ADMIN TITLE LIST
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




しばらく前のことだけど、すごーく久しぶりにルパン三世カリオストロの城を観た。
あれは、80年代になってからの映画でしょうか、それともひょっとするとまだ70年代の映画?とにかく宮崎駿がナウシカとか作る前の映画って事しか頭にない。(確かそうだよね?)
この映画大好きで、小さいころ何度も観たので、物語やら一部の台詞はしっかり記憶にこびりついてる。だけど、この何年間かぶりで観たっていう空間と時間の隔たりで、やっぱり面白くて、しかも色褪せないのがものすごいな、と、すごく感心したのです。
aliceの好みのいい映画っていう基準は、いい塩梅に笑い要素が盛り込まれているのがとても大事。多分映画だけじゃなくて、なんでも。真剣だけとか、まじめ一徹、お涙頂戴、no mercy…、なんでもいいけど、そこに隙間みたいにくすっと笑える部分があるのがいい。
カリオストロの城はこのバランスがとてもいい。全てのキャラクターが一筋縄ではない、イイヤツなんだかワルイヤツなんだか解らないのもまたいい。その中でもちろんとんでもない悪役も出てきますがね。(久しぶりに観て思ったんだけど、aliceが苦手としてるボスにそっくりだったよ、伯爵!ヤツはどうしてあんなに正確ひねくれてるのか…、あ!なるほど!伯爵だったからか!と、ここでもaliceは不思議なメカラウロコ体験を時空を超えてしたのでありました…。)
それと、小さいころはあまり深く考えなかったけど、粉の映画の中のお宝はローマ時代の遺跡、しかも街サイズという、ルパンのポケットには大きすぎるという、ものすごく壮大なお宝、っていうのでして、これまたルパンっていうのはものすごいものを狙う泥棒なんだなぁと、ちょっとルパンの偉大さを再確認した感じ。
再確認といえば、aliceは小さいころからテレビシリーズでもずっと次元が好きだったのだけども、大人になった今ようやく自分の好みっていうのに気付いたよ。あーいう感じの男性が好みなようです。(好みのタイプなんてないと思ってたんだけどねぇ。よくよく振り返ってみると、みんないいなぁって思う男子はこういう種類ですね。一匹狼タイプっていうのかなぁ?それともまた違うとおもうんだけど、真剣なのに面白いっていうか…、とりあえず審美眼がある人だと思う。人を見抜く事が出来る人。自分の信じた人に絶対的な忠誠をははーって感じでうやうやしくするんじゃないけど、自分の意見は言いつつ、ついていく、そういう感じかな。)
ま、話はずれたけど、何年経っても色褪せないもの、それでいて何度観ても毎回なにか感じる事が出来るものっていうのは素晴らしい。それに尽きる。

最近Kenneth Branaghが監督してたっていうディズニーの実写版シンデレラを観た。
Kenneth Branaghの映画って知らないで観たんだけど、結構おもしろく観れて、最後にあぁ、なるほど、Kenneth Branaghが監督だったからかぁとちょっと納得。
これといって特別観なきゃいけない映画ってわけではないし、部分部分こういう展開なの?って思う部分もあったけど、映画自体がなんとなく70年代みたいな色合いって印象で、家の内装とか衣装がはなやいで楽しかった。
ビビデバビデブーの呪文を唱える魔法使いがまさかのHelene Bonham Carterで、一瞬え?これそうだよね?と目を疑う。最近ますます変な役ばっかりやってるから、最初のオバーサン姿から一転して若返ったオトボケ魔法使いになった時、aliceも一緒に魔法にかけられた気分だったよ。あーいう役がとても似合う人ですね。この魔法シーンだけでも観る価値は十分あったかな。魔法をかけられたい人にはオススメな映画かもしれない。

The good Dinosaur、pixarの恐竜映画。
大自然はこれ全部CGで作ってるの?ホントに?!っていう位本物みたいで驚愕。pixarの進化はどこまで進むのだろうか。もうCGで作れないものなんてなさそうなくらい、背景全ての質感が本物みたいだった。
相変わらずうまい話の作りで、途中ほろっとさせられるんだよねぇ。なにこのpixar magic!?
けど、毎回お楽しみのend creditではこれといった作り手の遊びゴコロがなかったかなぁ。ま、この映画はpixarの作る大自然を観る映画ってことにするか。

と、久しぶりの映画徒然でした。




年が明けてなんだかいろいろ忙しくしていて、日々があっという間に過ぎていく毎日なのですが、最近睡眠障害で、寝てもぐっすり眠れないという感じの日々が続いています。前にもこういう感じのことが続いて、漢方薬飲んでたら治ってきたなぁと思ってたんだけど、また眠れない日々。
目をつぶっても眠りの世界にいけない感じなので、こんな時はブログでも書くかってコトで…。

最近の1日の終わりの楽しみは、これまたアメリカンなドラマを1話1話と観るというもの。Breaking Badに大ハマりして、その後も幾つかこれを観ればいいとかオススメを教えてもらったのですが、それとは裏腹にその後全くドラマを見続ける事にはならなかったのですが、何かのきっかけでHannibalが気になって観始めたらこれがもう怖いもの見たさの「観てはいけないものを見てしまった」的な感覚で、ついついこの先どうなるのか気になって仕方がないサイコサスペンス。

元々シリアルキラー、サイコパス、そういうものに興味がある。恨みとかで人を殺してしまったみたいなあまりにも人間的な殺人(ようするに理由がある殺し)には絶対理由がある。理由がある=理解できるとなるのだけど、シリアルキラー達にはそれがない。理由のない殺人、理解できない殺人、だからおもしろい、興味がわく、理解したい…と、こういう感じで時々歴代の恐ろしい猟奇殺人とかをまとめて紹介してるサイトとか、wikipedia先生に教えてもらったりして、こわーい!ぞわぞわするー!暗闇で後ろ振り返れないー!って気分になったりしたんだけども、自分でそういうのをしたいのか?だから読むのか?っていうのとは全く別の好奇心で怖がりながら読んだりするのです。
で、このHannibalも正しく同じ好奇心で観はじめました。Hannibalはハンニバル・レクター博士の事。羊達の沈黙という映画で一躍有名になった人食い精神科医という架空の人物です。
ハンニバル・レクターに関する映画はいくつかあるのだけど、このドラマは時間軸でいうと羊達の沈黙の前。まだレクター博士が精神科医として現役で活躍していた時代の物語。ただ、原作の時代設定と違い、現在のアメリカが舞台です。
現役で活躍というのは、彼がひたすら殺人を犯してその被害者達のお肉を食べていた時の事です。どうしてそんな事が出来たのか?それは彼が非常に頭がいいから。そしてだからこそ人を洗脳させてしまう能力があるから。なぜ人を殺すのか?それは彼が人を殺したりする事によって、彼の興味の対象の人たちがどんな行動を起こすのか、それが知りたいから。そういったレクター博士の個人的好奇心によって、ドラマ上の殺人現場はまるで絵画のようにおぞましいながらもある意味美しい殺人現場の構図ができあがっていくのです。

でも、最初から全てがレクター博士の殺人ではありません。FBIが調査している様々な猟奇殺人事件に関わってくる、ウィルという犯人の人格をトレースしてその犯行の動機や感情を体感してしまう事ができるという特殊能力者が、調査に介入するところから物語がはじまります。
このウィルが演技うまいんだなー。ハンニバルも上手な役者だと思うけれど、今日シーズン1の最終話を見終わったaliceはもうウィルに感情移入しまくり。ウィルを助けたい!どうにかしてー!って気分ですよ。
ドラマ全体は絵作りに一部特出して目を見張ってしまう部分あり。とくに殺人現場と、ハンニバルの振舞う星付きレストラン並みの食卓風景+調理現場。ここにハンニバルのただ単なるシリアルキラーじゃない、洗練された彼独特の美学が豪華絢爛、華麗に物語っているのを映像化したような。それが映像として演出してるのが面白いなぁと感じる。
ただこのドラマ、専門用語とか多いのと、心理的なやりとりの伏線みたいのがあったりするから、英語がかなり難解。集中力が必要です。最近仏語も学校通って習ったりしてるaliceなので、頭の中の言語がはちゃめちゃですよ。いやしかし、自分でもよくわからないけど、どうやっていろんな言葉使い分けてるんだろうねぇ…。それと面白い事に、仏語を勉強すると英語が上達するように感じます。これまた不思議。人間の脳っていうのはホントにすごい。googleが突拍子もない事してる会社だって感じる以上にすごい事できるのが、一人一人の人間の脳なんだとか考えると、人間というのは本当に果てしない生物ですね。




なんだかよくわからないけれど、非常に忙しくしてました。今も忙しいうちの一部なんだけど、なんというか、もうこれが日常なんじゃないかと思う。この忙しいがずっと続きそうな感じ。まぁ、それはそれでいい。

aliceの住んでいる場所で同時多発テロなんていうものが起こって、無差別に人が殺されたりしているので、いつもは連絡を取らない友達などからメールが来たりしてました。幸いaliceはその日イタリアのミラノにいたのです。でも、ミラノではパリでターゲットにされたような場所に近い感じで人の集まる場所でご飯食べたりしてたので、場所は違うだけで明日は我が身という現実は変わりませんね。そう、他人事ではないというのが今回の恐怖。
でもね、フランスだって空爆を続けているのです。空爆はある程度ここに落としますよー、ここにいないでくださいねー、みたいな事言っているのかもしれませんが、これだって無差別に攻撃しているのと全く変わらないと思うのです。相手はやったらやりかえすという人たちなのですから、このままでは泥沼化です。フランスでの被害ばかりが公にされているけれど、フランスがどれだけの攻撃をしてどれだけの命を奪ったかというのも知らないといけないんじゃないのかな、そう、aliceは思っています。
怒らせて攻撃させる、喧嘩っ早いから戦争になった、そういう問題ではないと思うのです。もっと根本的なところを見直してから「これは戦争だ」と宣言するべきです。なにか理不尽なところがあるからこうなってしまった。そこを突き詰めて、理解と納得が成り立たない事にはひどくなる一方だと思います。海に住んでいる魚さんに、陸で住んでくださいって言っても無理。大きな水槽を作りましたので、そこをどうぞ。でもなんで魚さんばかりが海から陸に住む努力をしなくてはいけないのでしょう?海から陸に住む必要性はないのです。でも、魚さんは陸に住む動物が水中でも暮らせるように何かを作る事ができません……とまぁ、aliceのおとぎ話だとこんな風に話が進んでいくかなぁ。
でも、希望は常にある。なんでかというと、お互い人間だから。そこには必ず知る力と理解する力が宿っているから。つまりはそれからなのでは?と思っているのです。だから教育というのが何においても一番重要な鍵になっていると思っています。


さてさて…閑話休題。
プライベートにおいてもお仕事に関しても、ものすごく面倒な事が降りかかってきておりまして、aliceはこれでもけっこう色々と頑張っていたりするんだけれども、アイツもソイツも揚げ足とっては自分の意見を正当化しようとするせいで、あらゆる事に関してすごく寛大でいてあげているんだろうなー?って思っているんだけど、ほとほと疲れてます。
そんなつかれを癒し続けてくれたのがbreaking badでした。9月の間に観終わりまして、感想を書きたい気分でいっぱいだったのだけれども、そんなゆとりと時間もなく、観終わった後はアメリカ人のげぇむ友達にメールしてあーだったこーだったと話し合って気分的に言い尽くした気分になってたのかな?
というのも、このドラマ、一話から最終話まで毎回気になって仕方ない作りになっているから、感想文を書くとネタバレ満載になってしまうのがイヤなのですよ。もう、まっさらな状態で観てほしい。観終わったaliceが最後まで観て絶対後悔はないドラマだとここで保証するので、何も知らないでとりあえず観て楽しんでほしい、そう言いたいドラマであったのは確か。それと面白いのは、一度観終わってもまた観たいなって思えるドラマでもあるという事。実は今作業中とかに流して聴きながらやってたりするし…。物語を知っているからこそ観て面白いっていう面白さも観終わった後にあります。
さて、この物語、一言で表せば、一人の男の物語。
物語は常に主人公のプライドによって大きく左右され続けていくんだけれど、最終話で彼が奥さんに打ち明ける言葉で、なにもかもにaliceは納得してしまった。そこに「一人の男の物語」っていう言葉が浮上した。かっこよかった。男じゃなくてもいい、女でもこういう事が言える人生であればかっこいいと思った。
と、今人生の戦国時代にあるaliceにとっては、とても良い道標でもありました。
あと、アメリカという国に全く興味がなかったのだけど、ちょっと旅行してみたいなと思い始めてます。とにかく広い国だから、同じ国の人でも考え方が様々、想像を絶する国だと思い始めてます。いろんな意味ですごいドラマだった。ちなみに一番のお気に入りはMikeとSaulです。今彼らが主人公のスピンオフドラマが始まってるらしいのだけど、aliceはまとめてみたいので数年は観れません…。Better call Saul!

そのほか、ミラノ以外にロンドンにも行ってました。冬に行くと、パリよりも一時間時差があるせいもあり、夕暮れが一段と早く感じます。でも、aliceはロンドン好きだなぁ…。もっと頻繁に行きたいと痛感しました。

あと最近star wars battlefrontを楽しんでます。げぇむ三ヶ月位やってなかったので、うでがげぇむ筋肉落ちてたようで、久しぶりに遊んだ次の日の朝、腕に違和感…。
基本MPメインって感じだけども、battlefieldより簡単に入りやすいげぇむ。飛行機だけの空中戦もかなり楽しい。音がスターウォーズ!ピュンピュン!って音で攻撃。BGMがジョンウィリアムズ。ダースヴェーダーの曲。最高。
ヴェーダーやルークにもなれるのもなかなかおもしろい。ライトセイバーで戦えるんだよー?!そして、戦場で遭遇する時がなかなか楽しい。ルークがいるー!逃げろー!みたいな。ハンソロころしたー!とか。かなり最高。是非ともスターウォーズ好きの友達と盛り上がってください。




ここ数週間、いつもの寝る前のげぇむ時間をbreaking badというアメリカンなテレビドラマを夜な夜なみている。
病みついてる。これを見るために毎日やってるよ。もう先が気になって仕方がない。中毒である。
とまぁ、普段テレビ観ないし、ドラマもまったく興味がないaliceなのですが、すごい勢いでこのドラマにはまってしまっている。今シーズン4。全部でシーズン5まであるそうなので、もう折り返し地点。
げぇむはしてないけど、げぇむ友達にメールでげぇむの代わりにbreaking badっていうのをみてると言ったら、彼も当時はまってたらしく、aliceの病的なまでにはまってる姿がなかなか楽しいらしい。ネタバレ厳禁なので、彼は全てを知っているのに一切aliceに話せないからつらいだろうなぁ…。でも、最初から最後まで飽きさせないと保証してくれたので、ある意味安心してみてる。どういう安心なのかわからないけれど、とりあえず第1話から最終話まで超展開で進むということなのだろうという安心?
アメリカのドラマはすごいって聞いてはいたけど、どうやらaliceは最高峰から観はじめてしまった、言ってしまえる位の出来です。とにかく役者が上手い!
物語は何の変哲もない普通のおじさんが主人公。どこにでもいそうな高校で化学を教える中年のおじさん。このおじさんがある日突然ガンで余命いくばくもないとわかる。彼には身体障害の高校生の息子、妊娠して身重の奥さんがいる。せめて自分が死ぬまでに何か家族に残したい、そんな想いから全てが始まる…。

と、こんな風な冒頭を書くと、古臭い人情ものな物語なのかとおもいきや、主人公の選択する一攫千金の方法というのが一般人には思い浮かばないであろう「麻薬製造」。その相棒として巻き込まれる元教え子のジャンキーと主人公を巡る物語は、予想もつかない展開を繰り広げる。
何が面白いのか…、観ないとネタバレになっちゃうし、読んだり聞いたりしても面白さはうまく伝わらないと思うんだけど、なんだろうなぁ…と考えると、物語に出てくる登場人物たちがみんな濃いいのが一つかな。それと同時に、主人公だけじゃない脇役たちも彼に巻き込まれたことによって精神的に色々な変化を見せていくっていうのかなぁ?
ここでこうなってれば、あそこでどうなってれば彼はこうはなっていなかったんではなかろうか…という切り捨てていった選択肢は全てきっと主人公を元の普通の人(善人)に戻せるものだったのかもしれない。でも、主人公が最善として選ぶ道はどんどんと悪に染まっていくものなのだ。
最初は全てを家族の為にと突き進んでいた道なのに、いつの間にか彼のプライドの為になって、この先それは何の為に津ながるのだろう…?っていうのがaliceが今視聴中の展開。
観続けて解ってきたのは、これは主人公が善人として成り立つ物語ではないということ。でも、最初の時点ではそうとは全く気付かずに観ていた。気づけばまさに悪漢ドラマ。ピカレスクロマンそのものな気がしてきている。
物語の終着点はどうなるのかまだ知らないけれど、とにかく先が楽しみだ。




最近暑い日と涼しい日が毎週のように入れ替わって、そのせいか暑い日はムシムシと汗ばむ。けど、もうそろそろ夏も終わりかなぁ。なんでなんだろう、いつでも一つの季節の終わりはなんとなくさみしい。夏の終わりは特になんだか青春が終わったみたいな感覚がある。というコトで、毎年夏に青春が終わるaliceなのである。
予定はたくさん立ててたんだけども、そのうちのいくつが終えるコトができたかな?って感じ。そう、やりきれなかったコトを秋に持ち越す。いや、九月ってまだ夏だよね、九月いっぱいには八月の目標は果たしたい。なので、八月最終日は九月のお仕事を開始した。
いやぁ忙しい、とは言いつつ、息抜き時間で編み物したり、編み物しながらアニメ聞いたり、なぜだか二週に一度のサイクルで最近インド人街に行ってたり、夏休み中はネコ先生(というaliceのフランス語の文通相手。彼女は日本語初級である)との日々のメールもお休みしていたというのに、どうも最近フランス語に自信がついてきたように思う。語学ってのはやってもやっても目に見えてやった分向上するんじゃなくて、ある日突然階段を一歩登ったみたいにレベルアップする。そう、なんかゲームのレベルアップに似てる。
アニメは最近面白いのないなーと思ってたんだけど、最近なぜだかprison schoolが一週間密かに心待ちにしてるっぽい自分がイヤです。なんでこんなアニメ楽しみにしてんのー?と恥ずかしいんですが、あの男子の馬鹿さ加減があまりにも男子で面白い。そして、そのバカバカしさを毛汚いものとして蹴り飛ばす裏生徒会の容赦なさが見事というか…。なんだか最近alice、男子について色々悟ってきたのだよ。ヤツらはホントにバカだ、と。笑
それが面白いし楽しいんだけど、やたら単純なんだよね。その単純さもいいんだよ、すごく。でもねー、とりあえずバカでしょ?って思うコト多々あり。ま、この感じが男子のより良き持ち味であり、最大の欠点でもあると思う。そして、なんだかんだで、度胸のあるのは女子だなぁとも思うんだ。おばかな男子で振舞って楽しくいる時とか、割と他人に気配りができないんだよね、女子に比べると。でも、いざという時に変な気配りを周囲にするの。それが小心、まさしく小さな心臓と見えてしまうんだ。
ま、そんなコトはさておき…、このアニメの拙者とか自分のこというメガネの人を中心とした友情みたいのがまた面白い。あと、いろんな意味で目が離せない副会長。すごい真面目なのに笑っちゃう。いや、実際すごい真面目な人って常に面白いよね。

さて、最近ゲーム離れ中のalice。わざと離してるんだ。今やると時間を忘れて遊んでしまいそうだからね…。そう、オバカなぼくげぇむ友達が待ち構えていそうだし…。そう、aliceの男子ばか悟りは彼らを通してからも実によく教えてもらったよ。だから楽しいんだけどね、この人たち。ちなみにこのげぇむ友達はそれぞれハンドルネームがありますが、チーム名みたいのはdrunken huntsmen。ホントばかっぽいよね。常に酔ってるわけじゃないです。そしてaliceもこの一員…。そう、aliceもばかの一員なのだー。






Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 カリフラワー畑のalice, All rights reserved.
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。