ADMIN TITLE LIST
300409_001_aliceblog.jpg
本日は四月最終日だったのであわててお出かけ
メインは後ほどの写真で判明、ついでにもうじき終わっちゃう展覧会へ…

300409_002_aliceblog.jpg
このキャラクタはpetit nicolasといいまして、仏人なら誰でも知ってます

300409_003_aliceblog.jpg
元々子供向けに毎週書かれたイラスト付きの読み物で
今年で誕生から50年を迎えるそうで、フランスではちょっとしたお祭り
九月頃かな?には映画もでますよ
去年の夏休み、ちょうど撮影するという張り紙のしてある通りがあり
あー、映画になるんだ?と思ってたんですけどもね

300409_004_aliceblog.jpg
le petit nicolasの魅力は物語のどたばたっぷりとその挿絵
sampeというフランス人に最も愛されているイラストレータが手がけてます
今回の展覧会ではその原画がたくさん観れました☆
風刺絵っぽい絵なんだけど、人物に独特の魅力があり
背景に描かれるパリの街並やフランスの風景が
フランスのエスプリっていうのをよく描き出してくれてます

偶然にもaoiが同じ日にtove janssonの展覧会を観に行って
原画の小ささと、描かれたものの緻密さがいかに職人技であるかを
日記につけてるのだけども、sampeもほぼ同じコトが言えます
原画はとても小さく、ここに載せた画像と同じサイズと思ってください
その小さな紙の世界に細かく描かれた子供達が
どたばたと好き勝手動き回ってる絵は
じっと観てても見飽きない世界でしたよ

会場に観に来ていたおばぁちゃんが絵をじっとみながら
にーーーっこり笑ってるのがとっても印象的でした
お話もおっかしいんだけど、ホントsampeの絵が面白いんだよね
aliceは高校生の頃日本語で数冊読み
仏語版でも少しだけ読んでるんですが、
映画までに仏語で読みますかー(現在harry potter6巻冒頭読書中)
仏語は特別難しくなく、子供の書き言葉で書かれてますので
仏語勉強の人にはおすすめ
ただ、50年もたってるので、少し古めかしい言い回しだったり
所々文法的にわざと間違えて書かれたりしてますけどね
けど読むと、時代も国も越えて
あのやんちゃな小学校時代を想い出すことでしょう

ちなみに、文章を担当してるgoscinnyという人は
asterixやlucky lukeなど、フランスを代表する漫画の作者でもあります

300409_005_aliceblog.jpg
で、メインの用事はこちらでした☆
四月のお菓子を食べ損ねるトコロだったー
なるべく毎月通うようにしてます
和菓子、おいしゅうございますね、二つぺろっと食べたよ!

で、今日はkillzone2のmap pack配信日だったけど
なんか込んでるのかerrorで落とせなかったー!
また近日中☆




















管理者にだけ表示を許可する




| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.