行するから善人に育つであろうと思うのだが、兎に角操作性の自由がすごいので、村人とかも殺したりできる。aliceはしょっぱなに武器をもらって、どのボタンでどう動くのかなー?とかぽちぽちしてたら間違えて人殺しちゃってすっごいショックだった。もう今でも引きずっててトラウマ。あー、これがあるから16歳+という指定なのかな。

さて、今回どうして仏語のげぇむソフトを買ってしまったのかというと、ピニャータの一件があったからなのでした。
ピニャータ、買いにいったらパッケージに「仏語版」とか印がついてて、買うかどうしようかものすごく迷ったのだけれども、3歳児からでも遊べるってコトだし、大丈夫でしょと見越して家に持ってかえってきて起動したら完全日本語だったので驚いたのでした。文字も喋りも全て。
そんなだったので、今回のfable2も「仏語版」とあったのだけど、どうせマルチ言語で動くんでしょ?とか思ってウサギさんが買ってきてくれたのであった。だがしかし仏語で、英語環境すらなかったのでaliceが「えー、もう既に気が重いぃ…」なんて嘆いたのであった。
いやはや。それでもplayしたくなるげぇむです。なかなか面白い。どんどん進めたらどうなるのか気になるし。onlineでも遊べるらしく、すぐにでもonで遊びたいのだが、これは少々慣れるまで時間がかかるかも。一応例によって魔法強化で育てようと思っているけれど、どの魔法をメインに覚えさせるか検討中。二三日げぇむできてなかった日々だったので長時間遊んでたのだけど、いつも以上に疲労困憊である。そしてまたヘンな仏語を覚えるのであった。




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。