ADMIN TITLE LIST
龍の歯医者観た!
いいもの見るとなんだか心がいっぱいに満たされて、誰かに伝えたくなる。既に何人かには「はよみろ!」ってメッセージ送ったりしたけどね。オタクはいいものを布教してこそ、押し付けてこそ!だもんねー。

例によってなんの前知識もなく観ましたが、エヴァチームが作ってるようでした。しかも原作はぼくの大好きな作家の一人舞城王太郎。なんだろね、自分が密かに誰にも言われず発掘しておもしろいなぁ、こいつの書くものって思ってたものが、こういう形で多くの人に知れ渡っていく時のなんともいえない、甘いような酸っぱいような気分。あー、有名になってほしくないー、世間のわからんやつらにアーダコーダ言われるのとかいやだー。流行ってるものにばかり飛びついていくヤカラにいかにも前から知ってるみたいに言われるのとか耐えられない〜。と思いつつ、やはり好きなものが好きな形で開花されていくのは途方もなく嬉しい。
この作家の物語は、いつも予想がつかない。すごい展開と、ワケワカンナイ圧倒的な世界観があって、主人公が物語を語るっていう文体なんだけど、その主人公が大抵少年少女なのに、どこかしら達観している。それでいてよく考えたら当たり前のことを淡々とこなしていく、なんの躊躇もなしに。そこに関わっていく人たちもまた、成長し、学び、予想できない人生という物語を謳歌する。

龍の歯医者もまさにそういうとてもシンプルな事を、巨大な龍が上空を旋回し、龍と契約を交わした国の民と龍の古のしきたりにそって生きる人間模様が描かれる。
人間は死ぬために生まれてきたということをどう受け止め、死ぬまでどう生きるか。そういうものだと生きていくもの、抗うもの、人は本当に人それぞれだ。そして人間はお互いが関わるからこそ、一人であるのに様々な変化を遂げ、心に想い出を作る。
想い出とはまた別だけれど、こういう人間が想像したものに感激して誰かに伝えたいくらい心がいっぱいになる感覚。これをどういう言葉で表現したらいいのかわからないけれど(熱狂とか熱中にちかいのかな…?)、想い出を振り返る時となにか似たような感覚があるのもまた興味深い。(話はそれるが、先日「君の名は」(だっけ?)っていう日本で大変評判になった映画を観た。この監督の映像は多分ほとんど観てると思うけれど、個人的に人の想いについてを語るのであれば、この龍の歯医者の方がaliceには数倍心に響く。愛だの恋だのっていう一対一の恋心というのは、結局その二人で共有するものであって、分かち合うというのはまた別物に思うから。もちろんみんな同じような体験をするからこそ、恋愛ものの作品は共感することができるから後を絶たないのだけれど…。)

さておき。
龍の歯医者は殺戮、戦争って背景の物語だ。
なんでか知らない、aliceはこの殺戮と戦争ってテーマが大好きだ。戦争ゲームも大好きだ。ゲームの中であらゆるものを破壊しつくすのが快楽だ。けど、実際に戦場に行きたいとかはない。なんなんだろう、この破壊欲。とてつもない魅力でもって惹きつけられる、戦争。
きっと瞬間、刹那、生と死が表裏一体だからなのかな。ある意味わかりやすい、単純だからかな?このために生きている、死なない為に…。そんな感じ?

いずれにせよ、龍の歯医者、観てる間中きっとaliceの目はキラキラと輝いていたと思う。
ずっとずっと、こうやって目をキラキラにして生きていけたら、ってそう、思うんだ。




今さっきいいアニメ観た!
心踊る!
こういう時はなにか書きたい気分になる。なんでだろう?
でも、実はもっと前からgirls und panzerについて書きたいと思ってたんだよね。あ、このアニメについては放映中にちまちま書いていたと思うけど、この夏の間劇場版も含め、何度ループ再生してたことか…。(なので、観てるというか聞いてる方が多かったけど…)

ここ最近のアニメで面白かったのはなんだろね?毎週楽しみにしてたっていうのはなかったように思うなぁ…。ベルセルク?父子家庭のご飯のアニメ?あ、あとはあの人形劇の?…これらがなんとなく観てて「おもしろい」とは感じたけれど、なーんか情熱をかけて楽しみにしてたり、何度もループ再生したりっていう風にはならなかったんだよなぁ。

で、今季。まだいくつかしか観てないけど、またユーフォニアムが戻ってきたねー!京アニの質の高さを観るだけでも視聴価値はあるんだけど、音楽なのにスポ根流で、それでいて妙な人間模様が気になっちゃって、また毎週楽しみになりそう。楽しみというか……、気になるうまいつくりになっているんだよね。
今さっき観たばっかりのユーリ!とかいうアニメ!フィギュアスケートのアニメなんだけど、これは楽しみ!!!先が気になるとかいう楽しみじゃなく、観たら目がぱっちり覚めて元気になれそうな感じの楽しみ!フィギュアスケート全く興味ありませんし、ほとんどのスポーツは小さい頃から体育の成績が悲しくなるくらい悪かったaliceにはどーでもいい地球上の出来事だけど、スポーツが人々を熱中させてすごいエネルギーと感動を与えてくれるのは知ってる!
アニメには時々、スポーツを扱ってても扱ってなくても、これに似た魅力あふれるものを体験することがある。
その一つが今言ったユーリ!かもしれないし(まだ一話だけしか観てないからねー)、girls und panzerだったりする。
girls und panzerだけども、放映当初は、女子高生と戦車の変なアニメー!って思って観はじめたのに、回を重ねるごとに、何が何だかわからない魅力の虜になって、毎週楽しみにしていたのを覚えている。
映画版を観るにあたって、とりあえず全話とオマケ版みたいなアンツィオ戦を観て…と準備しまして…。完全オリジナルの話で大変面白かった。(劇場版ユーフォニアムはテレビ版のまとめみたいでつまんなかった…)
そう、まず劇場版だからといってもオリジナルなのがいい。そしてテレビでは観れなかったアンツィオ戦の話も作ってたし…。ここに既に製作側の愛を感じる。想像だけど、制作チームは気の合う仲間がお昼ご飯を食べながら、クラスメートや先生のプライベートなんかを笑い転げるくらい面白おかしく想像してたりする感じでキャラ作りとかしているのではなかろうか…。特に作戦会議でダージリンが「で、ここからが肝心なんだけど……。作戦名はどうする?」って言った所がそういうのをaliceに連想させてしまうんだな…。なにが肝心なんだか?!笑
最近、真剣に下らないものを作るっていうのがキーワドというか…、そんな感じのaliceなのだけど…。人によって好みとかって人それぞれで、その好みっていうのが下らないほど、それについての愛を語ってもらうのが面白かったりするような気がするんだよね。いや、うーん、違うかな?なんだかわからないけど、面白いものってたくさん溢れてるじゃない?それをいかに真剣に伝えられるか?そういうのが面白いというか…。
で、この戦車アニメにはそれがしっかりある。好きなもの組み合わせちゃったらこうなっちゃったー。そんな感じ。でも、だからこそ世界観がしっかりしてる。航空母艦に高校があるとか、なんでなのか意味不明だけど、戦車道があるからこういう設定になってる…そこまでしちゃうのか?!というのが真剣にすごいけど、笑えちゃう。
あと、なぜか校風とか生徒が乗る戦車の製造国に合わせて、アメリカンとかロシアンになってるのがまた可笑しい。で、実際のイギリス人とかをちょこっと知ってるaliceにとっては、その日本的なイギリス人は絶対紅茶飲んでるとかいう印象を無理やりかぶせちゃってるのがある意味すごいアニメ的。(aliceだったら聖グロの生徒は現地のイギリス人にもっと近づけるなー。それはそれで面白い。サンダースもalice好みにしたらおかしいかもなぁ…。笑)
外国生活が長いので、いろんな国の人と話したことがあるけれど、お互い母国語じゃないから話す内容ってのは母国語同士よりは浅くなるのかもしれないけれど、言ってることが通じて話がはずむと、そこからはやっぱり波長が合えば気の合う人。そういうaliceの日常生活のせいもあってか、アニメで外国が絡んでくるのは割と好みかも。ユーリ!も、外国人の絡むアニメっぽいし。

とまぁ、なにが書きたかったんだかわかんなくなっちゃったけども……。自分がおもしろい!を、他の人とも分かち合いたい!みんなにもおもしろい!って思ってもらいたい!そんな感じかなぁ。これが毎日の活力の全てです。




バタバタな日々。
久しぶりに日本にも行ってた、ほんのちょこっと、兄上の二回目の結婚式。笑
ほんの10日の間に沖縄にも二泊三日で行ってた。日本に行く数日前から耳がおかしくなり、どうやら中耳炎になっていた模様。日本の耳鼻科に行き、日本滞在中は良くなってるんだか悪くなっているんだかわからず、なんとなく良くなっているであろうと思い込み、難聴な日々を過ごす。こっちに戻ってまた耳鼻科に行き、やっと回復が感じることができるようになった。
あー、耳が遠いっていやなもんだなぁと思った。耳の遠いお年寄りにイライラしたりしちゃダメだな、一番歯がゆいのは音が聞こえづらいその人自身なんだから、と痛感。


あまりこれといった偏見もなく、いろんな種類の人と気さくに話すaliceですが、先日男だけど心は乙女なゲイの「おねいさん」と話しててやや違和感。
よく耳にするから知らないまに知ってたんだけど、ゲイコミュニティっていうのは、出会い系サイトみたいなのに登録するのがごくごく一般的なんだそうだ。aliceはいろんなSNSとか長年やってますが、出会い系サイトっていうのには登録したことがない。まぁ、外見だけじゃ中身がゲイかってのはわかんないとか、もっといろんな細かい要素もあるんだろうけど、aliceにはイマイチどうしてこの人たちはそんなに当たり前のことのようにこういったサイトに登録するんだろうと疑問符が頭の周りを飛び交う。
そのおねいさんに、aliceのゲーム友達ってのを話した所、想像できないからなのか、だいぶ引かれた。きもちわるいとさえ言われ、こっちのがaliceには理解し難かったなぁ。げぇむにしかできない体験ってのを知らないからなんだろうなぁ…、全然げぇむしない人にとって、想像もできない世界なんだろうなぁ…と、理解できない部分はそう思うしかない。
けど、どうしてオンラインゲームの友達をそんなに変な感じで捉えるのかなぁ?と思った。
長年の経験で(最近はほとんどげぇむ時間とれてないんだけど…battlebornで遊びたいよー!)チャット無しでもゲームプレイで一緒に遊んでめちゃくちゃ楽しい!って人は確実にいる。ま、大抵はすごい楽しく遊べたプレイヤーでもその場限りで、その後親しくなるっていうのは滅多にないんだけども、幸いaliceにはげぇむ友達グループがいる。
このaliceの仲間たちってのは、もうかれこれ数年知り合ってる間柄で、もちろんあったこともない人たちですが(みんな遠くに住んでるからねぇ、国も違うし、海も越えたりするし…)とにかく楽しい!ってのを前提としたあったことのない友達であって、出会いを目的とする以前に遊んで楽しいがある。
で、まぁ、これだけ長いこと知り合ってる仲間同士なので(一時はほぼ毎日話したり遊んだりしてましたしね、一部はげぇむしてない時もメールのやり取りするし、写真とかも見たことあるし)、そのうち会ってみたいなぁ、一緒にどっか旅行したら楽しそうっていう考えはある。こういう気持ちが芽生えても普通だと思うんだけど、そのおねいさんはなんだか否定的だったんだよねぇ。
多分、おねいさんにはvirtualな関係であって、それは実際に出会い系みたいなので出会うのを前提としたものに比べると、基本会わない前提っていうのが意味不明なのだろうか?
ま、根本的に違うんだけどね、オンラインの使い道が…と、いうことにしよう。長年会ったこともないオンラインげぇむ友達に会ってみたいなーっていう考えのaliceが変な感じに映ったのかもしれないけれど、それほど仲良く楽しい友達がげぇむを通じてでもできるっていう部分を理解して欲しいんだけどねぇ。
まぁなんだ…。そのおねいさん、今お目当のお相手がいるんだけど、もう何ヶ月もあーでもないこーでもない…って話を聞いてるのでね…、もうホントに中学生の乙女かよ?!って感じなワケなんだよ、ぼくにしてみると…。
ま、おねいさんは乙女だからさ、きっとその日だけのおつきあいってのはイヤな訳なんだろうと思いますが、だったらさっさとそのお目当てと一緒に二人きりでゴハン誘ったりアピールすりゃいいじゃんと思うのです。
けどねー、そうやったりすると、ちょっと引いてくるのよ、向こうは…。でもじゃ、やっぱり違うのかなー?と思ってると、今度はさりげなーく向こうからかまってよー、みたいな事してくるのよねー?らしいです。
もうね、aliceちゃんは、こういうの聞いてるとなんじゃこりゃー!って気分になってくるんだよ。なにがしたいんだよ?!と…。もうね、楽しけりゃいいじゃん、面倒臭いのはいやじゃん、それ一択ですよ。話聞いてると面倒臭くね?!って気分になってくるaliceの思考はもうすでにオジサン化してきているのだろうか…。


あー、それとは別に、オススメ映画はdeadpool!
もう最高。Wade Wilsonだいすきー。今までのヒーロー達の中で一番好きなヒーロー。っていうか、彼自身は映画の中でオレはヒーローじゃない、って言ってるけどね。kickassのhitgirlみたいな感じだなー、いい奴だけど、めちゃくちゃ悪くもある、みたいな。だからいいんだろうなー。というか、Wade Wilson、aliceの超好み。最近男性趣味わかってきたのだけど、aliceの好みはWade Wilson。笑
おバカで単純で、それなのに誠実で、ちょっと繊細でかわいい。クマみたいだし。最高。
あとカンフーパンダ3も面白かったな。他にもあったけど、また思い出したら書く事にしよう。




しばらく前のことだけど、すごーく久しぶりにルパン三世カリオストロの城を観た。
あれは、80年代になってからの映画でしょうか、それともひょっとするとまだ70年代の映画?とにかく宮崎駿がナウシカとか作る前の映画って事しか頭にない。(確かそうだよね?)
この映画大好きで、小さいころ何度も観たので、物語やら一部の台詞はしっかり記憶にこびりついてる。だけど、この何年間かぶりで観たっていう空間と時間の隔たりで、やっぱり面白くて、しかも色褪せないのがものすごいな、と、すごく感心したのです。
aliceの好みのいい映画っていう基準は、いい塩梅に笑い要素が盛り込まれているのがとても大事。多分映画だけじゃなくて、なんでも。真剣だけとか、まじめ一徹、お涙頂戴、no mercy…、なんでもいいけど、そこに隙間みたいにくすっと笑える部分があるのがいい。
カリオストロの城はこのバランスがとてもいい。全てのキャラクターが一筋縄ではない、イイヤツなんだかワルイヤツなんだか解らないのもまたいい。その中でもちろんとんでもない悪役も出てきますがね。(久しぶりに観て思ったんだけど、aliceが苦手としてるボスにそっくりだったよ、伯爵!ヤツはどうしてあんなに正確ひねくれてるのか…、あ!なるほど!伯爵だったからか!と、ここでもaliceは不思議なメカラウロコ体験を時空を超えてしたのでありました…。)
それと、小さいころはあまり深く考えなかったけど、粉の映画の中のお宝はローマ時代の遺跡、しかも街サイズという、ルパンのポケットには大きすぎるという、ものすごく壮大なお宝、っていうのでして、これまたルパンっていうのはものすごいものを狙う泥棒なんだなぁと、ちょっとルパンの偉大さを再確認した感じ。
再確認といえば、aliceは小さいころからテレビシリーズでもずっと次元が好きだったのだけども、大人になった今ようやく自分の好みっていうのに気付いたよ。あーいう感じの男性が好みなようです。(好みのタイプなんてないと思ってたんだけどねぇ。よくよく振り返ってみると、みんないいなぁって思う男子はこういう種類ですね。一匹狼タイプっていうのかなぁ?それともまた違うとおもうんだけど、真剣なのに面白いっていうか…、とりあえず審美眼がある人だと思う。人を見抜く事が出来る人。自分の信じた人に絶対的な忠誠をははーって感じでうやうやしくするんじゃないけど、自分の意見は言いつつ、ついていく、そういう感じかな。)
ま、話はずれたけど、何年経っても色褪せないもの、それでいて何度観ても毎回なにか感じる事が出来るものっていうのは素晴らしい。それに尽きる。

最近Kenneth Branaghが監督してたっていうディズニーの実写版シンデレラを観た。
Kenneth Branaghの映画って知らないで観たんだけど、結構おもしろく観れて、最後にあぁ、なるほど、Kenneth Branaghが監督だったからかぁとちょっと納得。
これといって特別観なきゃいけない映画ってわけではないし、部分部分こういう展開なの?って思う部分もあったけど、映画自体がなんとなく70年代みたいな色合いって印象で、家の内装とか衣装がはなやいで楽しかった。
ビビデバビデブーの呪文を唱える魔法使いがまさかのHelene Bonham Carterで、一瞬え?これそうだよね?と目を疑う。最近ますます変な役ばっかりやってるから、最初のオバーサン姿から一転して若返ったオトボケ魔法使いになった時、aliceも一緒に魔法にかけられた気分だったよ。あーいう役がとても似合う人ですね。この魔法シーンだけでも観る価値は十分あったかな。魔法をかけられたい人にはオススメな映画かもしれない。

The good Dinosaur、pixarの恐竜映画。
大自然はこれ全部CGで作ってるの?ホントに?!っていう位本物みたいで驚愕。pixarの進化はどこまで進むのだろうか。もうCGで作れないものなんてなさそうなくらい、背景全ての質感が本物みたいだった。
相変わらずうまい話の作りで、途中ほろっとさせられるんだよねぇ。なにこのpixar magic!?
けど、毎回お楽しみのend creditではこれといった作り手の遊びゴコロがなかったかなぁ。ま、この映画はpixarの作る大自然を観る映画ってことにするか。

と、久しぶりの映画徒然でした。




年が明けてなんだかいろいろ忙しくしていて、日々があっという間に過ぎていく毎日なのですが、最近睡眠障害で、寝てもぐっすり眠れないという感じの日々が続いています。前にもこういう感じのことが続いて、漢方薬飲んでたら治ってきたなぁと思ってたんだけど、また眠れない日々。
目をつぶっても眠りの世界にいけない感じなので、こんな時はブログでも書くかってコトで…。

最近の1日の終わりの楽しみは、これまたアメリカンなドラマを1話1話と観るというもの。Breaking Badに大ハマりして、その後も幾つかこれを観ればいいとかオススメを教えてもらったのですが、それとは裏腹にその後全くドラマを見続ける事にはならなかったのですが、何かのきっかけでHannibalが気になって観始めたらこれがもう怖いもの見たさの「観てはいけないものを見てしまった」的な感覚で、ついついこの先どうなるのか気になって仕方がないサイコサスペンス。

元々シリアルキラー、サイコパス、そういうものに興味がある。恨みとかで人を殺してしまったみたいなあまりにも人間的な殺人(ようするに理由がある殺し)には絶対理由がある。理由がある=理解できるとなるのだけど、シリアルキラー達にはそれがない。理由のない殺人、理解できない殺人、だからおもしろい、興味がわく、理解したい…と、こういう感じで時々歴代の恐ろしい猟奇殺人とかをまとめて紹介してるサイトとか、wikipedia先生に教えてもらったりして、こわーい!ぞわぞわするー!暗闇で後ろ振り返れないー!って気分になったりしたんだけども、自分でそういうのをしたいのか?だから読むのか?っていうのとは全く別の好奇心で怖がりながら読んだりするのです。
で、このHannibalも正しく同じ好奇心で観はじめました。Hannibalはハンニバル・レクター博士の事。羊達の沈黙という映画で一躍有名になった人食い精神科医という架空の人物です。
ハンニバル・レクターに関する映画はいくつかあるのだけど、このドラマは時間軸でいうと羊達の沈黙の前。まだレクター博士が精神科医として現役で活躍していた時代の物語。ただ、原作の時代設定と違い、現在のアメリカが舞台です。
現役で活躍というのは、彼がひたすら殺人を犯してその被害者達のお肉を食べていた時の事です。どうしてそんな事が出来たのか?それは彼が非常に頭がいいから。そしてだからこそ人を洗脳させてしまう能力があるから。なぜ人を殺すのか?それは彼が人を殺したりする事によって、彼の興味の対象の人たちがどんな行動を起こすのか、それが知りたいから。そういったレクター博士の個人的好奇心によって、ドラマ上の殺人現場はまるで絵画のようにおぞましいながらもある意味美しい殺人現場の構図ができあがっていくのです。

でも、最初から全てがレクター博士の殺人ではありません。FBIが調査している様々な猟奇殺人事件に関わってくる、ウィルという犯人の人格をトレースしてその犯行の動機や感情を体感してしまう事ができるという特殊能力者が、調査に介入するところから物語がはじまります。
このウィルが演技うまいんだなー。ハンニバルも上手な役者だと思うけれど、今日シーズン1の最終話を見終わったaliceはもうウィルに感情移入しまくり。ウィルを助けたい!どうにかしてー!って気分ですよ。
ドラマ全体は絵作りに一部特出して目を見張ってしまう部分あり。とくに殺人現場と、ハンニバルの振舞う星付きレストラン並みの食卓風景+調理現場。ここにハンニバルのただ単なるシリアルキラーじゃない、洗練された彼独特の美学が豪華絢爛、華麗に物語っているのを映像化したような。それが映像として演出してるのが面白いなぁと感じる。
ただこのドラマ、専門用語とか多いのと、心理的なやりとりの伏線みたいのがあったりするから、英語がかなり難解。集中力が必要です。最近仏語も学校通って習ったりしてるaliceなので、頭の中の言語がはちゃめちゃですよ。いやしかし、自分でもよくわからないけど、どうやっていろんな言葉使い分けてるんだろうねぇ…。それと面白い事に、仏語を勉強すると英語が上達するように感じます。これまた不思議。人間の脳っていうのはホントにすごい。googleが突拍子もない事してる会社だって感じる以上にすごい事できるのが、一人一人の人間の脳なんだとか考えると、人間というのは本当に果てしない生物ですね。






Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.