ADMIN TITLE LIST
080409_aliceblog.jpg

日本映画はあんまりこっちにやってきませんけども、studio ghibliのものはちゃんと入ってきます。でもかなり遅れてなんですけどねぇ。どの段階で遅れをとるのか知りませんけど、日本ではいつ公開?もうDVDとか出る段階じゃないの?っていうほど前の上映だけども、不思議の国では本日封切りです「崖の上のポニョ」。
実はズルっ子して本編観てたりするaliceなんですけども、映画館で観るのがやっぱり好きだし、良いものです。映画館ほどの大画面じゃないと解らないっていうワケじゃないけども、ズルして観た時は背景とかの細かい着色がどんな風なのかまで解らなかったけど、今回映画公開当初にアチコチで書かれてた「手描き」要素っていうのがよぉく解った。色鉛筆で描いたみたいになってるのね。あと家とかの構図がゆがんでたりとか。それと、special effectにCGを使わず動くアニメ部分も手描きで表現する面白さも充分伝わってきた。まさに、fantasyを動かすというのはこういうコトなのかもしれないと思わせるほどでした。CGを駆使して現実には観たこともないような幻想的なものを再現するのも一つの手段だけれど、アニメーションの原点に戻った感じのレトロな印象を残すこの映画は、技術面だけではなく、お話自体にも童話の魔法がしっかりかかっていたように思えたかな。
例えば主人公や登場人物の会話。すごく幼稚に思えるかもしれないやりとりだけれど、こういうのって小さい頃に読んだ本にあった文章にそっくりな印象がある。すごくヘンで不可思議なんだけど、すんなりそれを受け入れてしまう感覚もまた、童話に存在する暗黙の了解っていうか…。魔法がある時点で既になんでもありなのは確かなんだけれど、どこまでを観てる側に感情移入してもらえるかは作中の登場人物の自然さに寄ると思うので、一応世界が破滅するという重要なmissionを課せられた物語ではあるのだけれど、たんたんと素直に何事もなく終わってしまえるのは、文章に書いてしまうと物足りなさげだけれど、観てこそ解る宮崎アニメの魔法そのもの。
観る人を幸せな気分にさせてくれる映画ってそんなにないと思うけれど、ポニョを観ると幸せになれるよ。

もうちょっと書きたいことがあるんだけれど、最近ちょこっと忙しいので気になったコトをもう一つ付け加えておしまい。
途中赤ちゃんが出てくるんだけれど、お魚のポニョにはお母さんがおっぱいをあげるというのが不思議だというのは解ったんだけれど、最後にぐずった赤ちゃんに魔法で元気にさせるシーン、あれがなんだか異様に長い気がしたんだけれども、なんか裏に意味とかあるのかなぁ?しかもあの後やたら疲れてたみたいで寝ちゃったし。そこだけやや気になったかな。
なんにせよ、「動く童話」はいいね!




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.